Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
電話占いの基礎知識

【電話占いは途中で切ってもOK】電話占いの上手な活用方法を紹介!

「電話占いって途中で切ってもいいのの?」

「話の途中で切ったら、しつこく電話がかかってくるんじゃ…?」

電話占いはこのような心配がありますよね…。

また、電話占いは1分の課金制なので、お金の関係で途中で切りたいときもありますよね。

結論からお伝えすると、

好きなときに電話を切ってOK

です。

また、話の途中で切ったとこで、占い師のほうからしつこく電話がかかってくる心配もありません。

というのも、電話占いは基本的にご相談者が申込みをして、順番がきたら占い師の先生から連絡がくるシステムになっています。

ただ、途中で切らないようにすることも可能です。

そこで、今回は途中で切らないようにするための工夫や上手に時間内におさめる方法をご紹介します。

【途中で切ってぜんぜんOK!】
決めた時間で利用することが大事。

繰り返しになりますが、鑑定が中途半端な状態でも、途中で切るのはぜんぜん問題ありません。

電話占いは1分の課金制なので、しっかりとご自身で時間を決めて、その範囲で使用しないと、高額な鑑定料を支払うことにもつながります。

また、話の途中で切ったら、占い師のほうから鬼電がかかってくることもありません。

基本的に、電話占いのシステム上、占い師から相談者に勝手にかけることはできませんし、そのような占い師も基本的にいません。

こちらから再度申し込みをしないかぎりは、かかってくることはないのでご安心ください。

【準備をしておくことがポイント!】
電話占いを利用するときの5つのステップ

途中で切ってもぜんぜんOK!

と言われても、占い師の先生が一生懸命話してくれたり、肝心な占いの結果を話してくれている最中だと、途中で切るのがもったいないし、申し訳なくなりますよね…。

それは同感です。

また、礼儀・マナーとしてもたしかに失礼な部分はあるからと個人的に思います。

(ただ、それよりもお金が大事ですし、システム上は途中で切っても罰則などは一切ないのでご安心ください。)

そこで、上手に、かつ、効果的に電話占いを利用するときのコツをここではご紹介します。

電話占いを上手に利用するには、以下の5つのステップが大切です。

①電話占いに使用する予算を決める

②当たる占い師をしっかりと選ぶ

③予算とその占い師の鑑定料から利用時間を計算

④占ってほしいこと・質問をまとめておく

⑤最初に占い師に利用時間を伝える

この5つのステップを順番に踏めば、自分の可能な予算内効果的なアドバイスを得ることができます。

また、多少延長したとしても、鑑定料が高額になることを割けることができます。

以下で、それぞれのステップについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

①電話占いに使用する予算を決める

まずは、ご自身でいくらくらい電話占いにお金を使用するか決めましょう。

平均的には、5,000円~15,000円ほどの利用をする方が多い印象です。

また、少し余裕がある方は、20,000円程度利用する方もいます。

最初にいくらまでなら使っていいか、上限となる金額を決めておきましょう。

予算をあまりに低くすると、鑑定時間が10分~15分となってしまいます。

そうなると、いくら準備をして、的確に伝えても、アドバイスの途中で話が終わったり、占い師さんも急いで鑑定するので正確性に欠けたりするリスクがあります…。

ちなみに占い師の1分あたりの価格は200円から400円です。

また、取材していると、効果的な鑑定・アドバイスをしてもらうためには平均でも20分は必要であるとおっしゃる占い師さんも多いです。

そのため、選ぶ占い師にもよりますが、6,000円~8,000円程度は用意しておくことをおすすめします。

②当たるサービス占い師をしっかりと選ぶ

質の高い鑑定・的確なアドバイスをもらえるからは相談者側だけの問題だけではありません。

経験豊富な実力派占い師を選ぶことができるかもポイントになります。

占い師選びをまちがえると、どんなにお金をかけても、時間を増やしても、的外れなことしか言われません。

そのため、実は占い師を選ぶことは一番大切なのです。

ただ、占い師を選ぶ前に、まずは健全な電話占いを選ぶことも大切です。

それから、その電話占いのなかで、評判の高い”当たる占い師“を選びましょう。

③予算とその占い師の鑑定料から利用時間を計算

予算を決めて、占い師を選んだら、1分あたりの鑑定料から逆算して、約何分利用できるかを計算しましょう。

先ほどもお伝えしたように、平均時間は20分程度になります。

ただ、欲をいえば30分程度は利用することをおすすめします。

実力のある占い師であれば、たったの30分で、今の悩みを解決し、よりよい方向へ向かう方法を導いてくれます。

④占ってほしいこと・質問をまとめておく

③までできたら、次に占い師に何を聞くのか、しっかりと前もって準備しておきましょう。

ただ目的もなく、ダラダラと話していては役立つアドバイスがもらえず、鑑定料だけたかくなっていくだけです。

なので、

なんのために電話占いをするのか

どんなことを占ってもらいたいのか

占い師にどんな質問をしたいのか
(どんなことを聞きたいのか)

