同性愛・LGBT

好きな同性に嫉妬ややきもちを妬くのはなぜ?恋愛心理を含めて解説

エリカ
エリカ
今回は、大好きな同性の友達に嫉妬してしまうワケや心理について詳しく解説していきますね!

「大好きな同性の友達に嫉妬するのはどうして?」

「同性にやきもちを妬くってことは同性愛かな…?」

すごく仲の良い友達が他の友だちや異性と仲良くしている様子をみると、嫉妬したり、やきもちを妬いてしまうことってありますよね。

これは、一言でまとめると「独占欲」です。

特に女性は、大好きな友達に嫉妬ややきもちを妬いてしまう方が一定数います。

また、同性に強い嫉妬心を抱くと、

「私ってレズビアンなのかな?」

「私はバイなのかな」

と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

たしかに、その大好きな同性を無意識のうちに恋愛対象として見ていることで、他の友だちと仲良くしている場面を見ると、嫉妬したり、やきもちを妬いたりしている可能性も十分考えられます。

ただ、同性に嫉妬ややきもちを妬くからといって、必ずしも自分が同性愛者だとは限りません。

相手に嫉妬してしまうのは、あなたがその友達に”依存”している可能性もあります。

そこで今回は、好きな同性の友達に嫉妬ややきもちを妬く心理や対処法などについて、恋愛心理学などを踏まえて、わかりやすく解説していきます。

好きな同性に嫉妬する心理って?

では、さっそく大好きな同性に嫉妬ややきもちを妬く心理や理由について解説していきます。

もし、同性の友達に嫉妬ややきもちを妬く場合、次のような心理や理由が考えられます。

①相手を恋愛対象としてみる

②相手に依存してしまっている

③その相手以外に甘えられる存在がいない

④自尊心や自分への自信がない

⑤周りの人から評価されることが少ない

もし、好きな同性の友達に嫉妬ややきもちを妬いてしまうなら、上記の5つのどれかに当てはまる可能性が高いです。

これを見ていただければわかるように、同性に嫉妬を抱くのは、その人を恋愛対象として見ている可能性だけではなく、そのほかの心理的な要因が原因となっている可能性もあります。

そのため、もし、あなたが自分を同性愛者ではないと思うのであれば、そのほかの心理的な理由が考えられるかもしれません。

では、①~⑤について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①相手を恋愛対象としてみる

1つ目は、相手を恋愛対象として見ているからです。

つまり、もし心当たりがある場合、あなたがLGBT(レズビアンやバイセクシュアル)の可能性があるということになります。

ただ、先程もお伝えしたように、嫉妬ややきもちを妬くからといった理由だけで、ご自身がLGBTとは限りません。

そのため、嫉妬する以外に、そのお相手に対して次のような特徴がないか思い返して見るようにしましょう。

【チェック項目】

1.四六時中その人のことを考えてしまう

2.その人に会いたいと常に思う

3.その人に触れたいと思う

4.ハグしたり、手をつないだりしたいと思う

5.その人と性的関係になっても嫌じゃない

6.その人が同性の友達と仲良くしているのを見ると嫉妬心を抱く

7.その人の裸体を見ると興奮する

8.二人きりになりたいと思う

9.その人とずっと一緒にいたいと思う

10.その人に異性の恋人ができるのは嫌だ

この10項目のなかで、いくつ当てはまるか数えてみましょう。

もし、7つ以上当てはまるのであれば、あなたは気になっている同性のお相手に恋愛感情を抱いている可能性が高いと考えられます。

もし、4~6つであれば、正直現段階では、恋愛感情なのか判断できません。

1~3つであれば、おそらく、今現在は恋愛感情を抱いていないでしょう。

また、ご自身がLGBTかチェックする方法に関しては以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね!

同性が気になる…同性好きの診断基準と対処法を同性愛者が解説!ある日から、同性のことが気になり始めるときってありますよね。そこで今回は、気になる同性がいるというあなたに、同性を恋愛対象として見ているのか確認する方法や、今後どう接していけばいいのかなどについて、経験者のお話を踏まえて解説していきます。...

