ウィル

【ウィル】山元先生の口コミ・評判!占いの感想【遠距離恋愛・結婚】

今回は、性鑑定師ならではの力強い視点と、はっきりと結果を相談者に伝えることで対面鑑定にて絶大なる人気を得ており、電話占いWILLのなかでも高いリピート率を誇る「山元(ヤマモト)先生」に実際に相談してみた感想と鑑定レポート、他の相談者からの口コミ・評価についてご紹介していきたいと思います。

山元(ヤマモト)先生ってどんな占い師?

山元先生は鑑定歴20年のベテラン男性鑑定師です。

男性鑑定師ならではの力強い視点と、包み隠さず結果をはっきりと申される鑑定スタイルで、非常に多くのリピーターを抱えられています。

山元先生は、霊感波動・透視直視で心の奥底にある悩みを引き出し、その本質を知ることで本来の輝きを導くだけでなく、心理・波動カウンセリングをおこなうことで今後の最良の指針を示してくださいます。

このような鑑定スタイルに相談者からは、

とても力強く明るい先生でした。

山元先生の鑑定は力強く、深く、絶対ぶれません。

ここまで問題をクリアしてこれたのは先生のおかげです。

などといった声があがっています。

落ち込んでいてとにかく元気をもらいたい方、男性の占い師を希望する方などに特におすすめの先生です。

料金 電話鑑定】
360円/1分
鑑定歴 20年
占術 霊感波動 / 透視直視 / 未来予知 / スピリチュアルヒーリング / 宿命占術 / ルーン / 守護霊交信 / 心理カウンセリング / 波動カウンセリング / 魂の直視 / オーラ視 / 前世 / 四柱推命 / 開運方位学 / 色彩開運学 / 姓名学 / タロットアストロジー
得意分野 恋愛・恋愛成就・恋愛全般・出会い・複雑な恋愛・不倫・浮気・復縁・復活愛・結婚・別れ・離婚・片思い・縁結び・異性との相性・男心・女心・人生相談・家族関係・相手の気持ち・育児・シングルマザーの悩み・人間関係・家庭問題・兄弟・姉妹・夫婦問題・親子の問題・舅・姑・嫁・婿養子・引っ越し・移転・子宝・心のバランス調整・お仕事・仕事運・仕事上の人間関係・経営相談・開業・廃業・就職・転職・適職・人事・進路・夢・目標・ビジネス・チャンス・ビジネス・パートナー・パワーハラスメント・セクシャルハラスメント・金運・金銭トラブル・相続・心・健康・怪我・病気・容姿・外見・不安・いじめ・不登校・引こもり・アルコール依存・摂食障害・未来予知・霊的なご相談

今なら3,000円分無料!
今すぐ相談するなら
こちらをタッチ!

山元(ヤマモト)先生の良い口コミ・評価

先生のおかげで頑張ろうと思えました。

先生、昨日はありがとうございました。

良くみえていらして、自分がどうしたらいいかも教えてくださいました。

自分にとって嬉しい結果ではありませんでしたが、「先生の言う通りだ、頑張ろう」と思えました。

また月末に相談にのってください!

個性的な先生でしたが、話して安心しました。 

昨日は鑑定していただきありがとうございました。

他の方も書いていらっしゃる通り、個性的な先生でしたが、ハッキリとスピーディーに、そして力強く結果を伝えてくださる方でした。

今回は仕事の相談をさせていただきましたが、転職は私にとって必要なことだと言ってくださり、安心しました。

ハッキリ淡々とアドバイスしてくださる先生で信頼できる方だなと思いました。

先日は、鑑定いただきありがとうございました。

また、温かいメールもいただき感謝しています。

彼の、あまりにも態度が変わった様子に愕然としていましたが、先生の鑑定により、彼の気持ちや彼への接し方がわかりました。

今の彼の状況も当たっており、ハッキリ淡々とアドバイスしてくださる先生で信頼できる方だなと思いました。

鑑定中、理解不足な点がありすみませんでした。。また気持ちが落ち込んでしまったら、相談させていただきます。

今なら3,000円分無料!
今すぐ相談するなら
こちらをタッチ!

山元(ヤマモト)先生の悪い口コミ・評価

首をかしげる結果でした

当日中に解決するとのことでしたが、残念ながらまだ解決していません。

あと、今思っている人ではない人と数カ月後に付き合うと鑑定していただきましたが、私は簡単に人を好きになったり心変わりしたり、付き合ったりしないので、首をかしげる結果でした。

受け入れられない気持ちもありますが、前を向いて頑張ります。

途中で電話がきれてしまいすみませんでした。

先生に言われた言葉を受け入れられない気持ちもありますが、まっすぐ前を向いて頑張ります。

またお電話します。よろしくお願いいたします。

【山元先生の鑑定レポート】
山元先生からのアドバイスを公開!

