浮気・不倫

【旦那より好きな人ができたらどうする?】離婚する前に考えるべきこと。

「旦那よりも好きな人ができてしまった…」

「今後どうしていったらいいのかわからない…」

仕事やパート先で旦那さんよりも好きな人ができると、本当に悩みますよね。

お子さんがいる場合は余計に頭を抱えると思います。

結婚しているんだから、他の男性のとの恋愛は浮気や不倫に発展するし、子どもにも悲しい思いをさせてしまうのわかっている…、でも彼のことが好き。

というふうに、頭のなかをグルグルしていると思います。

残念ながら、「好き」という気持ちは自分でコントロールできるわけではありませんし、「好きになっちゃダメ」と思えば思うほど、彼のことをどんどん好きになっていってしまいます。

実際、恋愛心理学でも「ロミオとジュリエット効果」というものがあって、不倫や浮気、略奪愛など周囲の人から反対される恋愛ほど、二人は燃え上がるとされています。

そのため、おそらくですが、彼への気持ちは、これから強くなっていくでしょう。

ただ、本当に彼と一緒になりたいなら、「離婚」も視野に入れてアプローチしていかなければなりません。

一時の恋愛感情でおさまるならいいですが、たいていの場合、女性は不倫や浮気に走ると少しずつ本気になっていきやすいです。

そのため、もし本気で彼のことが好きならば、しっかりと先を見据える必要があります。

「でも、旦那と離婚して彼と一緒になるのは難しいんじゃ…」

と思う方もいらっしゃると思います。

特に、あなたの好きな男性が妻子持ちの場合はなおさらです。

ただ、実際、パート先の上司とW不倫関係になり、協議離婚などを経て現在同棲している方もいらっしゃいます。

>>【W不倫体験談】W不倫関係にあったパート先の上司と協議離婚を経て同棲に至った話

そのため、あなたが彼に本気ならば、このように離婚して彼と新しい人生を送る選択肢もあるということです。

そこで今回は、旦那さんより好きになった人ができたときに確認すべきことやポイント、今後の対応策などについて、わかりやすく解説していきます。

 

本当に彼のことが好き?それとも寂しいだけ?

まず、離婚を考える前に、本当に彼のことが好きなのか、自分に問いかけてみることが必要です。

実際、奥さんになってしまうと、旦那さんから女性として見られなくなってしまうことが多いです。

また、お子さんがいる場合は、「母親である自分」が当たり前になって、「女性としての自分」を忘れてしまいやすくなります。

(これは、母親としてお子さんにたくさんの愛情を注いでる証なので、ぜんぜん悪いことではありません)

