復縁・復活愛

【引き寄せの法則で復縁する方法】引き寄せの法則の正しい使い方と注意点

この世界には、「引き寄せの法則」というものがあります。

既にご存知の方もいらっしゃると思います。

引き寄せの法則を正しく使えば、復縁する上で大きな助けとなります。

逆に、使い方を間違えると、良くない方向に引き寄せの法則が働き、復縁を遠のかせてしまう危険もあります。

また、ちまたにあふれている引き寄せの法則の情報をみるといくつか誤解されている点があります。

みなさんには正しい引き寄せの法則を理解し、正しい方法で活用していただきたいです。

そのため、今回は復縁においての正しい引き寄せの法則の活用方法をご紹介します。

今回の引き寄せの法則はエスター・ヒックス、ジェリー・ヒックスの『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』という書籍をもとに、わかりやすく説明してあります。

引き寄せの法則とは?

引き寄せの法則とは、「それ自身に似たものを引き寄せる」ということです。

日本語で言われる「類は友を呼ぶ」という言葉と近いものになります。

みなさんは、今まで生きてきたなかで、例えば、「ツイていない1日だったなあ」と感じたことはありませんか?

朝、出かける際に、財布を忘れ、電車に遅れ、仕事でミスをし、上司に怒られ・・・ など1日何かに呪われているのかというくらい不幸が連鎖した経験があると思います。

まさに、それが「引き寄せの法則」なのです。

つまり、”悪いことが起きて、ネガティブな感情になっていると、その感情に引き寄せられて次々に良くないことが起きる” ということです。

例では、悪いケースを用いましたが、もちろん逆もあって、良いことがあると、気分が高揚し、他にもどんどん良いことが連鎖していくということももちろんあります。

つまり、引き寄せの法則は、良い・悪いに関係なく、「それ自身に似たものを引き寄せる」のです。

引き寄せの法則は、地球で生きる全ての人間に働いている

引き寄せの法則は、この世界で生きているすべての人の働いています。

そのため、自分にはそんな法則働いていないと思っている人も、実は自分の自覚がないだけで、しっかりと引き寄せの法則は働いているのです。

なぜ、人間すべてにこの引き寄せの法則が働いているかというと、宇宙には万有引力というものが働いているからです。

「万有引力」または「万有引力の法則」とは、

「地上において質点(物体)が地球に引き寄せられるだけではなく、この宇宙においてはどこでも全ての質点(物体)は互いに gravitation(=引き寄せる作用、引力、重力)を及ぼしあっている」とする考え方、概念、法則のことである。

出典wikipedia

つまり、私たちには必ず引き寄せの法則が働いているのです。

「引き寄せの法則」の注意点

引き寄せの法則は、簡単に言えば、自分の思考や関心を強くもつことで、それが現実の現れるというものです。

つまり、復縁において、「あの人ともう一度復縁して結婚したい」ということを強く思えば、それは現実に起こすことができるということです。

そんなこと言ったら誰でも復縁できるし、もうできていてもおかしくない! と思うかもしれません。

しかし、引き寄せの法則を自分でコントロールするにはいくつか注意点があるのです。

それは次の○つです。

①思考・関心が現実化するまでには時間が必要

②良いこと・悪いこと関係なく引き寄せる

③意図的に変えていくことが大切

では、①~③について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①思考・関心が現実化するまでには時間が必要

まずは、復縁をしたいと強く思い、復縁に対して関心をもっていてもすぐには現実になるわけではありません。

なぜなら、自分の思考・関心が現実となるまでは、それなりの時間がかかるからです。

そしてこの時間に関しては明確にわかりません。

なぜなら、それは、みなさんの思考や関心の強さ、また、しっかりと正しい方向で考え、引き寄せの法則を活用できているかで変わってくるからです。

②良いこと・悪いこと関係なく引き寄せる

引き寄せの法則は、使いこなすまでが非常に難しいです。

きっと今までで、「こんなこと自分は望んでいない!」というふうに考えてたことが起きたことがあると思います。

これは運が悪かったのではなくて、実はあなたが引き寄せたものなのです。

もしくは、何かを引き寄せた結果、自分の望んでないことが起きてしまったのです。

私は、これを明確に経験したことがあります。

(みなさんも似たようなご経験があると思います。)

