復縁・復活愛

元彼から連絡がこないのは脈なし?復縁の可能性を経験者が解説!

あやか
あやか
元彼から連絡がこないと脈なしなのか不安になりますよね。そこで今回は連絡をくれない元彼の心理や対処方法について深堀りしていきます。

「元彼にLINEしても連絡がこないってことは脈なし?」

「元彼から連絡がこなかったら脈がないってこと?」

元彼にLINEやメールを送っても、返信がこないことってありますよね。

このように復縁したい元彼から連絡がこないと、「脈なしなのかな…」と不安に思う方も多いと思います。

たしかに、元彼から連絡がこないというのは脈なしサインのひとつでもあります。

そのため、元彼から連絡がくるようにするために工夫していく必要があります。

そのためには、元彼が連絡をしてこない心理や理由を知ること、そして、元彼が返信しやすい連絡をすることが大切です。

そこで今回は、元彼から連絡がこない理由や対処方法などについて、男性心理や復縁経験者の話を踏まえて、わかりやすく解説していきます。

元彼から連絡がこないなら脈なし?

あなたがLINEやメールを送っても、元彼から連絡がこない場合、たしかに”現時点では”脈なしの可能性が高いです。

当然ですが、男性は、狙っている女性や本気で好きな女性に対しては、内容に関係なく連絡をマメに返します。

片思い中の男性ならなおさらです。

そのため、あなたが連絡をしても、相手から返信がこない場合、残念ながら脈なしの可能性が高いと考えられます。

ただ、あくまで”現時点”での話です。

つまり、今後のアプローチ次第では、元彼の気持ち傾けさせることはできます。

それに、連絡がこないなら、送り方や内容を少し工夫してあげるだけでも、返信率はガラッと変わります。

また、元彼から連絡がこない場合、たしかに現時点では脈なしの可能性が高いですが、連絡してこない”理由”によっても、今後復縁できる可能性は変わってきます。

そのため、元彼から連絡がこない場合、その理由や心理を推測してみることも大切です。

元彼から連絡がこないのはどうして?

元彼が、元カノであるあなたに連絡をしてこない理由や心理としては、次のようなことが考えられます。

①返信しづらい内容になっている

②仕事やプライベートで忙しい

③好きな人や新しい彼女がいる

④連絡を取りたくないと思っている

元彼から連絡がこない場合、上記のいずれかに当てはまることが多いです。

そのため、一つひとつ確認して、どれが該当する可能性が高いのか、まずはご自身で考えてみる必要があります。

では、①〜④について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①返信しづらい内容になっている

元彼から連絡がこないのは、返信しづらい内容を送っているのが原因の場合が多いです。

返信しづらい内容とは、「近況報告」「日記のような内容」です。

例えば、

「今日〜があったんだ!」

「今日○○は何かいいことあった?私は〜があったよ!」

「今日寒かったね!体調とか大丈夫?」

といった内容です。

このような内容は、元彼からしたら「返すのがめんどくさい」「返す必要がない」と思われてしまうことが多いです。

実際、近況報告や他愛もない話でも連絡が続くのは、カップルや本当に仲の良い友達の場合のみです。

そのため、元彼と元カノという関係になった今は、そのような内容の連絡をしても返ってこない可能性のほうが高いのです。

厳しい現実ですが、今後復縁アプローチをする上でも、まずはこの点を理解しておきましょう。

②仕事やプライベートで忙しい 

仕事やプライベートで忙しくて、あなたへの返信が後回しになっているケースも多いです。

男性は、理性的であるため、優先順位を考えて日々の行動やスケジュールを決める性質があります。

そして、ほとんどの場合、元カノとの連絡は、優先順位が低くなります。

その結果、返信が後回しになり、いつのまにか忘れてしまっているというパターンが多いのです。

特に、元彼が仕事で忙しかったり、人付き合いが多いタイプであれば、なおさらあなたへの連絡は後回しになることが多いです。

これは仕方がありません。

また、もしあなたの連絡内容が目的のあるものではなくて、①のような「近況報告」「日記のような内容」になっている場合、もっと後回しにされる可能性が高くなります。

そのため、仕事やプライベートで忙しく、ただ単に後回しにされているというケースが多いのも覚えておきましょう。

③好きな人や新しい彼女がいる

もし、元彼に好きな人や新しい彼女がいる場合、それが理由で連絡がこないことも多いです。

男性は、狙っている女性がいると、その人のことで頭がいっぱいになります。

そのため、当然ですが、元カノから連絡がきてもスルーすることは多いです。

また、新しい彼女がいて、うまくいっている場合も同様です。

あなたからの連絡には基本的に反応しません。

それは、「今カノを不安にさせないため」「今カノに誤解を与えないため」です。

そのため、もし元彼に好きな人や新しい彼女がいる場合は、このパターンに当てはまる可能性が高いです。

④連絡を取りたくないと思っている

元彼から連絡がこない場合、シンプルに「あなたと連絡を取りたくない」というサインの場合もあります。

特に、次にあてはまる場合、このパターンの可能性が高いです。

・別れてから間もない

・喧嘩別れした

・あなたの浮気で別れた

・あなたの束縛や依存が原因で別れた

このようなケースの場合、元彼はしばらくあなた連絡を取りたくないと思うことが多いです。

そのため、もしこれらの特徴に当てはまるのであれば、しばらく時間をおくことがまずは必要です。

元彼が連絡が返ってくるようにするには?