ただ、このような状態になると、どうしても、旦那さんと夜のほうがレスになってしまったり、ドキドキする体験はなくなってしまいます。

また、旦那さんから女性として見られなくなったり、子どもが親の手から少しずつ離れていったりすると、次第に「寂しさ」を感じるようにもなります。

そうすると、仕事先でやさしくしてくれる上司や後輩の男性に心が惹かれて、次第に好きになっていってしまいます。

ただ、この「寂しさ」からはじまった恋は、一時的な感情であることが多いです。

そのため、この一時的な恋愛感情で、離婚を決意してしまうと、最後には後悔してしまうことも少なくありません。

ですので、まずは、彼に対する気持ちが本当なのか、それとも、「寂しい」という気持ちから来ているものなのか、しっかりと自分に問う必要があります。

本当に彼が好きか確かめる方法

あなたが本当に彼のことを好きなのか、その答えはご自身の中にあります。

ただ、客観的な指標であなたが本当に彼のことを好きなのかを知りたいということでしたら、次のチェック項目を参考にしてみてください。

□彼のことが四六時中頭から離れない

□彼と会えないと耐えられない

□彼と連絡していないと不安になる

□旦那と離婚してまで彼と一緒になりたい

□子どもがいても、彼と一緒になりたい

□彼のために何でもしてあげたいと思う

□彼が他の女性と関わることに耐えられない

□旦那より彼のことが好き

この8つの項目に当てはまる数が多ければ多いほど、あなたは彼のことが本気で好きということになります。

そのため、自分の気持ちが本物なのかわからない方は、上記のチェック表をひとつに参考にしてみてくださいね。

離婚を決意刷る前に彼に確かめるべきこと

もし、ここまで解説してきたことを踏まえて、彼への気持ちが本物だと思ったのであれば、離婚を選択肢の一つに入れるべきです。

たしかに、一度結婚したにも関わらず、旦那さんより好きな人ができたと言ったら、まわりからは批判されそうですが、そのような人は世の中にたくさんいます。

それに、好きという気持ちは、自分でコントロールできませんし、旦那さんより魅力的だと思ってしまう男性に、結婚してから会ってしまっただけです。

そのため、彼を好きになったことは仕方がないことです。

それに人生は一度きりなので、どうせなら、好きな男性と残りの人生を一緒に歩むほうがあなたにとっても幸せだと思います。

ただ、現実的に離婚を進めて最終的に彼と一緒になりたいのであれば、前もって必ず確認すべきことがあります。

それは主に次の5つです。

①彼のあなたへの気持ち

②彼があなたと再婚してくれるか

③彼に奥さんや他の女性は本当にいないか

④社会的・経済的制裁のリスクに耐えられるか

⑤子どもがいる場合、親権はどうするか

離婚をするなら、離婚した後のこともしっかりと考えていく必要があります。

そのため、上記のポイントを前もってしっかりと確認しておくことが大切です。

では、①~⑤について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①彼のあなたへの気持ち

まず1番に確認すべきは、彼のあなたへの気持ちです。

あなたは、旦那さんよりも好きかもしれませんが、それと同じくらいの愛情を彼があなたに抱いてくれているかはわかりません。

そのため、そもそも彼があなたのことを本当に好きなのかをしっかりと確認しておくようにしましょう。

また、男性の好きという気持ちは言葉よりも態度に出やすいです。

そのため、日々の彼の態度や言動からあなたへの本気度を知る必要があります。

まずは、次の項目にいくつ当てはまるか数えてみましょう。

□彼から誘ってくることが多い

□体の関係なしでも会ってくれる

□週に3回以上会ってくれる

□土日もたまに会ってくれる

□彼から連絡がくることが多い

□食事やデートなど、体の関係以外の時間も多い

□離婚の話を自分から何度もしてくれる

