浮気・不倫

【奥さんと別れてほしい】奥さんと確実に別れさせるには?経験談も紹介!

「奥さんと別れてほしいけどどうしたらいいのかわからない…」

「いつか一緒になりたいねと言ってくれるだけで、ぜんぜん話が進まない」

これを読んでくださっているあなたは、不倫相手の男性が奥さんとなかなか別れてくれなくて悩んでいると思います。

不倫男性は、「君のことが1番好きだよ」「いつか一緒になりたいと思っている」と言葉では伝えてくれますが、実際に行動に移してくれることは少ないですよね。

そんな彼の口車にモヤモヤしている方も少なくないと思います。

また、こちらから、

「いつ別れてくれるの?」

と聞いても、うまくはぐらかされるだけですし、あんまり問い詰めると、逆に嫌われて、彼との関係が終わってしまうのではと不安に思ってしまいますよね。

そのため、別れてほしくても、なかなか言い出せないで困っている方も多いと思います。

たしかに、奥さんと別れてもらうのは簡単なことではありません。

特に、相手のお子さんがいればなおさらです。

ただ、アプローチの仕方を変えていけば、奥さんと別れさせることも可能です。

実際、遊び目的だった既婚男性に離婚をさせ、現在同棲にまで至っている女性もいらっしゃいます。

>>【不倫経験談】遊び目的で不倫関係になった既婚男性に離婚をさせ、同棲まで成功させた話。

そこで、今回は、既婚男性に奥さんと別れてもらうときのポイントやテクニック、注意点について、恋愛心理学なども踏まえながらわかりやすく解説していきます。

既婚男性が奥さんと別れないのはどうして?

まず、既婚男性が奥さんと別れない理由やその心理について見ていきましょう。

もちろん、その男性によって微妙な違いはありますが、離婚しない理由はだいたい共通していることが多いです。

それは大きく分けて次の5つです。

①奥さんのことを嫌いになっていない

②奥さんとの間に子どもがいる

③離婚するほどあなたに本気ではない

④離婚できない何かしらの事情がある

⑤世間体や離婚リスクを気にしている

既婚男性が奥さんとなかなか離婚しない場合、だいたいは上の5つのどれかに当てはまることが多いです。

では、①~⑤について、もう少し詳しく見ていきましょう。

①奥さんのことを嫌いになっていない

あなたと不倫しているからといって、奥さんのことを嫌いになっているとは限りません。

そして、もし奥さんのことを嫌いになっていなかったり、関係がいたって良好なら、離婚は当然してくれません。

そのため、まずは不倫相手と奥さんの夫婦関係を日々の会話などからリサーチする必要があります。

もちろん、あなたからしたら奥さんの話は耳を塞ぎたくなると思います。

ただ、現実的に離婚させたいと思うのであれば、相手の夫婦関係が冷め始めているのか、それとも、まだ良好なのかしっかりと情報収集する必要があります。

そのため、彼との会話のなかで、さりげなく探っていくようにしましょう。

②奥さんとの間に子どもがいる

彼にお子さんがいる場合、ある程度、子育てに手がかからなくなったタイミングまで待たないと離婚に踏み切ることは難しいです。

具体的には、中学生以上になったタイミングです。

ただ、受験期間などは、お子さんのメンタルに影響を及ぼすので、そのような時期に離婚を切り出すのは難しいです。

また、既婚男性は、奥さんに対しては気持ちが冷めていても、自分の子どもには変わらず愛情を持っていることが多いです。

そのため、お子さんがいる場合は、奥さんとの夫婦関係に関係なく、離婚を決断できないという既婚男性も少なくありません。

ですので、「子どもがいるから離婚はできない」と彼がもし言った場合は、ある程度、子育てに手がかからなくなったタイミングまで待つか、子どもよりもあなたのほうが大事だと思わせることが必要です。