もし、元彼から連絡がこない場合、元彼に原因があるというより、あなたの連絡に問題があることが多いです。

そのため、元彼に連絡する前に、自分の連絡内容に問題がないかしっかりとチェックすることも大切です。

具体的には、次のようなポイントに気をつけるようにしましょう。

目的ありきで連絡する

②連絡のメリハリをつける

③長文・質問ばかりしないよう注意

上記のポイントを意識することで、元彼から連絡がくる可能性はグッと高くなります。

では、①〜⑤のポイントについて、もう少し詳しく解説していきます。

①目的ありきで連絡する

元彼にLINEを送るときは、しっかりとその目的を決めることが大切です。

逆に言えば、「理由はないけど、ただ連絡したい」という理由でLINEするのは復縁を目指す上でNGです。

これは、お互い好き同士だったり、カップルにだけ許される特権です。

そのため、目的や理由がないのなら送らないようにしましょう。

「そもそも目的っていってもどんなものがあるの?」

と思った方もいらっしゃると思います。

そのような方は、次のような事項を参考にしてみてください。

◉仕事や授業など共通の事務連絡

◉相手の得意分野についての相談・質問

例)相手がPCに詳しいのであれば、おすすめのPCについて相談する、など

◉相手との共通の趣味の話題

例)お互い好きなアーティストについての話題(新曲、LIVEなど)

◉おすすめのお店

例)元彼が和食好き→おすすめの和食屋さんを聞くなど

このようにすれば、目的を作り出すことはできます。

そして、最初のうちは、目的を決めてLINEして、その目的を達成できたらLINEを一旦切るということを繰り返しましょう。

その後、LINEの頻度が安定してきたら、徐々に近況報告なども交えていくのがベストです。

連絡のメリハリをつける

元彼に返信してもらいたいなら、連絡のメリハリをつけることもポイントです。

元彼にLINEしていいベストな頻度は、1週間に2〜3回です。

また、一度LINEを送ったら、ある程度続けてLINEを一旦切るのがポイントです。

もし、元彼がLINEを返してくれて、毎日続けられるという場合でも、復縁するまではメリハリをつけてLINEをすることをおすすめします。

なぜなら、LINEを毎日続けると次のようなデメリットがあるからです。

①内容がなくなり、わずらわしくなる

②依存しているように見える

③逆に関係が悪化することがある

このようなデメリットは、元彼との復縁の可能性を遠ざける可能性があります。

そのため、連絡をするときはメリハリをつけるようにしましょう。

LINEを切るタイミングに関しては、①でお伝えしたように、その連絡の目的を達成したタイミングでOKです。

元彼と復縁するまでのLINE頻度に関してもっと詳しく知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しているため、チェックしてみてくださいね!

元彼と復縁するためのライン頻度は?最適な頻度を復縁経験者が解説!LINEの頻度は、相手の性格や二人の関係性などによって異なります。また、元彼とできるだけ早く復縁したいなら、LINEの頻度を戦略的に考える必要があります。そこで今回は、男性心理など踏まえてLINEを送る頻度について詳しく解説していきます。...

③長文・質問ばかりしないよう注意

元彼にLINEするときは、長文と質問ばかりにならないよう注意することも大切です。

もしトーク画面を開いたときに、長文だと「めんどくさそう」という心理的負担がかかります。

そのため、長くても1つの吹き出しの3行以内におさまるように文面を考えましょう。

また、3個も4個も吹き出しがあると、それも心理的負担を与えてしまうため、1回のターンで吹き出しは2つまでに抑えるのもポイントです。

これとあわせて気をつけたいのが質問しすぎないことです。

たしかに、質問文を送ることで、相手が返信しなければならない状況を作ることはできます。

ただ、毎回のように質問がくると返すのがめんどくさくなります。

そのため、質問が多くならないようにも注意しましょう。

文面を送るときのポイントは、「短文で、さらっとした文章」を意識することです。

絵文字も必要最低限でいいですし、ハートマークなどは不要です。

これらの点を踏まえた上で送るようにしましょう。

既読無視か未読無視も大事なポイント!

元彼にLINEしても返信がないとき、既読無視なのか、未読無視なのかも大事なポイントになります。

未読無視であれば、メッセージは読んでいるけど意図的にあなたに連絡をしていないということになります。

この場合は、メッセージを見てくれていることは確かなので、送る内容を工夫すれば返信してもらえる可能性が高いです。

一方で既読無視の場合は、ブロックや非表示、削除されている可能性が考えられます。

もし、ブロックされているようであれば、あなたのメッセージは読まれてないということになります。

それに、ブロックされていたら、今後復縁するために食事やデートに誘いたくても、それが難しくなります。

もし、あなたが何回か連絡を送っているのに、返信どころか既読もつかないという場合はブロックされている可能性が高いです。

そのため、「ブロックされているかも…」と不安な方は、以下の記事を先にチェックしてみてくださいね!

