悩み別

【手紙は重い!?】復縁における手紙の効果やリスク、ポイントを解説!

今回は、

「別れた元彼に手紙を出そうかな…」

「でも、どんなこと書いたらいんだろう…」

「そもそも手紙って迷惑だったりしないかな…」

という方に復縁においての手紙のメリットやデメリット、また例文をご紹介します。

ズバリ、復縁において、手紙は有効でない場合が多いです。

基本的に手紙で復縁を迫ったからといって相手に特別な気持ちが伝わるとはかぎりません。

一番相手の気持ちに響くのは直接伝えることです。

「元恋人に面と向かって気持ちを伝えられる勇気がない」といって手紙で自分の気持ちを伝えようとする人が多いです。

そのお気持ちは十分にわかります。

たしかに、言葉で伝えるときに泣いてしまったり、黙ったりしてしまうのであれば手紙のほうが良い場合があるかもしれません。

ただ、基本的には自分の言葉で面と向かって相手に伝えるのが一番気持ちが伝わります。

そのため、基本的に復縁を目指す上で手紙が有効に働くケースは少ないです。

ただ、正しく使えば、復縁の可能性はグンと上がるケースもあります。

そこで、今回は、復縁を目指している方の手紙の正しい活用方法についてご紹介します。

元彼に復縁するために、「手紙」を活用したいと考えている方は、ぜひここでご紹介するポイントを気をつけて、書いてみてくださいね。

【手紙を送るときのリスク】
手紙は「重い」と思われる危険がある

手紙を用いて復縁を目指す人は、男性ではなく、女性に多いです。

手紙を受け取ったときの印象は人それぞれです。

しかし、LINEやSNSが発達した今の時代、手紙で復縁したいという気持ちを伝えると、相手に「なんでわざわざ手紙なの?」と思われる可能性が高いです。

また、実際に手紙を書いて渡そうという方にその内容を尋ねると、相手をベタ褒めした、いわゆる「重い」内容を含んでいることが多いです。

そのほとんどの方の内容は、相手からしたら「そんなこと言われても…。」と困ってしまう内容になっています。

自分が書いた文章は、自分だけが見ると良く見えてしまいます。

しかし、相手からしたら、ただ返事に困る迷惑な手紙と捉えられる危険もあります。

手紙というのはそれだけで相手に重さを感じさせるリスクがある上に、さらにその内容によっては相手をもっと遠のかせてしまう危険もあるのです。

そのため、手紙を書きたいと思う人は慎重に書くことが大切です。

また、できれば信頼できる友達に見てもらう方がいいでしょう。

しかし、友達に見せるのが恥ずかしいと感じる人は、私のように復縁経験があり、顔も知らない人に見てもらうと良いと思います。

それくらい手紙にはリスクが伴うということです。

また、手紙にはもう一つ大きなハードルがあります。

それは「手紙を渡すために相手に会うこと」です。

わざわざ相手の住所宛に郵便サービスを利用して送るのは、相手に不快な思いをさせてしまう危険があります。

また、LINEなどで連絡を取り合うことが出来ている人はなおさら手紙にすると不自然に思われます。

復縁を目指す上で、相手と2人で会うことはなかなか難しいです。

「肉体関係などをもっていて定期的に会えている」などの場合は、その時点で復縁自体が難しくなっているため、手紙で伝えたところで相手には何も響かないことがほとんどです。

