マッチングアプリ

【マッチングアプリ】やり目的の女性の特徴を女性目線で解説!

「マッチングアプリをやり目でやっている女性を見分けたい」

「やり目の女性と出会いたい!」

マッチングアプリを利用している男性の中には、やり目の女性と出会いたいと思っている方が多いと思います。

たしかに、女性の中には公言していないだけで、そのような目的でマッチングアプリを利用している方は多くいます。

ただ、そのような女性と出会うためには、やり目の女性の特徴を理解しておく必要があります。

また、それと同時に、そのような女性ユーザーが多いマッチングアプリを選んだり、ご自分のプロフィールを工夫することも大切です。

そのような点も踏まえた上で、今回は、マッチングアプリにおけるやり目女性の特徴と出会い方について、女性目線で解説していきます。

マッチングアプリにおけるやり目女性の特徴

マッチングアプリをやり目で利用している女性には、共通して次のような特徴が見られやすいです。

①露出の多い服装の写真を載せている

②「飲み友探し」などで利用している

③お出かけ機能をよく利用している

④「ヤリ目いらないです」などの記載がない

⑤女性が多い職場で働いている

⑥彼氏と別れたばかりである

⑦返信が早い

⑧マッチ当日に飲みに誘ってくる

⑨フランクなやりとりや口調

このような特徴に多く当てはまれば当てはまるほど、やり目女性の可能性が高いです。

では、①〜⑨について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

①露出の多い服装の写真を載せている

やり目女性の1つ目の特徴は、露出の多い服装の写真を載せていることです。

特に、胸元を開いた服装や胸の大きさを強調する服装の写真を載せている場合は、そのような関係に対して考え方がゆるい方が多い傾向にあります。

また、水着などの写真を載せている場合も同様です。

さらに、ショートパンツなどファッション全体が露出の多いものだった場合も同様です。

そのため、まずはどんなプロフィール写真を載せているのかをチェックしてみましょう。

②「飲み友探し」などで利用している

マッチングアプリを利用している女性は、全員が全員「恋活・婚活目的」で利用しているわけではありません。

中には、普通の友達や飲み友を探している方も多くいます。

また、当然、やり目女性は、「飲み友探し」を目的で利用している女性に混ざっていることが多いです。

そのため、プロフィールやコミュニティ機能などをチェックして、どのような目的でアプリを使っているのかを確認するようにしましょう。

ちなみに、飲み友を探している女性は、プロフィールに

「飲みに行ける人を探しています」

「友達ができたらいいなと思っています」

などの文言を記載していることも多いです。

さらに、プロフィールや自己紹介文に「お酒好き」や「居酒屋好き」が読み取れるワード・表現があった場合も同様です。

③お出かけ機能をよく利用している

マッチングアプリの中には、当日飲みや食事に誘える「お出かけ機能」搭載のサービスがあります。

代表的なアプリとしては、タップルクロスミーなどです。

このような「お出かけ機能」をよく利用している女性は、恋活・婚活目的というより、

「とりあえず会ってみたい」

「飲みに行ける人を探している」

という方が多いので、その日のうちに…ということはよくあります。

そのため、もし即日でワンナイトしたいのであれば、「お出かけ機能」があるアプリを選んで、そこでお相手を探すのも方法のひとつです。

④「ヤリ目いらないです」などの記載がない

マッチングアプリを利用している女性の中には、ご自分のプロフィールに

「やり目はいらないです」

「遊び目的・体目的の方はお断りします」

というような旨のメッセージを記載している方が多いです。

このようなことを記載している女性は、貞操観念がある女性だったり、過去にヤリ捨てされた経験がある女性のケースが多いです。

そのため、プロフィール欄にこのような文言がある場合は、避けることをお勧めします。

⑤女性が多い職場で働いている

よく、「保育士や看護師は性欲が強い」なんて言われますが、あながち間違ってはいません。

もちろん、保育士や看護師の中には、貞操観念がある方もいます。

ただ、女性が多い職場の女性は、意外とワンナイトに誘いやすいのも確かです。

なぜなら、職場での出会いがないのはもちろん、女性同士のいざこざでストレスを抱えている方が多いからです。

そのため、ストレス発散や癒しを求めて、マッチングアプリを利用している方も多いのです。