□家庭の悩みや愚痴をよく話してくれる

□他の男性との関係を許してくれない

これらの言動が彼に見られる場合、あなたへの本気度はけっこう高いと言えます。

そのため、あなたに対して本気の可能性も高いです。

離婚を検討するにしても、彼の気持ちがあなたにないと意味がないので、まずば彼があなたに本気なのかしっかりと確認するようにしましょう。

②彼があなたと再婚してくれるか

次は、離婚後に彼があなたと再婚してくれる意思があるかどうかです。

これは、とうしても口約束にはなってしまいますが、彼にその意志があるのかしっかりと確認しておくことが必要です。

というのも、男性は既婚女性に手を出すときは、本気か、または、遊び目的かのどちらかです。

もし、彼が遊び目的の場合は、当然ですが、あなたが離婚しても再婚してくれることはありません。

そうなると、離婚という選択をする意味がなくなってしまいます。

そのため、仮にあなたが離婚した場合、彼があなたと一緒になる覚悟があるのかも、前もってしっかりと確認しておくようにしましょう。

③彼に奥さんや他の女性は本当にいないか

相手の男性に妻子がいないか、または、ほかの女性関係がないかもあらかじめチェックしておく必要があります。

相手が妻子持ちの場合、もし一緒になりたいなら、お互いが離婚を進めていく必要があります。

これは、もっと難易度が高くなるので、二人で状況を報告しながら支え合って進めていかなければなりません。

また、稀に妻子がいるのにあなたに隠している場合もあるので、慎重に確かめる必要があります。

一方で、相手が独身男性の場合、あなた以外に女性関係がないかも調べておく必要があります。

もしかしたら、相手の男性はあなた以外のも複数人の女性と関係を持っていて、あなたはそのなかのひとりなだけかもしれません。

そのため、彼に妻子がいないかや他の女性関係がないかもしっかりとリサーチしておくようにしましょう。

④社会的・経済的制裁のリスクに耐えられるか

不倫や浮気、略奪愛は、世間様からは批判されたり、白い目で見られる「恋愛」になります。

そのため、周りにバレてしまったり、奥さんがバラしてしまえば、社会的な制裁をくらう可能性があります。

特に、今はSNSがあるので、あることないことが書かれてもおかしくありません。

それと同時に心配したいのが、不倫がバレた場合の慰謝料問題です。

これによって、経済的な制裁をくらうリスクもあります。

そのため、あなたと彼がそのような社会的・経済的リスクに耐えられるかどうかもしっかりと二人で確認しておく必要があります。

⑤子どもがいる場合、親権はどうするか

もし、あなたや相手にお子さんがいる場合、その親権についても話し合っておくことが必要です。

特に、あなたは女性なので、子どもを手放すのか、一緒に連れて行くのか考えなければなりません。

また、もし子どもを連れていく場合は、相手の男性にも納得してもらうことが必要です。

男性によっては、子どもは連れてこないでほしいという方もいます。

そうなったとき、自分が子どもを手放してまで彼と一緒になりたいのか、改めて考える必要があります。

そのため、お子さんがいる場合は、その親権についてもしっかりと話し合うようにしましょう。

離婚をするにあたってのポイント

次に実際に離婚を進めていく上での具体的なポイントについて解説していきます。

離婚をするにしても、進め方を間違えると、慰謝料など大きな痛手を負う可能性があります。

そのため、次の5つのポイントをできるだけ守るようにしましょう。

①離婚するまで体の関係は我慢する

②離婚理由は夫婦関係の悪化で突き通す

③不倫関係がバレるようなことは避ける

④離婚やその後のプランを彼と話し合う

⑤さまざまなリスクを考え、準備する

では、①~⑤のポイントについて、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①離婚するまで体の関係は我慢する

