電話占いの基礎知識

【私って電話占い依存症?】電話占いの適切な頻度と平均回数を解説!

電話占いってどのくらいの頻度がいいの?

週2回やっているけど、これって依存症?

など、電話占いをするにあたって、他のユーザーがどのくらいの頻度でやっているのか気になりますよね。

また、相談内容によって利用頻度が変わることもあると思います。

ちなみに、株式会社TOBEが運営する『愛カツ電話相談(あいかつでんわそうだん)』ご相談者が先生に話す恋愛相談のジャンルを調査した結果、以下の結果が出たこともわかっています。

恋愛系の悩みが圧倒的に多いことがわかります。

また、ネットの記事などだと「週3~」だと依存症と言われたりもしますが、一概には言えません。

なぜなら、複数の先生に相談している場合もありますし、相談内容が複雑な場合もあります。

そのため、しっかりと活用できていれば、週3でも依存症ではありません。

そこで、今回は電話占いのおすすめの頻度やその決め方などについて解説していきます。

【電話占いの頻度はどのくらい?】
自分にとってのベストな回数を選ぶ!

電話占いのベストな回数は、その人の状況や相談内容によって変わります。

たとえば、

月に1回利用している人もいれば、

週に2~3回利用している方もいます。

たとえば、月1~2回程度の利用頻度の方は、ほとんど、自分のお気に入りの相談者が決まっており、前回の鑑定から今に至るまでに起こった出来事を報告し、それを踏まえた上でアドバイスをいただいていることが多いです。

また、週に2~3回利用している方は、いつもお願いしている先生が複数いたり、新しくデビューした先生に相談していたりするケースが多いです。

さらに、恋愛をしていて、彼と付き合えるかどうかなど、ある一定期間の利用頻度が多くなったりするケースもいます。

そのため、結論としては、どのユーザーにも当てはまる「ベストな利用頻度」は存在しないということです。

ですので、あなたの相談内容お気に入りの占い師の人数、状況などによって、柔軟に対応していくことが必要です。

それよりも、

どんなときに電話するべきかのか

という“タイミング”を知ることが大事になります。

【どんなときに電話するのがベスト?】
電話占いをすべき3つのタイミング!

電話占いの頻度は、そのユーザーの相談内容状況などによって変わってきます。

電話占いユーザーからすると、それよりも大切なのは電話占いを利用するタイミングです。

私の経験他のユーザーの経験を踏まえると、以下のタイミングで電話占いを利用することをおすすめします。

関係や状況に変化・進展があったとき

新しくデビューした占い師が気になったとき

鑑定内容とちがったとき

では、それぞれのタイミングについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

①関係や状況に変化・進展があったとき

まず、特定の相手との状況に大きな変化があったり、進展があったりした場合電話占いを利用することをおすすめします。

例えば、復縁を目指している方は、相手から連絡がきたり、誘われたりしたら、次のステップやアプローチの方法を相談するために利用してみるのがおすすめです。

また、不倫をしている場合であれば、相手から急に関係を断ち切られたり、お相手の態度が冷たくなったりしたときに利用してみるといいと思います。

そのため、このように特定のお相手との間に大きな変化や進展があったら、先生にご相談してみることをおすすめします。

②新しくデビューした占い師が気になったとき

新しくデビューした占い師が気になったときは試してみてもいいと思います。

占い師を選ぶときの、

この人気になるな…

この人いいかもな

などの自分の”インスピレーション“は大事にしたほうがいいです。

占い師選びをするときに、本当に能力のある占い師を選ぶことは大切です。

ただ、それ以上に占い師との相性もとても重要になります。

そのため、今相談している先生もいいですが、もっといい占い師との出会いもあるかもしれないので、デビューした先生にインスピレーションを感じたら、一度相談してみることをおすすめします。

