スピリチュアル

引き寄せの法則で離婚する確実な方法とコツ【離婚経験者が解説】

「引き寄せの法則で離婚したい」

「離婚を引き寄せたいけど、やり方がわからない…」

これを見てださっている方は、このような願いや悩みを抱えていると思います。

たしかに、引き寄せの法則を正しく活用することができれば、離婚することは可能です。

ただ、離婚を引き寄せようとすると、ネガティブな思いが強くなってしまったり、離婚に執着してしまい、結果的うまくいかないことが多いです。

そのため、引き寄せの法則で離婚したいのであれば、いくつかのポイントやコツを踏まえて実践する必要があります。

そこで今回は、引き寄せの法則で離婚する確実な方法とコツについて、経験者のお話を踏まえながら解説していきます。

見出し画像

最近、「当たる!」と人気急上昇中の「エキサイト電話占い」をご存知でしょうか?

エキサイト電話占い」は、10年以上の実績・5万件以上の口コミがあり、占い師の在籍数は220名以上となっています。

さらに、初めて無料会員登録した方限定で、最大3,500円分の無料鑑定を受けられるため、初めての方にもオススメの電話占いです。

恋愛(片思い・復縁・不倫etc...)や夫婦関係、仕事、人間関係、子育てなど、お一人で悩みを抱えていて、どうすればいいかわからない方は、「エキサイト電話占い」の本物の占い師の鑑定を一度受けてみませんか?

♥最大3,500円分無料!

離婚を引き寄せるために一番大事なこと

引き寄せの法則で離婚をしようとする方は、

「夫といる時間が苦痛なので離婚させてください」

「もう限界だから離婚させてほしい」

など、ネガティブな感情を持ってしまっている方が多いです。

たしかに、今離婚したいと考えている方は、プラスの感情というより、「辛い」「離れたい」など負の感情が強いと思います。

また、それに加えてお子さんがいたり、ずっと専業主婦でやってきた方は、

「離婚したいけど、子どもが心配」

「離婚した後、自分一人でやっていけるのか自信がない」

と不安に感じている方も多いでしょう。

ただ、このようなネガティブな感情を強く持ってしまいる間は、離婚を引き寄せることはできないでしょう。

その理由は、引き寄せの法則で最も重要な「波動」というのものにあります。

私たち人間は、一人ひとり自分の身体から目に見えない「波動」というものを常に外に発しています。

みなさんも、誰かの視線を感じて振り返ったり、友達のようすをみてなんとなく「何かあったのかな」と心配したご経験があると思います。

それは、お相手の身体から出ている「波動」を感じ取った結果です。

そして、あなたが発した波動に宇宙が反応して、「現実」が作られていきます。

つまり、日頃から良い波動を発しているのであれば、あなたにとって良い現実を引き寄せ、悪い波動を発していれば、あなたにとって悪い現実を引き寄せるということです。

(宇宙は、あなたの波動をそのまま映す巨大な鏡と言えます。)