なので、ここまで解説してきた特徴とあわせて、お相手の職業もチェックしてみるとよいでしょう。

⑥彼氏と別れたばかりである

彼氏との失恋をきっかけに、マッチングアプリを利用し始める女性は意外と多いです。

また、失恋後の女性は、寂しさを埋めるためにアプリを利用している方が多いため、その日のうちに大人の関係に持っていける可能性は高いです。

彼氏と別れたばかりなのかどうかを確認する方法としては、「プロフィール」と「個別でのメッセージのやりとり」の主に2つです。

プロフィールをチェックすると、意外と失恋したことを記載している女性は多いです。

また、個別でのメッセージでも、上手に恋話に持っていくことで、聞き出すことは可能です。

そのため、彼氏と別れたばかりかどうかも、相手を選ぶときの一つの基準にしてみましょう。

⑦返信が早い

マッチングアプリでメッセージをしていて、返信が早い場合は、最初のデートや食事で大人の関係になれるケースが多いです。

というのも、相手の返信が早い場合、

・あなたに好印象や好意を抱いている

・メンヘラ気味か依存気質

・寂しがり屋(甘えん坊)

の可能性が高いからです。

このような女性は、流されやすい特徴もあるため、会ったその日に体の関係になれることが多いです。

そのため、返信が早いかどうかもひとつの判断基準にしましょう。

⑧マッチ当日に飲みに誘ってくる

女性の中には、マッチ当日に飲みに誘ってくる方もいます。

このような方は、フッ軽なこともあって、その日のうちに大人の関係になれるケースが多いです。

また、このような女性は、プロフィールで「お酒好き」だと書いてあることが多いため、自己紹介文もチェックしてみましょう。

ちなみに、相手の女性からの返信が早い場合、その日はお休みの可能性が高いため、あなたから思い切って誘ってみると、意外とすんなり飲みにいけるケースが多いです。

そのため、このような特徴がないかも確認してみるとよいでしょう。

⑨フランクなやりとりや口調

マッチ後、メッセージのやりとりをしていて、タメ口だったり、フランクな会話調だったりしたら、その人方はやり目女性の可能性が高いです。

口調がゆるかったり、テキトーな方は、体の関係に関しても、ゆるいことが多いです。

そのため、大人の関係をもつことが目的なのであれば、タメ口だったり、フランクな会話をする女性を選んでみるのもよいでしょう。

ただ、そっけない返事や失礼すぎる態度を取ってくる女性は、ただ高飛車になっているだけですし、いろいろと面倒くさいので、候補から外すことをおすすめします。

やり目女性が多いマッチングアプリの特徴と選び方

ここまで、マッチングアプリでのやり目女性の見分け方について解説してきました。

ただ、ご自分が利用しているアプリにやり目女性が少ないのであれば、いくら見分け方を知っていても、マッチできる確率は下がってしまいます。

そのため、もしやり目女性と出会いたいのであれば、そのようなユーザーが多いマッチングアプリを選ぶ必要があります。

その時のポイントは、主に次の3つです。

①20代の女性ユーザーが多い

②遊びや食事目的のユーザーが多い

③お出かけ機能のあるアプリ

④「出会い系アプリ」は避ける

⑤ユーザー数の多いアプリを選ぶ

では、①〜③について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

①20代の女性ユーザーが多い

やり目女性と出会いたいなら、20代前半の若い女性ユーザーが多いアプリを選びましょう。

というのも、20代後半〜40代の女性は、結婚を視野に入れて出会いを探している方が多いです。

そのため、このような年齢層のユーザーが多いアプリでやり目の女性を探そうとしても、なかなか出会うことは難しいです。

一方で20代女性であれば、まだ結婚を考えている人は比較的少ないですし、意外とフットワークが軽い方が多いため、食事などに誘ったら、高確率で会ってくれる可能性が高いです。

また、パパ活やご飯目的で歳上男性を探している女性ユーザーも多いため、割り切った関係を望んでいる方も一定数います。

そのため、もし遊び相手を探したいのであれば、20代の女性ユーザーが多いアプリを選ぶのもポイントのひとつです。

②遊びや食事目的のユーザーが多い

もし、やり目の女性と出会いたいなら、遊びや食事目的で利用している女性ユーザーが多いアプリを選ぶのがポイントです。

また、経済的にある程度の余裕があるのであれば、パパ活目的の女性がいるアプリを利用するのもおすすめです。

(パパ活系アプリは、他のアプリに比べて、ビジュアルが良い女性が多いです。)

