ヴェルニ

【ヴェルニ】紫水(シスイ)先生の口コミ・評判と体験レポート【恋愛編】

今回は、ヴェルニのなかでもトップクラスの透視や霊感霊視を使いこなし、夫婦問題カウンセラーの資格も所有する「紫水(シスイ)先生」に実際に相談してみた感想と鑑定レポート、他の相談者からの口コミ・評判などをご紹介していきたいと思います。

紫水先生ってどんな占い師?

紫水(シスイ)先生は、鑑定歴6年、ヴェルニののなかでも特に透視や霊感霊視を得意とする実力派女性鑑定師生のお一人です。

先生は、幼少期に母に連れられ山の中の霊媒師の所に通っていたことがきっかけとなって、スピリチュアルな力が開花し、今に至ります。

鑑定では、主に透視や霊感霊視、チャネリングなどを用いるため、詳しい情報なしでご相談者の状況や特定のお相手の気持ちなどを的確に占うことができます。

また、先生は、夫婦問題カウンセラーの資格も取得しており、現在に至るまで、さまざまな夫婦問題も多数解決してきました。

それ以外でも恋愛、不倫、子育て問題、仕事、金運などを得意としています。

そのため、夫婦関係や不倫など複雑な悩みをお持ちの方透視や霊感霊視などスピリチュアルな力で鑑定してほしい方にイチオシの先生です!

利用料金 ・【電話鑑定】
290円/1分
鑑定歴 6年
待機時間 10:00~12:00
20:00~22:00
※目安になります。
占術 透視 / 霊感 / 霊視 / チャネリング / 四柱推命
得意分野 相性・結婚・離婚・復活愛・略奪愛・不倫・縁結び・縁切り・年の差・遠距離・三角関係・金運・仕事・対人関係・家庭問題・子育て・運勢・

今なら2,500円分無料!
今すぐ相談するなら
こちらをタッチ!

紫水先生に相談した方の口コミ・評判

以下では、紫水先生に実際に相談した方の口コミや評判をご紹介します。

気持ち的にスッキリしたと同時に頑張れるパワーを頂いた様に思います。

先生、ありがとうございました😊Cです。
仕事の件でいつも鑑定して頂いて、今回もすぐに適切なアドバイスと、近未来で、しかもしっかりとした確定的な数字まで出して鑑定して頂き、気持ち的にスッキリしたと同時に頑張れるパワーを頂いた様に思います。

内容もビックリするくらい納得してしまう程でした。先生もおっしゃってたように、今に囚われすぎず、自分の将来、自分の為に向けて、頑張って乗り切って行こう!って思います。ありがとうございました😊

【引用元】レビュー|電話占いヴェルニ

彼の性格や性質はずばりお見通しでとても楽しい鑑定時間でした。

紫水先生、先日は鑑定ありがとうございました。
彼の性格や性質はずばりお見通しでとても楽しい鑑定時間でした。

先生が「いまも過去も選択は間違ってないから」という言葉がすごく後押しになって一日一日が充実してきています。
また次回も宜しくお願い致します。

【引用元】レビュー|電話占いヴェルニ

彼のことが本当によく見えており、とてもスピーディーな鑑定でした。

紫水先生2度目の鑑定ありがとうございました。

前回も今回も、人に大々的に公言できない関係にあった彼とのことを見てもらいましたが、彼のことが本当によく見えており、とてもスピーディーな鑑定でした。

先生の待機時間とタイミングが合わない時は他の先生にご相談させて頂いたこともありましたが、ここまでスピーディーに正確に見てくださったのはやっぱり紫水先生だけです。

スピーディーさの中でも優しい言葉を何度もかけていただき、心が軽くなりました。

先生に頑張りましたね、と言われた時に正しい選択だったんだと強く思えました。
次は明るい未来を描ける相手のことをご相談できたらいいなと思っています。
本当にありがとうございました!

【引用元】レビュー|電話占いヴェルニ

今なら2,500円分無料!
今すぐ相談するなら
こちらをタッチ!

【実際に相談した方の鑑定レポート】
紫水先生の鑑定を公開!

ここでは、今回、紫水先生に相談した方の鑑定レポートをご紹介します。

紫水先生の実際の鑑定がどんなものなのか気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

今回ご相談した「ユウカさん」の情報

今回は、夫婦生活で悩んでいるユウカさんに協力していただいて、紫水先生電話で鑑定してもらいました。

ユウカさんの情報は以下のとおりです。

【今回の相談者】

名前:ユウカさん
性別:女性
年齢:33歳
相談概要:旦那との意見の不一致

《現在の状況》

33歳の女性です。結婚してすぐに流産を経験しています。
流産後はまた子宝に恵まれ、現在2歳の子を子育てしています。

私はあと2人くらいは子どもが欲しいと思っているのですが、主人と意見が合わなくて悩んでいます。

私たち夫婦には経済的な不安があるので、責任感の強い夫にはなかなか踏み切れないのかなと予測しています。
しかし、私は自分の願いもなかなかあきらめきれません。

・願いを叶えるにはどうしたら良いか?
・そもそも私の願いを諦めるべきなのか?