③離婚するほどあなたに本気ではない

彼にとって、あなたがただの不倫相手でしかない場合、離婚させるのは難しいです。

そのため、奥さんと別れてほしいなら、まずは彼があなたにどれくらい本気かを見極める必要があります。

そこで、次の項目にいくつ当てはまるか数えてみましょう。

□彼から誘ってくることが多い

□体の関係なしでも会ってくれる

□週に3回以上会ってくれる

□土日もたまに会ってくれる

□彼から連絡がくることが多い

□食事やデートなど、体の関係以外の時間も多い

□離婚の話を自分から何度もしてくれる

□家庭の悩みや愚痴をよく話してくれる

□他の男性との関係を許してくれない

これらの言動が彼に見られる場合、あなたへの本気度はけっこう高いと言えます。

そのため、当てはまる数が多ければ多いほど、あなたへの本気度が高いので、奥さんと別れてもらえる可能性も高いです。

ですので、まずは上のチェック表で、いくつ当てはまるか考えてみましょう。

④離婚できない何かしらの事情がある

夫婦関係は冷めきっていても、離婚できない何かしらの事情を抱えているケースもあります。

たとえば、彼が自分の会社や取引先の会社の社長令嬢と結婚している場合があります。

そのような場合、離婚すると、体裁だけでなく、自分の進退や昇進など、会社の立場にも影響を及ぼすので、離婚に踏み切ることが難しくなります。

このような事情があるのであれば、彼に転職する覚悟をもたせたり、今の地位を捨てでもあなたと一緒になりたいと思わせることが必要になります。

⑤世間体や離婚リスクを気にしている

奥さんとなかなか別れない男性は、世間体や離婚する際のリスクを考えていることもあります。

離婚したら、親戚の間でも陰口を叩かれるかもしれませんし、会社の同僚や上司、後輩にも白い目で見られるリスクがあります。

また、離婚は、親権や慰謝料、社会的制裁など、さまざまなリスクがあります。

これらのリスクを背負ってでも、あなたと一緒になりたいかと考えたとき、彼は迷うかもしれません。

そのため、このような事情で奥さんと別れられないこともあることも知っておきましょう。

まずは、奥さんよりも愛してもらうことが大事!

ここまで、既婚男性が奥さんと別れない理由や心理について解説してきました。

残酷なお話ですが、彼が離婚しない理由によっては、あなたが努力をしてもどうにもならないことがあります。

また、恋愛本でよく言われているような「彼の癒やしの存在になる」「彼に尽くしてあげる」などのテクニックを駆使したからといって、離婚してもらえるわけではありません。

本当に彼に奥さんと別れてもらいたいなら、あなたも覚悟を持って、本気で行動してくことが必要です。

そうすれば、時間がかかっても、彼が奥さんと別れてあなたと一緒になる可能性は十分にあります。

では、具体的にどんなことをすればいいのか。

その第一ステップとして、まずは奥さんより自分を愛してもらう必要があります。

よく、好きな男性に気に入られるためには、「話をよく聞いてあげる」「理解を示してあげる」などがありますが、このような中途半端なアプローチでは、今のまんまです。

もっと彼の心理を利用して、あなたを好きにならせる必要があります。

その具体的なアプローチは次の5つです。

①奥さんの短所や欠点を満たす

②彼に尽くすのではなく、尽くしてもらう

③体だけの関係にならない

④他の異性との関係も大事にする

⑤精神的に依存せず、自立した女性になる

この5つのステップを順番に踏んでいけば、あなたは既婚者である彼から奥さんより大きな愛情を受けることができます。

では、①~⑤について、もう少し詳しく見ていきましょう。

①奥さんの短所や欠点を満たす

まずは、彼の奥さんの情報収集をコツコツして、彼が奥さんに抱えている不満、短所や欠点をリサーチしましょう。

(時間のあるときにメモをとってまとめておくのも大切です。)

例えば、

・働いてないくせに文句ばかり言う

・ぜんぜんねぎらってくれない

・女性としての魅力を感じない

・価値感がちがう

・口喧嘩が多い

などなど…。

このような不満をしっかりと覚えておくようにしましょう。

単純な話ですが、この不満や短所、欠点を満たしてあげるだけで、彼にとってあなたは魅力的で理想に近い女性になることができます。

彼の愚痴や不満にはたくさんのヒントが隠れています。

そのため、やさしく聞いてあげながらも、しっかりと情報収集するようにしましょう。

②彼に尽くすのではなく、尽くしてもらう

よく、好きな男性から愛されたいなら、彼にとことん尽くしてあげなさいと恋愛本やネットの記事に書かれていますよね。

ただ、これはほとんど嘘です…。

もし、本当に彼に愛されたいなら、「尽くされる女性になる」ことが大切です。

「え…」と思うかもしれませんが、実際、尽くしてしまう女性ほど、最後には捨てられることが多いです。

たとえば、彼氏との食事で料理を小皿に取り分けてあげたり、話をうんうんと聞いてあげたり、彼が求めるはいつでも体を許したりして、不倫相手に尽くしていませんか?

