同性愛・LGBT

【ノンけの男の落とし方】ゲイが教えるアプローチ方法やテクニック

ヒロキ
ヒロキ
今回は、ノンけの男性を落とすためのアプローチやそのコツについて解説していきます。

「ノンけの男の人を落とすにはどうしたらいい?」

「片思い中の男性がノンけの場合、諦めるべき?」

これを読んでくださっているあなたは、ノンけの男性の片思いしていると思います。

相手がノンけだと告白してもうまくいかない可能性が高いですし、今までの関係も崩れてしまいそうなので、今後どうしていけばいいか判断するのが難しいですよね。

ただ、それとは裏腹に、相手への好きな気持ちがどんどん高まっていくと、自分の気持ちを隠したり、抑えたりするのが辛くなってきますよね。

また、好きな人に自分が同性愛者であることや恋愛感情を持っていることを隠しているのもしんどいと思います。

でも、いきなりそれをカミングアウトしたり、告白しても、相手にショックや悲しみを与え、二人の関係が疎遠になってしまうだけです。

そこで今回は、片思い中のノンけの男性の落とし方やアプローチのテクニックについて、経験者の話も踏まえて解説していきます。

【大前提】ノンけの男性を落とすのはかなり難しい

まず、大前提として、ノンけの男性を落とすのは、レズビアンがノンけの女性を落とすのより難しいです。

というのも、女性の場合、最初は異性が恋愛対象だった方でも、さまざまなことがきっかけで同性が恋愛対象に変わるケースは少くありません。

一方で、男性の場合、最初から同性愛者でない限り、途中で恋愛対象が同性に変わるというケースはほとんどありません。

また、同性愛に対しても、女性に比べて男性は受け入れられる割合が少ない傾向にあります。

これらを踏まえると、ノンけとわかった状態で、あなたがいくらがんばってアプローチしても、あなたを恋愛対象として見てくれるようになるケースはほとんどないと言えます。

すごく厳しい現実ですが、それくらいノンけの男の人を貶すのは難しいことなのです。

また、無理にアプローチしたり、距離を詰めすぎたりすると、あなたに対して嫌悪感を抱いて、距離をあける方も一定数います。

そのため、どうしても落としたいノンけの男性がいる方は、しっかりとこの点を把握した上で、今後アプローチすることが大切です。

まずは同性愛への価値観を聞いてみる

ノンけの男性を好きになったら、まず同性愛への価値観を聞いてみましょう。

既にお相手がノンけなのをわかっているということは、少なくとも現時点で相手は同性を恋愛対象として見れていないということになります。

ただ、それと同性愛を受け入れられるかどうかはまた別の話です。

そのためにも、同性愛への価値観を聞いてみることは重要です。

また、相手の返答次第で、カミングアウトや告白をすべきかどうか変わってきます。

ちなみに、ここでいう「カミングアウト」とは「自分が同性愛者であることを伝えること」です。

一方、告白は「好き」という気持ちを相手に伝えることを言います。

もし、同性愛への価値観を聞いてみて、相手が「偏見はないし、人それぞれで良いと思う」というような寛容タイプであれば、カミングアウトや告白をするのもひとつの選択肢です。

なぜなら、相手が寛容タイプなら、カミングアウトや告白をして付き合えなかったとしても、相手と今まで通りの関係でいられる可能性が高いからです。

逆に、相手が「男を好きになるなんてありえない」「全然理解できない」と同性愛を拒否するタイプであれば、カミングアウトや告白はしないほうがよいかもしれません。

拒否するタイプの男性は、あなたがゲイであることがわかると、疎遠になったり、距離をおいたりするケースも少くありません。

そのため、まずはその男性に”同性愛についての価値観”を聞いてみるようにしましょう。

ちなみに、同性愛への意見や価値観について聞くときは、同性愛者の芸能人やタレントの話をふってから、徐々に深堀りしていくのがおすすめです。

例えば次のような感じで、自然な会話の流れで気楽に聞いてみるのがポイントです。

例)

あなた:知ってた?芸能人の△△ってゲイなんだって。

相手:そうなんだ!