いつまでも煮え切らないような不安を解消するにも、是非とも鑑定をしていただきたいです。

実際の紫水先生とのやりとり

※個人情報保護のため、本名や生年月日など個人を特定する恐れのある箇所は非公開にしています。

紫水先生
紫水先生
鑑定士の紫水(しすい)でございます。
ユウカさん
ユウカさん
あ、もしもし。初めまして。
紫水先生
紫水先生
はい、初めまして。
ユウカさん
ユウカさん
今日はよろしくお願いします。
紫水先生
紫水先生
はい。鑑定中にお呼びするニックネームか何かを、お伺いしても大丈夫ですか?
ユウカさん
ユウカさん
はい。ユウカです。
紫水先生
紫水先生
はい。ユウカさんですね?
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
よろしくお願いします。
ユウカさん
ユウカさん
よろしくお願いします。
紫水先生
紫水先生
はい。では、本日のご相談内容を、お伺いしますね。
ユウカさん
ユウカさん
はい。2人目の子どもが欲しいと思っているんですけれども、夫とは意見が違ってしまっていて。それで諦めた方が良いのかな?と悩んでいるところです。
紫水先生
紫水先生
うん、うん。子作りについて、意見が違うんでしょうか?
ユウカさん
ユウカさん
そうですね。主人は経済的なことを心配しているようなんですけれどね。確かに私にも経済的な不安はあるんですけれども、それでも。そのうちなんとかなるんじゃないかなって考えているんですよ。
紫水先生
紫水先生
うん、うん。
ユウカさん
ユウカさん
そこのところがちょっと違うのかな?と思うんです。楽観的になれる私と、楽観的になれない夫。
紫水先生
紫水先生
うん、はい。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
はい、わかりました。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
お客様の旦那様をお呼びしているお名前を、お伺いしてもよろしいでしょうか?
ユウカさん
ユウカさん
はい。ユウトです。
紫水先生
紫水先生
ユウトさんですね。
ユウカさん
ユウカさん
はい!
紫水先生
紫水先生
はい。それではちょっとユウカさんとユウトさんの関係性とかを、いろいろ視ていきますね。
ユウカさん
ユウカさん
お願いします。
紫水先生
紫水先生
はい!ちょっと目を閉じて、ご主人様の顔を、頭の中で思い浮かべていただいても良いですか?
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
何秒かだけで良いので、お願いします。
ユウカさん
ユウカさん
わかりました。
紫水先生
紫水先生
はい、よろしくお願いします。
ユウカさん
ユウカさん
はい。

~鑑定中(約5秒間)~

紫水先生
紫水先生
はい、大丈夫ですよ。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
もう少し待っていてくださいね。
ユウカさん
ユウカさん
はい。