ここでは、今回、山元先生に相談した方の鑑定レポートをご紹介します。

山元先生がどんな鑑定をするのか気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

今回ご相談した「ルカさん」の情報

今回は、遠距離の彼との今後で悩むルカさんに協力していただいて、山元先生に電話で鑑定してもらいました。

ルカさんの情報は以下のとおりです。

【今回の相談者】

名前:ルカさん
性別:女性
年齢:30歳
相談概要:遠距離の彼との今後

《現在の状況》

30歳の女性です。

東京から地方へ移住して数年が経ち、遠距離の彼との今後をどうすべきかが気になり始めました。

長い間苦しい期間もあった仕事がようやく軌道に乗り楽しくなり始めたころですが、同世代の結婚ラッシュもかなり落ち着いてきたこともあり、そろそろ避け続けていた結婚や出産の展望に向き合うべきか…と考えています。

彼との関係は良好で、仕事の悩みについても一番に相談できる良きパートナーであると感じています。

仕事と両立しながら、これからも良い関係を続けていくために、いつどんな決断や行動をすべきかなどの助言をお願いします。

実際の鑑定で山元先生とのやりとり

※個人情報保護のため、本名や生年月日など個人を特定する恐れのある箇所は非公開にしています。

山元先生
山元先生
はいもしもし~!
ルカさん
ルカさん
あ、もしもし。
山元先生
山元先生
あ、どうもどうも。

こんにちは…じゃなくてこんばんはですかね。

よろしくお願いいたします。

ルカさん
ルカさん
よろしくお願いします。
山元先生
山元先生
はいはい、年明けでね。

この度は、どうされましたでしょうか。

何か非常に、なんていうのかな、かなりのチャーミング性というか…が入りますよね。

ルカさん
ルカさん
はははは。
山元先生
山元先生
かなりよろしいんじゃないかっていうね、感じが。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
トータルでね。これからのこと含めた上でね。

色々少しずつ…あと3~4ヶ月以内ぐらいには、白か黒かみたいな。

もしね、白か黒かちょっといまひとつはっきりしないってこともね、はっきりしてくるのではないかと。

これはその意味でね。

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
だと思われますよね、これね。入ってくるものが、非常にいい。

まぁ、4月5月には遅くてもっていう感じだと思うけどね。

ルカさん
ルカさん
へぇ…早速ですか。
山元先生
山元先生
だと思うね、この波動…というか、なんとなくこう、曖昧とかね、そういうことがあったとしてもね
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
あの、はっきりさせたいなとかって、いまひとつクリアじゃないことをやっぱりはっきりしたいなっていうところってあるじゃないですか。人間ってね。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
でもその辺の、そうだね…。

まぁ、あなた様がちょっともう「わっ!」ってぶち壊しちゃうとか、でも、色々超えてね、少しずつはっきりしていくのではないかなっていうね、

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
感じはあるけどね。

だからまぁそういう意味では別に、おおらかに行けばいいんじゃないかなっていうところは…そうですね、そういう感じがちょっと入りますかねこれは。はははは。

ルカさん
ルカさん
ほぉ~。
山元先生
山元先生
ははは。あなたは相当ね、面白い人みたいなので。
ルカさん
ルカさん
え、何でわかるんですか?
山元先生
山元先生
こう、入ってくるものがあるじゃないですか。波動っていうか。

発するものっていうかね。あぁこれはこうだな、っていう。

でも別に、常にバッと入るというわけではないというか。

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
「この度はどうされましたか、」と言って、「はい、じゃあそれでは視させていただきます。」という形で視させていただく場合ももちろんあるんですけどね。
ルカさん
ルカさん
はいはい。
山元先生
山元先生
あなた様は何か、バーっと入ってきちゃうケースになっちゃっているっていう、
ルカさん
ルカさん
…はい。
山元先生
山元先生
感じでね。

入ってくる…「あぁ、だいたいこういう感じですね」っていう、入っきちゃうケースになっちゃっているんです、これは。

ルカさん
ルカさん
そうですか。
山元先生
山元先生
あ、でも、もっかいやる。

ちょっと。この度は、どうされましたでしょうかね。

ルカさん
ルカさん
相談をまず、一通りお伝えしますと、
山元先生
山元先生
うーん。はいはい。
ルカさん
ルカさん
私は30歳の女性なんですけれども、
山元先生
山元先生
30。お~、なるほどねぇ。

すごい…はいはい。

ルカさん
ルカさん
仕事の関係で、東京から地方に移住して数年経ちまして、
山元先生
山元先生
あぁ、それは何かあなたは、人様を助けるような、医療ケア・福祉とか…

まぁまぁいいや、東京から地方の方にね、仕事の関係で。はいはい。

ルカさん
ルカさん
はい。

で、ずっと遠距離中の彼との今後をどうするべきかなということが気になり始めて、

山元先生
山元先生
はい。
ルカさん
ルカさん
そのあたりを聞きたいなと思っています。

最近同世代の結婚ラッシュも落ち着いてきて、そこまで焦ってはいなかったのですが、そろそろ避けていた結婚とか出産とかに向き合うべきなのかなということがうっすら頭の片隅にでてきまして、

山元先生
山元先生
はい。
ルカさん
ルカさん
彼との関係はとってもいいと思っているんですが、仕事も続けたいですし、それと両立しながらいい関係を続けていくために、どういう決断とか、行動を今後していくべきかなっていうところについて、アドバイスいただきたいなと思っています。
山元先生
山元先生
あぁ、なるほどね。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
わかりました。じゃあ、ちょっとね。

あの恋愛…っていうか、結婚、やっぱり結婚っていうことを思案していると。

ルカさん
ルカさん
はい!
山元先生
山元先生
で、その展望とかね、大丈夫かとかね、あと、どうしたらいいかってのを含めた上で。

あとお仕事の一応全体の見通し、未来の対応策、よりよくするための…というかね、トータル的な感じで視ていきましょうかね。

ルカさん
ルカさん
そうですね。

まず結婚の予定とか、ありそうですか?