また、肉体関係などはないが頻繁に会えている人は、手紙などわざわざ書かず、どこかでけじめをつけて自分の気持ちを正直に話したほうが相手に効果があります。

遠距離などではなく、電車で1,2時間の距離であったり、会社が同じだったり、学校が同じだったりする場合は下手に手紙で伝えようとすると逆効果になることが多いです。

そのため、手紙を使うかどうかは慎重に判断することが必要です。

【手紙ってどんな場合に効果的?】
手紙が効果的にはたらく3つのケース

まずは手紙が効果的に働くケース」について、みていきます。

以下の3つのケースに当てはまる場合は、手紙が効果的に働く可能性が高いです。

①遠距離に元彼がいるケース

②ケンカした勢いで別れたケース

③相手を裏切ることをしたケース

では、それぞれのケースについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

①遠距離に元彼がいるケース

まずは、遠距離に元彼がいるケースです。

これは遠距離恋愛で別れてしまったカップルに多いケースです。

ただ、相手が仕事の転勤や引っ越しで、しばらく音沙汰がない場合でも、手紙は有効にはたらくことが多いです。

また、遠距離が原因で別れてしまったケースの方は、手紙はとても有効にはたらきます。

ずっと連絡をとっていなかったり、普段連絡を滅多にとらない関係であれば、さぞ、復縁の可能性を高めることになります。

その理由として、遠距離の場合は、元彼もあなたのことを懐かしく思ったり、不意に思い出したりすることが多いです。

また、別れてから年月が経っているほど、記憶は美化されるため、有利にはたらくことが多いです。

さらに、遠距離だと無意識に

「あいつに会いたいな…」

と思っても、なかなか連絡をしたり、会ったりできません。

でも、そんなときにあなたからの手紙が届いたら、

「久しぶりに連絡してみようかな」

という気持ちになる可能性も十分あります。

そのため、現在、元彼が遠方にいる場合は、ぜひ手紙をまずは出してみましょう。

②ケンカした勢いで別れたケース

ケンカ別れで終わってしまったケースでも、手紙は有効です。

ケンカ別れの場合は、お互い頭に血がのぼって、言い合ってしまうことがほとんどです。

「本当はこんなこと言うつもりなかったのに…」

なんて後悔してしまったこともあるのではないでしょうか?

