出会い

【もう限界!】コロナで出会いがない人にオススメの出会い方!

「コロナで出会いがない…」

「コロナ禍で出会うにはどうしたらいいの?」

ここ数年、コロナの感染が広がってから、出会いがなくて悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

また、緊急事態宣言などの影響で自粛要請され、飲みに行くことが少なくなったせいもあって、一人暮らししている方などは「孤独」を感じることも増えたと思います。

加えて、コロナになってから将来のことに対して不安を感じて、恋活・婚活に積極的に取り組み始めた方々も多くいらっしゃいます。

そのような状況を踏まえると、コロナ禍でもなんとかして出会う方法はないか考えてしまいますよね。

ただ、友人や知人の紹介、合コンなどは、このご時世ではなかなか難しいですよね。

そこで今回は、コロナで出会いがない方におすすめの出会い方をご紹介していきます。

そのため、コロナ禍で出会いを探したいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

王道はやはり「マッチングアプリ」

ほとんどの方が思い浮かんでいると思いますが、コロナ禍での出会いの王道は、やはり「マッチングアプリ」です。

マッチングアプリに抵抗がある方は一定数いらっしゃると思いますが、以前より身近になっているのも確かです。

実際、コロナ前とコロナ禍の恋活・婚活と経済状況の関係について調べてみたレポートによれば、「マッチングアプリ」(25.9%→29.6%)や「SNS」(11.1%→14.8%)など、対面しなくても交流できる手段は利用率が上昇していることがわかっています。

その一方で、「街コン」は8.4%から7.9%、「職場関係者との親睦・交流」は8.4%から6.8%、「職場関係者からの紹介」は3.9%から3.2%というふうに、従来のオフラインでの出会いの割合は減ってきています。

これは、コロナの影響を踏まえれば、ごく自然なことです。

加えて、マッチングアプリでの出会いが増えていることからも、利用者も以前より増えていると思われます。

そのため、以前は「マッチングアプリの出会いはちょっと…」と抵抗があった方も、コロナ禍の「寂しさ」や「孤独感」に耐えられず、利用し始めている方が増えているでしょう。

ちなみに、アプリといってもその種類はさまざまです。

フランクな出会いを目的としたものもあれば、高年収の方とマッチできるアプリやパパ活用のアプリ、婚活を軸としたアプリなど、その種類は多様多種です。

ですので、「よく広告でみるから」という理由だけではなく、ご自身の利用目的に応じて選ぶことも大切です。

また、マッチングアプリでの出会いがコロナ禍においてオススメな理由は、次の3つです。

①自宅にいながら出会いを探せる

②メッセージや電話、ビデオ通話が可能

③女性は無料で利用可能なアプリが多い

では、①~③のそれぞれのポイントについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

①自宅にいながら出会いを探せる

1つ目のポイントは、自宅にいながら出会いを探せることです。

マッチングアプリのプロフィールは、主に次の要素から構成されていることが多いです。

・名前(仮名)、年齢、基本情報(※)

※身長や体型、血液型

・プロフィール写真

・自己紹介文

・趣味(カードやタグで表示)