~鑑定中(約11秒間)~

紫水先生
紫水先生
はぁ~、そうですね。まったく考え方が違いますね。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか、はい。(苦笑)
紫水先生
紫水先生
うん。たぶん子育て、というか子作り以外のことについても多分結構違うと思います。
ユウカさん
ユウカさん
そうですね、はい。
紫水先生
紫水先生
う~む。でも子どもを作りたいという気持ちをユウカさんが持ってて、それをこの先目標として進めていくのは、悪くないですよ。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。子どもが欲しいと思うこと自体エゴなのかな?と悩んだりしたことも結構あるんですけれども。
紫水先生
紫水先生
うんうん。
ユウカさん
ユウカさん
あと周りに流されているような感じなのかな?と思ったりしたこともあるんですけれども、「やっぱり違うな」って最近思ったんですよ。
紫水先生
紫水先生
はい、そうですね。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
別に子どもさんが多いのが良いとか、少ないのが悪いとかそういう意味ではないんですけれど。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
でも必ず助けてくれる…親の面倒を看るとかという意味ではなくて、心の支えになる子どもさん達になるんです。ユウカさんの場合。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
うん。なので人数が1人でも2人でも3人でも、良いと思いますよ。
ユウカさん
ユウカさん
はぁ~、そうですか!
紫水先生
紫水先生
うん。全然良いですよ!
ユウカさん
ユウカさん
(笑)なんかそう言っていただけると安心します!
紫水先生
紫水先生
うん。ただね、問題はご主人さんですけれど。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
あまりそのことで喧嘩は、やっぱりやめた方がいいですね。
ユウカさん
ユウカさん
喧嘩したことはないんですけれど、ただ押しつけたくもなくって。
紫水先生
紫水先生
うん、そうですね。
ユウカさん
ユウカさん
はい。理想は、快く夫も賛成してくれるとか、同じ気持ちで子どもを望んでくれることです。
紫水先生
紫水先生
一番良いですよね。
ユウカさん
ユウカさん
うんうん。
紫水先生
紫水先生
ただね、将来のことって誰にもわからないじゃないですか。将来のことってね。
ユウカさん
ユウカさん
はい、そうですね。
紫水先生
紫水先生
そういう時に、将来がわからないからこそ、子どもの助けになってやれる兄弟が欲しいと。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
うん、その子ども自身の助け。助け合える子どもを作っておいてあげたいということを…旦那さんにもう少しそれをキチっと伝えることができたら、気持ちが変わると思いますね。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。主人は一人っ子なんですよ。
紫水先生
紫水先生
はい。
ユウカさん
ユウカさん
うん。だから兄弟を作ってあげたいという気持ちの共有が、余計に難しいのかな?って思ってたんですよね。
紫水先生
紫水先生
そうですね。だから一人っ子だからそこの部分が、多分痛感すると思いますよ?
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
一人っ子でとっても楽だった部分もあると思いますけど、やっぱり兄弟がいたらなと想像するところも、ご主人さんあったみたいなので。
ユウカさん
ユウカさん
そうみたいですね。親のことを考えるとちょっと不安、と言っていました。
紫水先生
紫水先生
そうです。だから子どもには同じ思いをさせにように。ユウカさん自身は子ども
が大好きで欲しいけれども。同じ兄弟として助けになる子どもをもう一人、兄弟として作っておいてあげたいという話を、ご主人さんにしっかり・ゆっくりすると大分変わると思います。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。
紫水先生
紫水先生
はい。
ユウカさん
ユウカさん
わかりました。ちょっとやってみますね!
紫水先生
紫水先生
はい。ユウカさんも、子どもが欲しいという気持ちは本当に間違っていないので、全然大丈夫です。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。ここの所も結構悩んでしまって。今の経済状況で子どもを望んでしまうって悪いことなのかな?とか。
紫水先生
紫水先生
うんうん。
ユウカさん
ユウカさん
結構悩んだのでした。
紫水先生
紫水先生
そりゃあすごく贅沢がしたいとか、お金がありあまってなきゃ嫌だとかのお気持ちには、ユウカさんはそんな方ではないので。
ユウカさん
ユウカさん
そうです、はい。
紫水先生
紫水先生
うん。本当に、なんとかなります。
ユウカさん
ユウカさん
なんとか、なりますよね。
紫水先生
紫水先生
なんとかなります。本当に貧困相が出てるとか、今後も立ちいかなくなるとかっていう運命みたいなものは、あまりユウカさんの中には感じられませんので。
ユウカさん
ユウカさん
あ、本当ですか?
紫水先生
紫水先生
うん。楽観的に楽しくやれると思いますよ。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。ちなみに、何人の子どもに恵まれることができるのかとか、先生にはおわかりになるのですか?
紫水先生
紫水先生
それはね、言ってはいけないことになるんですよね。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか、はい。
紫水先生
紫水先生
はい。だけど私が応援してるということは、大丈夫ということです。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。それなら嬉しいです!
紫水先生
紫水先生
はい。
ユウカさん
ユウカさん
他にもお聞きしたいことがありまして。
紫水先生
紫水先生
うん、はい。
ユウカさん
ユウカさん
先ほど、経済状況ってお話したんですけれども。私はなんとかなると思っているって、先ほど先生にお伝えしたんですね。
紫水先生
紫水先生
ええ、はい。
ユウカさん
ユウカさん
主人が心配性…っていうんですかね?
紫水先生
紫水先生
そうですね~。
ユウカさん
ユウカさん
なんかそこのところがちょっと気になってて。
紫水先生
紫水先生
うん。これはあまりユウカさんが楽観的過ぎるようなことを言うと、余計心配性にはなるんです。
ユウカさん
ユウカさん
そうみたいなんです!(苦笑)
紫水先生
紫水先生
うん。なので反対に、もし彼がね。旦那さんが「~のところが心配だ」「~が心配だ」って言ったら、一回一緒になって「そうよね」って言ってあげてください。
