同性愛・LGBT

【ノンけ女性の落とし方】ビアンがアプローチのコツを解説!

エリカ
エリカ
今回は、ノンけの女性へのアプローチ方法やそのコツについて解説していきますね!

「ノンけの女性を落とすにはどうしたらいい?」

「アプローチ次第で、ノンけでも落とせる?」

片思い中の女性がノンけだと、アプローチしても付き合える可能性が低いので、諦めてしまう方は多いです。

たしかに、ノンけの方は、そもそも恋愛対象が同性ではなく、異性なので、あなたがどれだけ魅力的な女性だったとしても簡単に付き合うことはできません。

ただ、男性に比べて女性の場合は、さまざまな出来事がきっかけで恋愛対象が異性から同性の女性へと変わることは多々あります。

そのため、運良くそのタイミングが合えば、アプローチすることでその女性と付き合えることもあります。

つまり、片思い中の女性がノンけの場合、付き合える可能性は低いですが、ゼロではないということです。

ノンけの女性と付き合う上で大切なのは「タイミング」と「アプローチ」の主に2つです。

これらは同性間に限らず恋愛で大切な要素ですが、同性愛では特に大事になります。

そこで今回は、ノンけの女性を落とす具体的な方法やテクニックについて、経験者の話も踏まえて、わかりやすく解説していきます。

ノンケの女性にアプローチするタイミング

ノンけの女性を落とすには、まず「タイミング」が大切です。

ノンけの女性の恋愛対象が異性から同性に変わるのは、何かしらの出来事があったときです。

また、そのきっかけとなる出来事はネガティブな内容の事が多いです。

つまり、その出来事が起きたタイミングでアプローチすると、相手もあなたに対して好意を抱く可能性が高くなります。

では、どんなタイミングならアプローチがうまくいきやすいのか、それは主に次の3つです。

1.長年付き合った恋人と別れたとき

2.男性にトラウマを抱えているとき

3.同性愛への可能性に気づき始めたとき

この3つのタイミングでアプローチすると、相手もネガティブな感情になっていることもあって、優しく支えてくれる同性を恋愛対象として認識する可能性も以前より高くなりやすいです。

では、1~3について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

1.長年付き合った恋人と別れたとき

1つ目は、そのノンけの女性が長年付き合った恋人と別れた時です。

そのなかでも特に、

・結婚を見据えて同棲していたが別れた

・彼氏に浮気されて別れた

・彼氏の束縛や嫉妬が原因で別れた

・彼氏の暴力・暴言が原因で別れた

・友人に彼氏を略奪された

などの別れ方をした場合、彼女は恋愛に疲れていて、かつ、男性にうんざりしている状態になっている可能性が高いです。

そのときに、あなたが優しく、寄り添ってあげることで、「男性よりも同じ女性のほうが付き合っていて幸せかも、辛くないかも」と思うようになることがあります。

その瞬間、そのノンけの女性の恋愛対象に同性も含まれるようになります。

そのため、もし、今相手の女性に彼氏がいるなら、別れたタイミングでアプローチするのも選択肢のひとつです。

2.男性にトラウマを抱えているとき

2つ目は、片思いしている女性が男性にトラウマを抱えていることがわかったときです。

例えば、過去に男性から

・ひどいDVを受けたことがある

・過度な束縛をされたことがある

・ストーカー被害にあったことがある

・強引に押し倒されそうになったことがある

・(父親などに)性的強要をされたことがある

などの経験がある場合、その女性は男性にトラウマを抱えている可能性が高いです。

そうなると、恋愛対象が男性から女性にシフトしてもおかしくありません。

(実際、男性へのトラウマから同性と付き合う女性もいます。)

