復縁・復活愛

復縁する気がない元彼のサインや特徴と確実な対処法を解説!

「復縁したい元彼に脈があるか知りたい…」

「元彼と復縁したいけど、あっちはその気がないのかな…」

元彼との復縁を目指して、日々アプローチしていると、自分のことをどう思っているのか、このままで復縁はできるのか不安になるときがありますよね。

実際、こちらがアプローチしても、相手の態度がそっけなかったり、返信がなかったりすと、「復縁する気がないんじゃないか…」と思う方々も多いと思います。

たしかに、自分勝手なアプローチばかり続けていたら、彼の気持ちをどんどん遠ざけてしまって、復縁することができなくなるケースもあります。

ですが、逆に彼の気持ちを考えて、タイミングよくアプローチできれば、どんな状況でも復縁できる可能性はゼロではありません。

ただ、そのためには、今現在、元彼に今現在復縁する気があるのかについて判断する必要があります。

そこで今回は、復縁する気がない元彼のサインや特徴、その対処法について、男性心理や経験談などを踏まえて解説していきます。

復縁する気がない元彼の5つのサイン

では、さっそく本題に入っていきましょう。

復縁する気がない場合の元彼の代表的なサインとしては次の5つです。

①連絡しても既読・未読無視 or ブロック

②態度がそっけない・冷たい

③会いたいと言っても断られる

④復縁の可能性を否定してくる

⑤会う約束をしてもドタキャンされる

このようなサインが多く見られれば見られるほど、現時点で元彼は復縁に対して否定的であることが多いです。

では、それぞれのサインにどんな意味や意図が込められているかについて、詳しく解説していきます。

①連絡しても既読・未読無視 or ブロック

元彼に復縁する気がない場合、連絡しても、既読・未読スルーされることが多いです。

また、返信がないからといって、続けてメッセージを送る”追いLINE”をしてしまうと、最悪の場合、ブロックされることもあります。

LINEをしても返信がないのにはさまざまな理由が考えられますが、一向に相手から返信がない場合、あなたとの連絡を拒否しているというサインです。

特に、別れて直後の場合や、浮気など相手を裏切るような別れ方をした場合にこのような脈なしサインが見られやすいです。

また、返信が返ってこないのは、あなたが送っているメッセージに原因があることもあります。

いずれにせよ、相手から返信が全然ない場合、そこで”追いLINE”しても悪い方向に進むだけなので、1〜2ヶ月程度冷却期間をおいて様子を見てみることをおすすめします。

そして、冷却期間をしばらくおいた後に、もう一度連絡をしてみるようにしましょう。

このような既読スルーをされたときの対処法に関しては、以下の記事でより詳しく解説しているので、気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね!

【元カレが既読無視するのはなんで?】既読無視から元彼と復縁するコツ!元カレからLINEが無視されるとそれだけでショックで、復縁は絶望的だと思ってしまいますよね。そこで今回は「元彼のLINEを既読無視を解決する方法」について見ていきます。今現在元カレとLINEができていない方は、チェックしてみてくださいね!...

②態度がそっけない・冷たい

元彼に復縁する気がない場合、あなたへの態度がそっけなかったり、冷たかったりすることが多いです。

例えば、LINEをしても、「そうなんだ」「うん」というふうに短文のそっけない返信しか返ってこなかったり、少しやりとりしたら「じゃーね」という感じですぐに切られたりすることが多いです。

