同性愛・LGBT

【同性愛者(LGBT)診断】自分が同性愛者かチェックする方法

エリカ
エリカ
今回は、自分がLGBTかを知るための診断方法をご紹介しますね!

「私ってもしかして同性が好きかも…」

「俺、男と付き合えるかも…」

恋愛は、一般的に異性が恋愛対象であることが多いです。

ただ、中には、自分と同性の人を好きになる同性愛者の方も一定数いらっしゃいます。

最近では、テレビでLGBTのタレントや芸人さんもよく見かけるようになりました。

人の恋愛・性愛がどういう対象に向かうのかを専門用語で「性的指向」と言います。

この性的指向が同性の場合、同性愛者(レズビアンやゲイ)ということになります。

同性愛者の方々は、生まれながらにして性的指向が同性の方もいれば、生きていく過程で性的指向が異性から同性に変わる方もいます。

つまり、今まで普通に異性とお付き合いしてきた方でも、何かの出来事がきっかけになって、同性を恋愛対象として見るようになるケースはあるのです。

そのため、もしあなたが今まで異性と付き合ってきたとしても、最近、特定の同性にドキドキしたり、嫉妬したりするのであれば、その人を恋愛対象として捉えている可能性は十分あります。

そこで今回は、あなたがその同性を恋愛対象として好きなのかを確認するための同性愛(LGBT)診断をご紹介します。

そのため、同性に恋愛感情を抱いているのか知りたい方は、参考にしてみてくださいね!

【同性愛診断】同性を恋愛対象として好き?

ここでは、LGBTの方々のお話を踏まえた上で、同性愛者の方々に見られやすい心理的な特徴をご紹介します。

ただ、科学的な指標ではないため、あくまで一参考としてチェックしてみてくださいね!

【同性愛(LGBT)診断】 

①同性の裸を見ると、恥ずかしくなったり、興奮したりする

※銭湯や温泉に行ったときなど。

②同性とハグしたり、手をつなぎたいと思う

③同性と性的関係を持ちたいと思う

④同性に嫉妬ややきもちを妬くことがある

⑤同性と二人きりになると緊張する

⑥異性より同性と付き合いたいと思う

⑦異性より、同性といるほうが好き

⑧異性より同性にドキドキする

⑨異性より同性のことを目で追ってしまう

⑩異性を本気で好きになったことがない

これらの項目に当てはまる数が多ければ多いほど、あなたが同性愛者である可能性が高いと考えられます。

そのため、まずご自身にいくつ当てはまるかチェックしてみてくださいね!

バイセクシュアルの可能性もあり

同性愛者は主に以下の3つのタイプに分けられます。

◉レズビアン

◉ゲイ

◉バイセクシュアル

このうち、バイセクシュアルとは、性的指向が異性・同性の両方であるということです。

そのため、今まで異性の人を好きになったことはあるし、付き合ったこともあるのに、今は同性が気になるという方は、バイセクシュアルの可能性も十分にあります。

そのため、異性も同性も両方恋愛対象として考えられるパターンもあることを覚えておきましょう。

気になる同性がいるならどうすべき?

ここまで、ご自身が同性愛者であるかどうかの診断方法をご紹介してきました。

これを読んでくださっているあなたは、おそらく今現在気になる同性がいらっしゃると思います。

ただ、ご自身が恋愛対象として相手のことを好きなのかもまだわからないので、なかなかアプローチしたり、告白したりするという決断はできませんよね。

また、いきなり告白しても、相手にショックや悲しみを与えるだけですし、突発的に気持ちを伝えてもうまくいくケースは少ないです。

加えて、相手が同性愛に対して偏見を持っている場合は、あなたがいきなりカミングアウトしたり、告白したら、二人の関係が崩れて、そのまま疎遠になったりしてしまうことも…。