ユウカさん
ユウカさん
ああ~、確かに。
紫水先生
紫水先生
確かにそうよね、と。ただすぐに「大丈夫よ~」とか「考えすぎだよ~」とか、そういう言葉って、否定じゃないのに否定に入るんですよね、旦那さんの場合。
ユウカさん
ユウカさん
なるほど~。
紫水先生
紫水先生
なので一回、「そりゃあ心配だよね」って、「わかるよ、わかる」っていうことを。一度ワンクッション置いてから「確かに心配だけど、心配して前向いて笑えないのもつまんないから、何とか解決していきながらやっていこう。」って。
ユウカさん
ユウカさん
はぁ~、そこが足らなかったんですね。
紫水先生
紫水先生
はい。そこ足らないですね。
ユウカさん
ユウカさん
はい。私も実は不安になりやすいタイプで。
紫水先生
紫水先生
そうなんですよね。
ユウカさん
ユウカさん
私もなんです。それで、私が不安をなんとか押し殺そうとしてるのに、主人が不安だと言うと。一緒に不安になりたくないんですよね。
紫水先生
紫水先生
うん。
ユウカさん
ユウカさん
それで無理やりポジティブなことを言ってるんですよね。(苦笑)
紫水先生
紫水先生
うん。無理やりポジティブしなくても良いですよ。楽観的な考えはとっても良いんですけど、「楽観的」と「無理やり楽観的にもっていく」というのは違いますから。
ユウカさん
ユウカさん
うん。最近そうなんだろうなって。
紫水先生
紫水先生
うん。不安な時は二人で、「不安だね」って言えば良いと思います。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか、うんうん。
紫水先生
紫水先生
だけど不安だからって前に進まないわけにはいかないという前向きな話も少しずつ混ぜながらしていくと…一回受け入れてもらえれば「あ、奥さんも不安なんだな」って。「俺だけが不安なんじゃないんだ」ってなるので。
ユウカさん
ユウカさん
ええ、ええ。そうですか。
紫水先生
紫水先生
うん。楽観的に全部ってユウカさん、無理やりやってるんだけれども、向こうからしてみると「本当に何も考えていないのかな」って思っちゃう。
ユウカさん
ユウカさん
(苦笑)
紫水先生
紫水先生
心配性過ぎて。線が細いので、この旦那さん。
ユウカさん
ユウカさん
ああ~、そうなんですね。主人は確かに繊細な感じがしていて、私よりデリケートだなって思う時があるんですよ。
紫水先生
紫水先生
そうです、うん。
ユウカさん
ユウカさん
だからそういうところとどういう風にフォローして付き合っていくには、
どういう風にしたら良いのかなって思ってきたんですけれど。まずは共感なんですね。
紫水先生
紫水先生
はい。まずは同じ考えも持ってるということを。うん、私だって本当は不安だよ、と。
ユウカさん
ユウカさん
うんうん。
紫水先生
紫水先生
だけど、不安不安不安と思ってたらなんにもできないから。前向いてなんとかその不安が少しずつ減るようになんとか頑張っていこうって。
ユウカさん
ユウカさん
ああ。そうですか。経済的な不安というのにも対処していこうとしていて。
紫水先生
紫水先生
はい。
ユウカさん
ユウカさん
主人が今、仕事を辞める、というか変えようとしてるんですね。
紫水先生
紫水先生
うん、うんうん。
ユウカさん
ユウカさん
ただこのコロナの情勢下もあって、そして転職をして本当に大丈夫だろうかという心配もあると思うんですよ。あと仕事も責任ある立場にいるので。まあ、お給料もその責任ある立場であるにしては結構低いらしいんですけれども。
紫水先生
紫水先生
うんうんうん。
ユウカさん
ユウカさん
夫や私の不満にもなっていて。
紫水先生
紫水先生
はい、そうですね。
ユウカさん
ユウカさん
そうです。いつ頃、会社を辞めたり変えたりなどの行動をしていこうかな、という現状なんです。
紫水先生
紫水先生
うんうん、そうですね。今の時期はやめたほうがいいですね。
ユウカさん
ユウカさん
今は、そうですか。
紫水先生
紫水先生
うん。あのね、この「コロナ」というのは2人だけの問題じゃなくて、社会全体の問題で。コロナで職がどうこうだからとかキツいからとか、例えば仕事にいけない方とか、みんな運が悪いからとかじゃないんですよね。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
うん。なのでこれは、旦那さんが生まれ持った「運が悪い」とかではないので。
ユウカさん
ユウカさん
うんうん、はい。
紫水先生
紫水先生
今の時期は、コロナが云々というよりも、旦那さんがこの1年くらいが、実は運気低迷なんですよ。
ユウカさん
ユウカさん
あ!そうなんですね。はい。
紫水先生
紫水先生
そうなんです。なんだかんだで、とても不安症だし心配性だし、線も細いけれども。それでも頑張り屋さんなのでね。
ユウカさん
ユウカさん
そうですね。
紫水先生
紫水先生
うん。それなので、この夏過ぎるまでなんとか頑張ってもらって。
ユウカさん
ユウカさん
ああ~、はい!
紫水先生
紫水先生
気持ちが楽になったら本人が、会社に残るか移るか、考えます。
ユウカさん
ユウカさん
ああ!そうですか。自然と?
紫水先生
紫水先生
うん。自然と考えます。で、その答え通りにしてくださって大丈夫です。
ユウカさん
ユウカさん
ああ、そうですか。はい。
紫水先生
紫水先生
ただ、5・6・7月で動く…無理やり何かしなければならないって焦って、何かやらなきゃ何か変えなきゃみたいなことは、5・6・7月に変えようと思っても絶対うまくいかないので。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。そこをお聞き出来て良かったです。
紫水先生
紫水先生
なので、ちょっと落ち着こう?みたいな感じで。
ユウカさん
ユウカさん
うんうん。
紫水先生
紫水先生
焦らず少し考えよう、みたいな。
ユウカさん
ユウカさん
そうですね。自宅待機の時間も増えたので、ちょうど考える、というかゆったりする時期なんですね。
紫水先生
紫水先生
そうですね。ちょっと休ませた方が良いですね。
ユウカさん
ユウカさん
そうですね。うんうん。
紫水先生
紫水先生
不安プラス不安プラス不安、みたいな。
ユウカさん
ユウカさん
(苦笑)
紫水先生
紫水先生
不安の足し算なんですよね。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
なので、確かに悩むのは当たり前なんですけど、そこはユウカさんが「共感」してあげて「同感」してあげて、「励ます」。
ユウカさん
ユウカさん
ああ、はい。
紫水先生
紫水先生
うん。それをやれば、彼は多分乗り越えられると思いますよ?
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
強い味方がそこにいるって思ったら、自分でちゃんと解決できる力を持ってますから。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。ちなみに「休ませる」というのは、具体的にはどのように?
紫水先生
紫水先生
そうですね。心を休ませるということなので。
ユウカさん
ユウカさん
心。
紫水先生
