復縁・復活愛

元カレへの誕生日メールは効果絶大!誕生日メールから復縁する秘訣。

今回は、

「元カレの誕生日を祝ってもいいのかどうか」

というテーマで解説していきたいと思います。

元カレと復縁したくても、

「連絡のタイミングがわからない」

「誕生日にお祝いメールを送っていもいいのか」

という悩みをもっている方は多いです。

結論からお伝えすると、基本的に 「元カレへの誕生日メールは送ってOK」 です。

ただ、送るタイミングやメッセージの内容などは注意する必要があります。

そのため、今回は元カレへの誕生日メールのポイントや復縁につなげるためのコツについて解説していきます。

誕生日はメールを自然に送れるタイミング

誕生日メールやLINEは、メッセージを「自然に送れる」数少ないタイミングのひとつです。

そのため、別れてから連絡を取り合っていなかったり、なかなか普段メッセージを送れなかったりする方にとっては絶好のタイミングです。

また、元カレさんも、誕生日に元彼からメッセージをもらうことをイヤがることは少ないです。

(もちろんメッセージの内容によりますが…)

また、相手の誕生日にこちらからメッセージを送ることで、自分の誕生日のときに相手からメッセージがくる可能性も高まります。

そのため、普段連絡が取り合えていなかったり、なかなか復縁アプローチがうまく言っていない方は、誕生日にメールやLINEを送るようにしましょう。

誕生日メールで気をつけたい3つの注意点

ここでは、誕生日メールやLINEなどを送るときに気をつけたい3つの注意点をお伝えしていきます。

3つの注意点は以下のとおりです。

□0:00ピッタリで送るのはNG

□無理に続けようとしない

□返信が来なくても催促しない

では、それぞれについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

0:00ピッタリで送るのはNG

元カレを喜ばせようとして、0:00ピッタリにメールやLINEを送る方が多くいます。

たしかに、あなたがまだ彼女という立場であれば、元カレは喜びます。

ただ、元カノとなってしまった今、日付が誕生日に変わった瞬間にメッセージを送ったら、逆効果になる可能性が高いです。

つまり、

「まだ未練があるのかな…」

「なんか彼女みたいなことしてくるな…」

と感じさせてしまうということです。

ちなみに、復縁を目指している方がやってしまいがちなことが、「相手に未練があることを感じさせてしまう」ということです。

でも、未練があることを元カレに感じさせると、重く感じたり、余計な負担を与えることになるのでよくありません。

0:00ピッタリに送ると、「あらかじめ誕生日メッセージを送る準備をしていた」と相手に感じさせてしまい、それがきっかけで、未練があることも相手に伝わってしまうのです。

そのため、0:00に送るのではなく、誕生日当日のお昼や夜くらいに送るようにしましょう。

無理に続けようとしない

誕生日メッセージを送ると、返信をしてくれる元カレが多いです。

また、そのとき、優しいメッセージや丁寧なメッセージを送ってくれる場合があります。

ただ、それに勘違いしてしまい、メッセージを長々と続けようとする女性が多いです。

久しぶりの連絡で、元カレとたくさんメッセージのやりとりをしたい気持ちはとてもわかります。

ただ、元カレのほうも誕生日メッセージに対して返信しているだけで、あなたと会話したいから返信したわけではないということをしっかりと理解する必要があります。

そのため、誕生日メッセージを送って、そのあと2,3通やりとりするのは大丈夫ですが、ダラダラ内容もないのに続けたり、毎日LINEできる関係になろうというような発想はもたないようにしましょう。

