同性愛・LGBT

【ビアン】脈ありサインと脈なしサインの具体例・見分け方を解説!

エリカ
エリカ
今回は、ビアンの脈ありサインと脈なしサインの見分け方について詳しく解説していきますね!

「好きな子が脈ありか知りたい…」

「ビアンの脈あり・脈なしサインってどんなの?」

ビアンの脈あり・脈なしサインは、さまざまなところにみられます。

異性間の恋愛と重なるところもあれば、逆にビアンにしかみられない特徴的なサインもあります。

また、脈ありじゃないと、アプローチやアピールをする気になれないという方も多いと思います。

一方で、脈なしの状態から振り向かせるほうが楽しいという方もいらっしゃると思います。

そのため、いずれによせ、ビアンの脈あり・脈なしサインを見極める力やテクニックは大切になります。

そこで今回は、ビアンの方のお話をもとに、ビアンに見られやすい脈ありサイン・脈なしサインについて、詳しく解説していきます。

ビアンの脈ありサイン

まず、ビアンの脈ありサインについて見ていきましょう。

ビアンに限らず、恋愛における脈ありサインとしては、次のようなことが共通してよく挙げられます。

◉目がよく合う

◉LINEの返信が途切れない

◉LINEの返信速度が早い

◉ボディタッチやスキンシップが多い

◉よく二人での遊びや食事に誘ってくれる

相手にこのような特徴が多く見られる場合は、異性間・同性間の恋愛に関係なく、脈ありの可能性が高いと言えます。

ただ、この他にも、ビアンの脈ありサインには、次のようなものがあります。

①酔い電をしてくる

②バイだとわかると距離をあけられる

③相手から話かけてくる

④遊びの日程やプランをすべて決めてくれる

⑤あなたの好みや希望に合わせてくれる

⑥常に手や肩などに触れてくる

⑦LINEなどのテンションが同じ

⑧あなたの趣味や好きなものを真似する

⑨お金を出してくれる

⑩同性愛や結婚観の話を振ってくる

ビアンの場合、これらの脈ありサインも見られやすいです。

では、①〜⑩の特徴や心理ついて、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①酔い電をしてくる

一つ目は、「酔い電」です。

これは、酔った時に相手が電話してくること(または、あなたが電話すること)です。

もし、気になるお相手から、酔い電がくることがあるのであれば、脈ありの可能性が高いです。

酔い電はたいてい深夜が多いですよね。

普通、深夜であれば相手が寝ていて迷惑になると思ってかけません。

でも、それでも酔い電をかけてくるということは、

「本能的にあなたのことが好きで電話してしまう」

「気を許している相手だからこそ電話してしまう」

「あなたなら許してくれるだろうと甘えている」

などの可能性が高いです。

また、これらはあなたに好意や信頼があるからこその心理です。

そのため、もし、酔い電が相手からくるようであれば、それは脈ありサインのひとつだと考えられます。

また、あなたが逆にその好きな人に酔い電することもあると思います。

そのとき、相手が不機嫌にならず、むしろ上機嫌で電話に出てくれたり、心配してくれたりする場合、それも脈ありサインのひとつです。

そのため、「酔い電」は脈ありを判断するひとつのサインだということを覚えておきましょう。

②バイだとわかると距離をあけられる

もしあなたがバイで、それを相手にカミングアウトしたときに距離をあけられた場合、脈ありケースと脈なしケースの両方があります。

まず、ビアンの方の中にはバイを毛嫌いする方が一定数います。

そのような方の場合、あなたがバイだとわかると、脈あり→脈なしになるケースがあります。

ただ、あなたがバイだと知ったとき、もし相手が距離をあけてきたら、それはショックを受けているサインの可能性もあります。

ショックを受けるのは、少なからずその人があなたを良いと思っていたり、好意を抱いている証拠でもあります。

加えて、これに似たサインとして、あなたが他の女性の話をしたり、元彼などの話をした場合も同じように距離をとられたり、不機嫌になったりするようすが見られやすいです。

③相手から話かけてくる

ビアン系のイベントやBarなどで、相手から話しかけてきた場合も脈ありの可能性が高いです。

特に、トイレに行ったときやあなたが一人になったときを見計って話をかけてきた場合、脈ありの可能性大です。