紫水先生
うん。そうですね、例えば楽しい食卓であったり。
ユウカさん
ユウカさん
はい。(笑)
紫水先生
紫水先生
ええ。何か家族でできる小さな本当に些細なことであったり。例えばゲームとか。
ユウカさん
ユウカさん
ああ~。ボードゲームとか最近大好きで。
紫水先生
紫水先生
そうです。何か提案して、1週間に1回くらいでもぶわ~っとなれるような。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
「楽しかったね」みたいな感じで笑えるような、些細な事で大丈夫です。
ユウカさん
ユウカさん
ああ、そうですか。なんか主人がずっとゲームしているんですけれど、それも心の休憩をしているんでしょうか?
紫水先生
紫水先生
そうですね。でもそこにちょっと逃げてる部分もあるんですよ。
ユウカさん
ユウカさん
ああ~、ちょっとそれを感じるんです!だから休めてる?って感じで。
紫水先生
紫水先生
そうそう。だけど「いつまでゲームやってるの?!」とか、そんなこと言わなくても、今後そういう時間というのが作れないと思うので、反対に。
ユウカさん
ユウカさん
それは良い意味でですか?それとも悪い意味でですか?
紫水先生
紫水先生
はい。
ユウカさん
ユウカさん
ああ~。
紫水先生
紫水先生
今はコロナだから、そういう時間があるけど。
ユウカさん
ユウカさん
うんうん、はい。
紫水先生
紫水先生
だけど今後は本当にそういうことって滅多にないので、コロナが解決すると。
ユウカさん
ユウカさん
はい、そうですか。
紫水先生
紫水先生
コロナもインフルエンザみたいなものになるのでね。
ユウカさん
ユウカさん
多分私もそうだと思うんですよ。コロナも、私はね(苦笑)
紫水先生
紫水先生
はい、そうです。なのでそうなるまでの準備期間っていうことで、今こんな状態になってるから。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
ご主人様も準備期間です。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
なのでゲームへ逃げてても、ゲームの間にまた違う楽しいことを作っておいてあげる。
ユウカさん
ユウカさん
ああ~!それでいいんですね。
紫水先生
紫水先生
それでいいです。
ユウカさん
ユウカさん
ああ、そうですか。
紫水先生
紫水先生
いずれやめます、ゲームも。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。ゲームを無理やりやっているような感じがしてたから。
紫水先生
紫水先生
そうです。
ユウカさん
ユウカさん
なんか時々散歩に行こうとか、ボードゲームしようとか言ってたのが、逆に悪いのかな?良いのかな?ってわからなかったから、それもお聞きできて良かったです。
紫水先生
紫水先生
良いと思いますよ。散歩とか絶対良いと思うし。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
うん。もし「今日は…」って言ったら「わかった~」で。
ユウカさん
ユウカさん
うんうん。
紫水先生
紫水先生
そこを「ええ~、行こうよ~。」みたいなことを言わずに。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
うん。「あ、そうなの~?また天気が良かったらね~。」という感じで。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
うん。それがね、もし何回続いても必ず「あ、悪いな」と思って、必ず前を向くようになりますから。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。主人も結構無理してきたんですね。
紫水先生
紫水先生
そうですね。線が細い分1人で悩むし、人より結構プレッシャーを感じちゃうんですよね。
ユウカさん
ユウカさん
ああ~。
紫水先生
紫水先生
弱い。
ユウカさん
ユウカさん
繊細?あ、弱いんですね。うんうん。
紫水先生
紫水先生
そうですね。心、そんなに強い人ではないんですよ。
ユウカさん
ユウカさん
うんうん。
紫水先生
紫水先生
頑張り屋さんなんですけど。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
自分で鞭打ってやってる部分もあるのでね。
ユウカさん
ユウカさん
そうですね。「~しなければいけない」とか「こういうもんだ」っていう概念で無理やりやってる感じがしますね。
紫水先生
紫水先生
そうです、そうです。なので今は休みで楽しいことをとか。この間に今まで出来なかったことをおうちの中でやるとか。うん、そういう感じでいいと思いますよ。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。ちなみに「繊細さ」っていう点では、娘もそういうところがあるんですよ。
紫水先生
紫水先生
似てますよ?
ユウカさん
ユウカさん
似てます、か。(笑)やっぱり。
紫水先生
紫水先生
全部。(笑)ユウカさんよりもご主人さんの方に似てますね。
ユウカさん
ユウカさん
あ!そんな気がしてて、私と似ている所が逆に少ないような娘で。私からすると育て方がわからないなと思う時があるんです。
紫水先生
紫水先生
はい。
ユウカさん
ユウカさん
でも主人のご両親に聞くと、主人に似てるんだな~といった感じで。
紫水先生
紫水先生
そうですね。似てますね。だけど別に腫れ物に触るようにはしなくてもいいですし。
ユウカさん
ユウカさん
ええ、ええ。
紫水先生
紫水先生
まずはこの2人は「共感」ですよね、大事なのは。
ユウカさん
ユウカさん
「共感」、はい。
紫水先生
紫水先生
うん、「共感」。まずは話をしっかり全部、向こうが言いたいと思うこと全て、子どもさんでもまず聞く。
ユウカさん
ユウカさん
ああ~、はい。
紫水先生
紫水先生
聞いていったん「共感」。「ああ、そうだったのね。」「なるほど、あなたはそういう考えだったのね。」と。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
そして「お母さんの考えはこうで、こういう風なことを織り交ぜると、もうちょっともしかしたら良くなるかもよ、と。」
ユウカさん
ユウカさん
ああ~、なるほど。うんうん。
紫水先生
紫水先生
うん。もう「こうしなさい」とか「ああしなさい」とかは、不安の材料になっちゃうんで。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
うん。なのでまずは聞いて、まずは相手の言いたいことを一回飲み込んであげる。
ユウカさん
ユウカさん
ああ~。娘はまだ2歳なんですけれども。まだうまく喋られないっていうのはわかるんですよ。
紫水先生
紫水先生
はい。
ユウカさん
ユウカさん
娘が癇癪を起こすときがあるんですけれど、言い分が聞いてもらえないというフラストレーションが起きた時なんでしょうか?
紫水先生
紫水先生
そうですね。まずはゆっくり聞いてあげましょう。
ユウカさん