山元先生
山元先生
いや結婚…!

やっぱり、どう視たって去年よりも今年の方が明らかに…

去年ももちろんね、あれなんですけど、でも今年2020年っていう方がより、今年とか来年の方が。

今年のね、やっぱり…そうですね、5月6月7月8月9月くらいっていうと、すごい大きなチャンスですよね、これね。

ルカさん
ルカさん
チャンス?
山元先生
山元先生
うん、チャンスになりますよね、やっぱり。

結婚に向けて決定していくっていう、具体的に現実的な部分も含めた上で決定していくって次元ってあるじゃないですか、やっぱり。

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
そういうのがもう、今年の5月6月7月8月9月…10月くらいまでの感じで、全然いけますっていう出方はしますよね。
ルカさん
ルカさん
そうなんですねぇ。
山元先生
山元先生
9月前後の波とか視ても。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
あぁ、いけるねっていう。

で、あと来年ももちろんそういう時期となっていますし。

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
確かに、今年とか来年ぐらいに、前向きな意味での結婚にスタートするっていうのはいいんでしょうけどという。

結果として再来年になりましたとかっていう、微妙な前後はあったとしても、でも十二分に…まぁあの「そういう方向で」って決まっていくことってあるじゃないですか、人間ってね。

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
そういうの全然ありうるっていう、全然いけるって出方を。

で、結婚ってだけじゃなくて、やっぱお仕事の運が相当いいんですよ、あなた様の場合。

ルカさん
ルカさん
そうなんですか。
山元先生
山元先生
だから、何ていうの、人によってね「もう、なんかもう仕事どうでもよくて…」「もう結婚だ~逃避~」みたいな感じで結婚しようとしている人とかもいるじゃないですか。世の中ね。
ルカさん
ルカさん
はいはい。
山元先生
山元先生
まぁ、あなた様はやっぱり、お仕事の運っていうのがこれから、10年20年30年40年って、もっと末永い…短期的なあれじゃなくてね。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
末長い感じで相当いい出方をするんで、
ルカさん
ルカさん
へぇ~、良かったです。
山元先生
山元先生
なんか、こういう出方をする人の場合、だから…自営業みたいなものもいいし、あとは医療福祉っていうか、人をケアする、人を助けていくみたいな、介護の世界っていうのも向いているしね。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
う~ん。

今はどういったことをやっていらっしゃるんですかね。

ルカさん
ルカさん
医療福祉関係の…何でしょう、仕組みづくりの方をやってます。
山元先生
山元先生
ケアマネージャーっていうか…そういう、企画っていうか。
ルカさん
ルカさん
そうです。

もっと、何でしょう。

サービス開発?IT系、の方をやっています。

山元先生
山元先生
うん。じゃあどっちかっていうと、政府…国家っていうより、民間の方で何か構築してっていう。
ルカさん
ルカさん
そうですね。

そちらとも組んで…という感じですね。

山元先生
山元先生
あ、組んだ上でね。

仕組みづくりとか含めて。採用されるかされないかはあるけれども。

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
じゃあ、医療とか福祉には相当縁がある方なんで。
ルカさん
ルカさん
ふーん!嬉しいです。
山元先生
山元先生
単純に、この出方を視ちゃうとね。

いち現場でっていうより、もっと根底的なね、経営っていうか…今言っていただいた企画づくり、仕組みづくりみたいな話ですよね。

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
なんか相当向いていらっしゃいますよね、そういう。

その、骨組みっていうものからいろんなことが、多くの人の幸福に寄与することになるっていう。

変わっていきますもんね、やっぱりね。

ルカさん
ルカさん
そうですね。
山元先生
山元先生
うーん、そういうのをこれからもう、10年20年30年40年50年…っていうすごい長期的な、木でいう幹の部分ていうのが相当良いんで。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
そっちの方が私むしろ、こういう出方をしちゃう人だっていうのをすごい言いたいですね。

結婚がどうっていうのは、別に。

結婚とか、ただ言えることは、結婚っていうのは全然ね。お仕事が非常にいい感じにいっても、結婚はどうかなっていう、ちょっといまひとつかもしれない、どうかな…っていう人もいるじゃないですか。世の中には。

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
男性でも女性でも、仕事が順調なのに「結婚がねぇ…」みたいな。
ルカさん
ルカさん
う~ん。
山元先生
山元先生
でも、あなた様は、結婚ていうこともね、全然いける人の出方なんで。
ルカさん
ルカさん
へぇ~。
山元先生
山元先生
ただまぁ、別にね、私が言うまでもないですけど、こんだけの人になっちゃうと、ちょっとやっぱり立派な感じ、納得するような人じゃないとっていうか。