そのため、そのお相手と出会ったときに、どんなシチュエーションでファーストコンタクトを取ったか、仲良くなったかを思い出してみることも大切です。

④遊びの日程やプランをすべて決めてくれる

もし、二人で遊びにいくときに、お相手が具体的な日程やプランを決めてくれる場合も脈ありの可能性が高いです。

例えば、

「〜に行きたいんだけど、一緒に行かない?」

「○月△日と○月□日、どっちがいい?」

というような誘い方をしてくれる場合、これは”あなたと一緒に行きたい”という気持ちの表れと言えます。

そのため、二人で出かける約束をするときに、具体的な日程やデートプランを決めてくれる場合は、脈ありの可能性が高いと考えられます。

⑤あなたの好みや希望に合わせてくれる

④と少し逆説的ですが、二人で遊んだり、出かけたりするときに、あなたの都合の良い日程に合わせてくれたり、あなたが行きたい場所に連れて行ってくれる場合も脈ありの可能性が高いです。

これは、あなたの好みや希望を最大限尊重し、叶えてあげたいという気持ちの表れです。

そして、根本には、あなたに「喜んでもらいたい」「頼ませたい」という想いがあります。

このような感情を抱いてくれるのは、あなたに好意を抱いているからです。

そのため、二人で出かける時に、あなたの都合の良い日程に合わせてくれたり、あなたの行きたいところに連れて行ってくれるようであれば、相手はあなたに好意を抱いている可能性が高いと言えます。

⑥常に手や肩などに触れてくる

もし、あなたと二人でいるときに、手や肩に常に触れてきたり、もたれかかってきたりする場合も、脈ありの可能性が高いです。

ビアンの代表的な脈ありサインとしてスキンシップやボディタッチがあります。

もちろん、手をつないできたり、腕を組んできたり、ハグしてきたりするのも脈ありサインのひとつです。

それに加えて、常に手に触れてきたり、太ももの上に手を乗せてきたり、背もたれに手を添えてきたりする場合も脈ありサインだと考えられます。

そのため、このようなしぐさが見られたら、あなたに好意を抱いている可能性は高いでしょう。

⑦LINEなどのテンションが同じ

普段そのお相手とLINEしている中で、同じテンションで返信してくれる場合も脈ありの可能性が高いです。

例えば、あなたが❤︎を付けたら、❤︎をつけて返してくれるといった感じです。

あなたのテンションに合わせたリアクションをするということは、あなたが嬉しければ相手も嬉しい気持ちになりますし、あなたが落ち込んだ様子をみせれば、相手も心配で落ち込んむということです。

これは、好きな人や大事にしている人にしかみられない特徴のひとつです。

そのため、あなたのテンションに相手も影響されているかも脈ありかを判断するひとつの指標になります。

⑧あなたの趣味や好きなものを真似する

あなたの趣味や好きなもの真似してくる場合も、あなたに好意を抱いている可能性が高いと言えます。

例えば、

「好きなアーティストや曲を紹介したら、相手もどんどんハマっていった」

「私がお気に入りのコスメを紹介したら、相手もそれを使うようになった」

などです。

もちろん、これは仲の良い女友達の間でもみられることです。

そのため、これ一つだけだと、相手が脈ありかを判断することはできません。

ただ、ほかの脈ありサインが見られるなかで、このような特徴も見られた場合、相手はあなたに好意を抱いている可能性が高いと言えます。

⑨お金を出してくれる

もし、お相手と食事に行ったときに、御馳走してくれる場合も脈ありの可能性が高いです。

普通、女性同士であれば、誕生日など特別な日じゃない限り、割り勘が多いと思います。

ですので、もし相手が食事や飲みに行った時に御馳走してくれることが多い場合、それはシンプルな好意の表れとも言えます。

⑩同性愛や結婚観の話を振ってくる

相手があなたと話すなかで同性愛や結婚観の話を振ってくる場合、それは脈ありの可能性が高いです。

このような話題は、もちろん興味本位で振ってくる場合もありますが、ほとんどは「探り」を入れるためです。

相手としては、同性愛や結婚観を聞くことで、

「同性は恋愛対象になるのか」

「ビアンとバイのどちらなのか」

「脈ありか、脈なしか」

を知りたいと思っていることが多いです。

そのため、同性愛や結婚観の話題を振ってこないかどうかも、ひとつの目安にしてみてくださいね!