・その他の詳細

例)年収、喫煙者/非喫煙者、子どもの有無、一人暮らし/実家暮らし、など

このように、直接知り合う前に、その人を判断するための基本的な情報はプロフィール欄に記載されていることが多いです。

そのため、基本的にスマホ一台あれば、自宅でもカフェでも良い人がいないか探すことができます。

さらに、「絞り込み機能」を使えば、身長や職業、年収など自分が求める条件を絞って、その中から探すことができます。

そのため、なるべく手間なく、効率的に探したい方にはおすすめです。

プロフィール情報に関しては、100%信じすぎないことも大切です。

例えば、まったく別人のプロフィール写真を使っていたり、身長や年収などをごまかしている方も一定数いらっしゃいます。

そのため、プロフィールは相手を判断する情報のひとつですが、それだけで判断せず、メッセージや電話、ビデオ通話などを必要に応じて行うことをおすすめします。

②メッセージや電話、ビデオ通話が可能

2つ目は、スマホでメッセージや電話、ビデオ通話が可能な点です。

マッチングアプリでは、お互い気になって、マッチが成立したらメッセージや電話、ビデオ通話が可能です。

そのため、「いきなり対面で話すのがちょっと…」という方でも安心して利用できます。

また、前もってメッセージや電話、ビデオ通話で話すことで、相手の雰囲気や人柄、マッチングアプリの利用目的などがわかります。

例えば、マッチングして一言目のメッセージが、ご飯を誘う内容だったり、自宅に誘われたりしたら、相手はほとんどの確率で遊び目的だと言えるでしょう。

ちなみに、このような遊び目的の男性も、プロフィール欄は真面目に書いてあることが多いです。

なので、①でもお伝えしたように、プロフィールを100%鵜呑みにするのは危険なのです。

そのため、会う前にある程度メッセージしたり、電話やビデオ通話をして仲を深めてから会ったり、食事をしたりすることをおすすめします。

最初から自宅やホテルに誘ってくる方は、体目的である場合が多いので注意しましょう。

加えて、最初からドライブなどに誘ってくる男性も、そのような目的である可能性が高いです。

それに、初対面でいきなりドライブはとてもリスクのある行為なので、安易に承諾しないことをおすすめします。

また、中には「独身」と書いておきながら、奥さんがいる既婚者の方も紛れ込んでいる可能性があります。

特に年齢層が高めの男性に多いです。

そのため、ケースとしては少ないですが、そういったリスクがあることも覚えておきましょう。

もし、絶対にそのようなリスクを避けたいのであれば、独身証明書などの提出を義務付けているアプリを選ぶことをおすすめします。

③女性は無料で利用可能なアプリが多い

3つ目は、女性が無料で利用できるアプリが多いことです。

マッチングアプリの多くは、男性ユーザーが多いため、女性は無料で利用できるものが多いです。

そのため、コロナ禍であまりお金に余裕がないという方でも問題なく利用できます。

ちなみに、結婚相談所などは、登録する際は、初期費用(登録料など)5〜10万円や月会費1〜2万円などかかるところが多いです。

もちろん、結婚相談所のほうがアプリより、結婚や婚活を目的としている方が多いため、「なるべく早く結婚したい」「結婚以外の目的の人とマッチしたくない」という人にはよいかもしれません。

ですが、お金の面だけで考えれば、軍配が上がるのはマッチングアプリでしょう。

ちなみに、男性の方でも月額4,000円程度~利用できるため、決して高額というわけではありません。

そのため、コスパよく良い出会いを探している方にはピッタリです。

マッチングアプリは、女性は無料、男性もリーズナブルな価格で利用できるため、真面目に出会いを探している質の高い男性もいれば、体目的のような質の悪い方もいらっしゃいます。

また、結婚相談所と違って、独身証明書の提出を義務付けているサービスは少ないです。

そのため、遊び目的の男性がいない場で恋活や婚活をしたいという方は、結婚相談所や婚活を軸としたアプリの利用をおすすめします。

ただ、もちろん、アプリの中でもまとも方は男女ともにいらっしゃるので、プロフィールをチェックしたり、会う前にメッセージや通話をして見極められる自信があるのであれば、アプリはオススメです。