③鑑定内容とちがったとき

鑑定内容がちがったときは、時に先生を変えながら次の行動・アプローチを知るために電話占いを利用することをおすすめします。

たとえば、

2週間後に彼から連絡がくる

と言われてから、2週間経過しても連絡がこない…

ということがよくあります。

こうなったときは、まず同じ先生に連絡してみることをおすすめします。

もしかしたら、その2週間の間に、相手に悪影響となるアプローチをあなた自身がして、本来2週間がくるはずのものが、運命が変わった恐れもあります。

一方で、占い師の実力がなくて外れている場合もあるので、その場合は先生を選び直す必要もあります。

そのため、占い師の言っていることが外れて、進展がない場合再度電話占いを利用するようにしましょう。

【こんな占い師はNG】
ダメな占い師・鑑定士の4つの特徴

電話占いを利用すると、どうしてもダメな占い師にあたってしまうこともあります。

もしかしたら、あなたが相談している占い師もこのダメな占い師に入っているかもしれません…。

そのときは、すぐに判断し、電話を切ることが大切です。

ただ、初心者の方は見分け方がわかないですよね。

そこで、ここでは、ダメな占い師の見分け方をご紹介します。

それは、以下の4つです。

鑑定時間を引き伸ばしてくる

当たり障りのないことを言ってくる

事実とは全く異なることを言ってくれる

やたらと脅してくる

では、それぞれのポイントについて、もう少し詳しくみてみましょう。

✓ 鑑定時間を引き伸ばしてくる

同じことを繰り返し言ってきたり、霊視やタロットカードなど占術を用いるときに必要な時間が異常に長かったりする場合は注意しましょう。

そのような占い師は、無理やり鑑定時間を引き伸ばしたり、無駄に時間を浪費したりする危険があります。

そのため、妙な違和感を覚えたり、やたらと時間を引き伸ばそうとしてきたりする占い師を選んでしまったらすぐに電話を切りましょう。

✓ 当たり障りのないことを言ってくる

誰にでも当てはまるようなことばかり言ってくる方にも要注意です。

そのような方はどの相談者に対してもテンプレート形式で鑑定している可能性が高いです。

このケースの場合、いくら長い時間鑑定をしてもらっても効果的なアドバイスをもらうことはできません。

✓ 事実とは全く異なることを言ってくれる

事実とはまったく異なることを言ってくる鑑定士はハズレです。

たとえば、自分の性格特定の相手の性格現在の状況などに対しての占い師のコメントが的外れな場合は、占い師としての能力が不足している可能性が高いです。

そのため、あまりにご自身の事実とかけ離れた鑑定をしてくる場合早めに電話を切るようにしましょう。

✓ やたらと脅してくる

電話占いをはじめ、占いでは悪い鑑定結果を伝えられることがあります。

相談者としては嫌な気持ちになると思いますが、これを受け入れる気持ちも必要です。

なので、

「悪い鑑定結果を言ってきた=ダメな占い師」

決めつけるのはよくありません。

ただ、悪い鑑定結果ばかりを押し付けて、脅してくる先生はNGです。

悪い結果を言われたときのポイント

「じゃあ、どうすればいいのか」

というアドバイスを伝えてくれる占い師かどうかです。

ただ脅してきたり、焦らせたりしてくる占い師は怪しいので早めに電話を切って、他の方にチェンジしましょう。

逆に、悪い結果に対して、それを改善したり、回避したりするためのアドバイスもしっかりくれる先生は信用できる先生が多いです。

そのため、「これからどうすればいいのか」を伝えてくれる鑑定士を選ぶようにしましょう。

さいごに

ここまで、電話占いの利用頻度についてお伝えしてきました。

電話占いのベストな回数は、その人の状況相談内容によって変わります。

そのため、ご自身の相談内容や状況、性格などに合わせて柔軟に考えるようにしましょう。

また、これを踏まえて、次に大切なのが「占い師選びです。

占い師の能力はもちろん、得意な相談分野占術ご自身との相性すべてマッチして、はじめて効果的で有意義な鑑定をしてもらうことができます。

そこで、以下のページで、失敗しない占い師の選び方をわかりやすく解説しているので、“当たる占い師”を選びたい方は必ずチェックしてみてくださいね!

【電話占いマニアが語る】「絶対当たる占い師」の選び方とポイント!電話占いを有効活用するためには"当たる占い師"を選ぶことが大切です。また、的中率の高い鑑定をしてもらうためには、ご自身と相性のいい占い師を選ぶことも大切です。ここでは、まちがえない"当たる"占い師の選び方とそのポイントをご紹介しています。...