ちなみに、ワンナイトや遊び目的の方は、そのままプロフィールにその目的を書いているわけではなく、少しカモフラージュしていることが多いです。

具体的には、「ご飯行ける人探しています」「気軽に会える人(話せる人)と出会いたいです」といった感じでプロフに記載している方が多いです。

そのため、遊びや食事目的の女性ユーザーが多く利用しているアプリを選んだ上で、プロフを見定めるのもコツのひとつです。

③お出かけ機能のあるアプリ

先ほどもお伝えしたように、マッチングアプリの中には、当日食事や飲みにいける友達を募集する「お出かけ機能」を搭載したサービスがあります。

そのような機能をよく利用している女性は、表向きは「ご飯目的」でも、本音では「やり目」であることが多いです。

そのため、もし即日ワンナイトを狙っているのであれば、お出かけ機能のあるアプリを選ぶのもおすすめです。

また、中には、「Dine(ダイン)」のように、デートや食事を前提としたマッチングアプリもあります。

このようなアプリは、マッチ後に自動で日程調整やお店の代行予約をしてくれるため、相手と日程が合えば、その日のうちに食事やデートに出かけることができますし、そのまま大人の関係になれることもあります。

【お出かけ機能のあるアプリ】

タップル(tapple)

クロスミー(CROSS ME)

【デート前提のマッチングアプリ 】

ダイン(Dine)

④「出会い系アプリ」は避ける

マッチングアプリには、「恋活・婚活を目的としたアプリ」もあれば、「友達や食事相手探しを目的としたアプリ」や「遊び目的の出会い系アプリ」もあります。

もし、やりも目女性を探しているのであれば、「恋活・婚活を目的としたアプリ」はもちろん、「出会い系アプリ」もおすすめしません。

なぜなら、このような出会い系アプリは、たいていメッセージを送るのにポイントを消費する「ポイント制」を採用しているサービスが多いです。

そのため、月額制でメッセージし放題の一般的なマッチングアプリに比べてコスパが悪いです。

また、サクラも多いため、遊び相手を探している方には、あまりオススメできません。

さらに、中には可愛い女性の写真を使って悪質な客引きをする援デリ業者が混ざっていることも多いです。

そのため、もし遊び相手を探したいのであれば、フランクな出会いを求めているユーザーが比較的多い「友達や食事相手探しを目的としたアプリ」を利用するようにしましょう。

⑤ユーザー数の多いアプリを選ぶ

やり目女性を探したいのであれば、ユーザー数が多いサービスを選ぶのもポイントです。

特に地方に住んでいる方は、ユーザー数があまり多くないマイナーなアプリを使ってしまうと、条件がマッチする人と出会える可能性は低いです。

また、ユーザー数が多ければ多いほど、色々な人が使っているアプリのため、信用度が高いことになります。

それにユーザー数が多ければ多いほど、出会える幅も広がります。

そのため、ユーザーの利用者が多いアプリを選ぶようにしましょう。

やり目女性が多いマッチングアプリTOP3

これまで、やり目女性が多いマッチングアプリの選び方やポイントについて解説してきました。

そこで、以下では、今まで解説してきた点を踏まえた上で、やり目女性が多く利用しているおすすめのアプリをご紹介していきます。

そのため、どのマッチングアプリを選べばいいかわからない方は、ぜひ以下でご紹介しているサービスの中から選んでみてくださいね!

【No.1】Tinder(ティンダー)

若者の間で人気のマッチングアプリ「Tinder(ティンダー)」。

Tinderは、恋活や婚活目的で利用している方もいらっしゃいますが、どちらかというと飲み友達や趣味仲間を探している利用者が多いです。

ただ、男性ユーザーが圧倒的に多く、ビジュアルありきのアプリのため、もしご自分の見た目に自信がないのであれば、あまりマッチできないかもしれません。

ですが、うまくマッチすることができれば、男性も月額料金不要で相手とメッセージをすることができるため、お試しで利用してみるのはありでしょう。

特に、近場で会える人を探したい方、気軽に会いたい方にはピッタリのサービスです。

アプリ名 Tinder(ティンダー)
会員数 非公開
利用者層 男性:20~30代
女性:20~30代
対応デバイス ・iOS
・Android
・WEBブラウザ
男女ともに同額!

