失恋

【経験者が語る】失恋したら「運命ではなかった」ということ?

大失恋すると、

「元彼は運命の人じゃなかったのかな…」

「運命の人だと思ったけど違ったのかな」

と思ってしまう方が多いです。

たしかに、「失恋=運命ではなかった」と捉えることもできるでしょう。

ただ、スピリチュアルの世界では、人生における人との出会いに”偶然”はなく、すべて”必然”であるとも言われています。

そう考えると、結果的に別れてしまったとしても、元カレ・元カノはあなたの人生に必要な存在だったと言えるでしょう。

私自身、大失恋をしたことがあり、失恋直後は、「運命の人ではなかった」と思いましたが、今思えば、「あの人との出会いは必要だった」と思っています。

それゆえ、ある意味、その人との出会い、そして別れは、「運命だった」と感じています。

そこで今回は、果たして、失恋したら「運命の人ではなかった」ということなのかについて、私なりの考えをお話していきたいと思います。

「結婚=運命の人」とは限らない。

運命の人と聞くと、「結婚相手」「一生を共に歩くパートナー」をイメージする方が多いと思います。

たしかに、大恋愛をして、その人と交際・結婚をして、生涯を一緒に歩む方は一定数いらっしゃいます。

私の友人にも、初めてお付き合いした恋人とそのまま結婚して、幸せな家庭を築いている方はいます。

まさに、その友人にとって、パートナーとの出会いは「運命」だったのでしょう。

ただ、このような人はごくわずかです。

また、一説によると、人は運命の人に2回出会うと言われています。

一人目は、「愛すること」の意味を本当に知るために現れ、二人目で「本当の幸せを掴む」とされています。

つまり、もし運命の人だと思っていた人と別れてしまったのであれば、それは、「人を愛する」ということを学ぶための出会いだったのかもしれません。

そして、次に同じくらい愛せる人と出会ったとき、その人が本当の運命の人だったと気づくことができるでしょう。

ただ、もしこれが本当なのであれば、今回の失恋は、本当の運命の人に出会うための前兆とも言えます。

なぜなら、今回の大失恋がなければ、今後出会うであろう運命の人には出会えなかったのですから。

もちろん、失恋直後は、

「元カレ(元カノ)以上に好きになれる人に出会える気がしない」

と思ってしまう方は多いです。

私もそうでした。

ただ、失恋してから時間が経てば、その考えが薄れてきたり、変化してきたりするものです。

「そんなことはない」と思っていても、いずれわかるときがくると思います。

そのため、失恋したとしても、相手が「運命ではなかった」と思わないで、「彼との出会いは私の人生に必要な出会いだった」と思うことで、心が少し楽になるかもしれません。

「別れ=得られるものがなくなった」という意味

最初にお伝えしたように、スピリチュアルな世界において、人と人との出会いや別れは、「偶然」ではなく、「必然性」を持っていると言われています。

具体的には、「出会い」は”その人に必要な時に自然と訪れる”と言われています。

その一方で、「別れ」は”その人から学んだり、得られたりするものがなくなったときに訪れる”とされています。

つまり、簡単に言えば、

「必要な時に必要な人と出会い、役割を追えたら別れる」

ということになります。

このように考えると、あなたとその元カレ・元カノは出会うべくして出会い、交際に発展したのだと思います。

交際期間中は、一緒に何かを楽しんだり、喧嘩をしたりさまざまな経験をされたと思います。

また、その経験を通して、たくさんのものを相手から得たことでしょう。

でも、そんなお相手との別れがやってきたということは、

「その人から得られるものは、もうありませんよ」

「その人のところにとどまっていても意味がありません」

というサインの可能性があります。

そのため、最近彼とマンネリ化していたのが原因で別れた方、なんとなくダラダラ付き合っていた方は、かえって今後の人生にとって良い選択だったのかもしれません。

また、大失恋をしたということは、今後、あなたの人生に大きな影響を与える人との出会いが待っているということです。

ただ、ずっと元カレ・元カノのことを引きずっていては、運命の人と出会っても、それを逃してしまう可能性があります。

そのため、時間をかけてでも、過去に縛られないで、少しずつ前を向いていくことが大切でしょう。

大失恋の後にやるべきことは?

大失恋したら、傷ついた心を癒して、立ち直る必要があります。

ただ、友達に相談して、

「もっと良い人が見つかるよ」

「次の恋を探そうよ」

などと言われても、なかなか失恋のショックや息苦しさは改善しませんよね。

そもそも、失恋から立ち直るには、「時間」と「立ち直るための行動」の2つが必要です。

マイナビウーマンが行った調査によれば、男女が失恋から立ち直る期間は、次のようになっています。

【女性が失恋から立ち直るまでの期間】

Q.失恋から立ち直るのはどれくらい期間が必要だと思いますか?