ですので、もし、今回の同性愛(LGBT)診断で、ご自身がその同性に恋愛感情を抱いていることがわかったら、順を追ってアプローチしていくようにすることが大切です。

では、具体的に、どんな順番でアプローチしたらいいのかをここでは簡単にご紹介します。

例えば、職場に気になる同性がいる場合、次のようなアプローチをしていくのが現実的でおすすめです。

1.ランチから距離を縮める

2.仕事後に食事に行く関係になる

3.プライベートで遊ぶ関係になる

4.同性愛の話題を振る

5.同性愛者であることをカミングアウト

6.相手に告白

よく、同性間と異性間では恋愛の仕方が違うという印象を抱く方が多いですが、実際は恋愛対象が違うだけで、告白までのアプローチに関しては大きく異なることは少ないです。

仮に異性に好きになったとき、あなたは好きだからといっていきなり告白しますか?

おそらく、普段からマメに連絡を送ったり、何回か食事を重ねた後に心の準備をして告白すると思います。

同性愛でも、これは特に変わりません。

もし、その職場の相手と付き合いたいのであれば、その条件下のなかで、少しずつアプローチして、タイミングを見計らった上で告白することが必要です。

具体的なアプローチ方法に関しては、以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はこちらもあわせてチェックしてみてくださいね!

職場で片思い中の同性と付き合う方法や告白の仕方を同性愛者が解説!職場で片思い中の同性と付き合いたくても、いろいろなことを考えると簡単にアプローチしたり、告白したりできませんよね。そこで今回は、職場で片思いしている同性へのアプローチの仕方や告白のタイミングなどについて、わかりやすく解説していきます。...

アプローチや告白前に考えるべきこと

今現在、同性が気になりはじめて、まだご自身も気持ちを整理できていなかったり、戸惑っている部分があると思います。

また、アプローチだけであれば、相手が嫌がったり、脈なしだったら手を引くことができますが、同性への告白となると、異性への告白とちがって、単純に「好き→告白する」と決断できません。

なぜなら、そこには、さまざまなリスクがありますし、相手の気持ちもしっかりと考えなければならないからです。

逆に、これらを考えないで勢いで告白すると、相手にショックを与えてしまったり、二人の関係が疎遠になったりして「告白しなきゃよかった」と思ってしまうことが多いです。

そのため、現段階で気になる異性がいて、アプローチや告白をしようか迷っている方は、まずその前にしっかりと考えるべきことがあります。

それは主に次の2つです。

①お相手とどういう関係性になりたいか

②告白した後のリスクに関して

もし、本気で告白を考えているのであれば、その前に上記の3つのことをしっかりと考えるようにしましょう。

では、①②について、具体的にどんなことを考えればいいのかそれぞれ詳しく見ていきましょう。

①お相手とどういう関係性になりたいか

まず1つ目は「気になっている同性と今後どういう関係性になりたいか」です。

この先、その同性と関わっていくなかで、少しずつ今後どういう関係になりたいのか考えていくようにしましょう。

それによって、後々アプローチしていくなかで、相手に「カミングアウトするのか」「告白するのか」が変わってきます。

ここでのカミングアウトとは「自分が同性愛者であることを相手に伝える」ことです。

一方で告白は、「好き」という気持ちを伝えることです。

片思い中の同性に対して、カミングアウトすべきか、告白すべきか、はたまた両方すべきかは、”今後そのお相手とどのような関係性になりたいか”で変わってきます。

あなたは次のうち、片思い中の同性とどの関係になりたいですか?