このような行為を積み重ねて、あなたが尽くせば尽くすほど、相手はあなたに愛想を尽かしやすいのです。

そのため、男性に積極的に尽くしてあげても、それが愛情となって返ってくることは少ないということを知っておくにしましょう。

また、そもそも、男性は、プライドが高いのもあって、尽くされるよりも自分が尽くすほうが好きです。

実際、心理学でも、自分が助けたり、尽くしたりした人に対して好意をもちやすくなるという例があります。

そのため、愛されたいのであれば、まず、彼から尽くしてもらうようにしましょう。

また、彼は、彼女のために何かをやってあげたり、尽くしたりすることで、満足感や達成感を得るとともに、「俺がいないとダメだな」と思うことができます。

つまり、あなたに尽くすことで、自分に対して自信を持つことができるようになるのです。

このような関係性を築ければ、彼は奥さんよりも、あなたの隣にいることで自信がどんどん湧いてくるので、率先していろいろやってくれるようになりますし、あなたに費やす時間も増やしてくれるようになります。

③体だけの関係にならない

彼に本気で奥さんと別れてもらいたいなら、体だけの関係にならないことも大切です。

ほとんどの男性が不倫するのは、遊び目的、もっというと体の関係を求めているからです。

男性は、夫婦生活が長くなれば長くなるほど、奥さんを女性として見れなくなり、レス状態になることが多いです。

そのため、他の女性に体の関係を求めるようになるのです。

もちろん、不倫では体の関係がないと難しいところもあるので、一切するなというわけではありません。

ただ、体の関係だけになると、あなたはいつまで経っても、ただの不倫相手です。

このような関係のままでは、奥さんと離婚させ、いっしょになることはできません。

ですので、彼とは体の関係だけにならないようにする必要があります。

例えば、特定の日は食事だけにして、体の関係はなしにするなどして、少しずつ二人の関係性を移行していくようにしましょう。

その方法に関しては、以下の体験談でも詳しく書かれているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

>>【不倫経験談】遊び目的で不倫関係になった既婚男性に離婚をさせ、同棲まで成功させた話。

④他の異性との関係も大事にする

不倫相手を略奪したいのであれば、他の男性との関係も大事にしましょう。

ここでの「つながり」は、男女の関係ではなくて、連絡を取り合ったり、食事に行ったりするような仲ということです。

これは、あなたの「余裕」を保つために必要です。

女性はどうしても好きになると一点集中になってしまいます。

そうすると、知らずしらずのうちに、彼に依存して、すがってしまい、重い女になってしまいます。

そうなると、最後は切り捨てられてしまいます。

そうならないためにも、本命の彼以外の男性の存在を自分の周りに置いておくことが必要です。

そうすることで、自然とあなたに「余裕」が出てきて、魅力的な女性になることができます。

「でも、他の男性が私を好きになってしまったら…?」

と心配する声もあります。

ただ、これは、あくまで相手の男性側の問題です。

本気で好きなら、猛アプローチしてきますが、それはそれで相手の決断なので、気にすることはありません。

そのため、活用できる存在はしっかりと活用していくことが大切です。

⑤精神的に依存せず、自立した女性になる

彼に奥さんと別れてもらいたいなら、あなた自身は「精神的に自立した女性」になることが必要です。

間違っても、彼に依存してはいけません…。

特に相手の奥さんが専業主婦だったり、依存型の奥さんの場合は、なおさらです。

あなたが、自立した女性であることを示すことで、彼はあなたに人間的な魅力を感じるとともに、後にいっしょになったとき、家庭を安心して任せられるという認識をもたせることもできます。

逆に、不倫相手に対して依存してしまったり、すがってしまったりすると、最後は切り捨てられることが多いです。

そのため、彼を略奪したいのであれば、徹底して「自立した女性」を目指すようにしましょう。

また、彼が離婚してくれないから、彼を切り捨てるくらいの覚悟をもつようにすることも大切です。

現実的に彼に離婚を進めてもらうには?