また、学校や会社ですれ違うときに目をあえて合わせなかったり、話しかけてもすぐに会話をやめて逃げるように去って行ったりすることもあります。

このよう、明らかに元彼の態度があなたにだけそっけなかったり、冷たかったりする場合は復縁に対して否定的であることが多いです。

ちなみに、元カノにそっけなくしたり、冷たくしたりする元彼の心理としては次のようなことが挙げられます。

・話したくない、関わりたくない

・気まずくてどうしたらいいかわからない

・変な期待をさせたくない

・縁を切りたい

・新しい彼女に心配をかけたり、誤解させたくない

また、元彼が明らかに距離をおこうとしているのに、しつこく話しかけたり、連絡したりすると、もっと拒絶されて、復縁の可能性をゼロにしてしまう危険もあります。

そのため、元彼のようすをみて、そっけなかったり、冷たかったりするときは距離をおいて、冷却期間を数ヶ月取るようにしましょう。

まちがっても、相手に執拗に迫ったり、ストーカーまがいの行為をするのはNGです。

③会いたいと言っても断られる

別れてから、もう一度ちゃんと話し合いたいと思って、元彼に「会いたい」と言っても頑なに断れる場合は、現時点では復縁する気はないというサインです。

男女関係なく、振られた側が「もう一回会って話がしたい」というメッセージを送ることが多いです。

というのも、「話し合えば、まだ間に合う」とかすかな希望を抱いていたり、頭のなかでし整理がついていなかったりすることが多いからです。

でも、振った側は自分なりに考えて決断した結果なので、「もう会って話すことはない」というスタンスを取ることが多いです。

そのため、もしあなたが「もう一度会いたい」と伝えても、相手がきっぱり断ってきた場合、現時点では復縁に対して否定的であるということです。

ただ、喧嘩別れした場合や勢いで別れてしまった場合は、もう一度話し合って、スムーズに復縁するということもあります。

また、この場合であれば、あなたが会いたいと行ったときに、相手も応じてくれます。

ですので、相手に会いたいという旨を伝えても、きっぱり断られたら一度冷却期間をおくことが必要です。

④復縁の可能性を否定してくる

アプローチしていくなかで、元彼への気持ちが抑えられなくて、

「ヨリを戻したい」

「もう一度付き合える可能性はある?」

というふうについつい復縁の意思があるか聞いてしまうことがありますよね。

そのようなときに、元彼が

「復縁する気はない」

「もう戻ることはない」

と返答してきた場合、その時点では復縁する気はないということになります。

ただ、だからといって、今後一切復縁できないというわけではありません。

人の気持ちは移り変わるものなので、もし1回や2回断られたとしても諦める必要はありません。

(むしろ、復縁を目指す方は、1回目の復縁で振られることが多いです。)

ただ、断られたら、しばらくは何もしないほうがいいです。

そこで、もしすがるように連絡をしてしまったり、アポなしで彼に会いに行ったりすると、引かれたり、着信拒否されたりする危険があるため、絶対にやめるようにしましょう。

この場合も、まずは数ヶ月冷却期間をおいて、様子をみる必要があります。

⑤会う約束をしてもドタキャンされる

復縁のアプローチをしていくなかで、元彼に会う約束を取り付けられても、結局なんらかの理由でドタキャンされるという方も多いと思います。

これも脈なしサインのひとつで、現時点では「復縁する気はない」という気持ちの表れでもあります。

ドタキャンするのは、会う直前になって、

「やっぱり気まずい…」

「何を話せばいいかわからない…」

「うまく話せる自信がない…」

というような心理が原因の場合もありますが、単純に元彼のなかであなたとの約束の優先順位が低くなっているケースも多いです。

そのため、約束はしてもドタキャンされることが多い場合は、現時点では「脈なし」ということになります。

ただ、この場合、元彼と連絡は取れていますし、完全にあなたのことを拒絶しているわけではないので、復縁の可能性は大いにあります。

そのため、タイミングを見計って誘えば、スムーズに会うことができることも多いです。

この”復縁しやすいタイミング”については、以下の記事でより詳しく解説しているため、こちらもあわせて読んでみてくださいね!

元彼と復縁しやすいタイミングは?経験者が男性心理を踏まえて解説!復縁で一番大切なのはタイミングです。タイミングがよければ元彼と復縁することができますし、逆にタイミングが悪ければ復縁はできません。そこで今回は、元彼と復縁しやすいおすすめのタイミングについて、恋愛心理学や経験者のお話も踏まえて解説していきます。...