私もたくさんあります。

そして、それは元彼のほうも同じです。

あなたに感謝の気持ちがあっても、男性はプライドが高く、なかなか自分から謝ったりすることができない方が多いですから、あなたに伝えられないでいることも多いです。

そのため、ケンカ別れで終わってしまった場合は、二人がもう一度ちゃんと話すための機会づくりのきっかけになることが多いです。

「伝えたいことがまだあったから、手紙にしました。」

と手紙をあなたから送ることで、相手も自分が言えなかったことや、伝えたかったことを言えるようになります。

そのため、ケンカ別れをしてしまったときは、手紙を送ってみるのも1つの復縁アプローチとして、成功する可能性が高いです。

③相手を裏切ることをしたケース

私が相談を受けていて、意外と多いのが

「自分から浮気をして、それがバレてふられてしまった」

というケースです。

このように、相手の信用を崩し、裏切ってしまう形で別れたパターンの場合、復縁できる可能性がとても低いです。

浮気とは、相手の信頼を裏切る行為です。

その分、元彼のほうも根に持っていることが多いです。

そのため、このケースの場合は、LINEの返信がこなかったり、ブロックされて連絡が抑取れない状態になっていたりするケースがほとんどです。

ただ、このケースの場合、ちゃんとした手紙を書くことができれば、復縁に有効にはたらく可能性があります。

なぜなら、手紙は自分の「誠意」を表すことができるからです。

よく、復縁において手紙がNGにされる理由があります。

それは、

「手紙=重い」

という印象を元彼に与えやすいからです。

でも、ウラをかえせば、手紙は自分の気持を正直に、誠意をもって伝えるツールになります。

そのため、今回のケースのように、相手の信用を裏切った場合には、手紙の「重さ」が相手には「あなたの誠意」となってうつる可能性が高いのです。

そのため、このようなケースで、手紙を活用するのは有効だと言えます。

【こんなケースは手紙NG!】
手紙が逆効果になる3つのケース

では、ここからは手紙が逆効果になってしまう以下の3つのケースについてお話ししていきます。

①元彼と会える環境にいるケース

②元彼に新しい恋人がいるケース

③友達の関係に戻れているケース

では、それぞれのケースについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

①元彼と会える環境にいるケース

元彼に会える環境にいる場合は、手紙は逆効果になる場合が多いです。

たとえば、職場が同じだったり、家が近かったりするケースです。

このような環境にあるにもかかわらず、手紙をわざわざ書くと、元彼は、

「なんでわざわざ手紙にするんだ?」

「ちょっと困っちゃうな、重いし…」

というように、あなたが期待する反応と真逆の反応を元彼がとる可能性があります。

そのため、普段会える環境にある場合は、わざわざ手紙にして相手に渡すのはやめるようにしましょう。

②元彼に新しい恋人がいるケース

元彼に新しい恋人がいるケースも、手紙はやめたほうがいいです。

なぜなら、元彼の気持ちはすでに新しい女性のほうへ向かっており、かつ、あなたの手紙は二人の関係を悪化させるリスクもあるからです。

男性は、他の女性に気持ちがあるときに元カノからアタックがきても、面倒になるだけです。

もちろん、やさしい男性であれば、表向きはやさしく振る舞っていますが、心の内は真逆のことであることが多いです。

また、相手に新しい恋人がいる状態で、手紙を送ってしまったら、その新しい恋人がそれを見つけて、二人の関係をより悪化させる可能性もあります。

「それで二人の関係が壊れれば…」

とあなたが考えるのは不自然ではありません。

ただ、冷静に考えてみてください。

あなたが元彼の立場だったら、新し恋人との関係を悪化させ、壊した元カノともう一度ヨリを戻したいと思いますか?

つまり、相手を別れさせることができても、それど同時に、あなたが元彼と復縁できる可能性をゼロにするリスクがあるのです。

そのため、相手に新しい彼女がいることがわかっている場合は、手紙を送るのはやめるようにしましょう。

③友達の関係に戻れているケース

別れてから友達のように普通に連絡をとったり、会える関係にあったりするのに、手紙で気持を伝えようとする方がいます。

これはNGケースです。

このケースの場合、「手紙=重い」となってしまいます。

また、LINEなどが普通にできる関係にあるのであれば、わざわざ手紙にする必要はありません。

それならば、LINEのメッセージや電話などで復縁アプローチをしていったほうが、復縁の可能性も高まります。

そのため、変に手紙にこだわらないようにしましょう。

【手紙を送るときは◯◯を確認すべき!】
手紙を送る前にチェックすべきポイント

手紙は有効にはたらくケースとそうでないケースをお伝えしてきました。

ここからは、手紙を送る前にチェックしてほしいポイントについて見ていきます。

手紙を送る前に以下の2つのポイントを必ず確認しましょう。

✓ 相手に現在新しい恋人がいるのか

✓ LINEがブロックされているかどうか

✓ 相手に現在新しい恋人がいるのか

「現在相手に新しい恋人がいるのかどうか」

ということに関しては、手紙を送る上で必ず確認してほしいことです。

そのため、しっかりと確認するようにしましょう。

共通の友人がいる場合は、その方に協力してもらって聞くのがおすすめです。

もし、そのような存在がいなければ、他の方法もあるので、相手に新しい恋人や気になっている人がいないかを確認できていない方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね!

【占いなら的中率95%】元カレに新しい彼女がいるかを確認する5つの方法元彼に新しい彼女がいるかどうかわからないと、なかなかアプローチができませんよね…。また、相手に新しい恋人がいるかを知っておくことは復縁を達成できるかに影響します。そこで、今回は元カレに新しい彼女がいるかを確実に確認する5つの方法をご紹介します。...