②相手に依存してしまっている

もし、あなたが同性に嫉妬ややきもちを妬く場合、相手に依存してしまっている可能性もあります。

依存しているということは

「その人がいなくなったら生きていけない」

「その人に精神的に頼っているところが多い」

ということになります。

つまり、あなたにとってその人は、生きていくために必要な存在になっているということです。

それゆえ、相手が他の友達と仲良くしていると、

「その人に奪われてしまうのではないか」

「私のもとからいなく鳴ってしまうんじゃないか」

という不安が芽生え、結果的に嫉妬ややきもちを妬いたり、独占欲が強くなったりするということです。

ちなみに、依存してしまう理由としては、

・自分に自信がない

・熱中できるもの、趣味がない

・恋人(異性・同性に関係なく)がいない

というようなことが挙げられます。

そのため、もしかしたら、相手に依存してしているのが原因となって、相手に嫉妬したり、やきもちを妬いている可能性もあります。

③その相手以外に甘えられる存在がいない

あなたが同性に嫉妬したり、やきもちを妬くのは、家庭環境などが原因となっている可能性もあります。

例えば、お母さんやお父さんからあまり愛情を注がれてこなかったり、甘えてこれなかったりした場合です。

このような環境下で育つと、あなたは本来親に感じる愛情や安心感を、その仲の良い友だちに求めている可能性があります。

本来、子どもは親を絶対的に信頼できる存在・裏切らない存在として認識します。

でも、幼少期からあまり愛情を受けて育ってこなかったのであれば、仲の良い友人をそのような存在として無意識に認識している可能性もあります。

それゆえ、ほかの友達と仲良くしているようすを見ると、先程もお伝えしたように、

「その人に奪われてしまうのではないか」

「私のもとからいなく鳴ってしまうんじゃないか」

という不安が芽生え、嫉妬ややきもちを妬くようになるのです。

そのため、ご自身の家庭環境を振り返ってみることも大切です。

④自尊心や自分への自信がない

もし、あなたが自尊心や自分への自信がない場合、それが原因となっている可能性もあります。

先程お伝えしたように、同性の友達に嫉妬心ややきもちを妬く場合、それは「依存している可能性」があります。

また、他者に依存しやすい人は、自尊心や自分への自信がないという特徴が見られやすいです。

この自尊心や自分への自信は、今までの家庭環境や成功体験の数によっても変わってきます。

そのため、もし、思い当たる節があるのであれば、自尊心や自分への自信を高める取り組みや工夫をしていかないと、そのまま一生他者に依存し、嫉妬ややきもちを妬いていくことになるかもしれません。

ですので、このような理由の場合は、自分への自信をつけられるように、日々の生活から変えていく必要があります。

⑤周りの人から評価されることが少ない

そもそも、嫉妬しやすい人の特徴の一つに、周りから褒められたり、評価されることが少ないというものがあります。

きっと、その同性の友達は、あなたのことをよく理解して、褒めてくれたりしますよね。

そのような存在が周りにもたくさんいるようであれば、他者に嫉妬したり、やきもちを妬いたりすることは少ないはずです。

でも、もしご自身の周りに自分を認めてくれる存在が、その同性の友達しかいない場合、あなたはその人を「唯一の理解者」と思っているはずです。

そして、そのような存在が、ほかの人と仲良くしていると、「取られたくない」「彼女は自分のものだ」という独占欲が働きやすくなりますし、嫉妬することも増えます。

そのため、もしあなたを認めてくれる人が周りにそのお相手しかいない場合、それが原因となっている可能性もあることを覚えておきましょう。

さいごに

今回は、大好きな同性の友達に嫉妬ややきもちを妬く心理や対処法などについて、恋愛心理学などを踏まえて解説してきました。

ここまで解説してきたように、同性の友達に嫉妬ややきもちを妬くのには、さまざまな心理や理由が考えられます。

もし、あなたがその同性の友達に対して、独占欲だけでなく、性的な関係を持ちたいと思うようであれば、あなたはLGBTの可能性もあります。

逆に、そういった感情はないけど、嫉妬ややきもちを妬いてしまうということは、そのほかの要因があるかもしれません。

ですので、今回解説したことを参考に、ご自身がその同性になぜ嫉妬したり、やきもちを妬いたりするのか一度考えてみてくださいね!

また、もしその同性の友達のことを恋愛対象として意識しているようであれば、相手からも意識してもらう必要があります。

その方法に関しては、以下の記事で詳しく解説しているため、こちらの記事もあわせてチェックしてみてくださいね!

【同性を意識させるには?】同性愛者が効果的なテクニックを解説!同性を好きになったとき、相手に恋愛対象として意識してもらうにはどうしたらいいか悩みますよね。そこで今回は、片思い中の同性に意識してもらうために必要なことや実践で使えるテクニックを経験者のお話も踏まえて、わかりやすく解説していきます。...

また、実際に同性愛者(レズビアン)の方の中にはノンけの同性と付き合って、現在一緒に住んでいる方もいらっしゃいます。

この方の体験談を読んでいただければわかりますが、片思いしているときのリアルな心境やカミングアウト・告白をして付き合い、同棲に至るまでに実践した具体的なアプローチなどについても詳しく書かれています。

さらに、経験者にしかわからないアドバイスも書かれていて、今現在、片思い中の同性がいる方に役立つ内容となっているので、以下の記事もあわせて読んでみてくださいね