復縁・復活愛

元彼との復縁が脈なしか確実に見分けるには?『脈なしサイン』を解説!

「元彼と復縁したいけど、そっけないし難しい気がする…」

「連絡しても返信遅いし、復縁は無理かな…」

復縁を目指していても、彼の態度が冷たかったり、連絡が遅かったりすると、「復縁は脈なしかな…」と不安になってしまいますよね。

ただ、今は脈なしでも、人の気持は時が経つにつれて変わるものです。

そのため、今どれだけ彼の態度が冷たかったり、そっけなくても復縁できる可能性はあります。

実際、LINEをブロックされ、相手に「会えない」と言われ、新しい恋人まで作られたにもかかわらず、その状況から諦めないでアプローチして、元彼と復縁した方もいます。

>>【復縁体験談!】LINEをブロックされ、新しい彼女までできた元彼と復縁するまでのお話

そのため、まず大前提として、今現在、どれだけ彼から脈なしの行動をされたとしても、今後絶対に復縁できないということではないことを覚えてきましょう。

ただ、もし、今彼が脈なしを感じさせるようなサインを出してくる場合、そこであなたが猛アプローチしたとしても逆効果になる可能性が高いです。

また、彼の気持ちを考えないでしつこくアプローチすると、最悪の場合、連絡先をブロックされてたりして、復縁を遠のかせる危険があるので注意しましょう。

そのため、彼が脈なしサインを出している間は、冷却期間をおいて、他の事に時間を使うことが大切です。

では、一体どんな行動や態度をしてきたら、彼に復縁する気が「今はない」とわかるのか、その『脈なしサイン』について、経験談や恋愛心理学などを踏まえてわかりやすく解説していきます。

元彼の復縁に対しての脈なしサイン

もし、次にご紹介するような言動や態度を彼が取ってきたら、「今は復縁する気はないよ」という脈なしサインになります。

①LINEの返信が遅い

②LINEをすぐに切られる

③LINEの返信が短文でそっけない

④彼から連絡してくることがない

⑤「会いたくない」意思を示してくる

⑥ドタキャンをしてくる

⑦社内などでの接触を避けようとしてくる

⑧SNSのつながりが断ち切られている

⑨SNSでのあなたとの写真が削除されている

➉LINEブロックや着信拒否がされている

もし、今現在、元彼に復縁する意思がないのであれば、このような脈なしサインが多く見られます。

つまり、当てはまる数が多ければ多いほど、脈なしの可能性が高いということです。

そのため、たくさん当てはまる場合は、今は無理にアプローチしないのが得策です。

では、①~➉について、もう少し詳しく見ていきましょう。

①LINEの返信が遅い

LINEの返信が遅いのは、脈なしサインの典型例です。

目安としては、1日に1、2回しか返ってこない、もっとひどい場合は、2~3日に1回、1週間に1回程度のケースもあります。

男性は、好きな女性や気になっている女性に対しては、忙しくても隙間時間で連絡をします。

ですが、1日1回程度しか返ってこない場合は、あなたと連絡を取りたがっていない、連絡を取るのをめんどくさいと思っているサインでもあります。

そのため、このように相手の返信頻度が極端に少ないときは、早めにLINEを終わらせて、しばらく連絡するのを控えるようにしましょう。

②LINEをすぐに切られる

LINEをしても、すぐに「またね」「じゃあね」などで会話が切られてしまう場合も、脈なしサインのひとつです。

これは、別れた直後のLINEにありがちです。

メッセージのやりとりを3~4往復しかしていないのに、会話を切り上げてきた場合、それは「あなたとできるだけ連絡を取りたくない」「連絡を取り合うことがめんどくさい」と考えている心の表れでもあります。