1.恋人関係になりたい

2.カミングアウトした上で友達として付き合っていきたい

3.今の関係を続けていきたい

おそらく、3を考えている方は少なく、1または2のどちらかを選ぶ方が多いと思います。

同性を好きになる方々の中には、

「その人と付き合いたい」

と思う方もいますが、

「同性愛者であることを好きな人に隠しているのが辛い」

という方もいます。

もし、前者のように「その人と恋人関係になりたい」「その人を独占したい」と思うのであれば、告白して付き合ってくれるか打診するほうがよいでしょう。

一方で、今後その方と関わっていく中で、もし自分が同性愛者であることを隠しているのが辛くなってしまったら、カミングアウトだけするのも選択肢のひとつです。

(もちろん、カミングアウトした上で、好意を持っているのを伝える選択肢もあります。)

このように、相手とどのような関係性になりたいかで、カミングアウトするのか、告白までするのか変わってきます。

そのため、まずは片思い中の同性と今後どんな関係になりたいのか考えて見るようにしましょう。

②告白した後のリスクに関して

2つ目は、告白した後のリスクに関してです。

これは、今後気になっている同性にアプローチしていこうか迷っている方にぜひお伝えしたいことです。

同性への告白は、異性への告白とちがってさまざまなリスクがあります。

そのなかでも特に皆さんにお伝えしたいのは、次の3つです。

◉アウティングのリスク

◉二人の関係性が壊れるリスク

◉”弱み”にされ、脅されるリスク

特に一つ目の「アウティングのリスク」はしっかりと考えておく必要があります。

アウティングとは簡単に言えば、第三者によってあなたがLGBTであることを他人にバラされることです。

もし、あなたが好意を寄せている同性に告白した場合、その人によってアウティングされる可能性はゼロではありません、

実際、海外では同性愛者が告白した相手にアウティングされて、耐えられなくなり、自殺したという事件のニュースもありました。

仮にそのお相手や第三者によってあなたが同性愛者であることをアウティングされた場合、あなたが所属しているコミュニティ(学校や会社)に居づらくなったり、居場所がなくなったりするリスクはあります。

もちろん、あなたが告白するお相手は素敵な方だと思いますので、アウティングするようなパーソナリティではないと思います。

ですが、その話がどこから漏れるかはわかりません。

そのため、告白を考えているのであれば、”アウティングのリスク”を背負うことになることは覚えておきましょう。

また、告白して失敗すれば、相手と気まずくなったり、疎遠になったりするケースも少くありません。

(特に女性に比べて男性の方がゲイであることをカミングアウトした相手と疎遠になるケースがしばしば見られます。)

加えて、もし相手のパーソナリティが悪ければ、あなたが同性愛者であることを弱みにして、脅してくる危険もあります。

もちろん、一般的にはそのようなひどい事をしてくる方はほとんどいません。

ただ、常に最悪のケースを想定しておくことも大切です。

そのため、もし告白をしたいと考えているならば、これらのリスクを背負うことになることも前もって理解しておく必要があります。

また、アプローチや告白のタイミング、告白の仕方などに関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね!

好きな同性に告白すべき?告白のタイミングや注意点を同性愛者が解説!同性を好きになると、いろいろなリスクや不安がつきまとうせいで告白に対してのハードルが高くなるので、告白すべきか迷いますよね。そこで今回は、ずっと好きな同性に告白すべきかどうかについて、経験者のお話も踏まえて、わかりやすく解説していきます。...

さいごに

今回は、 今回は、あなたがその同性を恋愛対象として好きなのかを確認するための同性愛(LGBT)診断についてご紹介してきました。

今までは異性としか付き合ってこなかった方でも、あることがきっかけで、性的指向(恋愛対象)が同性に変わることはあります。

そのため、現段階で気になる同性の方がいる場合は、今回の同性愛者(LGBT)診断でご紹介した項目がいくつ当てはまるか確認してみてくださいね!

また、実際に同性愛者(レズビアン)の方の中にはノンけの同性と付き合って、現在一緒に住んでいる方もいらっしゃいます。

この方の体験談を読んでいただければわかりますが、片思いしているときのリアルな心境やカミングアウト・告白をして付き合い、同棲に至るまでに実践した具体的なアプローチなどについても詳しく書かれています。

さらに、経験者にしかわからないアドバイスも書かれていて、今現在、片思い中の同性がいる方に役立つ内容となっているので、以下の記事もあわせて読んでみてくださいね