ここまで解説してきた方法で、あなたへの彼の愛情を大きくしたら、次は現実的に離婚話を進めさせる必要があります。

離婚話は、焦らせるのはNGですが、逆に彼の気持ちを尊重しすぎてズルズルいっても、あなたの貴重な時間が奪われるだけです。

そのため、本当に彼に離婚話を進めてほしいなら、しっかりと口にすることは大切です。

そのときのポイントは次の4つです。

①離婚する意思があるのか聞く

②離婚の期限を具体的に決める

③離婚の手順を話し合う

④期限を過ぎた場合どうするか決める

離婚を現実的に進めるのであれば、上記のステップに沿って、しっかりと話し合うことが必要です。

では、①~④について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①離婚する意思があるのか聞く

まずは彼に離婚する意思があるかどうか確認しましょう。

確認方法は簡単で、ストレートに「奥さんと別れて、私と一緒になる気はある?」と聞けばOKです。

回りくどい言い方をしても、はぐらかされるだけなので、本気で離婚の話を進めてもらいたいなら、単刀直入に切り出すようにしましょう。

また、彼の答えが恐くて聞けないのであれば、今後も離婚を進めてもらうのはむずかしいでしょう。

今の関係のままでいいなら、この質問はしなくても大丈夫です。

でも、本気で彼に奥さんと別れてほしいと思っているのなら、ストレートに聞くようにしましょう。

②離婚の期限を具体的に決める

彼に離婚の意思があることがわかったら、次は離婚の具体的な期限を決めるようにしましょう。

期限を決めないと、口だけで離婚の話がまったく進んでいないという状況に陥りやすくなります。

そのため、離婚の意思があるのがわかったら、あなたから、

「いつまでにしてくれるの?」

というふうに質問してみましょう。

「まだわからない」と言われたら、ざっくりでもいいので、「1年以内?」というふうに具体的な期間を決めましょう。

それでもはぐらかされるのであれば、「◯◯までに無理なんだったら、もう不倫を終わりにしたい」と切り出しましょう。

このセリフを言うのはもちろん恐いと思います。

ただ、ここまで紹介した方法を実践していれば、彼のあなたへの愛情は大きくなっているはずなので、そう簡単に別れを切り出さないでしょう。

また、相手に離婚を求めるなら、あなたも一定のリスクを取る必要があります。

そのため、彼が期限をはぐらかす場合は、このようびズバッと切り出してみましょう。

③離婚の手順を話し合う

期限を決めたら、次にどんな順番で離婚を進めていくのか話し合いましょう。

具体的には、

・離婚の理由はどうするか

・いつ離婚を奥さんに切り出すか

・子どものことはどうするのか

・慰謝料問題などは大丈夫か

・離婚した後、どうするか

などなど、しっかりと丁寧に話し合いましょう。

そうすることで、よりリアリティをもって彼も離婚を考えるようになります。

そのため、期限を決めて終わりではなく、その後どうやって具体的に離婚を進めていくのかも「二人で」話し合っていきましょう。

④期限を過ぎた場合どうするか決める

最後に、期限を過ぎた場合、どうするかを決めましょう。

とは言っても、選択肢はひとつです。

それは、

「彼との関係を断つ」

ということです。

それしかありません。

これは、あなたも強い意思を持って、覚悟してください。

それができないのであれば、いつまで経っても今の関係のままで、彼の新しい奥さんになることはできません。

また、期限を過ぎたら見切りをつけないと、あなたもこの先素敵な恋愛や結婚をできなくなります。

そのため、期限を過ぎたら、「関係を断つ」ということを強く伝えるようにしましょう。

「縁切り」を活用するのもオススメ!

縁がある」「人との縁など、日常生活でも“縁”という言葉を聞くことが多いと思います。

縁とは、簡単にいえば「つながり」です。

あなたが人生で出会う方々は、良い悪いにかかわらず、必ず「縁」があります。

この「縁」を切りたいときに使うのが「縁切り」です。

縁切りとは目には見えない人と人とを繋ぐ「縁」霊的な力によって操作し、断ち切ることです。

そのため、不倫相手とその奥さんの縁が切れてほしいと思う場合は、この「縁切り」を一度試してみるのもオススメです。

縁切りは通常、「縁切り神社」に行って祈ったり、縁切りができる占い師の先生にお願いするのが一般的です。

縁切りの実績がある先生は下記の記事で解説しているので、気になる方はあわせてチェックしてみてくださいね!

