復縁・復活愛

【同棲していた元彼との復縁方法】同棲解消・別れの原因と復縁のコツ

復縁において、同棲をしていたけど別れてしまったというケースを非常に多く耳にします。

また、ほとんどの場合、 “同棲”自体が2人を引き裂く原因となってます。

それくらい同棲はハードルが高いことです。

まったく異なる家庭環境や価値観のなかで育った2人が同じ空間で過ごす、これはとてもむずかしいことです。

でも、逆に同棲するくらいの関係になれたということは、元彼にとって、あなたは他の女性とはちがいます。

れは、別れた後もです。

恋人という形ではなくても、「特別な存在」として、彼のなかに残るはずです。

そして、その彼の思いを上手に生かすことで復縁をすることもできます。

そのため、今回は同棲していた彼と別れたあなたに、復縁のポイントを解説します。

【まずは原因を突き止める】
別れの原因として考えられる5つのこと

同棲解消・別れの原因として考えられること、それは以下の5つです。

①今まで知らなかった嫌なところが見えた

②彼中心の生活になってしまっていた (=彼に依存してしまった)

③あなたとの未来(結婚)が見えなくなった

④彼自身が家でリラックスできなくなった

⑤仕事や他のことが原因で別れるしかなかった

では、それぞれのポイントについて、もう少し具体的に見ていきましょう。

①今まで知らなかった嫌なことが見えた

最も多いのが、同棲する前には知らなかったお互いのイヤな部分が見えてしまって、それに耐えられなくなるケースです。

やはり24時間同じ空間で過ごすので、お互い知らないことが見えてきますよね。

もちろん、あなたも彼の嫌なところが見えて、不快な気持ちになるでしょう。

でも、きっとそれでも彼を好きなのは、あなたにとって彼のイヤな点はまだ許容範囲だからです。

つまり、彼がどうしても耐えれないということは、彼に見えてしまったあなたのイヤなところが彼にとっては許容範囲ではなかったということになります。

そのため、まずはご自身のどんな点が彼に負担を与えていたのか、また嫌がられていたのかを考えることが大切です。

②彼中心の生活になってしまっていた

次は、あなたが彼に依存してしまったケースです。

休日は彼とずっと一緒にいませんでしたか?

いつのまにか彼の予定をすべて把握しようとしていませんでしたか?

彼のプライベートな時間を尊重してあげませんでしたか?

自分の気持ちを優先してぶつけたりしませんでしたか?

