復縁・復活愛

「復縁する気ない」と言われた元彼との復縁方法を経験者が解説!

あやか
あやか
元彼に「復縁する気はない」と言われると本当に辛いですよね。そこで今回は復縁する気がない元彼との復縁方法について経験者の話も踏まえてお話していきます。

「元彼に復縁する気はないと言われた…。」

「復縁するつもりはないと言ってきた元彼と復縁できる?」

これを読んでくださっているあなたは、復縁したいと思っていた元彼に面と向かってやLINEで、

「もう復縁する気はない」

と言われて、すごく傷つき、絶望を感じていると思います。

たしかに、元彼に「復縁する気はない」と言われると、これからどれだけがんばったって復縁できるわけないと思ってしまいますよね。

たしかに、その状態では、今すぐアプローチしたところで、逆に彼に嫌われてしまい、もっと復縁できる可能性を下げることになってしまうでしょう。

ですが、元彼に「復縁する気がない」と言われたからといって、復縁の可能性がゼロになったわけではありません。

なぜなら、人の気持ちは時間とともに移り変わっていくものだからです。

実際、元彼に「復縁するつもりはない」と言われ、LINEもブロックされましたが、そこから時間をかけて復縁した方もいらっしゃいます。

>>【復縁体験談!】LINEをブロックされ、新しい彼女までできた元カレと復縁するまでのお話

そのため、時間をしっかりと置いて、適切なステップでアプローチをしていけば、もう一度元彼の気持ちを取り戻し、復縁まで持っていける可能性は十分にあります。

ですが、考えないでただアプローチしても、余計に元彼との距離ができて、復縁の可能性を低くしてしまうだけです。

そこで今回は、「復縁する気はない」と言われた元彼と復縁する方法やポイント、注意点などについて、経験者や男性心理を踏まえて、わかりやすく解説していきます。

まずは3ヶ月~半年程度の冷却期間を置く

元彼に「復縁する気はない」と言われたら、それは「復縁する気は”今は”ない」という意味だと捉えましょう。

つまり、そのような言葉を言われた後、すぐにアプローチをしても、元彼に嫌われるだけですし、復縁の可能性をもっと低くすることになるため、おすすめしません。

逆に言えば、”今は復縁する気がない”ということなので、時間をあければ復縁できる可能性は十分あるということです。

そのため、まずは最低でも3ヶ月、できれば半年程度時間を置いてみることをおすすめします。

ちなみに、これを「冷却期間」と言います。

もし、元彼から「復縁する気がない」と言われたら、まずはこの冷却期間が必要になります。

冷却期間はいわば元彼の気持ちをリセットするための時間です。

また、冷却期間の他にも次のようなメリットがあります。

①気持ちを整理する

②二人の想い出を美化する

③元彼への自分の気持ちを確かめる

冷却期間は、復縁が困難だと覆われる状況にこそ知っておくべきものです。

そのため、①〜③について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①気持ちを整理する

冷却期間は、お互いの気持ちを整理するために必要な時間です。

もし、あなたが復縁したいと思っていても、元彼がそう思っているとは限りません。

特に付き合っている途中、あなたに対して不満が溜まっていれば、別れた後は、

「しばらく恋愛を休憩したい」

「ちょっと一人の時間を楽しみたい」

と元彼は思っているかもしれません。

もし、他に好きな人ができたという理由であなたを振ったのであれば、その新しい恋に向けてがんばりたいと思うかもしれません。

いずれにせよ、別れた直後は、元彼の意識があなたに向いていることは少ないです。

そのタイミングでアプローチしたところでうまくいきません。

また、男性は、別れた直後は解放感に包まれることが多いため、元カノと距離をあけたいと思うものです。

いずれによせ、元彼に復縁する意思がないとわかったいまはアプローチしても、悪い方向に進むだけです。

そのため、冷却期間をあけて、まずはお互い気持ちを整理し、過去の思い出を精算する時間をもうけましょう。

人の気持ちは移り変わるものですが、時間がかかるのも事実です。