もし今現在、体の関係がまだないのであれば、離婚するまで我慢するようにしましょう。

体の関係があると、不倫や浮気がバレて離婚する際、どうしても言い逃れすることができなくなります。

でも、体の関係がなければ、不倫や浮気にはならないので、それによる慰謝料なども避けることができます。

そのため、もしいま体の関係がないのであれば、離婚するまで待つようにしましょう。

もし、彼が本気であなたと一緒になりたいと思っているのであれば、待ってくれるはずです。

逆に、体の関係を強く求めてくるなら、それ目的の可能性があるので注意しましょう。

②離婚理由は夫婦関係の悪化で突き通す

旦那さんと離婚するときのベストな理由は、「夫婦関係の悪化」です。

「他に好きな男性ができたから」

という理由で離婚してもらうのは、基本的にオススメしません。

なぜなら、そのような別れ方をすると慰謝料や周りの目など、いろいろな弊害が出てきます。

そのため、できれば、夫婦仲が原因ということで、離婚を成立することを強くオススメします。

そうすれば、あくまで二人の問題ですし、慰謝料の心配もありません、

そのため、離婚するときを考えて、あなたに好きな男性がいることが旦那さんにバレないように、細心の注意を払うことが大切です。

③不倫関係がバレるようなことは避ける

本気で離婚したいなら、不倫関係がバレるようなことは、極力避けるよにしましょう。

例えば、

・彼と頻繁に連絡を取る

・彼と日中に会う

・彼と食事や旅行に出かける

などなど、不倫がバレるような行為はなるべく避けることが必要です。

下手をすれば、浮気調査などの探偵が見張っている可能性もあるので、彼と会うにしても場所や時間を慎重に選ぶことが大切す。

他にも着信履歴を消したり、ラインのトーク履歴を非表示にするなど、こまめな処理を忘れないようにしましょう。

④離婚やその後のプランを彼と話し合う

現実的に離婚を進めていくなら、離婚やその後のプランを話し合っておくことも大切です。

具体的には、離婚をする期限と離婚後の二人の将来についてです。

まず、離婚の期限を二人で話し合って、ざっくりでいいので決めておくようにしましょう。

そうすることで、あなたも少しずつ現実的に進めていくことができますし、相手もリアリティを持ってあなたとの今後を考えることができます。

また、相手に妻子がいる場合も、

「いつまでにしてくれるの?」

というふうに質問してみましょう。

お互いに期限を決めることで、しっかりと離婚を進めていくことにつながります。

また、期限を決めたら、具体的にどんな順番で離婚を進めていくのか話し合いましょう。

具体的には、

・離婚の理由はどうするか

・いつ離婚を切り出すか

・子どものことはどうするのか

・慰謝料問題などは大丈夫か

・離婚した後、どうするか

などなど、しっかりと丁寧に話し合いましょう。

そうすることで、よりリアリティをもって彼も離婚を考えるようになります。

そのため、期限を決めて終わりではなく、その後どうやって具体的に離婚を進めていくのかも「二人で」話し合っていきましょう。

⑤さまざまなリスクを考え、準備する

離婚を進めていく上で、ここまで解説してきたように、さまざまなリスクに備えて行動していく必要があります。

特に、二人の関係が旦那さんや周りの人にバレた場合についてもしっかりと話し合っておくが大切です。

二人が同じ会社であれば、進退に関わるかも知れませんし、周りから白い目で見られるかもしれません。

また、慰謝料を請求された場合、どうしても一緒になりたいなら、多額のお金を準備する必要があるかもしれません。

そのため、離婚するにあたって最悪のケースを考え、そうならないためにはどうしたらいいのかをしっかりと話し合っておくようにしましょう。

離婚を切り出しやすいタイミング

離婚は、タイミングがすごく大切です。

例えば、あなたに幼いお子さんがいる場合、いくら彼のことが好きでも、そのタイミングで別れることは難しいですよね。

また、夫婦仲で特に悪くないのに、そのタイミングで離婚を切り出すのもむずかしいですよね。

つまり、離婚をするにあたっても、タイミングが重要となるわけです。

一般的に離婚を切り出しやすいタイミングは以下の3つです。

①夫婦仲が冷めきったとき

②ある程度子どもに手がかからなくなったとき

③大きな夫婦喧嘩をしたとき

では、①~③について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①夫婦仲が冷めきったとき

1番のタイミングは、夫婦仲が冷めきったときです。

早いと、結婚してから3年経過したくらいから、急激に夫婦仲が冷え始めることがあります。

具体的には。、

・口喧嘩ばかりする

・二人で出かけることがなくなった

・ほとんど会話しない

・レス状態

などなど、このような状況であれば、その夫婦は冷え切っている可能性が高いです。

そのため、今現在、どんな夫婦仲なのかを客観的に考えてみることも大切です。

②ある程度子どもに手がかからなくなったとき

あなたや彼にお子さんがいる場合、ある程度、子育てに手がかからなくなったタイミングだと比較的離婚に踏み切りやすいです。

具体的には、中学生以上になったタイミングです。

ただ、受験期間などは、お子さんのメンタルに影響を及ぼすので、そのような時期は離婚を切り出すのは難しいです。

また、お子さんがいる場合、仮に離婚しても、ずっと関わらなければならない問題になります。

そのため、子どもがいる場合は特に離婚のタイミングを考える必要があります。

③大きな夫婦喧嘩をしたとき

さいごは、何かしら大きな夫婦喧嘩をしたときです。

もしかしたら、旦那さんのほうも不倫をしている可能性があります。

他にも、日常生活で、ずっと溜まっていた不満がある日爆発して、大喧嘩になることだってあります。

このようなタイミングは、離婚するにはもってこいのタイミングです。

そのため、大きな夫婦喧嘩が起きたときも離婚を切り出すチャンスだということをしっかり覚えておきましょう。

さいごに

今回は、旦那さんより好きになった人ができたときに確認すべきことやポイント、今後の対応策などについて、わかりやすく解説していきました。

「寂しさ」からくる一時的な感情ではなくて、本当に彼のことが好きならば離婚も選択肢のひとつです。

ただ、やみくもに行動すると、さまざまなリスクを被る可能性があるので、今回解説したこと参考にしてみてくださいね。

また、

また、最初にも紹介したように、パート先の上司とW不倫関係になり、長い時間を経て、協議離婚などを経て現在同棲している方もいらっしゃいます。

この方の体験談を読んでいただければわかりますが、W不倫をしているときのリアルな心境や離婚までにしたことなどについて、詳しく書かれています。

さらに、経験者にしかわからない具体的なアドバイスも書かれていて、今後の役に立つと思うので、あわせて読んでみてくださいね