なんていうか…「えいやぁ~!」って感じで結婚とかしないと思うっていうか。

何ていうの、やっぱり納得して結婚した方がいいかなってとこはあるよね、やっぱりね。

ルカさん
ルカさん
はい。子供の方って、どうですかね?
山元先生
山元先生
全然、いけるんじゃないですか。

子供には恵まれません、恵まれにくいって人もいても、いろいろ対策もあるでしょう。

けど、あなた様の場合、自然な形で1人でも2人でもっていうか、制限とかしなければっていうか。いけるって出方ですね、これ。

ルカさん
ルカさん
いつごろかってわかるものですか?
山元先生
山元先生
もう、いけるんじゃない。

この2~3年以内でも全然。

ルカさん
ルカさん
ふぅん。

それは気持ち次第っていうか、行動次第ってことですかね。

山元先生
山元先生
まぁそう、運としてはそうだから。

あとは作らないようなあれだったら、運がそうでも…ちょっと。

ルカさん
ルカさん
運としては、乗りさえすればってことですね。
山元先生
山元先生
運としては全然いけるし、あとは、お子さんていろんな方法はあるとしても、基本的には相手様との、っていうか。

そういう恋愛のっていうか、愛があるっていうか、そういうこと…何て言うのかな。

ルカさん
ルカさん
大丈夫です、わかります、はい。
山元先生
山元先生
ああ、ね。

だからちょっと、恋愛の方で恵まれ難いところがあるんだよな~とかで、なんか振られちゃうとかね。

そういうバランスみたいなものも、あなた自身の魅力もあって、強くプラスの出方するんでね。

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
だからもう、もう一切、いろんな意味で問題なしっていうか。
ルカさん
ルカさん
ふうん。
山元先生
山元先生
だから、結婚とかお子さん作るっていうのでも、もう全部あなた様自身みたいな出方するよね。
ルカさん
ルカさん
あぁ、そうなんですね。
山元先生
山元先生
あなた様自身がぶち壊しちゃうとか、振ってしまうとかね。

あるいは、結婚して、子供二人できたものの離婚しようとか、そういう大決断をしない限りね。

ルカさん
ルカさん
うん。
山元先生
山元先生
よっぽどのことがないと…ちょっと「離婚しちゃう傾向がありますよ」っていうようなことも、別に、特にないというか。
ルカさん
ルカさん
ふうん。
山元先生
山元先生
もちろん、絶対的に100%離婚します、しません、といったことではないですけれども。もちろん。
ルカさん
ルカさん
うんうんうん。
山元先生
山元先生
ちょっと苦しい面があるっていうのでも「じゃあ、こういうところをこうすればいい」とか対応策っていうかね。
ルカさん
ルカさん
うんうん。
山元先生
山元先生
でも、あなたの傾向としては、常識の範囲内でやっていっていただければ、全然問題なしっていうかね。
ルカさん
ルカさん
ふうん。
山元先生
山元先生
今の人とも全然…いつでしたっけ、出会って。

2年ぐらい前とか?いつ頃ですか?出会ったの。

ルカさん
ルカさん
えーとですね、10年くらい前です。
山元先生
山元先生
あぁ、じゃあもう…。

念の為、こっちの線からも視ていきましょうかね。

あなた様の生年月日っていうのも聞かせてもらっていいですか。

ルカさん
ルカさん
1989年の2月13日。
山元先生
山元先生
2月の13日ね。

相手は…聞かせていただいてもいいですか。

ルカさん
ルカさん
1988年の12月4日。
山元先生
山元先生
4日ね。12月の…4日。

一番初めにこの人と出会ったのは、10年前ということでよろしいですか?

ルカさん
ルカさん
そうですね。ぐらいですね。
山元先生
山元先生
おお。

それで、お付き合いも10年くらい前からずっとっていう。

ルカさん
ルカさん
そうですね。
山元先生
山元先生
なるほどね。

相当ね、一般的にいうと、長いですね。

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
運がいいんでね、やっぱりだから、ふらふらっていうか、するでもないし。

非常に着々とっていう出方なんで。

相手もやっぱり、「結婚しない」とかは言っていないでしょう。全然。

ルカさん
ルカさん
そうですね、なかなかタイミングがなくてっていうことだと、客観的には思うんですけど。
山元先生
山元先生
ああ…
ルカさん
ルカさん
なので、相性どうなのかなとか、他に行く可能性がお互いあるのかなとか、今後いい関係を続けるために必要なことって何なのかなっていうあたりを聞きたいです。
山元先生
山元先生
組み合わせそのものっていうのは…なんて言うの。

この人もなかなかね、結構自分のペース感っていうのをね。あなた様ももちろんあるんですけど。

この人もなかなかね、自分のペース感がある人みたいなんで。

ルカさん
ルカさん
はい。

ええと、何がある、ですか?