コロナ禍におけるマッチングアプリ以外の出会い方

ここまでマッチングアプリでの出会いがコロナ禍でオススメな理由について解説してきました。

ですが、中には、

「どうしてもマッチングアプリは嫌だ…」

という方もいらっしゃると思います。

そのような方は、コロナ禍において次のような出会いがおすすめです。

①SNSでの出会い

②オンライン合コン

③友人や家族の紹介

では、①~③について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①SNSでの出会い

1つ目は、「SNS」での出会いです。

最近、若い男女の間では、マッチングアプリではなく、「インスタグラム」や「TikTOk」などを通しての出会いが増えているようです。

インスタグラムやTikTokは、プライベートの写真などが載っているため、お互いのことを知りやすいのがメリットです。

また、SNSであれば、会う前にDMでやりとりできたり、LINE交換をすることもできます・。

そのため、もしインスタグラムの利用頻度が高いのであれば、そのようなSNSを通した出会いも一つの方法です。

ただ、インスタグラムでの出会いはリスクもあります。

例えば、相互フォローの状態になれば、自分の写真は相手にすべて見られてしまいますし、スクショなどを撮られるリスクもあります。

また、何かしらの出来事がきっかけで二人の関係が悪化したら、それを他のSNS上で晒されるリスクもあります。

そのため、SNSなどでの出会いをする際は、このようなリスクを踏まえて慎重に行うことをおすすめします。

②オンライン合コン

2つ目は、オンライン合コンです。

コロナが広がってから、一時期「ZOOM飲み」が流行りましたよね。

オンライン合コンは、そのZOOMを使った合コンのことを言います。

そのため、

「楽しく飲みながら異性と知り合いたい」

「大人数でのコミュニケーションが得意」

という方にはオススメの出会い方のひとつでしょう。

一方で、画面を通して大人数で飲んだり、話したりするのが苦手な方だったり、なるべく1対1の状況で出会いたいという方は、他の出会い方を選ぶのがよいでしょう。

また、合コンは真面目な出会いというより、フランクな出会いの場のひとつです。

もちろん、真面目な出会いを求めている方もいらっしゃいますが、割合で言えば少ないでしょう。

また、合コンに参加する方の中には、「合コンが趣味」という男女もいらっしゃいます。

そのため、きちんした人と出会いたいのであれば、他の出会い方を探るのがベターかもしれません。

③友人や家族の紹介

3つ目は、友人や家族の紹介です。

先程ご紹介した調査によれば、「友達・知人からの紹介」(14.8%→25.9%)や「家族・親族からの紹介」(7.4%→11.1%)は増加していることがわかります。

つまり、コロナ禍という制限のある環境下たからこそ、友達・知人、家族・親族などのより信頼できる相手からの紹介によって恋活・婚活しようとしている人が多いと考えられます。

たしかに、信頼している人から紹介された異性であれば、マッチングアプリなどで全く知らない人と出会うより安心できます。

つまり、ある種の「担保」があると言えます。

そのため、もし知人や友人から紹介してもらえるのであれば、おすすめです。

ただ、

・紹介してくれる友達や知人がいない

・「紹介してほしい」と頼むみづらい

・好みの人を紹介してもらえるとは限らない

などのデメリットもあります。

加えて、中途半端な関係で終わってしまうと、紹介してくれた友人や知人との関係が悪化してしまう可能性もあるため、注意しましょう。

これらの点も踏まえた上で、もし、紹介してくれる友人や知人がいるのであれば、思い切ってお願いしてみるのもよいでしょう。

また、家族や親族からそのような声がかかったときも、思い切ってお相手の人と会ってみることをおすすめします。

さいごに

今回は、コロナで出会いがない方におすすめの出会い方について詳しく解説してきました。

コロナ禍で孤独や寂しさを感じたり、将来に不安を感じているからこそ、恋活や婚活をする方は増えているように思えます。

また、コロナのせいで会えなくて別れてしまって、その心を癒やすために利用している方もいらっしゃるでしょう。

このような側面を踏まえると、コロナは人々の恋愛に対する意欲を掻き立てているとも考えられます。

そのため、もしコロナ禍で出会いがないと悩んでいるのであれば、今回ご紹介した中から気になるものを選んでみてくださいね!

ちなみに、コロナ禍に関係なく、他の出会い方も幅広く知りたいという方は、以下の記事でより詳しく解説しているため、気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね。

【出会いがない人の出会い方11選】出会いがないと悩んでいる人必見!恋人がほしかったり、結婚したいと思っているけど、出会い方がわからないと悩んでいる方は意外と多いです。ただ、出会いは、日常のどこかしらに転がっているものでもあります。そこで今回は、出会いがない人の出会い方について、わかりやすく解説していきます。...