もしかしたら、冷却期間中にあなたの方が気持ちの整理がついて、復縁以外の道を選ぶこともあります。

②二人の想い出を美化する

冷却期間は、二人の付き合っていた頃の思い出を美化する役割もあります。

元彼が「もう復縁する気はない」と言ってきたということは、あなたとの交際は楽しかったことも多いけど、嫌なこと・面倒くさかったこともたくさんあったということです。

そのようなマイナスの思い出がまだ鮮明に残っているからこそ、「戻りたくない」「戻るつもりはない」と思い、そのような言葉を言ったのだと思います。

ですが、不思議なことに、この嫌な思い出というのは、時間が経つにつれて、少しずつ消えていきます。

そして、楽しかった思い出ばかりが頭に残るようになります。

というのも、私たち人間は、辛い思い出や嫌な思い出ばかりが記憶に残っていたら人生を生きるのが辛くなってしまいますよね。

そのため、マイナスの思い出は徐々に消えていき、楽しかった思い出ばかりが記憶に残りやすいのです。

つまり、冷却期間をおくことで、元彼があなたに対して持っている拒絶の気持ちも徐々に薄れていくということです。

昔付き合っていた恋人と、時間が経ってから普通に話せるようになったり、ご飯に行けるようになったりするケースがありますよね。

それは、お互い過去の嫌な思い出が薄れ、「昔はそんなことあったな」というふうに思い出を美化しているからです。

これを戦略的に狙うのです。

そのため、今元彼にあるマイナスの思い出を忘れさせ、あなたとの思い出を美化させるためにも冷却期間は大切なのです。

③元彼への自分の気持ちを確かめる

冷却期間は、元彼に対するあなたの本当の思いを確認するための時間とも言えます。

つまり、あなたがその元彼と本当に復縁したいのか、その結論を導きだすための時間ということです。

元彼に、「復縁する気はない」と言われても諦めないで今後アプローチしていくのか、それとも、元彼との縁はここまでと割り切って、他の恋に目を向けるのか、それを考える時間です。

この冷却期間の間に、あえて他の異性と積極的に食事に行ったり、遊びに出かけたりしてみると良いでしょう。

そして、素敵な男性がいたら、その恋に目を向けてみるのもおすすめです。

それでも元彼のことが好きという結論に到れば、それはそれで強い意志による決断ということになるため、良いと思います。

そのため、冷却期間中に、もう一度、元彼との復縁についてご自分と向き合ってみることも大切です。

冷却期間後はLINEで元彼の反応をチェック

冷却期間をおいたら、次のステップはLINEです。

3ヶ月〜半年ほどの冷却期間をおいたら、思い切ってLINEをしてみましょう。

久しぶりのあなたからのLINEに対して、元彼がどのような反応をするかで今後のアプローチの順番が変わってきます。

そのため、今現在の元彼の気持ちを知るためにも勇気を振り絞ってまずはLINEを送ってみることをおすすめします。

ただ、LINEを送るときにも意識するべきポイントがあります。

それは次の3つです。

①用件ありきのLINEを送る

②短文でさらっとした文面で送る

③相手の反応をチェックしたら 

では、①〜③について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

また、③の部分で、元彼の反応別の今後のアプローチ指針についてもしっかりと解説しているため、さいごまでチェックしてみてくださいね!

①用件ありきのLINEを送る

元彼にLINEを送るときは、しっかりと用件ありきで連絡することが大切です。

逆に言えば、「理由はないけど、ただ連絡したい」という理由でLINEするのは復縁を目指す上でNGです。

これは、お互い好き同士だったり、カップルにだけ許される特権です。

そのため、用件や理由がないのなら送らないようにしましょう。

「そもそも用件ってどんなものがいいの?」

と思った方もいらっしゃると思います。

そのような方は、次のような事項を参考にしてみてください。

◉仕事や授業など共通の事務連絡

◉相手の得意分野についての相談・質問

例)相手がPCに詳しいのであれば、おすすめのPCについて相談する、など

◉相手との共通の趣味の話題

例)お互い好きなアーティストについての話題(新曲、LIVEなど)