山元先生
山元先生
あ、自分のペース感ね。
ルカさん
ルカさん
ああ、ペース感。はい。
山元先生
山元先生
自分のスタンスっていうか

ルカさん
ルカさん
はい。はい。
山元先生
山元先生
自分のやりたい風に生きる、みたいなね。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
自分のペースみたいなものを、この人も持っている出方をするんで。

まぁ、曲げない、強情、みたいなところもあるみたいだけど。

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
でも基本的には優しい、思いやりを持ってらっしゃる人みたいだし。

あんまりはっきりと、白か黒かってことで「こうだ!」っていうのとはちょっと違うところがあるからね。

ルカさん
ルカさん
うんうん。
山元先生
山元先生
だから、あまり明確にね、「将来こうだ!」みたいな…いわゆる男らしい、みたいな人もいるじゃないですか。世の中ね。
ルカさん
ルカさん
はい、はい。
山元先生
山元先生
そういうのとはちょっと違うところがあるっていうか。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
キャラクターの次元でね。
ルカさん
ルカさん
うんうん。
山元先生
山元先生
とはいえ、相手の思いはどういう思いかっていうのから言ってもね、愛っていうのは明らかっていうか。
ルカさん
ルカさん
うんうん。
山元先生
山元先生
何ていうのかな。たとえば長くお付き合いしてきて、気持ちが変わってきているみたいな面があるとかっていうケースもあるじゃないですか、人間ね。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
でも、そういうのも一切出ないですし。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
そういう意味で真面目なっていうか、なんていうの、ふらふらしている人じゃないっていうかね。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
誠実さがすごい、あるでしょ?この人、ね。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
そういう意味で、未来的には、今年とか来年とか…そうですね。

ただまぁ、この人自身が、結婚ということを、やっぱり結構ちゃんとしていきたい意識が強い人みたいだから、

ルカさん
ルカさん
はい、
山元先生
山元先生
流れで「まぁね~」みたいな感じじゃなくて、ちゃんとしていきたいよねっていう、
ルカさん
ルカさん
う〜ん。
山元先生
山元先生
そういう意味では、良く言えばあまりいい加減にではないところがあるのでね。

考えすぎたりしてね、なんて言うかな、「こういうことを確立してからじゃないと…」とかってそういうところも出るんで。

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
今年とか、来年とか…。

今までも、結婚とか、家庭をどのようにとか…出たりしていますでしょう?

ルカさん
ルカさん
でも、大学卒業ぐらいでほんのり出たくらいで…。

やっぱりお互いの仕事がすごく大事なところがあるので…。

お互い、結婚をしたり子供を持ったとしても。

山元先生
山元先生
うんうん
ルカさん
ルカさん
それぞれの職業人生に納得できるかとか、
山元先生
山元先生
うん
ルカさん
ルカさん
両立していきたいと思っているので、そのためには何が必要なのかっていうところを、ちゃんと把握できると、次に進めるのかなって気がするんですけど、その辺あたりどうでしょう?
山元先生
山元先生
だから、これから2月とか入っていきますけど、あなた様も向こうにお会いしたり、あるいは今は通信のシステムもあるから、お会いしなくてもいろんなやりとりっていうか、
ルカさん
ルカさん
うんうん、
山元先生
山元先生
その中でね、色々提示したり、どう考えているのかっていうことを聞いたりね。
ルカさん
ルカさん
うん、
山元先生
山元先生
2月以降ぐらい、いいと思います。時期として。
ルカさん
ルカさん
すぐですね。
山元先生
山元先生
去年のね…この人ね、去年の後半に、8月とかに何か色々と、神経っていうかね、色々問いかけても、あんまりはっきり言えない時期とか色々あるじゃないですか。
ルカさん
ルカさん
はい、はい、
山元先生
山元先生
この2月以降ね、この人も、表現できる時期に入ってきていますよね。
ルカさん
ルカさん
へぇ~、そうなんですね。
山元先生
山元先生
未来的にはもちろん「このふたりは結婚する可能性がある」っていう出方はしますしね。
ルカさん
ルカさん
うんうん。
山元先生
山元先生
ただ、ちょっといまひとつ、何かはっきりしない…っていうことになると、あなた様次第になると思うよね、ちょっとね。
ルカさん
ルカさん
あー…。
山元先生
山元先生
結婚期みたいな時期が、今年とか来年に入っていたりするから。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
向こうもまぁ…ある程度ね、そういう意識も出るけどね。

まだ何か色々、ああでもないこうでもないっていうところがあるんでしょうね、若干ね。

ルカさん
ルカさん
うんうん。
山元先生
山元先生
あなた様がどうっていうより、結婚自体にって話だよ、これね。

思うでしょう?

ルカさん
ルカさん
…そうですね。

いい着地をするためには、何が必要なんでしょう?

山元先生
山元先生
おふたりが、っていう?
ルカさん
ルカさん
そうですね。

やりたいことと、家庭と、っていうのを考えたときに。

山元先生
山元先生
はいはい。あ~…。

この人も、ある種、我が道を行く、いろんなことをやっていきたいタイプみたいだよね。

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
あなた様も、我が道を行くタイプなんで。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
どうしたらいいのかなっていうところですよね。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
この人の言うことを一方的に聞く、って言うのは、それはあなた様は絶対に向かないし。
ルカさん
ルカさん
うん。
山元先生
山元先生
逆にね、あなた様がどっちかというとリードして、向こうがついてきたら…っていうのも、この人も頑固なところありますんで。
ルカさん
ルカさん
うん。
山元先生
山元先生
だから、決定的な「これ」っていうか…。