無理に続けると、相手にご自身の未練を感じさせたり、マイナスの印象を与える原因になります。

返信が来なくても催促しない

誕生日当日や前後は「予定の嵐」です。

つまり、元カレは誕生日当日は大忙しということです。

そのため、返信が来ないことは多々あります。

また、元カレが人気であれば有るほど、誕生日メールやメッセージも溢れています。

そうすると、あなたのメッセージが埋もれている可能性もあります。

そのため、返信が来なかったり、次の日に来たりなんてこともよくあります。

このとき大切なのが返信を催促したり、続けてメッセージを送ったりしないことです。

これをやると、相手にマイナスの印象が完全についてしまいます。

最悪の場合、返信が来ないこともあります。

でも、催促するのはぜったいにやめましょう。

誕生日メッセージを考えるときの5つのポイント

では、ここからは誕生日に送るメールやメッセージの内容について見ていきましょう。

正直、誕生日にメッセージを送って返信がこなかった場合は以下の理由のどちらかのケースがほとんどです。

①別れ方が最悪だった。

②メッセージの内容が最低だった。

ちなみに、1つ目のポイントについては、 「浮気で別れた」 「DVをして別れた」 などが挙げられます。

そして、返信がこないもう一つの要因は、 「メッセージの内容が最低だった。」 です。

誕生日メッセージでの返信率をグッと上げるには以下の5つのポイントを意識することが大切です。

①なるべく短文でまとめる

②未練は感じさせない

③重い内容を送らない

④彼女のような態度で送らない

⑤過去の話は恋愛話は持ち出さない

では、それぞれについてもう少し具体的に見ていきましょう。

①なるべく短文でまとめる

誕生日となると、とても長い文章でメッセージを送ってしまう方がいます。

ただ、それは相手に「重さ」や「未練」を感じさせてしまうことになるのでNGです。

そのため、メッセージ自体は短くなるように心がけましょう。

②未練は感じさせない

先にもお伝えしましたが、復縁アプローチにおいて「未練を感じさせない」ことは大切です。

ただ、いざメッセージを送ろうとすると、復縁したいという気持ちが滲み出たメッセージになってしまう方が多いです。

そのため、なるべくシンプルにお祝いの気持ちを伝え、決して未練などは感じさせないようにしましょう。

③重い内容を送らない

誕生日メッセージなのに、別れていたときの自分の過ちを謝罪したり、どこが悪かったかを伝える内容を送る方がいます。

ただ、それは今回の連絡の目的をしっかりと理解していません。

誕生日メッセージ、あなたが悪かったことを相手に伝えるためのメッセージではありません。

今回は、元カレの誕生日を祝うことはもちろん、今後、元カレと連絡を取り合い、スムーズに復縁を進めていくための第一歩としての連絡です。

そのため、この段階で、あなたが反省した点を相手に伝えても意味がありません。

むしろ「未練」や「重さ」を感じさせてしまい、逆効果になるリスクのほうが高いです。

そのため、重い内容にならないようしっかりと意識しましょう。

④彼女のような態度で送らない

これは本当によくありがちなのですが、彼女だったころの態度や口調が抜けずに、まだ彼女かのようなメッセージを送ってしまうパターンです。

このような態度や口調に男性は敏感です。

すると、 「何様のつもりなの?」 「彼女面してきてうざい」 など思われてしまいます。

そのため、重い内容にならないように工夫しましょう、

過去の話は恋愛話は持ち出さない

誕生日メッセージで過去の付き合ってきた話や相手の恋愛事情を探らないようにしましょう。

よく、 「今日は新しい彼女に祝ってもらうのかな?(笑)」 などという質問を文面に入れる方がいますが、完全にOUTです。

女性側からすると、「さりげなく」聞いているつもりかもしれませんが、男性からすると意図はバレバレです。

また、男性ははさりげなく探ってくる方を好みません。

そのため、もしメッセージを送るならシンプルに祝うことを目的にして送るようにしましょう。

誕生日メールの実例集3選

ここでは、過去に復縁した方の誕生日メッセージをご紹介します。

そのため、送ろうか迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

【実例①】

◯◯(名前)、誕生日おめでとう!

生まれてきてくれてありがとう☺ これからもよろしくね!

【実例②】

26歳の誕生日おめでとう! 悔いのない1年に!

また落ち着いたら、話そうね!

【実例③】

誕生日おめでとう!

お祝いのメッセージだけ送りたかったから連絡した! 楽しい1年を過ごしてね!

