スピリチュアル

【スピリチュアル】腰の痛みが意味するメッセージやサインとは?

「最近、腰痛がひどい…」

「腰が痛いのはスピリチュアル的にどういう意味?」

腰は、体をささえる大事な場所です。

例えば、腰に力が入らなければ、重い荷物を持つこともできませんよね。

つまり、腰は体を支えるのはもちろん、日常生活で力を発揮するためにも重要な部位と言えます。

また、腰は責任感が宿りやすく、我慢もたまりやすいという部位とも言われています。

そのため、もし突発的に腰が痛くなったり、腰痛が気になったりしたら、それは何かスピリチュアル的な意味やメッセージが込められている可能性があります。

そこで今回は、腰痛が意味するスピリチュアル的な意味について、わかりやすく解説していきます。

腰痛のスピリチュアル的な意味とは?

スピリチュアルの世界において、全身にはそれぞれ役割があるとされています。

例えば、頭は「魂やエネルギーなどスピリチュアルな面を司る場所」、足は「肉体などの現実面を司る場所」と言われています。

そして、腰を含めた胴体は、頭と足のちょうど真ん中に位置することもあって、「心や気持ちなどの感情面とつながった場所」とされています。

そのため、あなたの心や気持ちに負担がかかってくると、感情面を支える腰に負担がかかり、結果的に「腰痛」という形となって体に影響を与えるのです。

つまり、腰痛を感じるようになったら、それは「我慢」や「不満」、「怒り」が溜まっているというサインの可能性があります。

そのため、最近、プライベートや仕事において、我慢の限界が来ていたり、不満が溜まっていたり、すごく怒りを覚える出来事があった場合、それが原因で腰痛を引き起こしている可能性があります。

左右の盛り上がりの違いでわかる意味

腰痛の現任はさまざまですが、そのひとつとして、左右ののバランスが悪くなっていることが挙げられます。

また、実は、右と左のどちらが張っているか、盛り上がっているかによっても、あなたが我慢したり、不満に思っていたり、怒りを感じている内容が異なります。

そのため、左右別で、それぞれどんな違いがあるのか、もう少し詳しく解説していきます。

右側が張っている場合

腰の右側が張っている場合は、自分を責めたり、ダメ出ししている傾向があります。

例えば、

「仕事がうまくいかなくて焦っている」

「自分の言いたいことを相手にうまく伝えることができない」

「本当はこうしたいのに、自分のせいでできない」

というふうに、何かに対しての我慢や不満、怒りを「自分のせい」にしていることが多いです。

そのため、最近、

「私ってなんでこうなんだろう…」

「私って全然だめだな」

と感じている場合はそれが原因で右側の腰の張りや痛みが出てきている可能性があります。

左側が張っている場合

腰の左側が張っている場合、何かに対する”拒絶の気持ち”が強く働いている可能性があります。

例えば、

「やりたくない仕事ばかりやっている…」

「嫌いな人と一緒に仕事をしている…」

「恋人に対する不満や我慢が限界に達しそう…」

などの悩みを抱えていることが多いです。

そのため、最近嫌なことや望んでいない状況に陥ってしまっている方は、それに対する強い拒否感が原因となって腰痛が起きている可能性があります。

腰痛が辛いときの対処法は?

腰痛が辛いときや気になるときは、とにかくほぐして、温めること、そして、さすったりして流すことが大切です。

そして、そのときに、

「我慢してあげる必要ないんだよ」

「ひとりで抱え込む必要ないよ」

と声をかけながら行ってあげましょう。

また、エステや整骨院などに言って、マッサージをしてもらうのもおすすめです。

ただ、悩みの原因、つまり、あなたが我慢してたり、不満に感じていることを特定したり、怒りの原因を解決したりしなければ、腰痛に繰り返し苦しむことになります。

そのため、何が原因なのかも一度考えてみることが大切です。

腰痛で苦しむ方に多い悩みごとは?

次に腰痛が気になったり、苦しんだりしているしている方に見られやすい悩みをケース別でご紹介していきます。

先ほども解説したように、腰痛で悩むということは、何かに対して「我慢」や「不満」、「怒り」を感じていることが多いです。

実際、腰痛で悩む方は、次のようなお悩みを抱えていることが多いです。

①恋人に対して不満がある

②パートナーに不満や怒りが溜まっている

③職場の人間関で我慢していることがある

④今の仕事に対して不満が多い

⑤自分の人生に大きな不満を抱えている

では、①~⑤について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①恋人に対して不満がある

腰痛に悩んでいるあなたは、彼氏に対して、不満を抱えていませんか?