この人も多分オーソドックスに、お子さんとか、あなた様との家庭をとか…

まぁ必ずしも、一般的な感じでなくてもいいのでしょうね。

いろんな形が当然、21世紀の結婚っていうのは色々ありますから。

ルカさん
ルカさん
あぁ~。
山元先生
山元先生
一緒にずっと住むとかいう、一般的なものでなくても、別居結婚もあっていいし。

いろんな種類っていうかね。

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
多くの人から見ると「あぁ、そういうあり方ってあるんだね。」っていうのでもいいんじゃないかっていう。
ルカさん
ルカさん
うん、うん。
山元先生
山元先生
で、この人だとお子さんとかやっぱりもちろん、あなた様との結婚ということを考えたときに、結婚自体に「まだ…」というのがあるけれども
ルカさん
ルカさん
うんうん、
山元先生
山元先生
「結婚自体に、自信が…」というのはあるけれども、結婚するとしたらどうだという意味で、「こういったことがネックだから、ちょっと他の人がいいかな…」というのは、出ないんですよ。
ルカさん
ルカさん
そうなんですね。
山元先生
山元先生
そういうケースもあるじゃないですか。「

結婚ということを考えると、こういう点がちょっとこの人とは…今ひとつ何か踏ん切りがつかないな…」とかいうケースあるじゃないですか。

ルカさん
ルカさん
よく聞きますね。
山元先生
山元先生
うん、何かね。
ルカさん
ルカさん
うん。
山元先生
山元先生
でもそういう出方は、しないよね。
ルカさん
ルカさん
そうなんですねぇ。じゃあ、
山元先生
山元先生
うん。

他の女性…とかね。まぁ、女どうのこうのっていう出方もしないし。

ルカさん
ルカさん
ふぅん。じゃあ、形はどうあれ、それぞれ、こう…どうしたら納得できるかっていうのを考えることが何より大事ってってことですかね。
山元先生
山元先生
うんうん、そうだよね。
ルカさん
ルカさん
うん。

なんか凄くこう、いい方向に言っていただいている感じなんですけど、この先彼との関係性で、心配事とか危機がありそうとか、そういうのって何か視えますか?

山元先生
山元先生
今年とか来年とか視てね、あなた様はやっぱり「結婚、もうそろそろ…」というところはあるけど、なんか今ひとつ肝心の彼がね、決断が曖昧なところがあるとなると、ちょっとなんとなくあなた様としても、「何かなぁ、ちょっとはっきりしないなぁ」と思ってしまう場合があるでしょう、人間ね。
ルカさん
ルカさん
はい、はい。
山元先生
山元先生
唯一気になるところって言えば、多少、そういうところ。

まぁ、絶対的に上手くいきませんというわけではないけれども、そういうところも多少あるというね。

ルカさん
ルカさん
うん。
山元先生
山元先生
あんまり…うーん、ちょっと確かに…と感じてきたら、言うべきことを言って、聞くべきことはちゃんと聞いて、慌てて短気にならずっていうか。上手くやっていこうというのであればね。
ルカさん
ルカさん
う~ん。
山元先生
山元先生
仮に、あなた様がこの人との関係をぶち壊してしまうとしても、あなた様の運は今年は全然、いや今年に限らずだけど、あなた様が結婚したいにも関わらず、できないということは考えられないことなんで。

そのくらいに、お仕事の運も相当…お仕事の運の方が凄い言いたいけどね、うわぁいい出方だわって。

ルカさん
ルカさん
へぇ~。
山元先生
山元先生
結婚とか、あとお子さん…ご出産するという、あなた様から生命が出てくるということについては明らかっていうか、全然いけるという。

いろんな意味でね。体力とか、恵まれるための運っていうかな。

ルカさん
ルカさん
うんうん。
山元先生
山元先生
明らかな出方するから。

こういう人ときどきね、あまりにも運がいいんでね「結婚しなくてもいい。子供2人いるけど、結婚はしていないんですよ。」っていう、でも幸せに生きている人いるでしょう?ときどき。

ルカさん
ルカさん
はい、はい。
山元先生
山元先生
そういう形もあり得るかな?と思っちゃうくらいに、どうであれ、良い方向に行くしかないというぐらいの出方でね。
ルカさん
ルカさん
うん、うん。
山元先生
山元先生
やっぱりね、時期…時期ですね。

あなた様の場合、10年以内くらい大きく視ても全然いけるっていう出方をするから。

まぁ、確かにまぁ、70歳でも産めばいいじゃんとか

ルカさん
ルカさん
ふふ
山元先生
山元先生
まぁ色々ありますけど、そういう以外は、ね、基本的にね。

だから全然、いけますよ。

ルカさん
ルカさん
ふぅ~ん。
山元先生
山元先生
う~ん。だからあとは結婚、ということは。

この人との組み合わせを視ても全然、「いやちょっと難がある」というわけでもないかなと。

この人自身はまだちょっと色々あれこれ…というのは確かに出る。

「結婚しようね。どうしていこうか。」っていう話し合いに積極的に、向こうもその気があるとちゃんと言ってくれるという人もいるじゃないですか。世の中ね。

ルカさん
ルカさん
うん、うん。
山元先生
山元先生
でも何かあんまりね、そういうのじゃないところもあるんでね、この人自身がね。
ルカさん
ルカさん
うんうん。
山元先生
山元先生
それ、思うでしょ?

