同性愛・LGBT

片思い中の同性を諦めるには?同性愛者が経験談を踏まえて解説!

エリカ
エリカ
今回は、片思い中の同性を諦めるにはどうしたらいいかについて解説していきますね!

「好きな同性がいるけど、ノンケだから諦めたい…」

「告白して振られたけど、どうしても諦められない…」

これを読んでくださっているあなたは、片思いしている同性を諦めたいと考えていると思います。

その人にすでに告白して振られた方もいらっしゃれば、まだ告白していない方もいらっしゃると思います。

その同性がノンケだと、この先付き合える可能性は限りなく低いので、いっそのこと忘れてしまいたいと思いますよね。

でも、相手が優しく接してくれればくれるほど、好きという気持ちがなくなるどころか、どんどん高まっていって、余計に諦められなくなりますよね。

それに、諦めたいと思っていても、心の奥底ではどこか「諦めたくない」という気持ちがあると思います。

それは、当たり前のことです。

同性間の恋愛であっても、異性間の恋愛であっても、本気で好きになった相手をそう簡単に諦めることはできません。

でも、ふとした瞬間にその人のことを思い出したり、考えたりしてしまうのがつらいから、「(できることなら)諦めたい」と思うわけですよね。

そのお気持ちはすごくわかります。

でも、だからといって、「諦めたい、忘れたい」と強く思うだけでは忘れることはできません。

恋愛に限らず、何かを無理矢理押さえつけようとすると、反発が強くなります。

つまり、あなたが「諦めたい」「諦めなきゃ」と強く思えば思うほど、その同性への好きという気持ちはどんどん高まってしまうのです。

そのため、もし諦めたいなら、少し違った工夫をしなければなりません。

そこで今回は、片思いしている同性を諦めるための方法やポイントについて、経験者のお話も踏まえて、わかりやすく解説していきます。

まだカミングアウト・告白してない方へ

まず、まだ片思いしている同性に、自分が同性愛者であることをカミングアウトしていない方好きという気持ちを伝えていない方へお話します。

(すでカミングアウトや告白を終えた方は、先に進んでくださいね!)

おそらく、あなたは片思いしている同性に対して、

「自分が同性愛者であること」

そして、

「恋愛感情を抱いていること」

を伝えるべきか迷っていると思います。

たしかに、同性間の恋愛となると、「好き→告白する」と簡単に行動できませんよね。

もし、自分が同性愛者であることをカミングアウトしたら、

「相手に嫌われるかもしれない」

「相手を困らせてしまうかもしれない」

「相手にショックや悲しみを与えてしまうかもしれない」

といろいろ不安に感じると思います。

また、異性への告白とちがって、同性への告白はさまざまなリスクがあります。

その中でも最も懸念すべきは、”アウティングのリスク”です。

アウティングとは簡単に言うと、第三者によってあなたがLGBTであることを周囲の人にバラされることを言います。

実際、海外では、アウティングされたLGBTの学生が自殺したというニュースもありました。

このように、同性への告白は、異性への告白とちがって、さまざまなリスクがあります。

そのため、それらの点を理解した上で慎重にアプローチしないと、場合によっては深く傷つけられますし、今いるコミュニティから出ていかなければならなくなることもあります。

このようなことを考えると、いくら好きでも簡単に告白に踏み切ることは難しいですよね。

ただ、おそらくですが、そのまま気持ちを伝えなければ後悔する可能性が高いです。

もちろん、相手に同性愛者であることを伝えないで今の関係をキープすることも可能です。

ただ、同じようなご経験をされている多くの方々は、ご自身が同性愛者であることを最終的にカミングアウトすることが多いです、

なぜなら、好きな人に隠し続けていることが辛くなってしまうからです。

そのため、最後は自分が同性愛者であることをカミングアウトする人が多いようです。

ですが、相手がノンケの場合、気持ちを伝えても断られることがほとんどです。

ただ、それを重々承知の上で、告白する方もいます。

断られるとわかっていながらも、なぜ告白するのか聞くと、ほとんどの方は

「自分が後悔しないため」

「好きな相手に隠し事をしたくないから」

という理由が多いです。

そのため、もし相手がノンケで可能性がないとわかっていても、自分の気持ちに区切りをつけたかったり、相手にカミングアウトした上で今後友人関係を持ちたいと考えている方は、告白するのも一つの方法です。

告白のタイミングや具体的な仕方に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、気持ちを伝えようか迷っている方は、まずこちらをチェックしてみてくださいね。

好きな同性に告白すべき?告白のタイミングや注意点を同性愛者が解説!同性を好きになると、いろいろなリスクや不安がつきまとうせいで告白に対してのハードルが高くなるので、告白すべきか迷いますよね。そこで今回は、ずっと好きな同性に告白すべきかどうかについて、経験者のお話も踏まえて、わかりやすく解説していきます。...