そのため、このようなサインが見られる場合も、しばらく連絡を取るのを控えるようにしましょう。

③LINEの返信が短文でそっけない

LINEの返信が短文でそっけない場合も、脈なしサインのひとつです。

例えば、こちらが長めのLINEなどを送っても、「うん」とか「そうなんだ」とか「よかったね」など、短文で絵文字もないそっけない返事だった場合は注意が必要です。

このような場合、「なんでまだ連絡してくるんだろう」「返信するのもめんどくさいな」と思っていることが多いです。

また、相手の返事がこんなにもそっけないと、あなたも不安になったり、落ち込んだりして精神衛生上よくありません。

そのため、このように返信が極端にそっけない場合も、しばらく連絡を控えるようにしましょう。

④彼から連絡してくることがない

当然といえば当然ですが、彼に復縁する意思がない場合、基本的に彼が連絡が来ることはほとんどありません。

逆に、連絡がくる場合は、

・業務上の連絡

・何かしらの事情がある

・あなたに未練がある

・あなたと都合のいい関係になりたい

のどれかに当てはまることが多いです。

ただ、彼から連絡がない場合は、「今はあなたと連絡したくない」というサインなので、無理にこちらから連絡しないようにしましょう。

⑤「会いたくない」意思を示してくる

連絡を取る中で、元彼のほうから、

「もう会う気はない」

とはっきり意思表示されるケースもあります。

この場合、「復縁はこれから先考えられない」という彼なりのサインです。

そのため、一旦連絡するのはやめるようにしましょう。

ただ、このようにハッキリと意思表示されても、時間が経てば彼の気持ちも落ち着き、会ってくれるようになることが多いです。

そのため、今は気持ちをぐっとこらえて、そのタイミングを待つようにしましょう。

⑥ドタキャンをしてくる

会う約束などをしても、ドタキャンしてくる場合、脈なしサインのひとつです。

このケースの場合、普通に元彼と連絡ができていることが多いので、復縁までスムーズにいけそうに思えますが、いざ会おうとすると何かを理由をつけて会ってくれなかったり、ドタキャンしてくることが多いです。

この場合、

「やっぱり会いたくない」

「まだ気持ちの整理がついていない」

という気持ちの表れです。

そのため、このような場合も、しばらくアプローチするのをやめるようにしましょう。

⑦社内などでの接触を避けようとしてくる

もし、元彼と職場や学校が同じの場合、あなたとの接触をなるべく避けようとしてくることがあります。

具体的には、目を合わせようとしなかったり、会話を避けたり、すれ違ったりしないようにしてくることです。

このような行動も脈なしサインのひとつです。

これは、あなたに対して「気まずさ」を感じていることが多いです。

そのため、このような行動がみられた場合は、無理に接触したりしようとせず、偶然会ったら軽い挨拶程度にしておきましょう。

⑧SNSのつながりが断ち切られている

別れてから、インスタやツイッターなどSNSのフォローが外されたり、フォロワーから除外されていたりする場合も、脈なしサインのひとつです。

また、これは、

「これ以上詮索されたくない」

「自分のプライベートを見られたくない」

という心の表れでもあります。

特に、付き合っていた時に、あなたが彼の交友関係を詮索していたり、束縛していたりしていたなら、このような対応をされるリスクが高いです。

この場合も、時間を少しおいて、彼の気持ちが落ち着くまで何もしないのが得策です。

⑨SNSでのあなたとの写真が削除されている

SNSであなたと付き合っていたときの写真が削除されているかどうかも、脈なしを判断するひとつの基準になります。

あなたに未練がある場合、あえて写真を消さない男性もいます。

ただ、その写真を消しているということは、フォロワーの人たちに

「彼女と別れました」

「彼女はいません」

ということを伝えたいという意図が隠れていることが多いです。

つまり、他の異性のことを意識している可能性もあるということです。

そのため、彼のインスタなどであなたとの写真の投稿が消えているかどうかも一つの基準にするようにしましょう。

➉LINEブロックや着信拒否がされている

もし、LINEがブロックされていたり、既読無視・未読無視をされているようなら、それは脈なしサインのひとつです。

また、ここまでされているということは、別れるときに相当嫌な思いをしたか、あなたがしつこくアプローチしたかのどちらかです。

とりあえず、彼への連絡が通じないようであれば、今後復縁する上でも大変なので、もしブロックされている場合は以下の記事を必ず読んでくださいね。

【占いなら解除率90%!】LINEブロックを解除できる占い師を徹底調査!LINEのブロックを解除する方法は、一般的に共通の友人に協力してもらったり、一定期間あけるなどがあります。ただ、これらの方法でブロックを解除してもらえるケースは少ないです。そこで、今回はLINEのブロック解除の実績がある占い師をご紹介します。...