ユウカさん
ああ、わかりました。「共感」が足りなくて、娘の言い分や考えを私が理解して伝えて、「そうなんだね」という風に言ってあげるといいんですね。改善が必要な所、危ないことなどに関しては私の考えを織り交ぜて、「こういう風にしたらいいんじゃないかな」と提案する。
紫水先生
紫水先生
うん、そうですね。
ユウカさん
ユウカさん
ああ~!
紫水先生
紫水先生
「お母さんは…娘さんの名前はわかりませんけど、一応長い間生きてるからいろんな経験してるから参考にしてみて」とか。
ユウカさん
ユウカさん
ああ~。
紫水先生
紫水先生
その、まあ2歳だから「参考」って言葉はちょっとわからないと思うけど。
ユウカさん
ユウカさん
ええ、ええ。
紫水先生
紫水先生
でもちゃんと1人の人間としてきちっとお話するのは、この子にとっても大事だと思いますね。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか~。
紫水先生
紫水先生
はい。本当に人格がありますからね。
ユウカさん
ユウカさん
本当にしっかりした人格で、なんていうか個性も強いんですよ。
紫水先生
紫水先生
はい。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
とっても良い個性だと思いますよ。
ユウカさん
ユウカさん
そうですね。最初は驚いたけど、慣れてきたら今度は、見ていて面白いなって。
紫水先生
紫水先生
そうなんです。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
うん。否定ばっかり…まあ否定ばっかりされているわけじゃないんですけれども、こっちもまどろっこしくてワッと言ってしまう時もあるじゃないですか。
ユウカさん
ユウカさん
そうです~、はい。(苦笑)
紫水先生
紫水先生
うん。それは一呼吸置くということが、ユウカさんにあったら良いかな、と思います。
ユウカさん
ユウカさん
ひと呼吸。そうですね。少しクールダウンするために、場所を移したりとかですね。
紫水先生
紫水先生
うん。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
それとちょっと深呼吸するとか。
ユウカさん
ユウカさん
ええ、ええ。
紫水先生
紫水先生
うん。娘さんがゆっくり話してたり、なんか言ってることがあまりわからない・あまり理解できないなと思う時には、こっちが深呼吸する。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
うん。で、ゆっくりもう一度「そこのところちょっとわからなかったからもう一度言ってくれるかな?」とか。
ユウカさん
ユウカさん
うんうんうん、はい。
紫水先生
紫水先生
必ず時間をかけて聞く、ということは大事ですね。
ユウカさん
ユウカさん
ああ。ちなみに夫が、それをできないみたいなんですよ。
紫水先生
紫水先生
うん、できないですね。似すぎててできないんですよ。
ユウカさん
ユウカさん
うん。なんか似てるのに、ぶつかってる感じで。で、夫は頭ごなしなところもあって。ちょっとそれまずいんじゃないかな?ていう時も結構あるんですけれども。
紫水先生
紫水先生
うんうんうん。そういう時は必ずユウカさんが娘さんにフォローに入ってあげてくさい。
ユウカさん
ユウカさん
あ~、確かにこの間はそれで二人の仲が落ち着きましたね。
紫水先生
紫水先生
うん。何故お父さんが怒ったのか、ということをゆっくり説明するのが大事ですね。
ユウカさん
ユウカさん
ええ。
紫水先生
紫水先生
ただ、「怒りすぎだよね」と最後に。
ユウカさん
ユウカさん
うんうんうん。
紫水先生
紫水先生
「あれは怒りすぎだよね。私も思ったよ。」と。
ユウカさん
ユウカさん
(苦笑)
紫水先生
紫水先生
味方もいるんだよ、ということをわかってもらう。
ユウカさん
ユウカさん
うんうんうん。
紫水先生
紫水先生
同じようにあなたが思っていることを、思ってる人もここにいるから大丈夫だよ、というイメージですよね。
ユウカさん
ユウカさん
あ~、なるほど。で、夫は怒ってしまったあと躊躇っていて、怒りすぎたかな?とか、後から心配になって、いろいろ考えているみたいです。そういう時には?
紫水先生
紫水先生
その時には素直に「ごめん」って言える旦那さんにしてあげたいんですよね。
ユウカさん
ユウカさん
できればそうですね。はい。
紫水先生
紫水先生
うん、そうですね。機会があったらですね、子どもに謝らせることってあるじゃないですか。
ユウカさん
ユウカさん
ええ、あります。
紫水先生
紫水先生
うんうん。「子どもにちゃんと謝らせたいなら、親も謝らなきゃいけない時もあるよね」と。
ユウカさん
ユウカさん
あ~、そうですね。
紫水先生
紫水先生
機会があったらその言葉を旦那さんい言ってみてもらえますか?
ユウカさん
ユウカさん
機会があったら、そうですね。
紫水先生
紫水先生
はい。「あなたも謝らなきゃ」ではなくて、「大人も謝らなきゃいけない時もあるよね」と。
ユウカさん
ユウカさん
はい、うんうん。
紫水先生
紫水先生
そうそう。全否定だけは絶対に、その二人にはダメなんですよ。
ユウカさん
ユウカさん
ええ。結構理屈では、頭ではわかってるんですよ。ただいざという時には、難しいですよね。(苦笑)
紫水先生
紫水先生
ええ。ただね、自分がそう言われたら。ユウカさんもそう言われたらちょっと気が楽で、納得するかなっていう言葉を、最初選んで喋るようにしてたら慣れてきます。
ユウカさん
ユウカさん
あ~。じゃあこれも経験、というか積み重ねが必要なんですね。
紫水先生
紫水先生
うん。子育てと同時に親も成長するという家なんですよね。
ユウカさん
ユウカさん
「子育ち」ですね、はい。
紫水先生
紫水先生
うん、はい。なので特にユウカさんのうちはそうです。
ユウカさん
ユウカさん
あ~。
紫水先生
紫水先生
うん、それ。個性的な娘さんがいる分そうなるし、弱い旦那さんがいる分そうなる。
ユウカさん
ユウカさん
ええ、ええ、ええ。
紫水先生
紫水先生
だけどユウカさんが気負ってなんとかしなきゃって思わなくても、そこでニコニコ笑って、ユウカさんが出来る範囲の頑張りができたら充分にうまくいく家庭ですよ。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。
紫水先生
紫水先生
うん。
ユウカさん
ユウカさん
わかりました。無理なく、でも毎日できるようにやってみます。
紫水先生
紫水先生
そう。で、思ったら後で反省すれば良いです。
ユウカさん
ユウカさん
そうですね。そこから仕切り直していくとか。
紫水先生
紫水先生
そうです。その代わり反省したときは子どもさんでも旦那さんでも良いから、「さっきは私が間違っていたね、ごめんごめん」で良いと思いますよ。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。はい。
紫水先生
紫水先生
うん、はい。
ユウカさん
ユウカさん
あともうひとつ、お伺いしてみたいことがあるんですけれども。
紫水先生
紫水先生
はい。
ユウカさん
