同性愛・LGBT

既婚者の同性に片思いした時に考えるべき事と対処法|同性愛者が解説

エリカ
エリカ
今回は、既婚者の同性に片思いした時に考えるべき事と対処法について解説していきますね!

「既婚者の同性を好きになってしまった…」

「既婚者の同性に片思いしたらどうすればいい?」

これを読んでくださっているあなたは、既婚者の同性を好きになってしまって、今後どうしたらいいのか悩んでいらっしゃると思います。

そもそも、好きな人が既婚者の場合、それだけでハードルが上がりますよね。

それに加えて、もしあなたがLGBTであるとカミングアウトしたいと思っているなら、相手が同性愛を理解し、受け入れてくれる方じゃないと難しいです。

また、同性でも、不貞行為を行えば、それは不倫です。

そのため、あなたがそのお相手と不倫関係になれば、お相手のパートナーやお子さんが悲しい思いをすることにもなります。

これらを踏まえると、二人の関係をずっと続けていきたいのであれば、「同性の親友、仲の良い知人」という関係を保つほうが良いと言えます。

ただ、これらのことを理解した上で、どうしても好きな同性に対して気持ちを伝えたいのであれば、それもひとつの選択肢です。

そこで今回は、既婚者の同性を好きになったときに考えるべきことや対処方法について、経験者の話も踏まえて解説していきます。

最初に考えるべきこと

まず、既婚者の男性を好きになったときに”最初に考えるべきこと”について解説していきます。

もし、既婚者の同性を好きになったら、まずは次の3つのことを考えてみましょう。

①今後、そのお相手とどうなりたいのか

②お相手の幸せや今後の二人の関係性

③カミングアウト・告白とそのリスク

この3つの結論によって、今後の関わり方やアプローチの仕方が変わってくるため、既婚者の同性を好きになったら、まずは上の3つのことを考えましょう。

では、具体的にどんなことを考えれば良いのかについて、それぞれ解説していきます。

①今後、そのお相手とどうなりたいのか 

1つ目は「今後、そのお相手とどうなりたいのか」です。

具体的には、

・友人や知人の関係を続ける

・同性愛者であることをカミングアウトした上で、今の関係を続ける

・不倫関係になる

・離婚して一緒になってもらえるようアプローチする

などの選択肢があります。

また、将来的にその既婚者の同性の方とどういった関係になりたいかで、今後の関わり方やアプローチの仕方が大きく変わかります。

そのため、まずはそのお相手と今後どういうふうになりたいのか一度考えてみるようにしましょう。

もし、そのお相手と

「親友の関係でいたい」

「たまにご飯に行ったりできる関係で十分」

ということであれば、特別なことをしないで今の距離感をキープするのが良いと思います。

もし、自分が同性愛者であることを相手に隠しているのががつらかったり、罪悪感を感じるのであれば、タイミングをみてカミングアウトするのもひとつの選択肢です。

どうしても、相手の側にいたい、性的関係も持ちたいということであれば、同性愛者であることをカミングアウトした上で、告白するのもありです。

もし、そのお相手と両思いなのであれば、お相手と相談した上で離婚を進めてもらい、一緒になるというのもひとつです。

このように、あなたがそのお相手とどういう関係になりたいかで、今後の関わり方やアプローチはガラッと変わります。

そのため、まずは、その既婚者の同性とどうなりたいか、じっくり考えてみるようにしましょう。

②お相手の気持ちや今後の二人の関係性

好意を寄せているお相手の気持ちや今後の二人の関係性について考えてみることも大切です。

具体的には、

・同性愛者であることをカミングアウトしたら相手はどう思うか

・自分の気持ちを伝えたら相手はどう思うか

・自分と関わることで相手の人生にどんな影響を与えてしまうか

・気持ちを伝えることで相手は幸せになるか

・お相手のパートナーや子どもはどう思うか

などです。

もし、そのお相手に対して、自分が同性愛者であることをまだ伝えていないのであれば、上記のことをしっかりと考える必要があります。

といのも、実際、同性愛者であることをカミングアウトした際に、ショックを受けたり、悲しみを感じたりする方は一定数いるからです。

ある調査では、特に男性のほうが同性愛者からのカミングアウトや告白を受け入れられない割合が大きいこともわかっています。

ですので、あなたが自分の気持ちを伝えたら、相手がどう思うかも一度考え見ることが大切です。

もし、あなたが、

「その人が幸せでいてくれることが一番」

「その人にショックや悲しみを与えるのだけは嫌だ」

ということであれば、その気持ちは心にそっとしまっておくほうが良いかもしれません。

この場合、二人の今ままでの関係性は崩れないというメリットはありますが、それ以上二人の仲が深まることはないというデメリットがあります。

一方で、相手にショックや悲しみを与える可能性があったとしても、

「自分の気持ちを伝えたい」

「どうしてもその人と付き合いたい」

ということであれば、同性愛者であることをカミングアウトして、告白するのも一つの選択肢です。

この場合、成功すれば相手との関係が一歩前進するというメリットがありますが、失敗すれば今までの関係性が崩れるというリスクもあります。

ですので、お相手の気持ちや今後の二人の関係性を考えることも大切です。

③カミングアウト・告白とそのリスク

3つ目は、その同性の既婚者にカミングアウトして、告白するかどうかです。

ただ、同性愛における告白には次のようなリスクがあるとされています。

アウティングされるリスクがある

◉二人の関係性が崩れるリスクがある

◉”弱み”にされ、脅される可能性がある

同性への告白で最も恐いのが、”アウティングのリスク”です。

アウティングとは簡単に言うと、第三者によってあなたがLGBTであることを周囲の人にバラされることを言います。

実際、海外ではアウティングされたLGBTの学生が自殺したというニュースもありました。

このように、同性への告白は、異性への告白とちがって、さまざまなリスクがあります。

そのため、それらの点を理解した上で慎重にアプローチしないと、場合によっては深く傷つけられますし、今いるコミュニティから出ていかなければならなくなることもあります。

また、先程もお伝えしたように、同性愛を理解し、受け入れてくれるお相手でないと、カミングアウトした際にショックや悲しみを与えてしまって、今まで積み上げてきた二人の関係性が崩れるリスクもあります。

それに、もし相手のパーソナリティーが悪ければ、あなたが同性愛であることを”弱み”として握られ、脅されることだってゼロではありません。

(あなたが好きになる人はこのような最低な人ではないと思いますが、常に最悪のケースを考えておくことも大切です。)