そのため、もし、あなたが離婚したいのであれば、それを願いつつ、日頃から常に良い波動を発して過ごすことが大切なのです。

「でも、良い波動を発するためにはどうしたらいいの?」

「波動ってどうやって作られるの?」

と疑問に思っている方もいらっしゃると思います。

あなたの波動は、「あなたが考えていること(思考)」や感情によって決まります。

例えば、仕事で何か嫌なことがあって、そのことばかり考えていたら、当然「嫌な気分」になりますよね。

上記の画像からもわかるように、「嫌な気分」が続けば、あなたの波動は悪くなり、あなたにとってよくない現実を引き寄せます。

一方で、仕事で嫌なことがあっても、リフレッシュして良い気分になれば、あなたにとって良い現実を引き寄せることができます。

このように、あなたの「思考→気分・感情→波動→現実」という順で引き寄せの法則は成立するのです。

ここまでの解説を踏まえた上で、冒頭の話に戻りましょう。

離婚の引き寄せにおいて、「離れたい」「逃げたい」という思いが強ければ、それは負の感情になります。

負の感情が強くなれば、あなたの波動は悪くなるため、結果的にあなたにとってよくな現実を引き寄せることにつながります。

つまり、離婚という現実からは離れていくということです。

また、そこに子どもや経済的な不安をのしかかると、さらにネガティブな感情になるため、離婚を引き寄せることはさらに難しくなります。

そのため、引き寄せの法則をする上で、なるべく前向きな考えや感情を持って、波動を高めていくことが大事だということをまずは理解しておきましょう。

離婚を引き寄せるための願い方

ここまで、お伝えしたきように、引き寄せの法則を成功させるためには、常日頃からご自身の波動を高めることが大切です。

そして、これと同じくらい大切なのが、お願いの仕方です。

先ほどもお伝えしたように、

「離婚して辛い日常から抜け出せますように」

「夫と離れることができますように」

など、負の感情を抱いて願うと、あなたの波動を悪い方向に向かってしまうため、逆に離婚を引き寄せるのが難しくなってしまいます。

そのため、離婚を成功させたいのであれば、次のような手順やポイントを踏まえてお願い事をするようにしましょう。

1.未来にフォーカスして願う

2.「なぜ、それを望むのか」理由を明確にする

3.願いが叶った時をイメージングする

4.ネガティブな考えや不安を取り除く

5.執着しないように注意する

では、1〜5について、それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

1.未来にフォーカスして願う

離婚を引き寄せたい場合、「離婚後の未来」にフォーカスして願うことがポイントです。

おそらく、あなたの今の望みは、

「夫と離婚したい

「夫から離れたい」

というようなことだと思います。

引き寄せを使うには、このように、ご自分の願いや望みをハッキリとさせることが大切です。

ただ、引き寄せの法則の特徴として、「誰かに〜してほしい」「あの人に〜してほしい」など、他人への願望を叶えることはできません。

また、繰り返しお伝えしているように、負の感情を持って離婚を願うのもNGです。

そのため、離婚を引き寄せたいうのが望みであれば、離婚後の未来にフォーカスすることがコツです。

例えば、

「離婚して、自分のやりたいことをやりたい」

「今よりもっと幸せになるため、離婚したい」

というような感じです。

ちなみに、紙に引き寄せたい望みや願いを書き出すことで叶いやすくなるとも言われています。

また、書き出す時のポイントのひとつに、「過去形にする」というものがあります。

例えば、

「夫と離婚して、前よりも幸せな毎日を送ることができました。」

というようなイメージです。

ただ、もし過去形で書き出すのに抵抗があるならば、

「夫と離婚して、今よりも幸せな毎日を送ることができす。」

というふうに、未来を断定するような表現を用いるのも方法のひとつです。

そのため、いずれの方法でも構いませんので、まずは、離婚後の未来にフォーカスして、願いを書き出すようにしましょう。

2.「なぜ、それを望むのか」理由を明確にする

次に、1で考えた望みや願いの理由を明確にしましょう。

あなたが離婚を望むのには、何かしらの理由があるはずです。

例えば、

「今よりもっと幸せになりたいから」

「もっと自由にいろいろなことをしたいから」

など、それぞれな理由があるはずです。

このように、なぜその願いや望みを叶えたいのか、理由を明確にすることも大切です。

また、この理由の部分が、あなたの願いの本質でもあります。

つまり、なぜを明確にした上で、引き寄せを実践することで、願いが叶う時、この「なぜ」という部分も叶うということです。

そのため、理由の部分もきちんと明確にしておくようにしましょう。

3.願いが叶った時をイメージングする

3つ目は、イメージングです。