そのため、好きな女性が男性にトラウマを抱えていることがわかったときもアプローチをするひとつのタイミングです。

3.同性愛への可能性に気づき始めたとき

3つ目は、その女性が同性愛への可能性に気づき始めたときです。

これは稀なケースです。

ただ、特にこれといったきっかけながくても、あなたがアプローチしていくなかで、相手の女性が同性愛の可能性を感じ始め、考えが変わることは全然あります。

そのため、あなたがアプローチするなかで、徐々に相手の反応が変わり始め、同性愛への考えが肯定的になり始めたら、本格的にアプローチするタイミングだと言えます。

ノンけ女性へのアプローチのポイント

ここまでノンけの女性にアプローチする”タイミング”について解説してきました。。

ただ、いくらタイミングがよくても、そのときに相手と良い関係を築けていなかったり、アプローチの仕方が悪ければ、付き合えません。

つまり、タイミングと同じくらい、日々の相手へのアプローチや関わり方は重要になってくるということです。

例えば、相手がノンけとわかっている状態で、ベタベタしても嫌がられる可能性が高いです。

また、このようなアプローチは、自分勝手なもので、相手の気持ちを全然考えていないということも表れでもあります。

そのため、相手の気持ちを考えながら、適切な距離を保って、来たるべきタイミングに備えてコツコツアプローチすることが大切なのです。

これらを踏まえた上で、ノンけの女性にアプローチするときは次のポイントを意識することをおすすめします。

①過度なボディタッチ・スキンシップは避ける

②相手が同性の中で一番信頼できる人になる

③アプローチを小出しして、リアクションを見る

先程解説したタイミングが来たときに備えて、普段その女性と関わるときは上記の3つのポインを意識しましょう。

では、①~③について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①過度なボディタッチ・スキンシップは避ける

1つ目は、過度なボディタッチやスキンシップを避けることです。

たしかに、好きな人に対して触れたいという気持ちはすごくわかります。

ただ、もし相手の女性がノンけの場合、同性からのボディタッチやスキンシップが嫌だったり、苦手だったりする方は一定数います。

また、人によっては面と向かって「やめてほしい」とハッキリ言ってくれる人もいますが、中には気を使って心の中では嫌がっていても、直接は言ってこない人もいます。

そのため、もしノンけだとわかっている場合、過度なボディタッチやスキンシップは避けるようにしましょう。

例えば、腕を組んだり、手をつないだりは、同性からのスキンシップやボディタッチが苦手な人は拒否反応を示しやすいので気をつけるようにしましょう。

あくまで、仲の良い友達の域を超えない程度のスキンシップやボディタッチにとどめるようにしましょう。

②相手が同性の中で一番信頼できる人になる

2つ目は、相手の女性にとって、あなたが同性の中で一番信頼できる人になることです。

残念ながら、ノンケの方は現段階では異性が恋愛対象です。

つまり、そもそも今は同性を恋愛対象として認識できていないわけですから、異性と勝負したり、張り合っても意味がありません。

そのため、現段階でできることとしては、同性の友達のなかで一番を目指すことです。

もし、あなたが本気でその人のことを好きなら、誰よりも相手の性格や気持ちを理解してあげられるはずです。

そうなれば、片思いしている同性の「一番の親友」になることができますし、お相手にとって「必要な存在」にもなります。

好きな人から頼りにされたり、必要とされることほど嬉しいものはありませんよね。

ですので、そのような関係になれば、今は恋人にはなれなくても、相手にとって”かけがえのない存在”になることができます。

また、このような存在になれば、その女性が困ったときや悩んだ時、一番にあなたに相談してくるはずです。

そのような関係性になれば、アプローチに適したタイミングもいち早く知ることができます。

そのため、まずは、彼女にとって一番信頼できる存在なることを目指しましょう。

③アプローチを小出しして、リアクションを見る

3つ目は、アプローチを小出ししながら、リアクションを見る方法です。

相手がノンけの場合、最初の方はあなたがアプローチしても、特に反応を見せないことが多いでしょう。

ただ、相手も人間なので、あなたのアプローチへのリアクションが少しずつ変わることもあります。

また、あなたのアプローチに対して、拒否せず、受け入れるような対応を見せたら、それは脈ありのサインとも言えます。

そのため、相手に嫌悪感を抱かせない程度に、アプローチを小出しして、リアクションを見ることも大切です。

アプローチの具体的なテクニックなどに関しては下記の記事で詳しく解説しているので、気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね!

https://cocospi.jp/lgbt-approach/

ノンけの同性にカミングアウトすべき?