何かちょっとこう…

ルカさん
ルカさん
そうですね。
山元先生
山元先生
うーん、だからそこは、確かにっていうね…。

でもまぁ、2月以降ね、この人もそういう時期に入っているしね。

今年の前半期くらいまでに、1、2、3、4、5、6…くらいの感じで、6月くらいに、一応年内で約束っていう方向でっていうのも。

ああでもないこうでもないっていうのを多少経て、じゃあこれがいいかなっていうのをふたりで共有してね、決まりつつありますよみたいなのも、あり得る出方ですよね。

ルカさん
ルカさん
ふぅ~ん。

じゃぁ、無理に急ぎ過ぎないくらいですかね、気をつけるべきことっていうと。

山元先生
山元先生
まぁまぁ、そういう感じだよね~、簡単に言っちゃうと。

すぐに「ワァ~!」って白か黒かっていうのではなくてね。

ルカさん
ルカさん
うん。
山元先生
山元先生
運があるんで。

だから最終的には、あなた様が「やっぱりこの人だ」って決めるか、あるいは、別の方向で。

あなた様の長い人生を視ていくと、どう転がっても…って出方をしちゃうから。

ルカさん
ルカさん
うん。
山元先生
山元先生
エニウェイ、どういう道でもっていうね。

結果としてはあなた様は幸福な方向で行きますんで。

ちょっとあれだった場合は、この人にとってはね、何か逃しちゃったってことにはなりますけど。

ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
しょうがないねそれは。

これは、この人じゃない人もいるかもよっていう、そういう示唆を遠回しに言っているっていう変な意味では全然ないですよね。

ルカさん
ルカさん
うんうんうん。
山元先生
山元先生
まぁ、どう転がってもっていう。
ルカさん
ルカさん
ふぅ~ん。
山元先生
山元先生
あなた様の、生まれた時間ってわかりましたっけ。
ルカさん
ルカさん
え~!わかんないです…。
山元先生
山元先生
朝とか、夜とか。
ルカさん
ルカさん
うわぁ、全然わかんない…。
山元先生
山元先生
あ、全然わかんないんだね。
ルカさん
ルカさん
うん。
山元先生
山元先生
でも、あなた様自身ってなんか、恋愛とかに…男女問わず、色々やる人もいるじゃないですか。
ルカさん
ルカさん
うんうん。
山元先生
山元先生
でも結構ね、この人って決めたらそれで、浮気みたいなことはやらない傾向にありません?
ルカさん
ルカさん
そうですねぇ。
山元先生
山元先生
っていうか、遊びの恋愛みたいなこと、やらないところありません?
ルカさん
ルカさん
やらないですねぇ。
山元先生
山元先生
いいですよね、じゃあね。
ルカさん
ルカさん
ふふふ
山元先生
山元先生
結構見た感じとかはね、色々なかなか魅力も持っていらっしゃるしね。

愛情も持っているだろうし。

ルカさん
ルカさん
じゃあこれからその、やっぱり30代ってすごく微妙な年齢なので、30代以降魅力的な女性でいるために、何か助言があればください。
山元先生
山元先生
あぁ~、だから、もうその調子でっていう感じだよね。もちろんね。
ルカさん
ルカさん
そうなんですね。
山元先生
山元先生
魅力っていっても、外見も内面もあるけれども、そのどっちにせよっていうかね。
ルカさん
ルカさん
うんうん。
山元先生
山元先生
パッと「これ面白いな」「これいいかも」と思ったことをやっていけば、より一層ね。

運から視ても、10年20年を視ても、全然。

今でも、若く見られるっていうのがわかるでしょう。ご自分で。

ルカさん
ルカさん
うんうんうん。
山元先生
山元先生
相当若く見られるって、思いません?
ルカさん
ルカさん
そうですね。

じゃあ、彼との間ということでも、まぁこのままいったら大丈夫かなって感じですかね。

山元先生
山元先生
うん。全然だから、
ルカさん
ルカさん
そこがスッキリすれば、大丈夫です。
山元先生
山元先生
そう、だから、向こうがあなた様を振ってしまうというようなことは、かなり考えにくいですよね。
ルカさん
ルカさん
ふぅ~ん。
山元先生
山元先生
あなた様以上の方がいない、ところがありますし。
ルカさん
ルカさん
ふふ、
山元先生
山元先生
何ていうのかな、別にあなた様をよく言おうとしているという意味じゃなしにね。
ルカさん
ルカさん
うん。
山元先生
山元先生
男性でも女性でも、魅力があって、いっぱいモテるだろうけども、モテるけど、でも、いい加減な恋愛はやらないしっていう。
ルカさん
ルカさん
うんうん
山元先生
山元先生
一番理想的な人だと思いますよ、男性でも女性でも、そういうのって。
ルカさん
ルカさん
わかりました。
山元先生
山元先生
うんだから、その調子でっていう。
ルカさん
ルカさん
はい。
山元先生
山元先生
前半期でちょっと、投げかけて。彼にね。
ルカさん
ルカさん
はぁ~い。わかりました。

じゃぁ、頑張ってみまーす。

山元先生
山元先生
はい、またね、何かあったらね。

じゃあとりあえず。

ルカさん
ルカさん
はぁ~い、ありがとうございました!