1と2のステップを実践することで、あなたは自然と自分の望む状態をイメージできているはずです。

ただ、ご自身の願いを現実化するためには、そのイメージングを日常的に行なっていく必要があります。

具体的には、離婚が成立した後に自分がやりたいことや自由になった姿をイメージするとよいでしょう。

また、そのようなことを考えると、気持ちがワクワクしたり、楽しい気分になります。

そのような気持ちになれば、波動も自然と高まり、離婚を引き寄せやすくなります。

そのため、離婚が成立した後のことをイメージングするのもポイントです。

4.ネガティブな考えや不安を取り除く

4つ目は、ネガティブな考えや不安を取り除くことです。

先ほど解説したイメージングは、一見簡単に見えますが、実は結構難しいことです。

ほとんどの方は、離婚イメージングをしようとしても

「どうせ夫は離婚してくれない」

「離婚した後にやっていける自信がない」

などネガティブな感情や不安を持ってしまいます。

ただ、引き寄せを実践するためには、このマイナス思考や不安を取り除く必要があります。

そのためには、自分の本当の気持ちをおさえてでも

「私は今より幸せになるために離婚する」

「自分のやりたいことをするために離婚する

など、プラスのことを考える必要があります。

ですので、意識して、「無理だ」「できない」ということを考えないように努力し、なるべくポジティブに思考をキープすることが大切です。

5.執着しないように注意する

5つ目は、望みに対して執着しないで手放すことです。

引き寄せを実践していく中で、望みが執着に変わる時があります。

例えば、

「夫が離婚してくれないなら死んだほうがマシ」

「夫と離婚できないなら、人生をやめたい」

というような考え方になった時がそのサインです。

このような思考になったら、あなたの望みが執着になってしまっていることになります。

そのため、このような執着に変わらないようにするためにも、望んだら一度手放すこともポイントです。

手放すとは、諦めるという意味ではなく、固執しないことです。

言い換えれば、離婚のことばかり考えないで、今の日常を楽しむように努力することです。

そのため、離婚のことだけでなく、ご自分の時間を充実させることも意識しましょう。

離婚の引き寄せを実践する時のポイント

次に、離婚の引き寄せを実践する時にぜひ意識していただきたいポイントをご紹介します。

それは、主に次の3つです。

①被害者意識を持たない

②自己否定をしない

③感謝の気持ちを持つ 

では、①〜③について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

①被害者意識を持たない

1つ目は、被害者意識を持たないことです。

引き寄せの基本的な考え方の一つに、「現実で起こることはすべて自分が原因」というのがあります。

つまり、その旦那さんと結婚したのも、離婚したいと思うようになったのも、元を辿ればすべてご自分が原因であるという意味になります。

なかなか手厳しい考え方ですよね。

ただ、引き寄せの法則を実勢して離婚を引き寄せたいなら、「〜のせいでこうなった」という被害者意識を捨てることが必要なのです。

でないと、いつまでも負の感情を持ち続けてしまうため、離婚を引き寄せることは難しいでしょう。

そのため、離婚を引き寄せたいなら、まずは被害者意識を捨てるようにしましょう。

②自己否定をしない

2つ目は、自己否定をしないことです。

引き寄せがうまくいかない方は、

「自分はなんてダメなんだろう」

「私にはそんな価値ない」

「私に選ぶ権利なんてない」

など、自分を否定するような考え方を持ってしまっているケースが多いです。

ただ、このような自己否定をしてしまうと、当然、波動が悪くなります。

そうなれば、離婚を引き寄せることも難しくなってしまいます。

そのため、自己否定をしてしまいやすい方は、そのような癖を改善することも大切です。

また、自己否定をしやすい方は、「いいことノート」を書くことでをおすすめします。

最初にもお伝えしたように、引き寄せの法則では、あなたの「波動」を良くすることが大切です。

そのためには、常に良い気持ちや気分でいられるように努めることが大切です。

その時に、おすすめなのが「いいことノート」です。

「いいことノート」は、毎日過ごす中で、何か良い気分になれたり、幸せな気持ちになれた出来事があったことを書き留めるためのものです。

このようなノートを作ることで、小さな幸せや楽しみに目を向けることができ、ポジティブな気持ちを持ち続けられるため、引き寄せの法則も成功しやすくなります。

そのため、ネガティブになってしまいやすい方は、「いいことノート」を作るのもおすすめです。

③感謝の気持ちを持つ

3つ目は、感謝の気持ちを持つことです。

感謝すると、自然と気持ちもよくなり、結果的に波動を高めることができます。