【電話占い】「縁切り」を用いてできることやおすすめ占い師を紹介!縁切りは、あまり関係がよくない人との関係を断ち切ったり、二度と関わりたくない人との縁を切るだけでなく、タバコや飲酒などモノとの関係を断ち切る効果もあります。そこで今回は「縁切り」についてやそれを得意とする占い師についてご紹介していきます。...

既婚男性に絶対やってはいけないこと

さいごに、既婚男性に奥さんと別れてもらうためにやってはいけないことについて解説します。

彼への愛情が強すぎると、時に危険な判断をしてしまい、取り返しのつかない事態になることがあります。

そのため、彼のことがどれだけ好きでも次のようなことは絶対にしないようにしましょう。

①意図的に彼の子どもを作る

②彼の家族に接触したり、嫌がらせをする

③彼に対して執拗に迫る

④その他、彼や彼の家族に危害を加える

⑤自分を傷つける行為

これらのことをすると、あなたの人生が壊れるのっで、絶対にやめましょう。

念の為、①~⑤について、それぞれ解説していきます。

①意図的に彼の子どもを作る

よく彼を離婚させるために、意図的に彼との子どもを妊娠しようと企てる女性がいますが、これはNGです。

仮に妊娠したとしても、彼からはおろしてと言われることが多いですし、離婚をしてくれる可能性は低いです。

また、子どもをおろすことになればあなたの心も傷つきますし、一生後悔するかもしれません。

そのため、いくら彼を奥さんから奪いたくても、意図的に妊娠するのは絶対にやめましょう。

②彼の家族に接触したり、嫌がらせをする

彼と奥さんと別れさせるために、彼の奥さんや子どもに接触するのもNGです。

また、彼の自宅に行って嫌がらせをしたりするのも絶対にやめましょう。

このようなことをすると、子どもはつらい思いをしますし、奥さんは当然怒って、裁判沙汰になることもあります。

そのため、彼の家族にわざと接触したり、嫌がらせするのは絶対やめるようにしましょう。

③彼に対して執拗に迫る

奥さんに別れてほしいからといって、彼に執拗につきまとうのもNGです。

たとえば、彼に何十回、何百回も連絡したり、「はやく別れて」と何回も迫ったり、「奥さんにバラしてもいいの?」など脅迫したりしたら、確実に彼はあなたから離れていきます。

最悪の場合、音信不通になったり、二度と会えなくなることもあります。

そのため、このようなことは絶対にやめましょう。

④その他、彼や彼の家族に危害を加える

奥さんと別れてくれないからといって、ヒステリックになって、彼や彼の家族に危害を加えたりするのは絶対にやめましょう。

これは、犯罪ですし、彼との将来の可能性はゼロになります。

というよりも、あなたの人生が壊れます。

そのため、彼や彼の家族に危害を加えるのは絶対NGです。

⑤自分を傷つける行為

彼が奥さんと別れてくれないからといって、自分を傷つける行為をするのは絶対にやめましょう。

例えばリストカットをしたり、自ら命を絶とうとしたりすることです。

このようなことをするくらいなら、彼と二度と会わないようにしましょう。

さいごに

今回は、既婚男性に奥さんと別れてもらうときのポイントやテクニックについて、恋愛心理学なども踏まえながらわかりやすく解説していきました。

既婚男性に奥さんと別れてもらうのはとても大変で難しいことです。

そのため、あなたも覚悟をもって、本気で行動していく必要があります。

ですので、今回解説したことを参考に、しっかりとアプローチしていくようにしましょう。

また、冒頭にも紹介したように、実際に遊び目的だった既婚男性に離婚をさせ、現在同棲にまで至っている女性もいらっしゃいます。

この方の体験談を読んでいただければわかりますが、不倫をしているときのリアルな心境や離婚させて同棲に至るまでに実践した具体的なアプローチ、失敗談などについても詳しく書かれています。

さらに、経験者にしかわからないアドバイスも書かれていて、今後、奥さんとの離婚を進める上で役に立つので、あわせて読んでみてくださいね