ビアンの脈なしサイン

次に、ビアンに見られる脈なしサインを解説していきます。

ビアンに限らず、恋愛における脈なしサインとしては、次のようなことが共通してよく挙げられます。

◉目が合わない

◉LINEの返信が極端に遅い

◉既読無視されることが多い

◉ボディタッチやスキンシップを拒否される

◉二人での食事や遊びは断ってくる

また、この他にも、ビアンの脈なしサインとして、次のようなものが見られやすいです。

①口約束が多い

②電話に出てくれない

③隣にいるときに距離がある

④他の女性の話をしてくる

⑤全体的に冷たい・そっけない

もし、脈なしの場合は、これらのサインも見られやすいです。

では、①〜⑤について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①口約束が多い

脈なしの場合、口約束が多いです。

口約束とは、「今度〜に行こうね」と言っておきながら、いざ具体的な日程を決めようとすると、

「まだ予定がわからない…」

「日程わかったら連絡するね!」

と言ってきて、結局そのまま予定が流れてしまうことです。

これは、遠回しの脈なしサインです。

そのため、このような特徴が見られる場合、現時点で脈なしの可能性が高いです。

②電話に出てくれない

あなたが電話してもなかなか出てくれない場合、脈なしの可能性が高いです。

もちろん、脈ありの場合でも、相手が仕事で忙しい時間帯に電話をかけたら、出てくれないことが多いです。

でも、もし脈ありなら、夜遅い時間帯など電話したら出てくれることが多いです。

単純に、もし好きな人から急に電話がきたら出ますし、嬉しい気持ちにもなりますよね。

逆に、好きじゃない人から電話がきたら、「めんどくさいな…」「急に何?」と思って、スルーすることが多いはずです。

そのため、あなたが電話したときに全然出てくれない場合、現時点では脈なしの可能性が高いと言えます。

③隣にいるときに距離がある

もし、あなたと隣にいるときや二人でいるときに一定の距離感を取ってくる場合も脈なしの可能性が高いです。

私たちには、パーソナルスペースという概念があります。

パーソナルスペースは主に次の4種類です。

◉密接距離:0cm~45cm
→家族・恋人なら不快に思わない距離

◉固体距離:45cm~1.2m
→友人や同僚など親しい人なら不快に思わない距離

◉社会距離:1.2m~3.5m
→知人や上司などなら不快に思わない距離

◉公衆距離:3.5m以上
→知らない人や講演会などにおける距離

このように、私たちは、相手によって不快に感じる距離があります。

それがパーソナルスペースです。

そのため、もしあなたがお相手の「密接距離」の範囲に入ったとき、相手が拒否したり、距離をあけようとしてくるようであれば、あなたは”親しい友人”と認識されている可能性が高いということになります。

そうなれば、恋愛対象として見られていないということで、脈なしの可能性が高いと考えられます。

そのため、相手との距離感も脈なしか脈ありかを判断するひとつの基準であることを覚えておきましょう。

④他の女性の話をしてくる

あなたがビアンだとわかっていながら、相手が他の女性の話をしてきたり、元彼・今彼の話をしてくる場合、脈なしの可能性が高いです。

このような話をしてくる場合、

「あなたに気はないですよ」

という遠回しのサインである可能性が高いです。

そのため、相手が他の女性や異性の影をちらつかせないかも判断基準のひとつだと思っておきましょう。

⑤全体的に冷たい・そっけない

もし、普段話したり、連絡を取ったりするなかで、全体的に相手の態度が冷たい・そっけないと感じるようであれば、脈なしの可能性が高いです。

同性間、異性間の恋愛に限らず、基本的に好きな人や好意を抱いている相手に対して、冷たくしたり、そっけなくしたりする人はほとんどいません。

逆に、相手に誤解させないため、好意をもたれないためにわざと冷たくしたり、そっけなくしたりする方は一定数います。

そのため、こちらが特に何かしたわけではないのに、相手の態度が全体的に冷たかったり、そっけなかったりする場合は、現時点では脈なしの可能性が高いでしょう。

さいごに

今回は、ビアンの方のお話をもとに、ビアンに見られる脈ありサイン・脈なしサインについて解説してきました。

今後、アピールしたり、アプローチしたりするか決めるためにも、脈ありか脈なしか見極めることは必要です。

そのため、今回解説したことをもとに、相手に脈があるかないか、チェックしてみてくださいね!

また、実際に同性愛者(レズビアン)の方の中にはノンけの同性と付き合って、現在一緒に住んでいる方もいらっしゃいます。

この方の体験談を読んでいただければわかりますが、片思いしているときのリアルな心境やカミングアウト・告白をして付き合い、同棲に至るまでに実践した具体的なアプローチなどについても詳しく書かれています。

さらに、経験者にしかわからないアドバイスも書かれていて、今現在、片思い中の同性がいる方に役立つ内容となっているので、以下の記事もあわせて読んでみてくださいね