✓ LINEがブロックされているかどうか

2つ目は、LINEなどの連絡手段がブロックされている場合は、手紙が逆効果にはたらく可能性が高いです。

なぜなら、元彼があなたをブロックしているのは、多かれ少なかれ「拒絶」という気持ちがあるからです。

そのため、まずはしっかりとその点を理解しましょう。

ただ、相手からブロックされて、すでに半年以上経過している場合は手紙に頼るのもありです。

住所を知っていれば、郵送することは可能です。

「LINEでお返事がなかったので、さいごに伝えたいことだけ、手紙で伝えます」

というふうに切り出せば大丈夫です。

そのため、ブロックされて、明らかに半年以上経っている場合は、手紙を活用してみるのもありでしょう。

ただ、今後復縁のアプローチを効果的に勧めていく上で、LINEでの連絡は必須になります。

そのため、ブロックされている人は、解除してもらえるように行動する必要があります。

【手紙の意外なメリット!】
手紙は捨てられなければ物理的に残る

手紙のメリットは、捨てられない限り物理的に残るということです。

そして、人間は不思議な事に懐かしがって昔の写真や手紙を見返す習慣があります。

そのため、手紙という形で残すことであなたの手紙が読まれてあなたの記憶が再度相手の中に蘇る可能性があります。

そしてそれがきっかけで、あなたに連絡をする可能性もあります。
この点では、手紙はメリットがあります。

【手紙を送るタイミングは?】
冷却期間をおくことがまずは大切!

手紙を送るときには、そのタイミング・時期も大切です。

そして、そのためには冷却期間をおくことがまずは大切です。

冷却期間の目的は2つあります。

1.自分の悪い点を反省すること

2.あなたとの思い出を美化させること

人間は、過ぎた過去に対して、ある一定の期間が経つと美化する習性があります。

どんなにツライ経験があっても「あの経験があったから成長できたんだな」と感じるようになります。

あなたも、このように過去の嫌な出来事を振り返って美化することがあると思います。
恋愛も同じです。

時間が経つにつれ、「あれはあれでよかったなあ」「なんだかんだ楽しかったなあ」と感じるタイミンがあります。

このタイミングに合わせて手紙を届けることは有効的です。

この場合は、郵便サービスを利用して送って良いと思います。

しかし、別れてからしっかり期間をあけないと相手に迷惑がられる危険があります。

そのため、「手紙の内容」「送るタイミング」をしっかり見極める必要があります。

【どんな内容がいいの?】
手紙を書くときに意識すべきポイント

では、ここからは手紙の内容についてのお話をしていきます。

手紙が有効にはたらくケースでも、手紙の内容が悪ければ、逆効果になることはよくあります。

そのため、手紙を書くときは以下のポイントを意識しましょう。

✓ 手紙を送る目的をはっきりさせる

✓ 1ページにおさまる程度にまとめる

✓ 感謝:謝罪=8:2の比率

手紙を送る目的をはっきりさせる

あなたの感情があふれて、何枚も手紙に書いても、それはあなたの気持をただ相手に押し付けているだけにすぎず、相手には伝わりません。

そのため、あなたは今回、

「どうして元彼に手紙を書きたいのか」

それをはっきりさせることがまず必要です.

たとえば、手紙を送る目的は以下のようなものが考えられます。

・謝りたいのか
・好きという気持ちを伝えないのか
・会いたいのか
・相手が元気か知りたいのか

まずはその目的をはっきりさせてから手紙を書かないと、結局何を伝えたいのかわからないまま、ダラダラと書くことになります。

そのため、まずは目的をはっきりさせましょう。

✓ 1ページにおさまる程度にまとめる

まず、手紙は1ページにおさえましょう。

そのため、言いたいことをまずはぜんぶノートに書き出してみて、そのなかで、伝えたいことを3つ選びましょう。

そして、それを手紙にすれば、1ページにおさまります。

長すぎると、相手は重く感じたり、めんどくさく感じたりします。

その結果、復縁が余計に遠のくこともあります。

そのため、長文になりすぎていないかチェックしてみましょう。

感謝:謝罪=8:2の比率

手紙の内容の半分以上が「謝罪」という方が稀にいます。

たしかに、相手の信頼を裏切ってしまった場合は、それでも仕方ありません。

ただ、そうでない場合、謝罪ばっかりしていても、逆に相手の迷惑をかけるだけです。

そのため、手紙の目的を明らかにしたうえで、謝罪よりも、感謝を多く伝えるように心がけましょう。

そうすることで、手紙の内容自体は前向きなものになり、相手にも好印象を与えるきっかけになります。

【実際に復縁に成功!】

かつて、遠距離の元彼に手紙を出して、最終的に復縁できた方が私の友人いいます。

その方が、特別に当時のメールの内容を共有してくれたので、名前を伏せた状態でご紹介します。

その方は、遠距離の元彼と会うきっかけを作りたいという目的で手紙を書きました。

それが以下のものになります。

●●へ(彼の名前)