※料金体系は下記の通りです。

PLUS GOLD PLATINUM
1ヶ月 959円/月 2,878円/月 3,837円/月
6ヶ月 604円/月
3,624円/一括
1,803円/月
10,819円/一括
2,398円/月
14,390円/一括
12ヶ月 399円/月
4,796円/一括
1,199円/月
14,390円/一括
1,598円/月
19,187円/一括
無料でここまで出来るアプリは他にないのでは?長くやってれば誰かから返事は来そうですね。適当に暇潰しでやるぐらいなら問題ないと思います。

有料でやればかなり出会えそうな予感はします。他の出会いアプリの無料はやりましたがほぼサクラ。ここはサクラはいない感じがかな?他のサイトに行かされた事ないかも。

【第2位】tapple(タップル)

マッチングアプリの中で利用満足度No.1を誇っている「tapple(タップル)」

タップルのユーザー数は600万人以上となっており、マッチングアプリの中でNo.2の会員数となっています。

また、毎月10,000人以上のカップルが誕生しているため、恋活・婚活目的の方からも人気のアプリとなっています。

さらに、「おでかけ機能」があり、当日飲みや食事の約束ができるため、フランクな出会いを探している方にもおすすめです。

加えて、イケメン&美女率が高いのも魅力のひとつです。

アプリ名 tapple(タップル)
会員数 600万人以上
利用者層 男性:20~30代
女性:20~30代
対応デバイス ・iOS
・Android
・WEBブラウザ
女性は無料!

※男性ユーザーの料金体系は下記の通りです。

プラン クレジットカード Apple ID
Google Play
1ヶ月 3,700円/月 4,000円/月
3ヶ月 3,200円/月 3,400円/月
6ヶ月 2,800円/月 2,967円/月
12ヶ月 2,234円/月 2,400円/月
他のアプリと比較して、遥かに色々な幅の方とマッチングしやすい所が何よりの長所です。むしろそこがマッチング系に1番大切な所かな。

そこから会話や付き合いの間口を広げられるかは当然本人次第ですが、今回自分にとって良い恋人を見付けられたので非常に満足です。ありがとうございました。

【第3位】CROSS ME(クロスミー)

街ですれ違った人と出会えるマッチングアプリ「CROSS ME(クロスミー)」

クロスミーは、クロスミーはGPS機能を利用し、すれ違いをきっかけに出会えるアプリで、会員数は75万人以上となっています。

ですので、普段街で歩いている中で、気になる異性がいて、その人もクロスミーを利用していたら、アプリを通じてマッチングできる可能性があるということです。

また、今日デート」機能などもあり、仕事終わりにサクッと誰かと会って飲みたいという方にもピッタリです。

アプリ名 CROSS ME(クロスミー)
会員数 75万人以上
利用者層 男性:20~30代
女性:20~30代
対応デバイス ・iOS
・Android
・WEBブラウザ
女性は無料!

※男性ユーザーの料金体系は下記の通りです。

プラン 料金
1ヶ月 4,200円
3ヶ月 3,300円/月
9,900円/一括
6ヶ月 2,900円/月
17,400円/一括
12ヶ月 2,316円/月
27,800円/一括
愛用させてもらってます。4~5人出会えて女友達と彼女出来ました。 今はゲーム女友達ピッキング中です。

他の出会い系なんかと比べると安心して使えます。

【今注目!】Dine(ダイン)

マッチからデートまで最短距離で到達できるマッチングアプリ 「Dine(ダイン)」。

Dineは、デート前提のマッチングアプリなので、マッチが成立したら、無駄なメッセージは不要で、デートの日程を自動調整し、レストランの代行予約までやってくれるのが最大の特徴です。

そのため、メッセージのやりとりがめんどくさいという方、マッチしたらとりあえず食事に行ってみたい方にはピッタリのマッチングアプリと言えます。

アプリ名 Dine(ダイン)
会員数 非公開
利用者層 男性:20代後半~40代
女性:20代~30代
対応デバイス ・iOS
・Android
男女ともに同額!