第1位「1カ月以上~3カ月未満」(28.4%)
第2位「半年以上~1年未満」(13.7%)
第3位「1週間以上~1カ月未満」(13.5%)
第4位「3カ月以上~半年未満」(13.2%)
第5位「1週間未満」(11.5%)
※有効回答数409件。単数回答式、6位以下省略

【男性が失恋から立ち直るまでの期間】

第1位「1週間未満」(23.7%)
第2位「1カ月以上~3カ月未満」(21.3%)
第3位「半年以上~1年未満」(14.4%)
第4位「3年以上」(13.7%)
第5位「1週間以上~1カ月未満」(13.2%)

アンケート結果から分かるように、男性よりも女性の方が失恋後に引きずる期間は長い傾向にあります。

ただ、もちろん個人差はあります。

特に、相手のことを本当に好きだった方、交際期間が長かった方は、失恋が癒えるまでに多くの時間を必要とするケースが多いです。

また、失恋から立ち直るには、一般的に次のような方法があると言われています。

①ひたすら泣く

②相手への思いを友人や親に吐く

③無理に相手との思い出に蓋をしない

元カレ・元カノのことを考える時間を減らす

⑤新しい恋につながる出会いを探す

>>他の方法に関してはこちらで詳しく解説!

私も失恋経験がありますが、そのときはさまざまな方法を試しました。

その中で、一番失恋から立ち直るのに必要なのは「新しい恋につながる出会いを探す」ことです。

実際、

「失恋を癒すためには、新しい恋が必要だ」

と、よくと言われますよね。

これについては賛否両論ありますが、私個人の意見としては、新しい恋は「必要」です。

ただ、新しい恋は、必ずしも失恋を「乗り越えるため手段」とは限りません。

失恋後の新しい恋には、次のような役割やメリットもあります。

①失恋の気分を紛らわせるため

②元カレ・元カノ以外の視野を広げるため

③元カレ・元カノへの気持ちを再確認するため

④新しい恋の可能性に出会うため

⑤自分への自信を取り戻すため

上記の③にもありますが、失恋後にあえて新しい恋につながる出会いに目を向けてみることで、元カレ・元カノへの気持ちを再確認することができます。

もし、新しい恋をして、そのお相手と一緒に時間を過ごしていきたいと思えれば、そのまま幸せになれば大丈夫です。

逆に、新しい恋に目を向けてみても、元カレ・元カノのことを忘れられないのであれば、復縁を目指すきっかけになるでしょう。

そのため、もし失恋後で復縁しようか迷っているのであれば、「新しい恋につながる出会い」に目を向けてみることをおすすめします。

ちなみに、「なぜ、失恋に新しい恋が必要なのか」や「どんな出会い方がおすすめか」などについては、以下の記事でより詳しく解説しているため、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね!

【経験者が教える】失恋後に新しい恋や出会いが必要な5つの理由新しい恋は、失恋を乗り越えるためだけのものではありません。失恋後に新しい恋をすることで、さまざまな気づきや発見があるでしょう。そこで今回は、私の経験を踏まえた上で、新しい恋が失恋を乗り越えるのに必要な理由について、わかりやすく解説していきます。...

失恋に対して納得できていないなら…?

これを見てくださっている方の中には、「失恋に納得できていない」「失恋相手の気持ちを知りたい」と思っている方も多いと思います。

たしかに、新しい恋に向けて進みたいと思っても、自分のなかでその失恋、または失恋相手に納得できていないことがあると、次に進めませんよね。

ただ、だからといって、本人に直接聞いても、本当のことを教えてくれるとは限りませんし、今さら改まって聞くのも気が引けますよね。

そのような方は、一度きちんとした占い師の方に相談してみるのもおすすめです。

そもそも、人の気持ちというのは目に見えないものです。

そのため、目に見えないものを知るには、目に見えないスピリチュアルな力に頼るしかありません。

実際、失恋相手の気持ちを知りたくて、失恋後に占い師に一度視てもらう方は多いです。

また、占い師に鑑定をお願いすることで、次のようなメリットもあります。

★失恋相手との相性を知れる

★諦めるべきかどうか占ってもらえる

★失恋相手との先の未来を占ってもらえる

★失恋相手の今のあなたへの気持ちを知れる

★失恋相手に他に好きな人や恋人がいるか知れる

★失恋相手と付き合うためのポイントを教えてくれる

★第三者の視点で冷静なアドバイスをしてもらえる

ココスピでは、約60社、170名以上の占い師を独自に調査した上で、失恋相手の気持ちを視るのが得意な占い師を以下の記事でご紹介しているため、気になる方はチェックしてみてくださいね!

【失恋にオススメの電話占い】「超当たる」と評判の占い師を紹介!失恋して苦しんでいる方は、占い師に相談することで、自分の気持ちを整理できたり、次に進むべき道がわかったりします。そこで今回は、約60社、170名以上の占い師を独自調査した上で、失恋の相談実績が多数ある、おすすめの占い師をご紹介していきます。...

さいごに

今回は、果たして、失恋したら「運命の人ではなかった」ということなのかについて、私なりの考えをお話してきました。

ここまで解説してきたように、「失恋=運命の人ではなかった」とは限りません。

別れてしまっても、後々、あなたの人生に必要な存在だったと気づく時がくるかもしれません。

そのため、過去に固執し過ぎることなく、少しずつでいいので、前を向いていくことも大切です。