復縁・復活愛

元彼と復縁するためのライン頻度は?最適な頻度を復縁経験者が解説!

あやか
あやか
元彼にLINEを送る頻度って難しいですよね…。そこで今回は、元彼と復縁するための最適なLINE頻度について解説していきます。

「元彼と復縁するならLINEはどれくらいの頻度がいいの?」

「元彼にLINEしたいけど、頻度がわからない…。」

復縁を目指す元彼にLINEするとき、どれくらいの頻度がいいのか悩むことがありますよね。

たしかに、LINEの頻度は難しいです。

例えば、毎日LINEを送ると、元彼も嫌気が差してしまってあなたのLINEを既読無視したり、最悪の場合ブロックすることもあります。

かとちって、LINEで連絡を取らないとアプローチできませんし、ご飯やデートにも誘えませんよね。

また、LINEの頻度は元彼の性格によっても異なります。

例えば、元彼がLINEを比較的早く返してくれるタイプだったり、マメなタイプであれば、頻度を高めてもよいでしょう。

一方で、LINEを連絡ツールとして利用していたり、そもそもLINEがめんどくさいと感じるタイプであれば、頻度を低くしたほうが良いです。

このように、LINEの頻度は、相手の性格や二人の関係性、また、LINEの目的などによっても変わってきます。

一番やってはいけないのが、「元彼と早く復縁したいから毎日いっぱいLINEすること」です。

もし、できるだけ早く復縁したいなら、なおさら頻度を戦略的に考えて、LINEを送る必要があります。

そこで今回は、復縁成功者の経験や男性心理を踏まえてLINEを送る頻度について、ケース別で詳しく解説していきます。

そのため、元彼と復縁するためのベストなLINE頻度を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1週間に元彼にLINEしていい頻度は?

まず、1週間に元彼にLINEしていい頻度について解説していきます。

結論からお伝えすると、1週間に2〜3回がベストです。

これは、一度LINEを送ったら、ある程度続けてLINEを一旦切るというのが前提です。

もし、元彼がLINEを返してくれて、毎日続けられるという場合でも、復縁するまではメリハリをつけてLINEをすることをおすすめします。

なぜなら、LINEを毎日続けると次のようなデメリットがあるからです。

①内容がなくなり、わずらわしくなる

②依存しているように見える

③逆に関係が悪化することがある

このようなデメリットは、元彼との復縁の可能性を遠ざける可能性があります。

では、①〜③について、それぞれもう少し詳しく解説していきます。

①内容がなくなり、わずらわしくなる

LINEを毎日ダラダラ続けると、いずれお互い話す内容がなくなります。

そうすると、男性である元彼は、あなたとのLINEを煩わしく感じて、既読虫や未読無視をするようになります。

そして、あなたがもしそれに対して追いLINEをすると、最悪の場合、ブロックされることもあります。

たしかに、大好きな元彼と少しでもつながっていたいという気持ちは痛いほどわかります。

また、もしあなたが元彼の本命の彼女であれば、他愛もないやりとりにも喜んで付き合ってくれるでしょう。

ですが、現時点では、あなたは彼の”元カノ”です。

そのため、今相手に好きという気持ちはない可能性が高いです。

そうなると、毎日中身のない話をダラダラ続けていたら、「めんどくさいな」と思われても仕方がありません。

そのため、このような事態を防ぐためにも、毎日ダラダラLINEを続けるのはあまり好ましくありません。

②依存しているように見える

毎日必死にLINEを続けようとすると、不思議とその”必死さ”は元彼にも伝わってしまいます。

そして、元彼にそれが伝わってしまうと、彼にとってあなたは”魅力的な女性”ではなくなることが多いです。

男性は、圧倒的に自分が追うほうが好きです。

逆に追われると、突き放したり、”都合のいい女”として利用しようとします。

もし、あなたが体だけの関係、つまり、セフレのような関係に元彼となってしまったら、復縁できる可能性はガクンと下がります。

そのため、このような事態にならないためにも、あなたの復縁への”必死感”が元彼に伝わらないようにする必要があります。

ですので、毎日ダラダラLINEを続けるのはやめるようにしましょう。

また、もし今現在すでに元彼と体だけの関係になっているという場合は、以下の記事を必ずチェックしてくださいね!