あなた:最近、同性愛者のタレントよく見るよな~。

相手:たしかにそうだよね。

あなた:ちなみに◯◯(彼の名前)は、同性いける?(笑)

相手:あ~、俺は…

このような話題をふれば、自然と聞くことができるので、ぜひ活用してみてくださいね!

試しに付き合ってみる男性もいる

ここまで、ノンけの男性は、大前提として落とすのが難しいということをお伝えしてきました。

ただ、だからといって付き合える可能性がゼロかというと、そうではありません。

というのも、実際私の知り合いの中には、同性は恋愛対象ではなかったのですが、仲の良い男性から告白され、試しに付き合っみたという方はいます。

(結局、数ヶ月付き合ってみて、やはり男性を恋愛対象としてどうしても見られなかったようなので、そのお相手とは別れたようです。)

つまり、ノンけの男性の中には、最初から否定するのではなく、同性を恋愛対象として見られるか確かめるために試しに付き合ってみるという方もいるということです。

また、もちろん、このような選択をする男性は、同性愛に寛容なタイプであることが多いです。

ですので、このような可能性を見極めるためにも、先程お伝えした、同性愛に対する価値観などを前もって聞いておくことは大切です。

ノンけ男性へのアプローチテクニック

次に、実際にノンけの男性にアプローチするときのテクニックについて解説します。

それは、主に次の3つです。

①男友達のなかで一番を目指す

②清潔感を意識する

③過度なボディタッチ、スキンシップは避ける 

これらを意識しておくことで、少なくともあなたに好印象を抱かせることができます。

では、それぞれのポイントについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

①男友達のなかで一番を目指す

1つ目は、男友達の中で一番信頼できる存在になることです。

残念ながら、ノンケの男性は現段階では女性が恋愛対象です。

つまり、そもそも今は同性を恋愛対象として認識できていないわけですから、異性と勝負したり、張り合っても意味がありません。

そのため、現段階でできることとしては、男友達のなかで一番を目指すことです。

もし、あなたが本気でその人のことを好きなら、誰よりもその男性の性格や気持ちを理解してあげられるはずです。

そうなれば、相手の男友達の中で「一番の親友」になることができますし、お相手にとって「必要な存在」にもなります。

好きな人から頼りにされたり、必要とされることほど嬉しいものはありませんよね。

ですので、そのような関係になれば、今は恋人にはなれなくても、相手にとって”かけがえのない存在”になることができます。

また、このような存在になれば、その女性が困ったときや悩んだ時、一番にあなたに相談してくるはずです。

そのため、まずは、彼にとって一番信頼できる存在なることを目指しましょう。

②清潔感を意識する

2つ目は、常に清潔感を意識しておくことです。

もし、その男性から少しでも恋愛対象として認識してもらいたいと思っているのであれば、清潔感が一番大切です。

もう少しわかりやすく言うと、女性に近い中性的な男性のイメージです。

ノンけの男性は、毛深かったり、肌が汚かったりなど、清潔感のない男性を恋愛対象として見るのは難しいです。

そのため、普段から清潔感、特に見た目や匂いなどは常に意識しておくことをおすすめします。

③過度なボディタッチ、スキンシップは避ける 

3つ目は、過度なボディタッチやスキンシップを避けることです。

たしかに、好きな人に対して触れたいという気持ちはすごくわかります。

ただ、もし相手の男性がノンけの場合、同性からのボディタッチやスキンシップが嫌だったり、苦手だったりする方が多いです。

男同士なので、肩を組むくらいなら問題ありませんが、手をつないだり、腕を組んだり、ハグをしたりするのは嫌がる方が多いです。

そのため、もしノンけだとわかっている場合、過度なボディタッチやスキンシップは避けるようにしましょう。

例えば、腕を組んだり、手をつないだりは、同性からのスキンシップやボディタッチが苦手な人は拒否反応を示しやすいです。

あくまで、仲の良い友達の域を超えない程度のスキンシップやボディタッチにとどめるようにしましょう。

カミングアウト・告白するなら「相談型」がおすすめ!

