浮気・不倫

既婚者の連絡が減ったら◯◯のサイン!経験者が既婚者の心理を解説!

「不倫中の既婚者からの連絡が減ってつらい…」

「既婚者からの連絡が減ったら冷めたってこと?」

不倫中の既婚者の連絡頻度が減ってくるとすごく不安になりますよね…。

おそらく、みなさんが一番心配していることは、

「私への気持ちが冷めたのかな…」

ということだと思います。

たしかに、最初はマメだったのにもかかわらず、だんだんと連絡頻度が減ってきた場合、あなたへの気持ちが離れ始めている可能性もあります。

ですが、既婚者からの連絡頻度が減るというのは、何も悪い意味とは限りません。

ケースによっては、逆に良い意味合いをもっていることもあります。

そこで今回は、不倫中の既婚者からの連絡頻度が減ってきた場合に考られる原因や心理について、経験者の話も踏まえて、わかりやすく解説していきます。

既婚者からの連絡頻度が減る理由【トップ5】

まずは、既婚者が連絡頻度を減らす理由トップ5をご紹介します。

不倫中の既婚者からの連絡が減った場合、ほとんどこの5つのいずれかに当てはまる可能性があります。

そのため、どれに当てはまる可能性が高いか予想してみてくださいね!

【第1位】奥さんに不倫がバレそうだから

既婚者からの連絡が減ってきたら、まず考えるべきは「奥さんにバレそうになっている」ということです。

特に、あなたと連絡を頻繁に取っていたのに急に頻度が減った場合、このような理由が多いです。

というのも、連絡頻度が多かったということは、それほど相手の既婚者がスマホを見る回数が多かったと予想できます。

もし、こまめにスマホをチェックする旦那さんを奥さんが陰から見ていたらどうでしょうか…。

奥さんは、”女のカン”が働きますから、不倫を疑われても全然おかしくありません。

また、奥さんが不倫を疑って、彼にストレートに質問したり、カマをかけたりすると、当然彼だって警戒します。

そうなれば、しばらく連絡を控えたり、頻度を減らしたりしますよね。

また、この場合、あなたと会う回数が一時的に減ることもあります。

ただ、このような理由の場合、あなたと会ったときは今まで通りやさしい態度を取ってくれます。

そのため、連絡頻度以外に相手の既婚者に対して気になることや不満がまったくない場合は、奥さんにバレそうになっている可能性が高いと言えます。

【第2位】あなたへの気持ちが冷め始めているから

2番目に考えられる理由としは、「あなたへの気持ちが冷め始めているから」です。

耳を塞ぎたくなるかもしれませんが、連絡がだんだんと減ってきた場合、このような理由も多いです。

また、この場合、同時に

・メッセージが短くて雑

・LINEでも会ったときも冷たい(そっけない)