片思い中の同性を諦める5つの方法

片思い中の同性をどうしても諦めたい方に、試してみてもらいたい方法は次の5つです。

①連絡や物理的な接触を一切避ける

②相手の幸せを第一に考える

③同性のなかで一番の存在を目指す

④新しい恋を見つける努力をする

⑤あえて、もう一度告白する

もし、片思い中の同性を諦めたいなら、主に上記の5つの方法があります。

ただ、どの方法で諦められるかは人によって違います。

また、ご自身とお相手の状況によっても活用できるものとそうじゃないものがあるので、ご自身ができそうなものから取り組んでみてくださいね!

では、①~⑤のそれぞれの特徴やポイントについて、詳しく解説していきます。

①連絡や物理的な接触を一切避ける

1つ目は、連絡や物理的な接触を一切避ける方法です。

これは、同性間・異性間の恋愛に関係なく、一番相手を諦めるためのオーソドックスな方法ですよね。

ただ、相手のことが好きだと、結局自分から連絡してしまうことが多いです。

また、お相手と学校は会社など、同じコミュニティに所属している場合は、物理的な接触を避けること自体そもそも難しいですよね。

そのため、お互い違うコミュニティに所属していることが第一条件になります。

この条件をクリアした上で、もし本気で相手のことを諦めたいと思うのであれば、一度連絡先をブロックしましょう。

また、これにあわせて、インスタグラムなどのSNSもミュートにするか、フォローを外したりすることが必要です。

これくらい徹底しないと、本気で好きになった人を諦めることはできません。

ただ、もしカミングアウトしていなくて、相手と普通に友人関係の場合、この方法を用いると、相手に不安を与えてしまったり、二人の関係を悪化させるリスクがあります。

カミングアウトした上で友人関係を築いている場合でも同様です。

そのため、もし相手のことは諦めたいけど、今後一切関わらなくなるのは嫌だという方にはおすすめできません。

一方で、もうその相手のことは諦めて、すべてを忘れたいという方は、試してみる価値があるかもしれません。

②相手の幸せを第一に考える

2つ目は、相手の幸せを第一に考えるようにすることです。

これはよく”恋”と”愛”の話でありますが、恋は「自分の気持ちを優先したもの」です。

実際、好きな人に恋をすると、「好きだから付き合いたい」「私の恋人にしたい」というような思いが芽生えますよね。

これは、「自分~したい」というふうな自分本位の考え方です。

一方で、愛は「相手の幸せを一番に考えること」です。

イメージとしては、親が子どもに注ぐ愛情に近いです。

毎日ご飯を作ってくれたり、好きな洋服を買ってくれたりするのは、”愛”があるからです。

極端な話、子どもに愛情をたくさん注いでも、お金や高価なものがもらえるわけではありません。

それでも、お母さんやお父さんが子どもに愛情を注ぐのは、

「生きてくれているだけで嬉しいから」

「子どもの嬉しそうな顔や笑顔が見たいから」

「幸せに生きていってほしいから」

などの理由があるからです。

また、これは、家族間だけの話ではありません。

恋愛においても同じです。

そのため、諦めようと思っている方は、

「何がそのお相手にとって一番幸せなことなのか」

を一度考えてみましょう。

もし、相手が「もう話したくないし、関わりたくない」というようなことを言ってきたら、相手の目の前からいなくなることが、相手にとっての一番の幸せかもしれません。

もしそうなら、連絡を断ったり、接触を避けたりするべきでしょう。

一方で、カミングアウトや告白をした際に、

「付き合えないけど、友達として仲良くしてほしい」

というようなことを言ってくれたのであれば、恋愛感情を抑えつつ、親友になるのがお相手にとっての一番の幸せかもしれません。

「付き合えないし、辛いから諦めたい」というのは自分本位の考えなので、まだ”恋”の段階です。

でも、もし相手のことが本気で好きなのであれば、自分の気持ちより、相手の幸せを優先して考えてあげるのもひとつの方法です。

そうすれば、新しい関係性や感情、充実感が見つかるかもしれません。

そのため、心の底で「関係を断ちたくない」「そばにいたい」と思っている方は、そのお相手の幸せを第一に考えて今後の関わり方を考えていくのも選択肢のひとつです。

③同性のなかで一番の存在を目指す

3つ目は、同性のなかで一番の存在を目指すことです、