最後に、カミングアウトや告白する時のポイントについて解説します。

同性に告白する場合、主に次の2つの方法があります。

①ストレートな告白

②相談型の告白

①の告白方法は、一番オーソドックスな方法です。

この告白の仕方の特徴は「YES・NO」のハッキリとした答えを相手から引き出せることです。

一方では「相談型の告白」は次のような感じです。

「僕はゲイだから◯◯に恋愛感情をもってしまった。それを隠しているのは辛いし、◯◯にも嘘をついている感じがして嫌だったから正直に話すことにしたんだ。

でも、◯◯にも同じように好きになってほしいとは思ってはいないし、付き合ってほしいわけでもない。

ただ、いっしょにいるとすごく楽しいから、いつまでも仲良しでいてほしいと思っている。

どうかな?」

このように、同性愛者であることをカミングアウトしつつ、さらに、その恋愛対象がお相手であることを伝える方法です。

このカミングアウトのポイントは「付き合いたい」と伝えていないことです。

つまり、気持ちだけ伝えて、その後の判断は相手に任せていることになります。

そのため、相手が「付き合おっか」と言えばそのまま付き合えますし、「ごめんね、同性を恋愛対象としては見れない」と言ってきたら、「じゃあ今まで通り友達のままでいてくれる?」と切り返せばOKです。

ただ、相手によってはハッキリとした答えを出さず、うやむやになってしまい、結果的に気まずい関係になってしまうことも…。

でも、ストレートに告白するよりはうまくいくケースが多いため、必要に応じて活用してみてくださいね!

カミングアウトする上で知っておくべきリスク

さいごに、カミングアウトや告白する上でのリスクについて解説します。

同性への告白で最も懸念すべきは、”アウティングのリスク”です。

アウティングとは簡単に言うと、第三者によってあなたがLGBTであることを周囲の人にバラされることを言います。

実際、海外では、アウティングされたLGBTの学生が自殺したというニュースもありました。

また、男性に告白して振られた後、その後会社に居づらくなって退職する方も少くありました

このように、同性への告白は、異性への告白とちがって、さまざまなリスクがあります。

そのため、それらの点を理解した上で慎重にアプローチしないと、場合によっては深く傷つけられますし、今いるコミュニティから出ていかなければならなくなることもあります。

ですので、もし本気でアプローチしたいと思うのであれば、しっかりと慎重に、考えながら行動していくようにしましょう。

男の人へのアプローチの仕方に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもチェックしてみてくださいね!

同性(男)を好きすぎて辛い時の対処法や経験談をゲイが解説同性の男の人を好きになると辛いし、しんどいですよね。相手の男性がノンケならなおさらです。そこで今回は、同性の男の人を好きすぎてつらいという方にむけて、今後どうしていけばいいのかや対処法などについて、経験者の話も踏まえて解説していきます。...

さいごに

今回は、片思い中のノンけの男性の落とし方やアプローチのテクニックについて、経験者の話も踏まえて解説してきました。

繰り返しになりますが、ノンけの男性は最も落とすのが難しいです。

そのため、その点を十分理解した上でアプローチしていく必要があります。

また、自分勝手なアプローチをすると、相手にショックを与えたり、二人の関係が疎遠になったりすることも…。

ですので、今回解説したことを参考にアプローチしてみてくださいね!

また、男の人へのアプローチの仕方に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもチェックしてみてくださいね!

同性(男)を好きすぎて辛い時の対処法や経験談をゲイが解説同性の男の人を好きになると辛いし、しんどいですよね。相手の男性がノンケならなおさらです。そこで今回は、同性の男の人を好きすぎてつらいという方にむけて、今後どうしていけばいいのかや対処法などについて、経験者の話も踏まえて解説していきます。...