◉おすすめのお店

例)元彼が和食好き→おすすめの和食屋さんを聞くなど

このようにすれば、目的を作り出すことはできます。

そして、最初のうちは、用件を決めてLINEして、その目的を達成できたらLINEを一旦切るということを繰り返しましょう。

その後、LINEの頻度が安定してきたら、徐々に近況報告なども交えていくのがベストです。

②短文でさらっとした文面で送る

久しぶりのLINEとなると、緊張やワクワク感があって、気合いが入りますよね。

すると女性は、よく長文になってしまったり、絵文字いっぱいのメッセージになってしまいやすいです。

でも、復縁を目指す元彼に連絡するときにこのようなことをしてしまうのはNGです。

そのため、短文でさらっとした文面で送るようにしましょう。

例えば、次のような感じです。

例)PCに詳しい元彼の場合

「久しぶり!元気?

あのちょっと聞きたいことがあるんだけど、今使っているパソコン壊れちゃって買い替えたいんだけどおすすめのメーカーとかあるかな?

予算は10万円以内に抑えたい…。忙しいところごめんね!」

このように、特に未練などがあるのは醸し出さず、「本当に用件があって送ってきたんだ」と相手が思うようなさらっとした文面が大切です。

特に、絵文字などもいりません。

最初はこのようにしっかりと、用件を入れた上で、短文・さらっとした文章を意識して送るようにしましょう。

③相手の反応をチェックしたら

LINEを送ったら、元彼がどんな反応をしてくるか必ずチェックしましょう。

元彼の反応は主に次の3つのいずれかに当てはまることが多いです。

①普通の返信

②短文で素っ気ない感じの返信

③既読無視 or 未読無視

では、それぞれの反応ごとに、対応方法を詳しく見ていきましょう。

①普通の返信

元彼から特に何事もなかったかのように普通に返信がくる場合は、その後、週に1回〜2回ほどを目安にLINEしていくようにしましょう。

最初のうちは、先ほどもお伝えしたように、用件ありきのLINEを送って、その用件を達成したら一旦切るようにしましょう。

そして、安定して連絡を取れるようになってきたら、少しずつお互いの近況報告などしてプライベートな話をするようにしましょう。

また、LINEの頻度に関しては以下の記事で詳しく解説していますので、こちらも気になる方はチェックしてみてくださいね!

元彼と復縁するためのライン頻度は?最適な頻度を復縁経験者が解説!LINEの頻度は、相手の性格や二人の関係性などによって異なります。また、元彼とできるだけ早く復縁したいなら、LINEの頻度を戦略的に考える必要があります。そこで今回は、男性心理など踏まえてLINEを送る頻度について詳しく解説していきます。...

②短文で素っ気ない感じの返信

もし、LINEしても短文で素っ気ない感じの返信をしてくる場合は、気持ちの整理がついていなかったり、あなたに対してマイナスの感情を抱いている可能性があります。

例えば、あなたがLINEを送っても、「うん」とか「そうだね」とか、そっけないような返信しかこない場合です。

このようなときは、早めにLINEをやめて、1〜2ヶ月冷却期間をプラスであける必要があります。

このような状況で、しつこく連絡しても、相手に不快感を与えてしまい、二人の関係が悪化するだけです。

それに、もしそのまま元彼の気持ちを考えないで一方的にLINEをしたら、最悪の場合、ブロックされる可能性もあります。

そのため、相手の返信が短文で素っ気ない場合は、再度時間をあけて、また連絡してみるようにしましょう。

③既読無視 or 未読無視

もし、あなたが連絡しても元彼が既読無視したり、未読無視してくる場合は、②と同じように再度冷却期間をあける必要があります。

何日も既読無視や未読無視をするということは、相手は意識的に返信していないということです。

つまり、あなたと連絡を取りたがっていないか、あなたへの返信の優先順位がかなり低いということになります。

このような状態でしつこくLINEしても、相手との距離をもっと距離をもっと遠のかせるだけですし、最悪の場合、ブロックされることもあります。

そのため、相手が既読無視や未読無視をする場合は、LINEを2ヶ月〜3ヶ月ストップしましょう。

普通にLINEができるようになった後のアプローチ

ここまで解説してきたことを踏まえて、普通の友達のように元彼とLINEができるようになったら、あとは他の復縁と同じように次のステップを踏んで復縁を目指していくようにしましょう。