●●へ、久しぶり!
仕事の調子はどうかな?
相変わらず元気で、バリバリ働いていることでしょう!笑
別れてから、半年経って、お互い気持ちが落ち着いてきたと思って、手紙を出しました。
あのとき、お互い忙しくて、遠距離だったこともあって別れちゃったから、ずっと伝えたかったことを伝えようと思って、書きました。
今どき手紙なんて重いと思われるだろうから、気持ち悪かったら捨ててね!笑
●●と関係が悪かったとき、実は、私も会社入りたてで、本当に大変で嫌なことが多かったんだ。
会社に行っては、なかなか人癌関係がうまくいかなくて、上司の人もこわくて…。
毎朝鬱になりそうで、このまま働けるのかなって不安になることが多かったんだ。
悩みを話せる友達もいなくて、親も別々に暮らしているから、頼れるのが●●だけだった。
でも、●●も●●で新しいプロジェクトをがんばっているときで、踏ん張りどころだったよね。
ただ、唯一私が頼れたのが●●だけで、どうしても●●の前だと甘えたり、わがままいったりして迷惑かけていたよね…。
●●は自分の仕事をすごく熱心に楽しそうにやっていたのに、私が邪魔してごめん。
本当に申し訳なかったです。
でも、今は私も仕事を楽しく感じて、自分なりにやりがいを感じてるよ!
あのとき、●●が仕事に熱中していた気持ちが、ちょっとだけどわかって、少しずつ働く楽しさも感じ始めた!
ぜひ、この気持ちを直接●●に話したい!って感じるくらい。笑
今度、仕事の出張で、そっちに行くんだけど、予定が合ったら、ご飯でも食べれないかな?
忙しいと思うから無理しなくて大丈夫です!
もし、よかったら、電話してください!
電話が気まずかったら、LINEでメッセージちょうだい!
もうこれ以上関わりたくないなら、連絡はしなくて大丈夫です!
伝えられることは伝えた!
またね!
◯◯◯(差出人の名前)

手紙を書こうと考えている方の参考に必ずなるため、ぜひ読んでみてくださいね。

以上です。

この方は、以下の3つに絞って送りました。

・付き合っていたときの自分の過ち

・仕事にやりがいを感じられていること

・今度会えないかということ

このあと、彼からLINEでメッセージがあり、実際に食事にいき、そこから少しずつ会うようになり、復縁したとのことです。

そのため、遠距離の方は、ぜひ活用してみてくださいね!

【さいごに】
手紙の内容はプロの添削も大事!

ここまで、復縁における手紙のリスクや効果、内容を書く上でのポイントなどについて詳しく解説してきました。

また、手紙を書いた後は、それをプロに添削してもらうことを個人的にはおすすめします。

ここでの”プロ”とは復縁実績のある占い師や霊能者の方々のことです。

ですが、日常生活の忙しさと手紙の文面という性質を考えた場合、「メール占い」にて文面をそのまま送って、添削してもらうのが個人的にベストだと思います。

ただ、メール占いは選び方がとても大切です。

なぜなら、メール占いサービスのなかには、もともと用意してあるテンプレートを使いまわしているところも多いからです。

そこで、以下の記事で手紙の内容を添削してもらうのにおすすめの”信頼できるメール占いサービス”を詳しく解説しています。

そのため、復縁実績がある占い師に一度だけ手紙の内容を添削してもらいたい方や必ずチェックしてみてくださいね!

【無料&割引特典あり】本当に当たるメール占い人気ランキング7選!メール占いは、電話占いとちがって聞き漏らすことがなく、先生のアドバイスがをいつでも見返すことができるとともに通勤通学中に気軽にサクッとできます。そのため、恋愛相談をしたい方から仕事・人間関係でお悩みの方まで、ぜひチェックしてみてくださいね!...