実際の山元先生の印象・感想

実際に今回ご相談していただいたリナさんに山元先生の印象を聞いてみると、以下のような感想をいただけました。

こちらから詳しい状況を話す前に、どんどん鑑定を進めていただけました。

かなり食い気味でお話をされる先生だったので、鑑定が始まった冒頭はちょっとびっくりしましたが、ポジティブな言葉をたくさん投げかけていただき、鑑定後にとても前向きになれました。

こちらからほとんど情報を出していないのに、自分と彼の性格を言い当てられたことには驚きました。

かなりリアルな、人生の指針として持っていられるアドバイスをたくさんいただけたので、先生の言葉を信じて頑張りたいなという気持ちです。

ありがとうございました!

今なら3,000円分無料!
今すぐ相談するなら
こちらをタッチ!

山元先生の総合評価まとめ

ここでは、実際の相談者の感想も踏まえ、山元先生の総合評価をお伝えします。

《評価方法》
※MAX(合計):50pt
※各項目のMAX:10点

総合評価:A~Cランク
Aランク:40pt 以上
Bランク:20~39pt 以上
Cランク:0~19pt 以上

総合評価 Aランク
【合計40pt】
話しやすさ 【8点】
少し勢いがあるため、最初は戸惑うが、慣れてくると話しやすくて面白い。
的中率 【10点】
詳しい情報なしで、お相手の気持ちはご相談者の性格、悩みのタネなどを的確に占ってくれる。
アドバイス 【9点】
次々とテンポよく鑑定結果を伝えてくれるし、鑑定後に前向きになれる。
料金 6点】
ウィルで人気があるため、1分あたり360円とやや高めになっている。
予約のとりやすさ
【7点】
ウィルのなかで人気は高いが、比較的予約が取りやすい。

今なら3,000円分無料!
今すぐ相談するなら
こちらをタッチ!

山元先生はこんな方におすすめ!

山元先生は、ずばり、

詳しい情報なしでズバッと占える男性占い師がいい!

前向きなアドバイスをしてくれる先生がいい!

霊感波動などで運気を読み取れる先生がいい!

はっきりと結果を伝えてくれる先生がいい!

今なら3,000円分無料!
今すぐ相談するなら
こちらをタッチ!

【山元先生に無料で相談できる!】
電話占い「WILL(ウィル)」って?

ウィルは、在籍鑑定師100名、月鑑定件数10,000件以上の実績を持つ、運営4年目を迎えた電話占いです。

また、渋谷に店舗をオープンしているので、実際に鑑定師に会える信用度の高いサービスです。

さらに、初回限定で3,000円分の無料ポイントをもらえるため最大15分無料で有名鑑定師とお話することができます。

利用料金 1分220円(税込)~
限定特典 3,000円分ポイント
(最大15分無料)
通話料 自己負担
登録料 無料
月額費用 一切なし
電話・メール占いの利用時のみ料金発生。
メール占い あり
※2,800円(税込)~/1往復
支払い方法 ・銀行振込
・クレジットカード
(VISA / MASTER / JCB / その他)
※後払い・先払いの選択が可能

今なら3,000円分無料!
今すぐ相談するなら
こちらをタッチ!

【人気を誇るWILL(ウィル)の魅力】
「ウィル」が選ばれる3つの理由

WILL(ウィル)が選ばれるのには主に以下の3つの理由があります。

①初回登録「3,000円分ポイント」獲得!

初めての利用であれば無料会員登録をするだけで、3000円ポイントGET(※)

※最大約15分無料で相談できる。

このポイントがあれば、山元先生とも無料でお話することができます。

②TVやイベントにも出演する占い師多数在籍

WILLには、独自の厳しい審査を通過された実力派鑑定師が集結。

そのため、多くのテレビ番組やネット、ラジオ、イベント等でオファーなどの実績も多数あり。

③初回「優先予約制」特典付き

初回特典の1つに「優先予約(※)」特典もあり。

※相談したい占い師に予約する際に、優先機能が適用され、順番待ちがあっても最優先にしてくれる特典。

そのため、好きな時間に相談することが可能。

今なら3,000円分無料!
今すぐ相談するなら
こちらをタッチ!

さいごに

ここまで、山元先生の鑑定レポートや口コミ・評価などにお伝えしてきました。

ぜひ、山元先生に相談をしたいという方は以下のボタンをタッチして、ご相談してみてくださいね!

今なら3,000円分無料!
今すぐ相談するなら
こちらをタッチ!

また、山元先生が所属する電話占い「WILL(ウィル)」について、もう少し知りたいという方は以下の記事もあわせてご覧になってみてくださいね。

【電話占いウィル】口コミ・評判と当たる占い師ランキング!覆面調査で徹底!電話占い「WILL(ウィル)」は、TV・ラジオのメディア出演など数多くの実績があり、復縁・不倫・片思いに強い占い師が集結しています。また、初回登録時に「3,000円分の無料ポイント」などの特典もつくため、初めての方におすすめの電話占いです。...