・目が合うことが少なくなった

・会う頻度が減り始めている

などの特徴も見られやすいです。

さらに、もしあなたへの気持ちが冷め始めている場合は、このまま徐々に連絡頻度が減っていって、最終的に自然消滅になるケースが多いです。

ちなみに、既婚者の気持ちが冷めるときは、次のような理由が多いです。

◉離婚を執拗に迫ってくるから

◉もっと会いたいと言われるから

◉奥さんに対して強く嫉妬してくるから

◉連絡がしつこいから

◉新鮮味がなくなって飽きてきたから

◉他の不倫女性ができたから

そのため、連絡頻度が減ってきたのに加えて、既婚者の態度が明らかに冷たくなったり、会う頻度も減ってきたら、この可能性を考えるようにしましょう。

【第3位】不倫がバレることを警戒しているから

3番目に多いのは、不倫がバレることを警戒しているからという理由です。

先ほどもお伝えしたように、連絡頻度が高いとその分奥さんや周囲の人にバレるリスクも高くなります。

万が一、不倫がバレたら、あなたとの関係を終わりにしなければなりませんし、社会的制裁や経済的制裁を喰らう可能性もあります。

そのため、バレるリスクを減らしたいと思って、あるタイミングから連絡頻度が減ってくることはよくあります。

ただ、この場合、会っているときは今まで通りで優しかったり、楽しませてくれることが多いです。

そのため、このような理由であえて連絡頻度を少なくしているケースがあることも知っておくようにしましょう。

【第4位】あなたとの関係が安定してきたから

4番目に多いのは、あなたとの関係が安定してきたからです。

不倫当初は、付き合いたてのカップルのように、ドキドキしたり、お互いをもっと知りたいと思ってマメに連絡を取り合うことが多いです。

でも、不倫関係が長くなるにつれて、お互いのことをよく知っていくと、落ち着いてきて連絡頻度が少なくなることが多いです。

ただ、このような理由であれば、会う頻度も以前とさほど変わることはありませんし、会ったときも今まで通り変わらず優しくしてくれます。

そのため、よく言えば「安定」してきたということですし、悪く言えば「マンネリ化の始まり」ということになります。

つまり、このままだと相手があなたとの不倫に飽きてしまうリスクもあります。

ですので、少し駆け引きなどをしながら、二人の関係を刺激していくことも大切です。

彼との不倫関係がマンネリ化してきたの対象法に関しては以下の記事で詳しく解説していますので、こちらもチェックしてみてくださいね!

【不倫に飽きたときの既婚男性の5つの特徴】男性心理を踏まえて解説!不倫する既婚男性は、あなたとマンネリ化して、新鮮さや刺激がなくなったとき、不倫に飽きてしまい、潮時だと考えるようになることもあります。そこで今回は、不倫に飽きたときの既婚男性の特徴や対処方法について、男性心理を踏まえて解説していきます。...

【第5位】仕事やプライベートで忙しい

5番目はただ単に仕事やプライベートが忙しいという理由です。

例えば、不倫している既婚男性が上司だったり、仕事のできる人だったりすると、仕事をどんどん任せられているはずです。

そうなると、仕事やらプロジェクトやらでいっぱいいっぱいであなたへの連絡に時間を割けないということは多々あります。

また、土日は奥さんやお子さんと出かけたりして「家族サービス」をしなければなりません。

そうなると、当然あなたに連絡する頻度は減っていきます。

あなたが彼の不倫相手である以上、どうしても彼は家庭や奥さんを最優先するため、あなたは二番手に回ってしまいます。

そのため、もし仕事ができる人だったり、家族で出かけることが多い人だったりする場合は、このケースに当てはまる可能性が高いといえます。

既婚者から連絡が減ったらどうすべき?