これを読んでくださっている方の中には、片思い中の女性に自分が同性愛者であることをカミングアウトしている方もいれば、カミングアウトしていない方もいると思います。

また、まだカミングアウトしていない女性は、自分が同性愛者であることを先に打ち明けるべきか悩んでいる方も多いと思います。

カミングアウトには、メリット・デメリットがあります。

メリットとしては、次のようなことです。

①相手に隠し事をしないで済む

②相手に同性愛者であることを認識させることができる

③より深い関係を築くことができる

一方でデメリットは次の通りです。

①アウティングのリスクがある

※アウティング…第三者によってあなたが同性愛者であることを周りにバラされること。

②二人の関係が崩れることがある

③弱みとして握られ、脅される可能性がある

まず、このようなメリット・デメリットを理解しておく必要があります。

また、カミングアウトすべきかどうかは、相手の同性愛に対しての価値観や意見を聞いてみてから決めることをおすすめします。

もし、同性愛の話題を振ったとき、相手が「同性愛者」に対して偏見や抵抗がない場合は、あえて早い段階でカミングアウトするほうがよい場合もあります。

そうすることで、あなたも好きな女性に隠し事をしているという罪悪感から開放されますし、あなたが同性愛者であることを相手に認識させることで、告白してもそれほど大きな驚きやショックを与えないで済みます。

また、告白に失敗しても、そのまま友達関係で居続けられることも多いです。

一方で、もし相手が同性愛者に対して、「考えられない」「理解できない」と嫌悪感や拒否反応を強く示した場合は、カミングアウトしたら疎遠になったり、今までの関係が崩れたりする可能性が高いです。

そのため、この場合、今後も相手と良好な関係を続けたいのであれば、カミングアウトしないほうがよいかもしれません。

ですので、カミングアウトするかどうかは、まず相手の同性愛に対しての価値観や意見を聞いてみてから決めることをおすすめします。

ちなみに、相手の同性愛者への価値観や意見は、自然な会話の流れで気楽に聞いてみるのがポイントです。

例)

あなた:知ってた?芸能人の△△ってゲイ(レズビアン)なんだって。

相手:そうなんだ!

あなた:最近、同性愛者のタレントよく見るよな~。

相手:たしかにそうだよね。

あなた:ちなみに◯◯(相手のお名前)は、同性いける?(笑)

相手:あ~、俺(私)は…

このように同性愛に関する話題を振ることで、相手の価値観をきくことができます。

そのため、カミングアウトするか決める前に必ず確認するようにしてくださいね。

告白するなら「相談型の告白」がおすすめ!

最後に、告白する時のポイントについて解説します。

同性に告白する場合、主に次の2つの方法があります。

①ストレートな告白

②相談型の告白

①の告白方法は、一番オーソドックスな方法です。

この告白の仕方の特徴は「YES・NO」のハッキリとした答えを相手から引き出せることです。

一方では「相談型の告白」は次のような感じです。

「実は私、恋愛対象が女性なの。それで○○のことが大好きなんだ。率直にどう思う?やっぱり迷惑かな?」

このように、同性愛者であることをカミングアウトしつつ、さらに、その恋愛対象がお相手であることを伝えるのが「相談型の告白」です。

この告白のポイントは「付き合いたい」と伝えていないことです。

つまり、気持ちだけ伝えて、その後の判断は相手に任せていることになります。

そのため、相手が「付き合おっか」と言えばそのまま付き合えますし、「ごめんね、同性を恋愛対象としては見れない」と言ってきたら、「じゃあ今まで通り友達のままでいてくれる?」と切り返せばOKです。

そのため、もし告白するのであれば、ストレートに伝えるより、「相談型の告白」をおすすめします。

さいごに

今回は、ノンけの女性を落とす具体的な方法やテクニックについて、経験者の話も踏まえて解説してきました。

ノンけの女性は、すぐには落とすことはできません、

ただ、「タイミング」を見極め、「アプローチ」を上手にしていけば、その女性と付き合える可能性はあります。

そのため、片思い中のノンけの女性をどうしても落としたい方は、今回解説したことを参考にしてみてくださいね!

また、実際に同性愛者(レズビアン)の方の中にはノンけの同性と付き合って、現在一緒に住んでいる方もいらっしゃいます。

この方の体験談を読んでいただければわかりますが、片思いしているときのリアルな心境やカミングアウト・告白をして付き合い、同棲に至るまでに実践した具体的なアプローチなどについても詳しく書かれています。

さらに、経験者にしかわからないアドバイスも書かれていて、今現在、片思い中の同性がいる方に役立つ内容となっているので、以下の記事もあわせて読んでみてくださいね