出会い

【出会いがない社会人男性にオススメの出会い方】データを踏まえて解説!

「社会人になってから出会いがない…」

「社会人の男性はどこで出会いを探しているんだろう…」

社会人になってから、出会いがなくて悩んでいる男性は意外と多いです。

実際、結婚相手紹介サービスの株式会社オーネットが20~34歳の独身男女計942名(男性 460名、女性 482名)を対象に、「新生活における、自然な出会いに関する実態調査」を実施したところ、20~30代男女の7割が「出会いなし」と回答したことがわかっています。

コロナ禍という状況下を踏まえても、出会いがないと悩んでいる社会人の男性は多いことがわかります。

サラリーマンの方であれば、日常生活では会社の人や取引先の人と関わるのが多いと思います。

ただ、仕事に関わる人は、もしうまくいかなかったり、中途半端な関係になってしまったら、気まずくなったり、業務に支障をきたす可能性があるため、「できれば避けたい…」という方も多いと思います。

そうなると、学生時代の友人などが可能性として考えられますが、よっぽど片思いしていた人や気になる人がいない限り、アプローチしようという気持ちになりませんよね。

このようなことを踏まえると、社会人になってからの出会いは意外と少ないものです。

ただ、現在やマッチングアプリや相席屋など旧来の出会い方とは違った出会い方も流行ってきています。

そこで今回は、直近の調査データや社会人で出会いがあった男性の声も踏まえて、社会人の男性におすすめの出会い方について、わかりやすく解説していきます。

社会人の男性はどんな出会い方をしている?

まずは、社会人の男性で出会いがある人が具体的にどんな出会い方をしているのかについて見ていきましょう。

株式会社オーネットが20~34歳の独身男女計942名(男性 460名、女性 482名)を対象に実施した「新生活における、自然な出会いに関する実態調査」によれば、社会人の男性は次の出会い方をしていることがわかります。

グラフを見てもわかるように、社会人の男性の出会い方としては、「趣味の集まり」が31.2%で最も多いです。

次に、 SNSが 27.1%、「友人・知人の紹介」が 24.0%、「職場」が 24.0%、「社会人サークル・コミュニティ」が 22.9%となっています。

この結果からわかるように、男性は、職場での出会いより、「趣味の集まり」などのおける出会いが多いことがわかります。

また、次に多いのが「SNS」です。

インスタグラムなどのSNSは、ほとんどの成人男性や女性がやっているものでしょう。

また、最近ではマッチングアプリなども流行っており、それを通じて出会っている男性も多いようです。

他にも、昔からあるような「職場」での出会い、クラブチームなどの社会人サークル・コミュニティでの出会いなども選択肢として考えられるでしょう。

では、このような調査やデータなども踏まえた上で、おすすめの出会い方について、それぞれ見ていきましょう。

コロナ禍では「SNS」での出会いがおすすめ!

最近のコロナの状況を踏まえると、「SNS」での出会いが一番おすすめです。

先ほどご紹介した調査でもあったように、出会いがあった社会人男性の27%がSNSを通じて出会っています。

また、SNSでの出会いのなかで特に主流になっているのが「マッチングアプリ」です。

たしかに、インスタグラムなどでの出会いもありますが、そのようなSNSで出会えるのは、ビジュアルがよく、かつコミュニケーション力がある男性がほとんどです。

また、インスタやツイッター、相互フォローの状態になれば、自分の写真は相手にすべて見られてしまいますし、スクショなどを撮られるリスクもあります。

また、何かしらの出来事がきっかけで二人の関係が悪化したら、それを他のSNS上で晒されるリスクもあります。

そのような点も踏まえると、出会いを目的として利用している方が多いマッチングアプリ が個人的にはおすすめです。

加えて、マッチングアプリでの出会いがコロナ禍においてオススメな理由は、次の3つです。

①自宅にいながら出会いを探せる

②メッセージや電話、ビデオ通話が可能

③リーズナブルな料金で利用できる

では、①~③のそれぞれのポイントについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

①自宅にいながら出会いを探せる

1つ目のポイントは、自宅にいながらやスキマ時間に新たな出会いを探せることです。

マッチングアプリのプロフィールは、主に次の要素から構成されていることが多いです。

・名前(仮名)、年齢、基本情報(※)