あるとき、同僚で飲み会の幹事を決めることになりました。

私を含め10人の同僚がいて、公平に決めるため、あみだくじで決めました。

あみだくじはかなり厳正な方法で行い、当選した人は文句がまったくいえないほどでした。

私はそのとき、「なんかあたりそうだなあ、でもめんどくさいから絶対やりたくない」と一瞬、強く考えてしまい、胸が焼けるような感覚がしました。

そしてその1分後開示した時、私が幹事になってしまったのです。

つまり、ここからもわかるように、引き寄せの法則は、関心を向けてしまったものを引き寄せるのです。

ということは、元恋人と別れたあとに、

「新しい彼女ができたらどうしよう」

「結婚したらどうしよう」

とあなたが強く考えれば考えるほど、それは引き寄せられます。

そして、その考えや関心が増せば増すほど、それは現実に起こりやすくなり、そのまま変化がなければ、いずれ現実化してしまうことになります。

みなさんは、もちろん、元カレや元カノに新しいパートナーができることを望んでいないですよね?

でも、それについて考えてしまっている時点ですでに引き寄せの法則は働いているのです。

そのため、みなさんが望んでいないことが起きたとしても、それはあなたが引き寄せたものなのです。

例外はありません。

すべては引き寄せの法則です。

これらのことから、みなさんは、何かを心配するときにも注意しなければなりません。

その不安を考えることで、引き寄せの力はどんどん強まります。

③意図的に変えていくことが大切

みなさんが復縁を目指す際に引き寄せの法則を活用するのであれば、毎日、元カレと復縁し楽しくデートをする姿をイメージしながら、それを考え続ける必要があります。

しかし、残念ながらそれはできません。

なぜなら、みなさんが元恋人の恋愛事情に不安をもったりすることは避けられないからです。

また、仕事もありますから、そちらについても しっかりと考えなければなりません。

でも、復縁をしたいのであれば、やはり努力して復縁の先の未来を考える必要があります。

そのため、しっかりと意図的に、もしくは意識的に、考える方向性を変える必要があります。

急に元恋人ともう復縁できないという不安が襲ってきたら、

「そんなことはわからない」

「私は復縁したい」

「復縁したら必ずうまくいく、幸せになれる」

「復縁できる」

というふうに自分で考えや関心をコントロールすることが大切です。

このようにして、しっかりと自分の復縁に対しての意識を良い方向にもっていくことを維持しましょう。

復縁した未来の楽しい考えをもつこと!

引き寄せの法則は、自分の関心や考えていることが強まれば強まるほど、引き寄せの力も増します。

その考えや関心の決め方のコツとしては、復縁したい相手との幸せな未来をイメージを願うことです。

実際に頭のなかでイメージしてみると良いでしょう。

そうすることで自分の関心や考えていることは良い方向に向かうので、難しいと感じる方は実践してみてください。

復縁に否定的な友達とは少し距離をおくこと

仲のよい友達でも復縁に対して否定的な人は距離をおきましょう。

もしくは、そのような友達の前では復縁の相談や話をするのはやめましょう。

なぜなら、他人から例えば「復縁してもうまくいかない」と言われてただけで、あなたの考えや関心も少なからずそちらに偏ってしまいます。

そうなると引き寄せの法則で、復縁に対しての否定的な思いがどんどんつよくなり、ネガティブな思考に陥ってしまう危険があります。

そのため、基本的には復縁は、経験者や応援してくれる友達だけに話したほうがよいです。

さいごに

ここまで、復縁において、引き寄せの法則を活かす方法をご紹介してきました。

まだまだ伝えきれていないことがたくさんあります。

引き寄せの法則はコントロールできるようになると非常に復縁に強いです。

ぜひ、実践してみてください。