元カレとセフレになったら?元カレの心理とセフレ脱却法を経験者が解説!元カレと体の関係だけ続けていては、あなたに新しい恋や幸せは訪れません。そのため、まずは今の体の関係を脱却することが必要です。そこで今回は、元カノをセフレにする男性心理や体の関係から脱却する方法、復縁の可能性などをわかりやすく解説していきます。...

③逆に関係が悪化することがある

ここまで解説してきたように、変に毎日LINEを続けようとすることで、あなたと元彼の関係が悪化することがあります。

先ほどもお伝えしたように、例えば、内容がないLINEを続けることで相手の既読無視や未読無視が増えたり、あなたの必死さが変なふうに伝わってしまって都合のいい女として利用される危険があるということです。

そのため、復縁するまでは、1週間に2〜3回の頻度で元彼とLINEをすることをおすすめします。

1日のLINEの頻度は何回くらい?

次に、1日のLINEの頻度の目安について解説していきます。

結論からお伝えすると、1日2〜3往復がベストです。

ただ、これは相手の立場や忙しさの状況によっても異なるため、一概には言えません。

ですが、相手が社会人で普段お仕事がある場合でも、学生の場合でも、元彼と元カノの関係を踏まえると、これくらいの連絡頻度がベストです。

ただ、1日の連絡頻度に関しては、二人の仲が深まっていったり、元彼があなたとの復縁を意識してくるにつれて高くなっていきます。

そのため、徐々に1日のLINEの頻度が高くなっていくのは悪いことではなく、むしろ良いことだと捉えてOKです。

また、LINEをするときのポイントとしては、次の点を意識するようにしましょう。

①LINEを送る目的を決めること

②即返信しないこと

③ダラダラ続けないこと

元彼にLINEを送るときは、これらのポイントが大切になります。

では、①〜③について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①中身があること

元彼にLINEを送るときは、しっかりとその目的を決めることが大切です。

逆に言えば、「理由はないけど、ただ連絡したい」という理由でLINEするのは復縁を目指す上でNGです。

これは、お互い好き同士だったり、カップルにだけ許される特権です。

そのため、目的や理由がないのなら送らないようにしましょう。

「そもそも目的っていってもどんなものがあるの?」

と思った方もいらっしゃると思います。

そのような方は、次のような事項を参考にしてみてください。

◉仕事や授業など共通の事務連絡

◉相手の得意分野についての相談・質問

例)相手がPCに詳しいのであれば、おすすめのPCについて相談する、など

◉相手との共通の趣味の話題

例)お互い好きなアーティストについての話題(新曲、LIVEなど)

◉おすすめのお店

例)元彼が和食好き→おすすめの和食屋さんを聞くなど

このようにすれば、目的を作り出すことはできます。

そして、最初のうちは、目的を決めてLINEして、その目的を達成できたらLINEを一旦切るということを繰り返しましょう。

その後、LINEの頻度が安定してきたら、徐々に近況報告なども交えていくのがベストです。

②即返信しないこと

元彼とLINEするときは、即返信はNGです。

即返信すると、

◉暇だと思われる

◉すぐに返信しなきゃというプレッシャーを与えてしまう

◉返すがのめんどくさくなる

というデメリットがあります。

そのため、最低でも15〜30分はあけるようにしましょう。

また、返信の間隔を常に一定にすると相手に気づかれる可能性もあるため、あるときは15分、あるときは1時間、あるときは5時間というふうにランダムにするのもポイントです。

イメージとしては、時間に余裕ができたとき、ホッと一息つくタイミングで返信するのがおすすめです。

③ダラダラ続けないこと

3つ目は、先程もお伝えしたように、ダラダラとLINEを続けないことです。

中身や目的のないLINEをダラダラ続けても良いことはありません。

そのため、①と②のポイントを意識して、メリハリのあるLINEを送るようにしましょう。

元彼の性格から見るLINEの頻度は?