※身長や体型、血液型

・プロフィール写真

・自己紹介文

・趣味(カードやタグで表示)

・その他の詳細

例)年収、喫煙者/非喫煙者、子どもの有無、一人暮らし/実家暮らし、など

このように、直接知り合う前に、その人を判断するための基本的な情報はプロフィール欄に記載されていることが多いです。

そのため、基本的にスマホ一台あれば、自宅でもカフェでも良い人がいないか探すことができます。

さらに、「絞り込み機能」を使えば、身長や職業、年収など自分が求める条件を絞って、その中から探すことができます。

そのため、なるべく手間なく、効率的に探したい方にはおすすめです。

プロフィール情報に関しては、100%信じすぎないことも大切です。

例えば、別人のプロフィール写真や加工で盛れている写真を使っていたり、ビジネス勧誘や美人局を目的として使っている方も一定数いらっしゃいます。

そのため、プロフィールは相手を判断する情報のひとつですが、それだけで判断せず、メッセージや電話、ビデオ通話などを必要に応じて行うことをおすすめします。

②メッセージや電話、ビデオ通話が可能

2つ目は、スマホでメッセージや電話、ビデオ通話が可能な点です。

マッチングアプリでは、お互い気になって、マッチが成立したらメッセージや電話、ビデオ通話が可能です。

そのため、「いきなり対面で話すのがちょっと…」という方でも安心して利用できます。

また、前もってメッセージや電話、ビデオ通話で話すことで、相手の雰囲気や人柄、マッチングアプリの利用目的などがわかります。

ただ、男性の方は、メッセージのやりとりや電話で、食事やデートに行けるかどうか決まります。

そのため、気になる人がいたら、上手にメッセージを続けたり、電話でコミュニケーションをとったりする必要があります。

逆に、このようなテクニックがないと、気になる人とマッチングしても、うまく食事やデートに誘えず、出会いにつながりません。

なので、もしマッチングアプリを利用するのであれば、このような点も理解しておくようにしましょう。

③リーズナブルな料金で利用できる

3つ目は、リーズナブルな料金で利用できる点です。

マッチングアプリ は、男性は基本的に有料であるサービスがほとんどです。

中には、無料で利用できるサービスもありますが、そのようなアプリは、サクラや援◯、ぼったくりバーへの勧誘、などを目的として利用している女性が多く、質が高いと言えません。

そのため、普通の人と出会いたいのであれば、逆に一定の利用料金がかかるマッチングアプリを利用することをおすすめします。

マッチングアプリの料金の平均は1ヶ月あたり約3,000〜4,000円程度であることが多いです。

また、「1ヶ月プラン」のほかに、「3ヶ月プラン(9,000〜12,000円/月)」や「6ヶ月プラン」なども用意されており、プランによってそれぞれ割引があったりします。

初心者の方は、「1ヶ月プラン(3,000〜4,000円/月)」か「3ヶ月プラン(9,000〜12,000円/月)」が個人的にはおすすめです。

「1ヶ月プラン(3,000〜4,000円/月)」や「3ヶ月プラン(9,000〜12,000円/月)」は、社会人男性の飲み会1回〜3回分くらいの料金だと思います。

そのため、普通に働いている男性であれば、比較的リーズナブルに利用できるはずです。

また、うまくメッセージや電話でやりとりを行えば、1ヶ月だけでも5人〜10人以上と会えるケースもあります。

そのため、まともな出会いを探しているのであれば、十分な価値があると言えるでしょう。

社会人男性におすすめのその他の出会い方

ここまで、SNS、主にマッチングアプリを通じての出会いに関して解説してきました。

ただ、マッチングアプリ以外に出会う方法があるのもたしかです。

実際に出会いがあったという社会人男性の出会い方を踏まえると、次のような方法がおすすめと言えるでしょう。

①趣味サークルやコミュニティでの出会い

②友人や知人の紹介

③合コンや男女グループでの遊び・レジャー

他にも、ナンパや相席屋などがありますが、もし後の彼女になるような素敵な女性と出会いたいのであれば、上記の方法が現実的にはおすすめです。

では、①〜③について、それぞれの特徴やメリット・デメリットについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