そのため、もし好意を寄せているそのお相手にカミングアウトしたい、告白したいと思っているのであれば、そのリスクも前もって考えておくようにしましょう。

既婚者の同性を好きになった時の対処法

次に、既婚者の同性を好きになったときの対処法について解説していきます。

それは次の5つです。

①お相手の家庭や人生のことを考える

②今のままの関係を保つ

③アプローチしながら様子をみる

④同性愛者であることをカミングアウトする

⑤カモフラージュして不倫関係になる

最初にお伝えした3つのことを考えた上で、ご自身にとって最適な対処法を選ぶようにしましょう。

では、①~⑤の対処法について、それぞれもう少し詳しく解説していきます。

①お相手の家庭や人生のことを考える

もし、あなたが今後そのお相手どどのように接していこうか迷っている場合は、お相手のパートナーがお子さんのことを考えてみましょう。

もし仮に、あなたが同性愛者であることをカミングアウトした上で告白し、不倫関係になれたとします。

ただ、それがもし相手のパートナーにバレた時、その人はどう思うでしょうか。

もしかしたら、一般的な異性間の不倫を知った時よりもつらい思いや複雑な感情を抱くかもしれません。

また、それをお子さんが知ってしまったら、どう思うでしょう。

悲しい気持ちを持ったり、ショックを受けたりして、親子関係にヒビを入れてしまうかも知れません。

そして、一番はバレた時のお相手のことを考えてみましょう。

パートナーからは離婚を迫られ、子どもからは軽蔑され、不幸になるかもしれません。

好きな人が自分のせいで不幸になるのは一番辛いことだと思います。

たしかに、同性同士であればカモフラージュできますが、たとえそうだとしても、お相手のパートナーやお子さんのことを考えたら心が痛むという方もいらっしゃると思います。

そのような方は、気持ちを伝えないで、友人関係や知人関係を続けたほうがよいと個人的には思います。

また、お相手の幸せを一番に考える方も、相手が既婚者である限りは親友や仲のよい知人のままでいることをおすすめします。

②今のままの関係を保つ

2つ目は、今まで積み上げてきた二人の関係を壊さないように、今の関係を保つことです。

①でもお伝えしたように、相手の幸せやご家庭のことを大事にしたいという場合は今の関係のままを保つことをおすすめします。

また、もし相手が同性愛を受け入れてくれそうになかったり、恋愛対象としては明らかに見てくれていないと感じたりする場合も今の関係を保つことをおすすめします。

③アプローチしながら様子をみる

3つ目は、アプローチしながら相手のようすを見る方法です。

例えば、日頃お相手と関わるなかで、

<女性の場合>

・ボディタッチを多めしてみる

・二人での食事に誘ってみる

・手をつないだり、ハグをしてみる

・二人で遊びに出かける

・自分の家に誘う

などのアプローチを小出しにしてみて、相手の反応をチェックしてみましょう。

それでもし、相手が嫌そうじゃなかったり、受け入れてくれるようであれば、脈ありの可能性も高いと言えます。

また、お相手と話す中で、同性愛者の芸能人やタレントの話をふってみて、相手の「同性愛に対する考えや価値観」を聞いてみるのもひとつの方法です。

もし、相手が同性愛に対して偏見がなかったり、同性も恋愛対象になるということであれば、あなたの気持ちを伝えるの選択肢のひとつです。

このように、もし彼のことがどうしても好きなのであれば、アプローチを小出しにしてみて、リアクションをみながら今後どうするか決めていく方法もあります。

④同性愛者であることをカミングアウトする

もし、自分が同性愛者であることを相手に隠しておくのがつらいということであれば、カミングアウトするのもひとつの方法です。

ちなみに、「カミングアウト」と「告白」は別です。

カミングアウトは、自分が同性愛者であることを伝えることです。

そして、告白は、その人に「好き」という気持ちを伝えることです。

そのため、手順としては、カミングアウトして、相手がそれに対して受け入れてくれたら、次に告白をするという流れになります。