例えば、

・連絡の返信が遅い

・最近ぜんぜん会ってくれない

・「好き」って言ってくれない

・彼のほうから誘ってくれない

・他の異性と仲良くしているのが耐えられない

・この前、彼と大きな喧嘩をした

などのことです。

特に、お互い社会人だったり、遠距離恋愛だったりする場合、恋人に対して、不満が溜まったり、我慢したりすることが多くなりますよね…。

そのため、もし、今現在、恋人に対しては不満や怒りが溜まっていたり、我慢していることが多い場合、それが原因で腰痛が気になっているのかもしれません。

ですので、もし思い当たる節があれば、しっかりと話し合うことが必要です。

ただ、中には、

「話し合うことがこわい」

「彼の気持ちを直接聞くのがこわい」

という方もいらっしゃると思います。

そのような方は、実力のある占い師さんに、彼の今の本音やあなたへの気持ちを占ってもらうのもおすすめです。

②パートナーに不満や怒りが溜まっている

腰痛で苦しむ方は、よくパートナー、特に旦那さんに対して、不満や怒りを感じていることも多いです。

例えば、

・毎日家に帰ってくるのが遅い

・子育てに全然協力的じゃない

・家事を少しも手伝ってくれない

・高圧的な態度で接してくる

・人に言われないと何も動かない

などです。

このようなことに悩んでいる方は、パートナーに対して、かなり我慢していることもあって、不満や怒りが溜まっていることが多いです。

ですので、この場合もとにかく時間をとってお互いに話し合うことが大切です。

そして、そのときに、あなたが不満に思っていること・我慢していることをしっかりと相手に言葉で伝えることが大切です。

ただ、いろいろな事情があって、夫に直接言ったり、話したりすることができないという場合は、実力のある占い師さんに相談して、アドバイスを仰いでみるのも個人的にはおすすめです。

③職場の人間関係で我慢していることがある

腰痛に苦しんでいる方は、職場の人間関係で我慢していたり、不満が溜まっていることも多々あります。

どんな不満が溜まっているかは人それぞれですが、たいてい次のようなことが多く見られます。

・上司に不満がある

(例:意地悪してくる、皮肉を言ってくる、高圧的な態度を取ってくる、など)

・同僚や他の社員とうまくいっていない

(例:変な仲間意識がめんどくさい、陰口を叩かれる、など)

・やる気のない他の社員や後輩にイライラする

・お客さんの偉そうな態度やクレームに我慢している

このように、職場での人間関係は複雑で、さまざまなストレスがあります。

また、時に複数の人間関係に悩んでしまうことも…。

そのため、本当は言いたいことがあるのに、立場的に相手に言うことができず、自分のなかに溜め込んでいる方も多いのではないでしょうか。

そして、それを溜め込んでしまって、その結果、腰の痛みという形であなたの体に現れてしまっていると考えられます。

ただ、職場での人間関係は、なかなか解決が難しいですよね。

簡単に仕事をやめることはできませんし、かといって、立場的に相手に直接意見を言うことも難しいと思います。

そのような方は、実力のある占い師の先生に相談して、アドバイスを受けてみるのも個人的にはおすすめです。

④今の仕事に対して不満が多い

今の仕事に対して不満を抱えている方も、腰痛に苦しんでいることが多いです。

特に、毎日つまらないと感じる仕事をやらされている方、他にやりたいことがあるけど、仕事が忙しくてできていない方などはそれが原因となっている可能性もあります。

そのため、もし、今自分がやっている仕事に対して不満を感じていたり、我慢していることが多い場合、転職などのサインの可能性もあります。

ですが、仕事はすぐに辞められるわけではありませんし、やめるにしてもその時期やタイミングなどを考える必要があります。

ですので、もし今の仕事に漠然とした不安を感じていたり、転職を考えたりしている場合は、実力のある占い師の先生に相談して、アドバイスを受けてみるのも個人的にはおすすめです。

【電話占い】仕事の悩みや転職、適職に効果的な占術と厳選占い師5選今の仕事を続けたほうが良いのか、それとも転職したほうがいいのかなどを知るには、それに合った占術を用いることができる優秀な先生にお願いする必要があります。そこで今の仕事について悩んでいる方や転職を考えている方は必ずチェックしてみてくださいね!...

⑤自分の人生に大きな不満を抱えている

腰痛に苦しんでいる方は、漠然と今のご自身の人生に不満を感じていることも多いです。

例えば、

「何のために仕事をしているかわからない…」

「何のために生きているのかわからない…」

「毎日が全然楽しくない、つまらない」

というようなことを感じている場合、それが原因の可能性があります。

「何のために生きているのか」は、よく哲学でも取り上げられるテーマです。

人生は、この答えを探す「旅」と言っても過言ではありません。

ただ、このようなことを考えてしまう場合、毎日自分がやりたくないことをやっていたり、自分が好きなことをしばらくやっていなかったり、友達と会っていなかったりすることが多いです。

そのため、まずは、あまり深く考えすぎずに、自分が楽しい、やりたいと感じることを気楽に始めてみるようにしましょう。

また、今のタイミングで腰痛を感じるようになったということは、何らかのサインの可能性もあります。

そのため、占いが好きな方は、実力のある占い師さんに、今後の人生の流れなどについて占ってみてもらうのも、気分転換になりますし、思わぬ発見が得られるかもしれないため、個人的にはおすすめです。

さいごに

今回は、今回は、腰痛が意味するスピリチュアル的な意味について、解説してきました。

腰痛には、何かに対して不満が溜まっていたり、我慢していたり、怒りを感じているサインです。

そのため、外からのアプローチでほぐしてあげることも大切ですが、内面から改善するためには、腰痛の原因の種をしっかりと見つけて、解決していくことも大切です。

腰痛で悩んでいる方は、ぜひ今回解説したことを参考にしていただけると幸いです。