依存は彼にとって大きな負担です。

同棲しておらず、会ったときだけならまだしも、それが日常生活に毎日入り込んできたら、彼も耐えられなくなります。

そのため、今振り返ってみて、依存が強かったなと感じる方は、彼にアプローチする前にその点をまずは改善することが必要です。

③あなたとの未来(結婚)が見えなくなった

3つ目に多いのが、あなたとの未来、つまり、結婚生活や2人の家庭が見えなくなってしまったパターンです。

普段のあなたの何気ない言動で、彼がそのように判断してしまうと、 「これ以上付き合っていても意味がない」 と思い、別れを告げられることがあります。

また、そのほかにも、あなたが結婚のプレッシャーをかけすぎてしまって、それが負担になって同棲解消になることもあります…。

そのため、心当たりがある方は、彼が「あなたとの未来がない」と判断した理由を共通の友人などを通じて知り、改善することが必要です。

④彼自身が家でリラックスできなくなった

これは、あなたとの生活に疲れてしまったり、気を遣ってしまったりして、本来は安らぐことができるはずの家がそうでなくなってしまったケースです。

これは、そのおふたりの生活のようすや性格などによるものなので、具体例は難しいですが、些細なことであることが多いです。

極端に言ってしまえば、

「部屋が散らかりがち」

「使わない部屋の電気がつけっぱなし」

など…。

でも、彼から「直して!」と言われたことで、改善できていなかったことがある方は要注意です。

⑤仕事や他のことが原因で別れるしかなかった

転勤などの影響で引っ越したり、実家に戻らなければならなくなったりなど、やむを得ない事情で別れをつげられることもあります。

この場合はとにかく時間をおいて、彼の気持ちに整理がついたり、その問題が解決したりすることを待つしかありません。

そのため、時間をおく必要があります。

【別れたばかりなら時間を置くこと】
3~4ヶ月は時間をおくことが大切。

同棲していた元彼と別れた場合は、冷却期間は必須です。

今までずっと一緒に過ごした分、お互いの存在を一旦考えない時間は必要です。

ここで冷却期間をしっかりと設けることで、うまくいけば彼があなたの重要性に気づき、アプローチしてくる可能性もあります。

また、時間を置くことで、あなたの思い出を美化し、復縁の可能性が自然と高まることもあります。

その期間として、最低3~4ヶ月は必要です。 この冷却期間をおかないと、彼にもっと悪い印象を与えてしまって、復縁の可能性がガクンと下がることも・・・。

なので、別れたばかり、または今現在、彼から連絡を拒否されていたり、距離を置かれていたりする方は、それを「受け止めて」、まずは時間をおきましょう。

また、冷却期間については以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

【冷却期間はどれくらい必要?】元カレと復縁するための冷却期間の考え方冷却期間とは、基本的には心を落ち着かされる時期であると同時に「自分を見直す」期間でもあります。そこで今回は、どんなカップルや別れ方をした人が、どれくらいの冷却期間をあけるべきかについて、その目安を解説していくのでチェックしてみてくださいね!...

【元彼の状況もチェックしておく!】
冷却期間中は自分磨きと情報収集が大切。

期間をあけている間は自分磨きをするようにしましょう。

これは外見磨きもそうですが、内面磨きも大切です。

まずは、先ほど5つの原因から、同棲解消・別れの原因になったことは何かを自分なりに考えましょう。

共通の友人がいる場合は探りを入れてみることもポイントです。

彼があなたに伝えた別れた原因と気の許せる友達に言っている「本当の別れた原因」は異なるケースがあります。

また、それと同時に元彼の恋愛事情やプライベートなどもしっかりと確認しておくことが大切です。

というのも、元彼の状況によってアプローチの仕方はガラッと変わります。

この状況を把握するためには、共通の友人に協力してもらったり、元彼のSNSなどを適切にチェックしたりすることが大切です。 (SNSのDMはNGです)

また、一番大切なのが、元彼に「新しい彼女」または「気になる女性」がいるかどうかです。

これを把握しなければ、やみくもに復縁アプローチしても、逆効果になるだけで意味がありません。

そのため、まだ元カレの最近の恋愛事情を正確に把握できていない方は、以下の記事を必ずチェックしてみてくださいね!

【占いなら的中率95%】元カレに新しい彼女がいるかを確認する5つの方法元彼に新しい彼女がいるかどうかわからないと、なかなかアプローチができませんよね…。また、相手に新しい恋人がいるかを知っておくことは復縁を達成できるかに影響します。そこで、今回は元カレに新しい彼女がいるかを確実に確認する5つの方法をご紹介します。...

【元カレの良き理解者になる】
一番に相談される存在になること

繰り返しになりますが、同棲を一度はしたということは、彼にとってあなたが特別な存在になったということです。

そのような彼と復縁するにあたって、一番大切なことは「元彼の一番の理解者」になること。

つまり、元カレが「誰かに話したい!」と思ったときに、彼の頭にあなたが一番最初に思い浮かぶようになることです。

彼と同棲をしていたということは、あなたは他の女性に勝る点があります。

それは、 「彼のことをどれほど知っているか」 という点です。

おそらくですが、もし仮に元カレに新しい女性や気になる女性がいるとしても、あなたのほうが元彼と一緒にいる時間は多く、思い出もたくさんあるため元彼の良い点も悪い点も知っているはずです。

つまり、あなたが他の女性より勝っているのは、

「彼をどれだけ理解しているか、知っているか」

という点なのです。

これは、とても大きなメリットです。

男性の方は、若いときは外見的にかわいい女性やきれいな女性に目がいきます。 ただ、歳を重ねるごとに「自分の心の拠りどころ」となる女性を探し求めるようになります。

そのときに、彼が求めるのが「自分を一番理解している女性」です。

そのため、当面は「彼の一番の相談の相手、一番の理解者」になることを意識しましょう。

逆に、このような存在になってしまえば、あとは2人で時間を重ねていけば復縁できる可能性は高いです。

さいごに

今回は、同棲していた元彼と別れた方に向けて復縁のポイント・コツをご紹介してきました。

実際、同棲は一番結婚に近い状態でもありますが、それと同時に「別れるリスクが最も高い期間」でもあるんですよね…。

極端な二面性をもっているため、なかなかむずかしいです。

でも、同棲したいと思えるほど好きになれた女性なら別れたくないと思いますし、他の女性に取られたくもないですよね。

なので、まずはここまでお伝えしてきたことを実践して、「元彼の一番の相談相手、一番の理解者」になるように日々行動していきましょう。