既婚者の同性を好きになる方の中には、「付き合いたいわけじゃないけど、同性愛者であることを隠しているのがつらい」という方もいらっしゃいます。

たしかに、大好きな相手に本当のことを言わないで黙っているのは、隠し事をしていることになるので嫌でよね。

ただ、先程もお伝えしたいように、カミングアウトすれば、”アウティング”や二人の関係が崩れるリスクなどがあります。

そのため、これらのことを踏まえた上で、もしカミングアウトして関係を築いていきたいなら、それも選択肢のひとつです。

⑤カモフラージュして不倫関係になる

さいごに、もし相手と相思相愛ということであれば、カモフラージュして不倫関係になるののひとつの方法です。

これは、

・何がなんでもその人と付き合いたい

・将来的に離婚して一緒になってほしい

・その人以上に好きな人ができない(気がする)

という方に適していると言えます。

ここまで解説してきたことを踏まえた上で、覚悟をもってそのお相手と向き合いたいという方であれば、一旦はカモフラージュして、関係をもつのもありです。

一般的な不倫と比べて、同性同士の不倫はバレずらいという利点もあります。

ただ、だからといってバレる可能性はゼロではありませんし、バレたら離婚話が進んだり、社会的制裁を受けたりする可能性もあります。

そのため、これらのことを踏まえた上で、もしどうしてもそのお相手のことが好きなら、カモフラージュして不倫するのも選択肢のひとつとして考えてみましょう。

既婚者の同性を好きになった方の経験談

さいごに、既婚者の同性を好きになった方の体験談をご紹介します。

今後の参考になるかもしれないで、ぜひチェックしてみてくださいね!

僕は30代前半のゲイです。
過去に既婚者の同性を好きになったことがあるのでその時の気持ちを綴ります。

確かに既婚者の同性を好きになってしまうとかなり苦しい時期が続きますよね。いっそのこと自分がゲイであることをカミングアウトしようかか迷ったことも何度もあります。しかし、よく考えてみたら、これが仮に同性じゃなかった場合、それはただの不倫だと思いました。

気持ちを抑えるというのはたしかに難しいです。コントロールできるなら最初から既にしています。

でも、相手の家庭の事を考えたとき、自分自身の気持ちのほかに「相手にとっての一番の幸せを考える」というもう一つの理由ができました。これが、自分の高まる気持ちを抑えてくれるブレーキになりました。

僕は、恋人がいる人や家族がいる人を好きになってしまった時、今もそのように考えるようにして、自分の気持ちにブレーキをかけています。

それでもコントロールが効かない場合もありますが、その時は「自分と相手の関係が完全に壊れてしまう」「壊してしまうのが自分の責任だ」と覚悟をした上でカミングアウトしたり、告白したりします。

結果、関係が気まずくなってそのまま疎遠になるか「ごめん、気持ちは嬉しいけど、俺は家庭があるし、そもそも男とは付き合えない」と言われることがほとんどです。

さいごに

今回は、既婚者の同性を好きになったときに考えるべきことや対処方法について、経験者の話も踏まえて解説してきました。

相手が既婚者の時点で、その人との恋愛は好ましいとは言えません。

加えて、同性愛者であることをまだ隠している場合、それをカミングアウトしたら、関係が崩れたり、第三者に漏らされたりするリスクもあります。

ですが、それらを理解した上で、もしどうしてもお相手のことが好きだというなら、まずはアプローチをしてみて、反応や様子を伺ってみるのもひとつの方法です。

また、実際に同性愛者(レズビアン)の方の中にはノンけの同性と付き合って、現在一緒に住んでいる方もいらっしゃいます。

この方の体験談を読んでいただければわかりますが、片思いしているときのリアルな心境やカミングアウト・告白をして付き合い、同棲に至るまでに実践した具体的なアプローチなどについても詳しく書かれています。

さらに、経験者にしかわからないアドバイスも書かれていて、今現在、片思い中の同性がいる方に役立つ内容となっているので、以下の記事もあわせて読んでみてくださいね