LINEを送る頻度は元彼の性格によって変えていく必要があります。

男性は、基本的にLINEを連絡手段として使っている方が多いです。

つまり、何か用件があるときにLINEを使うことが多いということです。

女性のように、近況報告やプライベートの話、芸能人の話題などでLINEを使用することは少ないため、まずはその点を覚えておきましょう。

その上で、まず付き合っていた頃を振り返って、あなたの元彼が「連絡がマメなタイプ」か「マメじゃないタイプ」かを考えてみましょう。

もし、連絡が比較的マメなタイプであれば、先程お伝えしたように1週間に2〜3回、1日に2〜3往復を目安にLINEをしましょう。

一夫で、もしLINEがマメじゃないタイプであれば、最初は少なめにして、様子をみながら徐々に増やしていくことをおすすめします。

目安としては、まずは3〜4週間に1回、次に1〜2週間に1回というふうにして、最終的に1週間に2〜3回、1日に2〜3往復を目指しましょう。

元彼の返信率・返信速度から見るLINEの頻度

元彼へのLINEの頻度は、相手の返信率や返信スピードによっても変えていく必要があります。

そこで、ここでは以下のケース別で、最適なLINEの頻度を見ていきましょう。

①普通に連絡を返してくれるケース

②返信が遅くて、短文のケース

③既読無視、未読無視をされるケース

では、①〜③のケース別にそれぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①普通に連絡を返してくれるケース

もし、あなたがLINEを送ったら、普通に返信してくれる場合、ここまで解説してきたように1週間に2〜3回、1日に2〜3往復を目安にLINEをしましょう。

また、このようなケースであれば、相手はあなたからの連絡を嫌がっていない可能性が高いです。

そのため、ちょっと踏み込んでプライベートの話をしてみたり、電話に誘ったりなどして、復縁を見据えた次のステップに進んでみるのもポイントです。

②返信が遅くて、短文のケース

もし、LINEしても返信が遅くて、短文のケースの場合は、LINEの頻度を少なくして、徐々に増やしていくことを目指しましょう。

あなたが目的や内容のあるLINEを送っても、「うん」とか「そうだね」とか、そっけないような返信しかこない場合、元彼はあなたとの連絡を嫌がっている、または、めんどくさがっている可能性が高いです。

このような状況で、連絡頻度を高めても、相手に不快感を与えてしまい、二人の関係が悪化するだけです。

それに、もしそのまま元彼の気持ちを考えないで一方的にLINEをしたら、最悪の場合、ブロックされる可能性もあります。

そのため、もし相手の返信が遅くて、短文のケースの場合は、1ヶ月に1〜2回くらいの頻度でLINEをするところから始めましょう。

③既読無視、未読無視をされるケース

もし、LINEを送っても既読無視や未読無視をされる場合は、一旦LINEを送るのをやめましょう。

何日も既読無視や未読無視をするということは、相手は意識的に返信していないということです。

つまり、あなたと連絡を取りたがっていないか、あなたへの返信の優先順位がかなり低いということになります。

このような状態でしつこくLINEしても、相手との距離をもっと距離をもっと遠のかせるだけですし、最悪の場合、ブロックされることもあります。

そのため、相手が既読無視や未読無視をする場合は、LINEを2ヶ月〜3ヶ月ストップしましょう。

また、それくらいの期間をあけても同じような対応をされている場合、半年程度を目安に一旦連絡をストップしましょう。

元彼の状況別に見るLINEの頻度

元彼へのLINEの頻度は、相手の状況によっても変えていく必要があります。

そこで、ここでは以下のケース別で、最適なLINEの頻度を見ていきましょう。

①仕事が忙しい場合

②元彼に好きな人や彼女がいる場合

③別れて間もない場合

では、①〜③のケース別にそれぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①仕事が忙しい場合

もし、相手が仕事人間だったり、忙しい職業に就いている場合は、LINEの頻度を少し減らすことをおすすめします。

仕事が忙しい状況で、あなたが無理にLINEを送ると、相手にも負担がかかりますし、既読無視や未読無視も増えていきます。

また、元彼が仕事で忙しい場合は、LINEを送る時間帯も重要です。

狙いどきは、「通勤時間(行き帰り)」か「仕事終わり」です。

そのため、早朝か夕方〜夜ということになります。

そのため、LINE頻度を1〜2週間に1回くらいにして、送る時間帯も工夫してみるようにしましょう。

②元彼に好きな人や彼女がいる場合

もし、元彼に好きな人や彼女がいる場合、LINEの頻度を減らすようにしましょう。

相手が好きな人にアプローチしているときや今カノと順調のときはなおさらです。

このようなタイミングで、あながた連絡しても、元彼はめんどくさがるだけですし、場合によっては、あなたの連絡のせいで元彼の恋が悪い方向に向かってしまう危険があります。