※料金体系は下記の通りです。

最高です。すぐデートいけるんで。メッセージやりとりの時点でお互いめんどくさくなってしまって結局行けない事がたくさんあったんですけど、これは最初からデート行く前提で話しかぽんぽん決まるので。

デート行けてない人はプロフ写真をもっとよくすると行けるようになりますよ。

やり目女性と出会うために気をつけるべきこと

やり目女性とマッチできたとしても、ご自身のアプローチの仕方が悪ければ、目的を達成することはできません。

そのため、やり目女性っぽいユーザーとマッチする上で、以下の点を気をつけるようにしましょう。

①清潔感は欠かさない

②下心を悟られないようにする

③「優しさ」と「だらしなさ」を掛け合わせる

では、①〜③のポイントについて、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①清潔感は欠かさない

まず気をつけるべきは「清潔感」です。

やり目女性側の視点に立ってみるとわかりますが、やり目だったとしても、相手は選びます。

清潔感がなかったり、体臭や口臭がきつい人とは、体の関係を持ちたいと思わないでしょう。

そのため、もしやり目目的の女性とマッチできて会うことになったら、清潔感や香りには、人一倍気を使うようにしましょう。

また、プロフィール写真も清潔感を感じられる写真に設定しておくと、そのような目的の女性とマッチしやすくなります。

そのため、アプリにおいても、オフラインにおいても、清潔感は大事にしましょう。

②下心を悟られないようにする

やり目女性とマッチしても、あなたが下心を前面に出したら、引かれてしまったり、マッチ解除をされて終わりです。

もし、やり目だったとしても、下心は会うまで隠しておくことが必要です。

たまに、マッチした後すぐに、

「家にこない?」

「一緒に家で映画見ない?」

など下心丸だしのメッセージを送ってしまう男性がいます。

このようなダイレクトな誘いが通るのは、相当なイケメンか、相当な経済力をお持ちの男性だけです。

そのため、もしどちらも持っていないのであれば、最初は、普通に何回かメッセージのやりとりをして、食事に誘うことがポイントです。

基本、やり目の女性を誘うにしても、居酒屋を1軒〜2軒挟むのがベストです。

ちなみに、相手の女性からいきなりホテルなどに誘われた場合、美人局や業者の可能性が高いため、逆に警戒することをおすすめします。

少し長くなりましたが、やり目女性らしきユーザーとマッチしても、気持ちを落ち着かせて、普通に食事や飲みに誘うことを意識しましょう。

③「優しさ」と「ただらしなさ」を掛け合わせる

やり目女性と最後にできるかは、メッセージのやりとりや会ったときの会話が鍵を握ります。

もし、そこで上手にコミュニケーションを取れなかったり、誘えなかければ、相手がいくらやり目でも、最後までできないでしょう。

もし、その女性と大人の関係になりたいのであれば、「優しさ」と「だらしなさ」を両方うまく使い分けることが大事です。

まず、女性は男性の優しさにはやっぱり弱いです。

ちょっとした気遣いであったり、男らしさに「いいな」と好印象を感じます。

ただ、その一方で、紳士に振る舞いすぎると、ホテルや家に打診しづらくなりますし、そのような誘いをして相手にがっかりされることもあります。

そのため、会話の中で、ある程度「だらしなさ」を伝えることもポイントになります。

具体的には、「女性とは遊ぶこともある」というのを上手に会話に盛り込み、さらに相手にも「私もある」というふうに共感させることです。

そうすることで、ホテルや家への打診もしやすくなりますし、スムーズにOKをもらいやすくなります。

そのため、実際に会ったときには、「優しさ」と「だらしなさ」の両を方うまく使い分けることも意識してみましょう。

さいごに

今回は、マッチングアプリにおけるやり目女性の特徴と出会い方について、女性目線で解説してきました。

マッチングアプリでやり目女性と出会いたいのであれば、たくさんいる女性ユーザーの中から見抜く必要があります。

また、それと同時に、やり目の女性ユーザーが多いアプリを選ぶのも大切です。

そのため、やり目女性とマッチングアプリを通して出会いたいと思っている方は、今回解説したことを参考にしてみてくださいね。