ユウカさん
前世とか過去世ってよく聞くんですけれども。
紫水先生
紫水先生
はい。
ユウカさん
ユウカさん
私と夫とか、もしくは娘との間に、何らかの縁があったのかな?って。
紫水先生
紫水先生
結びつきですか?
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
縁はね、とっても深いですね。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか、はい。
紫水先生
紫水先生
うん。夫婦でも深い方の縁を持っていると思います。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか、はい。
紫水先生
紫水先生
娘さんは…なんだろう?ユウカさんを支えるために出てきたっていうか。
ユウカさん
ユウカさん
ええ、ええ。
紫水先生
紫水先生
うん。この子は本当に良いように育てるとこの子は、ユウカさんの支えになると思いますね。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。
紫水先生
紫水先生
うん。
ユウカさん
ユウカさん
結構いろいろ感じる時があって。
紫水先生
紫水先生
はい。
ユウカさん
ユウカさん
特に夫とも、最初出会った時に偶然も重なったり。
紫水先生
紫水先生
うんうん、そうですね。
ユウカさん
ユウカさん
はい。そういう時に、何か不思議な縁とかがあったのかな?って思ったんでした。
紫水先生
紫水先生
まあ私に前世が視えるかっていうと視えないですし。
ユウカさん
ユウカさん
あ、そうですか。
紫水先生
紫水先生
うん、守護霊さんも視えないんですけど、縁の深さというのはわかるんですよ。
ユウカさん
ユウカさん
あ~、そうなんですね。
紫水先生
紫水先生
はい。かなり太い線っていうの?
ユウカさん
ユウカさん
あ~、はい。
紫水先生
紫水先生
で、結ばれているっていうのは確かですね。
ユウカさん
ユウカさん
あ~。そこでずっと悩んできたのが、無理やり結婚してしまった感じがあるんですよ。
紫水先生
紫水先生
はい。
ユウカさん
ユウカさん
夫の、気持ち?とか。そこをもっと大切にできたら良かったですけれども、その当時の私ってすごいメンタル病んでて、もうダメだっていう状態だったんですね。
紫水先生
紫水先生
うん。
ユウカさん
ユウカさん
それでちょっと時期尚早だったのかな?って思う時があって。
紫水先生
紫水先生
うんうん。それはね、旦那さんの意思を無視してこうなってしまったんじゃないかっていうちょっとした罪悪感っていうのが、ずっと付きまとっていてね?
ユウカさん
ユウカさん
ええ、はい。
紫水先生
紫水先生
うん。それはそういう風に思わせてしまっているけれども、この結婚は全然失敗じゃないし。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
うん。ここからの家庭の仲をどう持っていくか、ということの舵はユウカさんが握ってるんですよ。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。それも感じます。
紫水先生
紫水先生
結婚も実は、ユウカさんが握ってた。同じように自分が舵をとるために結婚もしたし、生活もあるんだと思えば、無理やりとかそんなことを思わなくても大丈夫ですよ。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
旦那さんはね、線は細いけども逃げ出したい時には逃げ出しますから。
ユウカさん
ユウカさん
(笑)
紫水先生
紫水先生
逃げ出さなかったということは、彼も縁を感じて一緒にいるということなので。
ユウカさん
ユウカさん
はい。
紫水先生
紫水先生
うん。良い家庭に…平凡で良い家庭を作ろうと思っていたら良いかなと思います。
ユウカさん
ユウカさん
ああ、そうですか。はい。
紫水先生
紫水先生
うん。
ユウカさん
ユウカさん
うんうん。それもお聞き出来て、すごい心が軽くなりました。
紫水先生
紫水先生
うん。結びつきはかなりありますから。そんなに今までの禍根のことで、いろんなことを考える必要はないですよ?
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。
紫水先生
紫水先生
うん。想像力は過去に使うものではなく、未来に使うものなんですよ。
ユウカさん
ユウカさん
あ~。確かに過去の方に向いてましたね。
紫水先生
紫水先生
過去のああだったのかな、こうだったのかなとか、過去を想像しても過去は変わらないので。
ユウカさん
ユウカさん
ええ、ええ。
紫水先生
紫水先生
これからの未来をどうしていこうという方の想像、というか創造力に変えていってもらえたらなと思います。
ユウカさん
ユウカさん
結構いろいろな楽しいことを考えてて。
紫水先生
紫水先生
いいですね。
ユウカさん
ユウカさん
私も仕事、というか起業しようかなと考えているんですよ。
紫水先生
紫水先生
うん、うん。
ユウカさん
ユウカさん
勿論そこに至るにはちょっと時間がかかると思うんですけれども。好きなのがスピリチュアルや代替療法とか、そういう方向なので。
紫水先生
紫水先生
うんうん。
ユウカさん
ユウカさん
それで自分のサービスとか商品とか、売ってみようかなって思っています。
紫水先生
紫水先生
うんうん、そうですね。向いていますよ。
ユウカさん
ユウカさん
あ、そうですか。
紫水先生
紫水先生
人に雇われてこまごまするというタイプでは、ちょっとなさそうなのでね。
ユウカさん
ユウカさん
(笑)
紫水先生
紫水先生
自分でするっていうのが一番合ってるんじゃないですか?
ユウカさん
ユウカさん
そうですか。夫もそうですか?
紫水先生
紫水先生
う~ん。ご主人さんも、あんまり大きな枠のにいるというのは、ちょっと向いてないんですよね。
ユウカさん
ユウカさん
ええ。だから夫もやりたいと言ってるのが、本当は飲食店関係なんですけれども。ただコロナの情勢で飲食店が結構難しい状況なので。まあ、他にもいろいろ考えているみたいです。
紫水先生
紫水先生
う~ん。これ、もしご主人さんが何かしたいて言っても、これからの2年はダメですよ?
ユウカさん
ユウカさん
ええ。そんなに早く絶対にできないと思うので。
紫水先生
紫水先生
うんうん。ここの2年は起業とか何かをするっていうのは、運命というか旦那さんの星的に絶対やめた方が良いと思うので。
ユウカさん
ユウカさん
わかりました、ありがとうございます!
紫水先生
紫水先生
そんなに心配することないですよ。
ユウカさん
ユウカさん
そうですか、はい。
紫水先生
紫水先生
うん。ただ気を付けないといけないことがたくさんある、ということだけです。
ユウカさん
ユウカさん
ええ、わかりました。肝に銘じてやっていきます。
紫水先生
紫水先生
頑張ってくださいね。
ユウカさん
ユウカさん
わかりました、ありがとうございます。先生!
紫水先生
紫水先生
はい。失礼しま~す。
ユウカさん
ユウカさん
それでは、失礼致します。
紫水先生
紫水先生
は~い。
ユウカさん
ユウカさん
はい。