たしかに、あなたからしたら元彼の恋愛はうまくいってほしくないと思いますが、その原因があなたとなると、その元彼はあなたに対して恨みをもってしまうことが多いです。

そうなると、その元彼と復縁できる可能性はガクンと下がります。

そのため、相手に別の異性がいる場合は、1ヶ月〜2ヶ月に1回程度のLINEにしましょう。

③別れて間もない場合

もし、元彼と別れて間もないのであれば、LINEを1〜3ヶ月ストップすることをおすすめします。

というのも、男性は彼女を振った後、「恋愛はしばらくいいや」と思うか、すぐに別の女性にアプローチするかのどちらかに別れることが多いです。

そのため、別れてすぐにLINEをしても良いことは基本的にありません。

※もし、あなたのことをまだ好きな場合、元彼から連絡が来ることはありますので、そのときは普通にLINEして大丈夫です。

また、男性は彼女と別れた後は一時的に自由を感じて、テンションが上がることが多いですが、少し経つと、元カノと別れたことを後悔する方も一定数いらっしゃいます。

つまり、別れてから少したった後のほうが、男性心理的にもあなたのLINEに快く返信してくれる可能性が高いのです。

そのため、別れて間もない場合は、すぐにLINEするのではなく、1〜3ヶ月ストップするようにしましょう。

元彼の本音を知ることも必要!

ここまで、元彼とのLINEの頻度や注意点などについて解説してきました。

ただ、今回解説したポイントを踏まえてLINEしても、もし元彼があなたに好意を抱かなければ復縁は難しいです。

そのため、元彼が今現在、あなたに対して、どう思っているのか、その本音を知ることも大切です。

また、元彼の本音を知りたいのであれば、直接聞くしかありません。

ですが、それができたら苦労しませんよね。

「でも、私のことを本当はどう思っているか知りたい…。」

このような方にご提案したいのが、「スピリチュアル」や「占い」です。

占いは、目に見えないものなので信用する人とそうじゃない人に分かれます。

ですが、元彼の本当の気持ちや本音も、同じく目に見えないものです。

そのため、もし直接聞く以外にお相手の気持ちを知りたいのであれば、同じように目には見えないスピリチュアルな力を活用するしかありません。

また、占いは対面だけでなく、電話でもできます。

ですので、コロナの時期だから対面占いは不安という方でも問題なくご利用できます。

ちなみに、誤解されている方も多いですが、占いは結果を指し示すものではなく、自分の望む未来や幸せを手に入れるためにどうしたらいいかを教えてくれるツールになります。

そのため、「悪い結果が出るのが嫌だ…。」という方もご安心ください。

ですが、占い師の選び方を間違えるとデタラメなことを言われることもあります。

その点、ココスピでは約60社、170名以上の占い師を体験・調査した上で、復縁の相談を得意とするおすすめの占い師をご紹介しています。

また、ココスピでは、個人情報などの安全性はもちろん、「10分無料鑑定」「3,000円分無料鑑定」など初回特典が充実していて、なるべくリーズナブルにご利用できる占いサービスをご紹介しています。

そのため、もし少しでも気になる方や試してみたい方は、以下をタッチしてチェックしてみてくださいね!

♥安心安全で初回特典も充実!

さいごに

今回は、復縁経験者の声や男性心理を踏まえてLINEを送る頻度について、ケース別で詳しく解説してきました。

復縁を目指す元彼へのLINEは、「送りたいから」「好きだから」「つながっていたいから」という理由だけで送ってはいけません。

もし、少しでも早く元彼と復縁したいのであれば、しっかりと戦略的にLINEを送る必要があります。

そのため、元彼にLINEする頻度がわからない方は、今回解説したポイントを踏まえて、連絡してみてくださいね!

また、こちらの記事では、元彼との復縁を成功させた方に寄稿してもらった

「【復縁体験談】LINEをブロックされ、新しい彼女までできた元カレと復縁するまでのお話」

を掲載しています。

そのため、復縁を目指している方や迷っている方は、是非あわせて読んでみてくださいね。

公式インスタグラムを始めました!

ココスピ」の公式インスタグラム(『coispigram』)を開設しました。

coispigram』では、恋愛ノウハウや心理学、占いなどについて、わかりやすく、要点をまとめて配信しています!

インスタをやっている方は、ぜひ、フォローしてくださいね!

❤︎インスタ限定の情報も今後配信❤︎