このようにLINEで見れば、2~3行程度でおさまるメッセージでOKです。

そのため、自分が考えた後に照らし合わせてみて、チェックしてみましょう。

誕生日メッセージを送るときに
絶対やってはいけない3つのNG行動

ここでは誕生日メッセージを送るときに絶対やってはいけないNG行動についてご紹介します。

私が過去に相談を受けてきた方々で失敗した原因にもなった行動です。

そのため、二の舞にならないよう、しっかりと確認してくださいね。

1.復縁の告白はNG

誕生日メッセージのタイミングで気持ちを抑えられず、告白をして復縁がダメになった方がいます。

復縁はそんなにすぐにできるものではありません。

ステップを踏んでアプローチしていくことが大切になります。

そのため、いきなり告白するのはNGです。

2.誕生日プレゼントはNG

元カレを喜ばせようと思って、誕生日プレゼントを用意して贈る方も多いです。

ただ、元彼となった今、これは相手に未練や重さを感じさせる要因にしかなりません。

また、最初のアプローチとしては、まず誕生日をお祝いするメッセージだけで十分です。

そのため、プレゼントの用意などはしないようにしましょう。

いきなり食事に誘わない

誕生日でのメッセージを利用して、いきなり食事に誘う方も多いです。

「今度予定あったら食事でも行こう!」 というくらいのニュアンスなら問題ありません。

ただ、いきなり日付を指定したり、相手の空いている予定を聞いたりして食事に誘うのはNGです。

食事に誘うまでにしっかりとクリアしなければならないステップがあります。

そのため、いきなり食事に誘うのはやめましょう。

誕生日メールから復縁までのアプローチ

ここからは、誕生日メッセージをきっかけに復縁するためのアプローチについてお伝えしていきます。

ただ、個人差はあるので、あくまでも大きな流れとして捉えてくださいね。

①誕生日メールをきっけに定期的に連絡を取る

まずは誕生日メッセージをきっかけに定期的に連絡を取り合える仲になりましょう。

最初は1ヶ月に1,2回程度を目指し、それができたら、最終的には1週間に2,3回程度連絡を取り合える仲を目指しましょう。

2.定期的に電話し、お互いの話をできる仲になる

定期的メッセージのやりとりができるようになったら、今度は定期手に「電話」ができるような関係になりましょう。

定期的に電話ができる仲になれれば、元彼も以前のようにあなたへの警戒心をなくし、心を開いてくれます。

また、食事などに誘うときもLINEやメールより、電話のほうがうまくいきやすいです。

そのため、定期的にメッセージのやりとりができるよになってから、2,3ヶ月経過した、電話を提案してみましょう。

3.気軽に食事に行ける仲になる

電話を定期的にできる仲になったら、次に食事や飲みに誘ってみましょう。

ただ、最初の3回は会う約束を断れると思っておいてください。

最初からそんなにうまくいけば苦労しませんが、一筋縄でいかないのが復縁です。

そのため、最初は断れると思いますが、めげずにがんばっていきましょう。

ちなみに、断られたら、また一定期間あけて、相手と電話を定期的にしながら、ちょこちょこ誘っていきましょう。

そうすることで、次また誘うことができます。

4.もう一度正直に気持ちを伝える

食事に行ける関係になったら、2,3回目くらいに自分から正直な気持ちを伝えてみましょう。

このとき、きれいな言葉でぬり固めた言葉なんて必要ではありません。

大切なのは以下の3つの点をしっかりと伝えられるかです。

◯自分にとって元カレさんが1番であること

◯付き合っていたときの自分の悪かった点

◯元カレさんのことが好きだということ

また、ここで断れたとしても、また定期的にメッセージを送ってアプローチすればOKです。

私なんて4回は告白してフラレましたから…。

そのため、細く長く、コツコツとアプローチをしていくことが大切です。

さいごに

ここまで、元カレに誕生日メールやLINEを送るときのポイントやコツ、注意点お伝えしてきました。

また、誕生日メッセージは復縁アプローチの最初の一歩といっても過言ではありません。

そのため、いきなり食事に誘ったり、告白したりするのはNGです。

地道にコツコツと復縁アプローチをしていきましょう。