脈なしの元彼に絶対やってはいけないこと

もし、今現在、元彼に復縁する意思がないのであれば、しつこく連絡したり、無理に会おうとするのはNGです。

そのようなことをすると、さらに嫌われ、復縁できる可能性を本当の意味でゼロにしてしまう可能性があります。

そのため、彼から脈なしサインが多く見られるときは、無理なアプローチは控えるようにしましょう。

特に、次の3つはNGです。

①彼にしつこく連絡する

②彼の家や最寄り駅に無断で行く

③復縁の告白をしつこくする

これらのことをすると、LINEなどをブロックされ、復縁もできなくなる可能性が高いです。

そのため、絶対にやめるようにしましょう。

では、①~③について、もう少し詳しく見ていきましょう。

①彼にしつこく連絡する

彼が脈なしサインを出しているのにも関わらず、LINEなどでしつこく連絡するのはNGです。

これは、あなたの気持ちを優先したアプローチであって、彼の気持ちを全然考えていません。

このようしつこく連絡すると、最悪の場合、LINEをブロックされてしまいます。

さらに、LINEをブロックされると、どうすればいいかわからなくなって、ツイッターやインスタグラムのDM機能をつかって相手にメッセージを送ってしまう人もいます。

これは、絶対NGな行為です。

このように、無理に相手にしつこく連絡すると、相手の拒絶をもっと強めてしまうことになります。

そして最終的に、ツイッターやインスタグラムでも相手にブロックされてしまい、自分で自分の首を絞めることになるのです。

そのため、しつこく連絡するのは絶対にやめるようにしましょう。

②彼の家や最寄り駅に無断で行く

元彼が返信をしてくれなかったり、会ってくれなかったりすると、相手の自宅や最寄りに押しかけてしまう人がいます。

これも当然NGです。

相手との約束なしに、このような行為をしてしまったら、相手と進展したり、関係を修復できたりする可能性はほぼゼロになったといっても過言ではありません。

このような行為は、相手に迷惑をかけるだけでなく、「重い」と感じさせたり、一種の「恐怖」を感じさせたりしてしまう行為です。

そのため、絶対にやってはいけません。

相手とつながれない悲しみは計り知れないことはよくわかります。

ただ、相手の自宅や最寄りなどに押しかけてしまうとその時点で絶望的になるので注意しましょう。

そのため、一時期の感情でまちがった行為をしないよう気をつけてください。

③復縁の告白をしつこくする

元彼と早く復縁したいからといって、告白をしつこくするのはNGです。

これも自分の気持ちばかり優先させている自分勝手なアプローチです。

これだと当然うまくいきませんし、最悪の場合、彼と音信不通になったり、二度と会ってもらえなくなったりします。

そのため、元彼と早く復縁したいからといって、しつこく告白するのは絶対にやめましょう。

しばらく冷却期間を置くことが大切!

もし、現時点で彼が脈なしサインを出しているのであれば、しばらく冷却期間を置くことが大切です。

彼があなたに対して脈なしサインを出す理由にはさまざまなことが考えられます。

例えば、

・今は連絡取りたくないし、会いたくもない

・しばらく恋愛したくない

・いろいろと整理する時間がほしい

・他に好きな女性や新しい彼女がいる

・仕事やプライベートが忙しい

などの理由が考えられます。

いずれによせ、彼があなたに対してそっけなくしたり、冷たい態度を取る場合、現時点で復縁は脈なしです。

でも、いずれ時間が彼の心を落ち着かせ、そのわだかまりを解決してくれます。

そのため、まずは冷却期間をおいて、その間に、彼と付き合っていたときのことを思い返して、自分がよくなかったところを改善してくようにしましょう。

そうして、自分磨きなどに時間を使って、後の復縁の準備をしていくようにしましょう。

さいごに

今回は、彼が復縁をする気がないときの「脈なしサイン」について解説してきました。

彼が脈なしサインを出しているときは、アプローチするタイミングではありません。

そのため、まずは冷却期間をおくことが大切です。

ただ、最初にもお伝えしましたが、脈なしサインを出してきたとしても、あくまでそれは「今の気持ち」であって、時間が経つにつれて変わっていきます。

そのため、彼の脈なしサインを見分けて、慎重にアプローチするようにしましょう。

また、こちらの記事では、元彼との復縁を成功させた方に寄稿してもらった

「【復縁体験談】LINEをブロックされ、新しい彼女までできた元彼と復縁するまでのお話」

を掲載しています。

今復縁を目指しているけど、「もう無理かな…」と思っている方は、是非あわせて読んで、ご自身の復縁に役立ててくださいね。