残念ながら、ノンケの方は現段階では異性が恋愛対象です。

つまり、そもそも今は同性を恋愛対象として認識できていないわけですから、異性と勝負したり、張り合っても意味がありません。

そのため、もし、張り合うのであれば同性の友達のなかで一番を目指すことです。

もし、あなたが本気でその人のことを好きなら、誰よりも相手の性格や気持ちを理解してあげられるはずです。

そうなれば、片思いしている同性の「一番の親友」になることができます。

そうすれば、お相手にとって「必要な存在」になることができます。

好きな人から頼りにされたり、必要とされることほど嬉しいものはありませんよね。

ですので、そのような関係になれば、恋人にはなれなくても、相手にとって”かけがえのない存在”になることができます。

そのため、このような関係性になるのも選択肢の一つとして考えてみてくださいね!

④新しい恋を見つける努力をする

4つ目は、新しい恋を見つける努力をすることです。

「失恋の傷は、新しい恋でしか癒せない」というようなことがよく言われますよね。

たしかにこれも一理あります。

ただ、その人以上に好きな人がすぐ見つかることは少ないです。

そのため、まずは新しい恋を見つける”努力”をしてみることをおすすめします。

具体的には次のような行動が挙げられます。

・LGBTの人たちが集まるバーなどに行く

・マッチングアプリで見つける

このような行動をすることで、次の新しい恋愛の”種”が見つかるかもしれません。

また、元々相手も同性愛者だとわかっていれば、その先の関係性を意識しながら関わっていくことができます。

そのため、新しい恋で今の恋を諦めるのも選択肢のひとつとして考えてみてくださいね!

⑤あえて、もう一度告白する

もし、一度告白して振られているにもかかわらず、まだ諦められないという場合であれば、”当たって砕けろ精神”でもう一度アプローチするのもひとつの方法です。

不思議なことに、2回アプローチして断られると、自然とスッキリした気持ちになって諦められる方もいます。

ただ、一度断られた状態で再度アプローチすると嫌われたり、関係が悪化することがあるため、そのようなリスクをしっかりと考えた上で検討するようにしましょう。

ノンケでも同性を好きになることがある

ここまで片思い中の同性を諦める方法やポイントについて解説してきました。

ただ、実はノンケの方でも、あることがきっかけで同性を恋愛対象として好きになることがあります。

(男性より女性のほうが多いです。)

そのなかでも特に多いのが以下のような「異性との恋愛に疲れたとき」です。

・長年付き合っていた恋人と別れたとき

・元彼のDVや暴力で別れたとき

・元彼の浮気が原因で別れたとき

・元彼の束縛や嫉妬が原因で別れたとき

このよう出来事がきっかけで、異性との恋愛に懲り懲りしたり、疲れたりすると、同性愛への可能性に気づくことが多いです。

このように、今はあなたの気持ちが伝わらなくても、今後もそのお相手の近くにいて、親友として支えていれば、何かのタイミングで恋が実る可能性もゼロではありません。

そのため、今すぐ諦める必要もないということを覚えていてくださいね!

さいごに

今回は、片思いしている同性を諦めるための方法やポイントについて、経験者のお話も踏まえて解説してきました。

ここまで解説してきたように、諦める方法にはいくつかの種類がありますので、そのなか護身ができそうなものから試してみてくださいね!

また、まだ好きなら無理に離れようとする必要はありません、

特に女性の場合、何かがきっかけで同性が恋愛対象になることもあるため、今すぐ諦めようとしないで、しばらくは同性のなかで一番のポジションを目指すのも選択肢のひとつです。

そのため、今回解説したことを参考に、そのお相手との今後の関係性を考え直してみてくださいね!

また、実際に同性愛者(レズビアン)の方の中にはノンけの同性と付き合って、現在一緒に住んでいる方もいらっしゃいます。

この方の体験談を読んでいただければわかりますが、片思いしているときのリアルな心境やカミングアウト・告白をして付き合い、同棲に至るまでに実践した具体的なアプローチなどについても詳しく書かれています。

さらに、経験者にしかわからないアドバイスも書かれていて、今現在、片思い中の同性がいる方に役立つ内容となっているので、以下の記事もあわせて読んでみてくださいね