①趣味サークルやコミュニティでの出会い

1つ目は趣味サークルやコミュニティでの出会いです。

先ほどご紹介した調査からもわかるように、社会人男性の出会いのなかで最も多いとされているのが「趣味の集まり」です。

趣味サークルは、例えばボードゲームが好きな人が集まるサークルがあったり、スポーツのクラブチーム(バスケやフットサルなど)などもあります。

コミュニティは、料理コミュニティなどが代表的です。

このようなサークルやコミュニティでは、共通の趣味を持った方々と出会うことができます。

また、自然な流れの中で気になる人と話したり、一緒に何かを楽しむことができるのも魅力のひとつです。

そのため、同じような趣味がある方と出会いたいという男性にはピッタリです。

その一方で、中途半端な関係になってしまうと、お互いが気まずくなるだけでなく、サークルやそのコミュニティ全体の雰囲気が悪くなるリスクがあるため、その点は前もって理解しておきましょう。

また、サークルやコミュニティは割と人数が多いため、グループよりも1対1の状況で出会いたい方にもあまり向いていないでしょう。

②友人や知人の紹介

1つ目は、友人や知人、親族からの紹介です。

実は、コロナ禍になってから、増加している出会い方の一つに「友人や知人、親族からの紹介」があります。(※)

【出典】コロナ前とコロナ禍の恋活・婚活と経済状況の関係について調べてみたレポート

上のデータが示しているように、「友達・知人からの紹介」(14.8%→25.9%)や「家族・親族からの紹介」(7.4%→11.1%)は増加していることがわかります。

これは、コロナ禍という制限のある環境下たからこそ、友達・知人、家族・親族などのより信頼できる相手からの紹介によって恋活・婚活しようとしている人が多いと考えられます。

たしかに、信頼している人から紹介された男性であれば、マッチングアプリなどで全く知らない人と出会うより安心できます。

つまり、ある種の「担保」があるということです。

そのため、もし知人や友人から紹介してもらえるのであれば、おすすめです。

ただ、

・紹介してくれる友達や知人がいない

・「紹介してほしい」と頼むみづらい

・好みの人を紹介してもらえるとは限らない

などのデメリットもあります。

加えて、中途半端な関係で終わってしまうと、紹介してくれた友人や知人との関係が悪化してしまう可能性もあるため、注意しましょう。

これらの点も踏まえた上で、もし、紹介してくれる友人や知人がいるのであれば、思い切ってお願いしてみるのもよいでしょう。

また、家族や親族からそのような声がかかったときも、思い切ってお相手の人と会ってみることをおすすめします。

③合コンや男女グループでの遊び・レジャー

3つ目は、合コンや男女グループでの遊び・レジャーなどです。

これは、友人の知り合い同士を誘いあって、一緒のBBQしたり、キャンプしたり、スノーボードに行ったりするイメージです。

最近は、Airbnbなどを利用して、宅飲みする方々も多いようです。

また、このような出会いは、20代前半の若い男女が出会う方法のひとつと言えるでしょう。

ただ、これも、結婚や交際につながる真剣な出会いを探している方々が集まるわけではありません。

どちらかというと、「友達から始めよう」という考えの方が多く、フランクな出会い方のひとつと言えるでしょう。

そのため、

「グループで遊びたい」

「グループで遊びながら相手のことを知りたい」

という方には良い出会い方かもしれません。

一方で、1対1で出会いたいと思っている方は他の方法を試みた方がよいでしょう。

さいごに

今回は、直近の調査データや社会人で出会いがあった男性の声も踏まえて、社会人の男性におすすめの出会い方について詳しく解説してきました。

学生とちがって、社会人になるとなかなか出会いがなくて悩むことが多いと思います。

そのため、出会いがないという方は、今回解説した出会いから気になるものを選んで、試してみてくださいね!