①電話をする仲になる

②食事に行く

③1日、または半日デートをする

④告白

※振られた場合も、基本的に①〜④の繰り返し

では、①〜④のステップについて、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①電話をする仲になる

もし、LINEを安定的にできるようになったら、次は電話をする仲になることを目指しましょう。

電話に応じてくれるということは、少なくともあなたに対してマイナスの気持ちを抱いていないということです。

そのため、彼のなかであなたに対しての気持ちがプラスに変化しているサインでもあります。

ですので、安定してLINEができるようになったら、次は電話のステップを目指しましょう。

元彼に電話をかけるときのポイントや注意点については以下の記事で詳しく解説しているため、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね!

【元彼と電話したい!】電話のタイミングや確認事項、ポイントを解説!元彼にまだ気持ちがあって、電話したい、でも恐くてできない…そのような悩みを抱える女性は多くいらっしゃいます。そこで今回は、元彼に電話をかけるときのポイントやちょっとしたコツ、注意点などについてわかりやすく解説していきたと思います。...

②食事に行く

電話ができるようになったら、次は食事のステップです。

食事は誘い方がとても大事です。

誘い方が上手であれば、元彼も喜んで一緒に行ってくれます。

逆に誘い方に問題があると、元彼はついてきてくれません。

そのため、しっかりと戦略を立てて誘う必要があります。

元彼の食事の誘い方については以下の記事で詳しく解説しているため、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね!

元カレに絶対OKをもらえる食事・飲みの誘い方と復縁するためのコツ「元カレを食事に誘っても毎回断れる…。」「連絡は取り合える関係だけど、会う約束ができない。」このように、なかなか元カレを誘えず、復縁アプローチが行き詰まってしまうことがありますよね。そこで今回は元カレに絶対OKをもらえる誘い方を解説します。...

③1日、または半日デートをする

食事に行けるようになったら、1日、または半日デートの約束をとりつけましょう。

それができれば、あとは告白までもっていくだけです。

また、このデートの誘いは、②の食事のときに切り出すのがポイントです。

お互いの共通の趣味(好きなアーティストのLIVEなど)や話題の映画、元彼が気になっているものなどに誘ってみると、意外とすんなりOKしてもらえることが多いです。

そのため、常に次のデートを見据えて、食事に行くようにしましょう。

④告白

さいごは、告白です。

復縁の告白は本当に恐いですよね。

ただ、片思いの告白と復縁の告白は明確な違いがあります。

それは、復縁の告白は何回振られても問題ないということです。

これは経験者にしかわかりませんが、何回も告白していれば、いずれ開き直って、振られるのが恐くなくなります。

そのため、振られたら、少し冷却期間をあけて、また同じステップを繰り返しながらアプローチすればOKです。

一番いけないのが振られるのを遅れて、いつまでも気持ちを伝えないことです。

そのため、気持ちを伝えないで、いつのまにか疎遠になっていたということだけは避けましょう。

復縁アプローチで絶対にやってはいけないこと

さいごに、今現在復縁する意志がない元彼にアプローチする上で絶対にやってはいけないことをご紹介します。

それは次の5つです。

①しつこく連絡する

→ブロックされる可能性があります。

②インスタなどのSNSで執拗に絡む

③相手に無理やり会いに行く

例)最寄駅やバイト先、自宅に押しかけるなど

④ストーカー行為

⑤裏工作

→元彼の友達と作戦を組むなど

このような行為は、復縁する意思が元彼にはタブーです。

そのため、絶対に避けるようにしましょう。

さいごに

今回は、「復縁する気がない」と言われた元彼と復縁する方法やポイント、注意点などについて、経験者や男性心理を踏まえて解説してきました。

「復縁する気がない」と言われても、今後一生元彼と復縁できる可能性がゼロになったというわけではありません。

あくまでも「”今は”復縁する気がない」というだけです。

実際、「もう戻ることはない」と言われて、LINEをブロックされた状態から復縁した方もいらっしゃいます。

その方の体験談を見れば、何かヒントが使えるかもしれませんので、ぜひ以下の記事もあわせて読んでみてくださいね!