次に既婚者から連絡が減ったらどうすべきか、その対処法について具体的に解説していきます。

とはいっても、簡単です、

相手に会ったときに「直接聞くこと」です。

質問はシンプルに「最近連絡頻度が減ったと思うんだけど、どうして?」でOKです。

変に探りを入れてもごまかされるだけなので、単刀直入に聞くことをおすすめします。

もしかしたら、なかには、

「そんなこと聞いたら嫌われるんじゃ?」

というふうに思う方もいるかもしれません。

たしかに、しつこく何度も同じことを聞いたらそう思われます。

でも、1回や2回であれば、全然問題ありません。

また、聞くときは遠慮気味ではなくて、はっきりと相手の目を見て聞きましょう。

そうすることで、真剣に答えてくれることが多いです。

そのため、まずはしっかりと相手の気持を聞いて見るようにしましょう。

既婚者の本心を確かめたいなら…

既婚者に直接聞いても、本当のことを教えてくれるかどうかは正直わかりません。

そもそも、既婚者のほとんどは不倫している相手に嘘をついています。

口では、「1番好きだよ」「愛している」と言っていても、嘘である可能性が高いということです。

典型的なのが、

「夫婦仲が冷めきっている」

「離婚寸前だよ」

というような謳い文句です。

このようなセリフの8割は嘘です。

このセリフを言う目的は、不倫する口実やあなたを安心させるためのものです。

他にも、女性のみなさんが期待してしまいやすい、

「いつか一緒になろう」

「いつか結婚したいな」

などのセリフも、その場で一時的にあなたを安心させようとしているだけなので、気休めの言葉でしかありません。

そのため、彼の心の奥底にある本音を知りたいのであれば、占いなどスピリチュアルな力で不倫相手のの気持ちを視てもらうという方法しかありません。

これは、占いやスピリチュアルが好きな方、信じる方、興味がある方におすすめです。

そもそも不倫相手の気持ちは目にみえないものなので、「目に視えない力(霊感霊視、透視など)」で確認するしかありません。

また、占いは対面でなくても、電話などで占ってもらうことができるため、顔バレの心配もありません。

また、不倫は周りの人に相談できない種類の恋愛なので、「良い相談役」としても占い師の先生は助けてくれます

そのため、スピリチュアルな力で相手のの気持ちを視てもらいたいという方は、一度やってみることをオススメします。

不倫や略奪愛に強い占い師に関しては以下の記事でご紹介しているので、試してみたい方はあわせてチェックしてみてくださいね!

【不倫・略奪愛にオススメの電話占い】不倫の相談が得意な占い師・霊能者を紹介!ここでは、数々の不倫成就を手助けしてきた"不倫・略奪愛"に強い占い師・霊能者と電話占いをご紹介します。また、占い師によっては無料相談特典もできるの試してみたいという方にもおすすめです。ご自身のお悩みや相談内容にピッタリの鑑定士を見つけてくださいね!...

連絡がへってた時にやってはいけないこと

さいごに、不倫中の既婚者から連絡が減っても絶対やってはいけいないことについて解説します。

それは、主に次の3つです。

①しつこくメッセージを送る

②電話を何度もかける

③脅したり、脅迫したりする 

連絡頻度が減ったとしても、この3つは絶対にやってはいけません。

その理由について、一つひとつ説明していきます。

①しつこくメッセージを送る

1つ目は、連絡頻度が少ないからという理由で、こちらからメッセージを何通も送ったり、返信を急かしたりするような行為です。

連絡頻度が減っているということは、ここまで解説してきたように何かしらの理由があります。

そのため、相手の気持ちを考えないで、自分の気持ちばかり一方的に伝えるのはNGです。

このようなことをすると、相手があなたに対して面倒くさく思ったり、「重い女」だと思ったりして、最悪の場合音信不通にケースもあります。

②電話を何度もかける

連絡頻度が減ってきて不安になったからといって、電話を何度もかけるのもNGです。

もし気になるようであれば、1回か2回かけて、それで反応しないなら少し時間をあけたほうがいいです。

あまりにしつこい電話は、相手に迷惑をかけますし、恐怖心すら植え付けるかもしれません。

また、このような行為も音信不通の原因になることがあるので注意しましょう。

③脅したり、脅迫したりする 

連絡頻度が減ったときに、彼を脅したり、脅迫したりするのも絶対NGです。

例えば、

「連絡くれないなら全部バラすから」

「連絡なかったら奥さんに私達の関係を言うから」

などのような行為です。

このような脅しや脅迫をしたら、二人の関係は間違いなく壊れます。

それに、バラしたところで、誰も幸せになりません。

そのため、脅しや脅迫は絶対にやめましょう。

さいごに

今回は、不倫中の既婚者からの連絡頻度が減ってきた場合に考られる原因や心理について、経験者の話も踏まえて解説してきました。

不倫中の既婚者からの連絡頻度が減った場合、必ず何かしらの理由があります。

そのため、まずは今回解説したことを参考に、どんな理由が考えられるか考えてみましょう。

また、連絡頻度がへったからと言って、相手との不倫を諦める必要はありません。

実際、遊び目的だった既婚男性に離婚をさせ、現在同棲にまで至っている女性もいらっしゃいます。

この方の体験談を読んでいただければわかりますが、不倫をしているときのリアルな心境離婚させて同棲に至るまでに実践した具体的なアプローチ、失敗談などについても詳しく書かれています。

さらに、経験者にしかわからないアドバイスも書かれていて、今後、奥さんとの離婚を進める上で役立ちます。

そのため、「もう不倫を諦めようかな…」と考えている方は、ぜひ一度読んでみてくださいね。