また、離婚したいと思っている旦那さんでも、何かしら今までの夫婦生活で感謝できることはいくつかあると思います。

そのため、まずは旦那さんに感謝できる点がないか振り返ってみることがポイントです。

それを実践することで、旦那さんに対してのプラスの印象を持つことができるため、より波動を高めることができます。

また、それが難しい場合は、親や友人など周りの人に感謝することを意識するのでもOKです。

このように、波動を高めるために日頃から感謝することも大切です。

引き寄せを自分で行うデメリット&危険性

ここまで、引き寄せを具体的な実践方法やポイントを解説してきました。

引き寄せは、正しく行えば、離婚を現実にすることもできるでしょう。

ただ、その一方で引き寄せを自分で行うにあたって、デメリットや危険性もあります。

それは、主に次の3つです。

①時間がかかる

②ネガティブな考えになりやすい

③うまくいかない時がある

自分で引き寄せを行う最大の難点は、時間がかかることです。

引き寄せは、「何日間で願いが叶う」という決まった日数はありません。

ただ、その一方で、数日間でできるものでもありません。

経験からすると、自分で行った場合、基本的に数ヶ月〜半年以上かかることが多いです。

そのため、なるべく早く離婚したい方には、あまりオススメできません。

また、引き寄せを自分で行うと、イメージングがうまくできないどころか、

「どうせ離婚できない

「離婚してもやっていく自信がない…」

など、マイナスのことばかり考えてしまい、良い現実どころか悪い現実を引き寄せてしまうことが多いです。

他にも、「子どもにとってよくないかな」「仕事はどうしようかな」などと不安に思ってしまうと、それが波動となって宇宙に伝わり、離婚できない現実を逆に引き寄せる危険があります。

このように、自分だけで引き寄せの法則をやろうとすると、思考や感情のコントロールがうまくできず、今よりも状況が悪化する危険もあります。

ですので、イメージングがうまくいかない方もご自身で引き寄せを実践するのはあまりオススメしません。

ご自身で引き寄せをやりたいと考えている方は、このようなデメリットや注意点を吟味した上で、実践するか検討してみましょう。

また、ここまでを踏まえた上で、

「もっと早く、確実に離婚したい」

と考えている方は、引き寄せによる離婚を得意としているプロの占い師に依頼するのもオススメです。

実際、プロの占い師に引き寄せをお願いして、離婚を成立させた方はたくさんいらっしゃいます。

また、占い師に両思いの引き寄せをお願いすることで、他にも次のようなメリットがありまます。

★夫との相性を知れる

★夫と離婚した後の未来を占ってもらえる

★夫の今のあなたへの気持ちを知れる

★離婚するためのポイントを教えてくれる

★第三者の視点で冷静なアドバイスをしてもらえる

ただ、離婚の引き寄せは、占い師なら誰でもできるというわけではありません。

つまり、きちんとした実力、そして、引き寄せを使える占い師でないと、離婚はできないということです。

ですが、その点はご安心ください。

ココスピでは、60社以上、総勢170名以上の占い師を実際に調査した上で、引き寄せによる離婚の実績が多数ある占い師を厳選してご紹介しています。

そのため、本気で離婚したいと思っている方は、以下の記事でご紹介している占い師の中から直感で選んで、一度鑑定を受けてみることをおすすめします。

【電話占い】離婚問題を数多く解決してきた「当たる!」と評判の占い師を紹介!離婚の悩みや相談にも丁寧に乗ってくれて、適切なアドバイスをくださるのが、経験豊富な占い師・霊能者の方々です。そこで今回は数多くの離婚問題を解決してきた評判の占い師をご紹介します。そのため離婚に関する悩みを抱えている方はチェックしてみてくださいね!...

さいごに

今回は、引き寄せの法則で離婚を成立させる秘訣について、経験者が丁寧に解説してきました。

離婚は、周りに相談しづらいことのひとつですよね。

そのような方にこそ、引き寄せの法則はおすすめです。

そのため、引き寄せの法則で離婚を成立させたいと思っている方は、今回解説したことを参考にしてみてくださいね!

見出し画像

最近、「当たる!」と人気急上昇中の電話占い「ピュアリ」をご存知でしょうか?

ピュアリ」は、口コミランキングNo.1の実績があり、会員数は17万人を突破しています。

また、業界最大手で占い師は200名以上在籍しており、TV番組への出演や雑誌、イベントなどの出演実績も多数あるため、信頼度・認知度も高いです。

さらに、初めて無料会員登録した方は、最大8,000円以上の初回特典もGETできるため、初めての方にもオススメの電話占いです。

恋愛(片思い・復縁・不倫etc...)や夫婦関係、仕事、人間関係、子育てなど、お一人で悩みを抱えていて、どうすればいいかわからない方は、「ピュアリ」の本物の占い師の鑑定を一度受けてみませんか?

♥今なら最大8,000円分無料!