をしっかりと決めておき、鑑定が始まったらすぐに聞けるように紙などにメモを取っておきましょう。

ちなみに20~30分の鑑定時間があれば7個~10個の質問を聞くことができます。

⑤最初に占い師に利用時間を伝える

最後に、電話占いサービス内で予約・申込みをして、電話をかけます。

そして、占い師の先生が電話に出たら、最初に

30分の鑑定でおさめてください

と伝えるようにしましょう。

そのとき、

「話の途中で切ってしまうことになってもいいですか?」

など言われると思いますが、それは気にしなくてOKです。

最初にお伝えすれば、途中で切れても失礼ではありません。

そのため、最初に利用しようと考えている時間を伝えることが大切です。

その後、先ほどあらかじめ準備した質問を先にお伝えしましょう。

そうすると、占い師の先生もご自身の占ってもらいたい内容・質問をベースにアドバイスをしてくれるので、効果的な助言をいただくことができます。

電話占いをするときにはメモを取るか録音することをおすすめします。

せっかく貴重なアドバイスをいただいても、少し時間が経つと忘れてしまう方がほとんどです。

そのため、どんなことを聞いたか、そして、それに対してどんなアドバイスをもらえたかはしっかりとメモしておきましょう。

また、メモがめんどくさければ、アプリなどで録音しておくのもオススメです。

とにかく記録をして、鑑定後に見直せるようにしておくことが大切です。

【こんな占い師はNG】
ダメな占い師・鑑定師の4つの特徴

電話占いを利用すると、どうしてもダメな占い師にあたってしまうことも…。

そのときは、すぐに判断し、電話を切ることが大切です。

ただ、初心者の方は見分け方がわかないですよね。

そこで、ここでは、ダメな占い師の見分け方をご紹介します。

それは、以下の4つです。

✓ 鑑定時間を引き伸ばしてくる

✓ 当たり障りのないことを言ってくる

✓ 事実とは全く異なることを言ってくれる

✓ やたらと脅してくる

では、それぞれのポイントについて、もう少し詳しくみてみましょう。

✓ 鑑定時間を引き伸ばしてくる

同じことを繰り返し言ってきたり、霊視やタロットカードなど占術を用いるときに必要な時間が以上に長かったりする場合は注意しましょう。

そのような占い師は、無理やり鑑定時間を引き伸ばしたり、無駄に時間を浪費したりする危険があります。

そのため、妙な違和感を覚えたり、やたらと時間を引き伸ばそうとしてきたりする占い師を選んでしまったらすぐに電話を切りましょう。

✓ 当たり障りのないことを言ってくる

誰にでも当てはまるようなことばかり言ってくる方にも要注意です。

そのような方はどの相談者に対してもテンプレート形式で鑑定している可能性が高いです。

このケースの場合、いくら長い時間鑑定をしてもらっても効果的なアドバイスをもらうことはできません。

✓ 事実とは全く異なることを言ってくれる

事実とはまったく異なることを言ってくる鑑定師はハズレです。

たとえば、自分の性格や特定の相手の性格、現在の状況などに対しての占い師のコメントが的外れな場合は、占い師としての能力が不足している可能性が高いです。

そのため、あまりにご自身の事実とかけ離れた鑑定をしてくる場合は早めに電話を切るようにしましょう。

✓ やたらと脅してくる

電話占いをはじめ、占いでは悪い鑑定結果を伝えられることがあります。

相談者としては嫌な気持ちになると思いますが、これを受け入れる気持ちも必要です。

なので、

「悪い鑑定結果を言ってきた=ダメな占い師」

を決めつけるのはよくありません。

ただ、悪い鑑定結果ばかりを押し付けて、脅してくる先生はNGです。

悪い結果を言われたときのポイントは

「じゃあ、どうすればいいのか」

というアドバイスを伝えてくれる占い師かどうかです。

ただ脅してきたり、焦らせたりしてくれる占い師は怪しいので早めに電話を切って、他の方にチェンジしましょう。

逆に、悪い結果に対して、それを改善したり、回避したりするためのアドバイスもしっかりくれる先生は信用できる先生が多いです。

そのため、「これからどうすればいいのか」を伝えてくれる鑑定師を選ぶようにしましょう。

さいごに

ここまで、

電話占いを途中で切ってもいいのか、

上手に電話占いを活用するにはどうしたらいいか

について解説してきました。

そして、これを踏まえて、次に大切なのが「占い師選び」です。

占い師の能力はもちろん、得意な相談分野や占術、ご自身との相性がすべてマッチして、はじめて効果的で有意義な鑑定をしてもらうことができます。

そこで、以下のページで、「失敗しない占い師の選び方」をわかりやすく解説しているので、”当たる占い師“を選びたい方は必ずチェックしてみてくださいね!

【電話占いマニアが語る】「絶対当たる占い師」の選び方とポイント!電話占いを有効活用するためには"当たる占い師"を選ぶことが大切です。また、的中率の高い鑑定をしてもらうためには、ご自身と相性のいい占い師を選ぶことも大切です。ここでは、まちがえない"当たる"占い師の選び方とそのポイントをご紹介しています。...