実際の紫水先生の印象・感想

実際に今回ご相談していただいたユウカさんに紫水先生の印象を聞いてみると、以下のような感想をいただけました。

夫のことで、先生にご相談に乗っていただきました。
先生の暖かで優しいお言葉で、とても心が癒されました。

特に夫に無理やり結婚させてしまったという罪悪感があって、そのことについても視ていただきました。

心が救われるように安心できました。

夫や娘との付き合い方もわかり、これからはもっときめ細やかに家族の心に寄り添えそうです。

先生、どうもありがとうございました!

紫水先生の総合評価まとめ

ここでは、実際の相談者の感想も踏まえ、紫水先生の総合評価をお伝えします。

《評価方法》
※MAX(合計):50pt
※各項目のMAX:10点

総合評価:A~Cランク
Aランク:40pt・以上
Bランク:20~39pt・以上
Cランク:0~19pt・以上

総合評価 Aランク
【合計40pt】
話しやすさ 【9点】
やさしくきれいな声で、はっきりと鑑定結果を伝えてくれるため、話しやすい。
的中率 【9点】
透視や霊感霊視どを用いて、ご相談者の状況を的確に視て、占うことができる。
アドバイス 【9点】
現実の状況を踏まえながら、今後どうしていけばいいか具体的、かつハッキリとアドバイスしてくれる。
料金 【6点】
人気のある鑑定師であるため、1分あたり290円と他の有名占い師に比べてやや高い。
予約の取りやすさ 【7点】
ヴェルニでトップクラスの人気があるが、予約は取りやすい。

今なら2,500円分無料!
今すぐ相談するなら
こちらをタッチ!

紫水先生はこんな方におすすめ!

紫水先生は、ずばり、

透視や霊感霊視で精度の高い占いをしてほしい!

さっぱりしていて、ハッキリとした鑑定結果を伝えてほしい!

短時間でスピーディーに占ってほしい!

きれいな声で、癒やしのある女性の先生がいい!

のいずれかに当てはまる方におすすめです。

今なら2,500円分無料!
今すぐ相談するなら
こちらをタッチ!

【紫水先生に無料で相談できる!】
電話占い【ヴェルニ(VERNIS)】って?

電話占いヴェルニ」は復縁などの恋愛の悩みから人間関係・仕事の悩みなど幅広い相談に丁寧に対応してくれます。

また、他の電話占いに比べて、厳正な審査が行われており、質の良い鑑定をしてくれる占い師が勢揃いしているのも魅力の一つです。

料金 1分190円~490円(税込)
通話料 無料
登録料 無料
※Amazonのソーシャルログインでもご登録可能!
月額費用 一切なし
※電話・メール占いの利用時のみ料金発生。
メール占い あり
※2,500円~/1往復
新規特典 無料ポイント1,500円分
基本操作ガイド参加で最大1,000円分の無料ポイント
初回先払いポイント購入2倍
AmazonPayまたはクレジット後払い精算50%ポイントバック
「占い師優先予約サービス」付与(1回限定)
支払い方法 ・クレジット
(JCB / Master Card / VISA / AMERICAN EXPRESS)
・銀行振込
・電子マネー
・Pay-easy
・Yahoウォレット
・楽天ペイ
・携帯キャリア決済
(au / docomo / ソフトバンク)
・AmazonPay決済
※2020年6月30日までAmazonPayでポイント購入される方には購入金額の5%が還元!

今なら2,500円分無料!
今すぐ相談するなら
こちらをタッチ!

【人気を誇るヴェルニの魅力】
「ヴェルニ」が選ばれる3つの理由

ヴェルニ(VERNIS)」が選ばれるのには主に以下の3つの理由があります。

①初回登録「2,500円分ポイント」獲得!

ヴェルニ」は初めての利用であれば、初回特典として合計2,500円ポイントGETできます。

その2,500円ポイントを使えば、紫水先生無料で話すことができます。

そのため、もし「ヴェルニ」を利用したことがなければ、一度登録して無料で試してみることをおすすめします。

②100人に3人しか通らない厳正な審査

VERNISでは、「150項目による審査基準」によって100人に3人しか受からないくらいの厳正な審査をしております。

そのため、所属する鑑定師は質が高く、実績も豊富です。

厳選採用」はVERNISの1つのこだわりです。

③「プライバシーマーク制度」認定

電話占いなどのサービスは「個人情報の流出」がこわいですよね。

ただ、ヴェルニは、プライバシーマーク制度に認定されているので「個人情報保護」の点でも安心です。

今なら2,500円分無料!
今すぐ相談するなら
こちらをタッチ!

さいごに

ここまで、紫水先生鑑定レポート口コミ・評価などにお伝えしてきました。

ぜひ、紫水先生に相談をしたいという方は以下のボタンをタッチして、ご相談してみてくださいね!

今なら2,500円分無料!
今すぐ相談するなら
こちらをタッチ!

また、紫水先生が所属する電話占いヴェルニ(VERNIS)」について、もう少し知りたいという方は以下の記事もあわせてご覧になってみてくださいね。

【電話占いヴェルニ】口コミ・評判と当たる占い師をご紹介!覆面調査で暴露!電話占い「ヴェルニ」は厳正な審査を通過した実績ある占い師が多数在籍しているのが最大の魅力です。また、初回登録時に1,500円分の無料ポインを獲得できたり、先払いポイント2倍キャンペーンなどもあるので、初めての方におすすめの電話占いです。...