【LINEブロック解除ができる占い師】成功率90%の占い師を紹介!LINEのブロックを解除する方法は、一般的に共通の友人に協力してもらったり、一定期間あけるなどがあります。ただ、これらの方法でブロックを解除してもらえるケースは少ないです。そこで、今回はLINEのブロック解除の実績がある占い師をご紹介します。...

元彼から連絡がない時に絶対やってはいけないこと 

元彼から連絡がこないと不安になりますよね。

また、連絡がこないと不満が溜まって、感情的になり、よくない行動を起こしてしまうことがあります。

ですが、基本的に感情に任せた行動は悪い結果を招きます。

そのような事態にならないためにも、ここでは元彼から連絡がこなくてもやってはいけないNG行動をご紹介します。

それは次の5つです。

①追いLINEをする

②SNSのダイレクトメッセージを利用

③LINEブロック中に電話をする

④相手の自宅や最寄り駅に押しかける

⑤ストーカーのような行為

これらのことをすると、元彼はあなたに「嫌悪感」や「恐怖」を感じ、復縁の可能性をガクンと下げることになってしまいます。

そのため、①〜⑤については絶対にやらないようにしましょう。

念のため、①〜⑤について、なぜダメなのか、その理由をそれぞれ解説します。

①追いLINEをする

元彼に連絡したとき、返信がないからといって”追いLINE”してしまう方が多いです。

ただ、このように元彼から返信が来ないからといって、しつこくメッセージを送ると、最悪の場合、ブロックされることになります。

そのため、メッセージを送って既読無視されたら、最低1~2ヶ月は冷却期間をあけるようにしましょう。

また、相手の態度に不満を感じて、 「なんで返信してくれないの?」 「冷たすぎない?」 などというようなメッセージを送ることもNGです。

もし、今現在、元彼に既読無視されているようであれば、以下の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

【元カレが既読無視するのはなんで?】既読無視から元彼と復縁するコツ!元カレからLINEが無視されるとそれだけでショックで、復縁は絶望的だと思ってしまいますよね。そこで今回は「元彼のLINEを既読無視を解決する方法」について見ていきます。今現在元カレとLINEができていない方は、チェックしてみてくださいね!...

②SNSのダイレクトメッセージを利用

LINEの返信がこないからといって、インスタのDMなどを利用するのもNGです。

ここまでお伝えしてきたうように、あなたに連絡がこないのは必ず理由があります。

そこで無理に相手に連絡してしまうと、二人の関係を悪化させることにつながりかねません。

そして最終的に、LINEだけでなく、インスタグラムなどのSMSもブロックされてしまい、自分で自分の首を絞めることになるのです。

そのため、LINEの返信がないからといって、他のSNSで相手にDMを送ることは絶対にやめましょう。

このNG行為をしてしまったら、本当に相手に連絡をとれる手段を自分で遮断してしまうことになります。

③いきなり電話をする

元彼から連絡がこないからといって、勢いでいきなり元彼に電話するのもNGです。

相手の気持ちや状況も考えないで、電話やメッセージを送ると、最悪の場合、着信拒否されることがあります。

こうなると、元彼との連絡手段がほぼゼロになるため、今後アプローチをしていく上で難しくなります。

④相手の自宅や最寄り駅に押しかける

元彼が連絡してくれないからといって、元彼の家や最寄駅、バイト先に押しかけるのは最もNGな行為です。

元彼とのアポなしでこのような行為をしてしまったら、復縁できる可能性はほぼゼロになります。

また、このような行為は、相手に迷惑をかけるだけでなく、「重い」と感じさせたり、一種の「恐怖」を感じさせたりしてしまう行為でもあります。

そのため、絶対にやってはいけません。

相手とつながれない悲しみは計り知れないことはよくわかります。

ただ、元彼の自宅や最寄りなどに押しかけてしまうとその時点で絶望的になるので注意しましょう。

そのため、一時期の感情でまちがった行為をしないよう気をつけてください。

⑤ストーカーのような行為

④と似ていますが、待ち伏せや後をつけるような行為も当然NGです。

これは最悪の場合、警察沙汰になりかねません。

そのため、このような行為は絶対にやめましょう。

さいごに

今回は、元彼から連絡がこない理由や対処方法などについて、男性心理や復縁経験者の話を踏まえて解説してきました。

元彼から連絡がこないのには必ず理由があります。

そのため、まずはそれを冷静に分析することが大切です。

そして、なるべく元彼が返信しやすいような連絡を心がけることも大切です。

そのため、LINEやメールをしても、元彼から連絡がこない場合は今回解説したポイントを参考にしてみてくださいね!

また、こちらの記事では、元彼との復縁を成功させた方に寄稿してもらった

「【復縁体験談】LINEをブロックされ、新しい彼女までできた元カレと復縁するまでのお話」

を掲載しています。

今復縁を目指しているけど、「もう無理かな…」と思っている方は、是非あわせて読んで、ご自身の復縁に役立ててくださいね。