脈なしでも絶対にやってはいけないこと

ここまで、復縁する気がない元彼のサインについて解説してきました。

もしかしたら、ここまで読んでいく中で、「元彼は今のところ復縁する気がないのか…」と落胆されている方もいらっしゃるかもしれません。

脈なしとわかるとすごく辛いですよね。

また、辛いとき、私たち人間は、感情だけで行動を起こしてしまうことが多いです。

加えて、このような感情任せの行動は状況を悪化させるだけです。

これは復縁にも当てはまります。

復縁の可能性が限りなく低いと、ついつい感情任せでよくない行動を起こしてしまう女性は多いです。

そこで、そのようなNGな行動をしてしまわないよう、ここでは、元彼に復縁する気がなくても絶対にやってはいけないことについてご紹介します。

それは主に次の3つです。

①追いLINEをする

②電話したり、SNSのDMでメッセージを送る

③元彼の家や最寄駅、バイト先に押しかける

実は、復縁したいという気持ちを抑えられなくなると、これらのNG行動をしてしまう女性は意外と多いです。

ただ、これらの行動をしてしまうと、元彼と復縁できる可能性がガクンと下がります。

そのため、絶対にやめるようにしましょう。

では、①〜③について、どうしてNGなのかもう少し詳しく説明していきます。

①追いLINEをする

元彼から返信がないと、ついついメッセージを返してほしくて”追いLINE”してしまう方が多いです。

ただ、このように元彼から返信が来ないからといって、しつこくメッセージを送ると、最悪の場合、ブロックされることになります。

そのため、メッセージを送って既読無視されたら、最低1~2ヶ月は期間をあけるようにしましょう。

また、相手の態度に不満を感じて、 「なんで返信してくれないの?」 「冷たすぎない?」 などというようなメッセージを送ることもNGです。

②電話したり、SNSのDMでメッセージを送る

相手から返信がないからといって、電話したり、SNSのDM機能を利用するのもNGです。

LINEなどの身近なツールで返信がない場合、「今はあなたと連絡を取りたくない」というメッセージでもあります。

それを無視して、電話やSNSのDMを使って連絡を取ろうとすると、LINEだけでなく、着信拒否されたり、インスタなどのSNSまでブロックされたりすることがあります。

こうなると、元彼との連絡手段がほぼゼロになるため、今後アプローチをしていく上で難しくなります。

そのため、脈なしだとわかっても、このような行為は絶対にやめましょう。

また、現時点ですでにしつこく電話したり、メッセージを送ったりしてブロックされているという方は、まずはそれを解除してもらう必要があるため、以下の記事も必ずチェックしてくださいね。

【占いなら解除率90%!】LINEブロックを解除できる占い師を徹底調査!LINEのブロックを解除する方法は、一般的に共通の友人に協力してもらったり、一定期間あけるなどがあります。ただ、これらの方法でブロックを解除してもらえるケースは少ないです。そこで、今回はLINEのブロック解除の実績がある占い師をご紹介します。...

③元彼の家や最寄駅、バイト先に押しかける

元彼が会ってくれなかったり、返信してくれないからといって、元彼の家や最寄駅、バイト先に押しかけるのは最もNGな行為です。

元彼とのアポなしでこのような行為をしてしまったら、復縁できる可能性はほぼゼロになります。

また、このような行為は、相手に迷惑をかけるだけでなく、「重い」と感じさせたり、一種の「恐怖」を感じさせたりしてしまう行為でもあります。

そのため、絶対にやってはいけません。

相手とつながれない悲しみは計り知れないことはよくわかります。

ただ、元彼の自宅や最寄りなどに押しかけてしまうとその時点で絶望的になるので注意しましょう。

そのため、一時期の感情でまちがった行為をしないよう気をつけてください。

脈なしサインがみられたら時間をあけること!

もし、今回解説したように脈なしサインが元彼に多く見られる場合は、しばらく時間をあけるようにしましょう。

最低でも1〜2ヶ月はあけることをおすすめします。

というのも、今回解説してきた脈なしサインが見られた場合、現時点で元彼に復縁する意思はない可能性が高いです。

そのため、焦ってアプローチしても、状況が悪化するだけで良い事はありません。

ですので、時間をおくことが大切です。

ちなみに、これを「冷却期間」と言います。

この冷却期間は、さまざまな役割がありますが、そのなかでも特に、

・お互いの気持を整理する

・傷ついた心を癒やす

・付き合っていたときの思い出を美化するようになる

などのメリットもあります。

そのため、脈なしだとわかった場合、まずは冷却期間をおいてください。

また、復縁は”タイミング”がすごく大切です。

そのため、いつアプローチするか見極めることも大切です。

この”復縁しやすいタイミング”に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、あわせてチェックしてみてくださいね!

元彼と復縁しやすいタイミングは?経験者が男性心理を踏まえて解説!復縁で一番大切なのはタイミングです。タイミングがよければ元彼と復縁することができますし、逆にタイミングが悪ければ復縁はできません。そこで今回は、元彼と復縁しやすいおすすめのタイミングについて、恋愛心理学や経験者のお話も踏まえて解説していきます。...

さいごに

今回は、復縁する気がない元彼のサインや特徴やその対処法ついて、男性心理や経験談などを踏まえて解説してきました。

脈なしサインが見られても復縁は諦める必要はありません。

ですが、焦ってアプローチしても状況を悪化させるだけです。

そのため、今回解説したことを参考に、まずは冷却期間をおいて、アプローチするタイミングを見極めるようにしてくださいね!

ちなみに、こちらの記事では、元彼との復縁を成功させた方に寄稿してもらった

「【復縁体験談】LINEをブロックされ、新しい彼女までできた元カレと復縁するまでのお話」

を掲載しています。

読んでいただければわかりますが、復縁を目指したきっかけや、当時のリアルな気持ち、復縁するまでに行ったアプローチなどが事細かく書かれています。

そのため、復縁を目指している方や迷っている方は、是非あわせて読んでみてくださいね。