復縁・復活愛

【復縁】元彼の冷たい・そっけない態度を解決して復縁する方法を解説!

「話しかけても元彼の態度が冷たくて、そっけない…」

「電話しても出てくれない…」

「LINEしても既読無視されてしまう…」

このように元彼が素っ気なくて、復縁に対して不安を感じている方が多いと思います。

元彼の対応がそっけないのには必ず何らかの理由があります。

しかし、ほとんどの方は、その理由を考えずに自分のタイミングで連絡したり、話しかけたりしてしまいます。

そこで、今回は以下の3つを中心に解説していきたいと思います。

●相手の態度が素っ気ない理由

●素っ気ない態度をされるアプローチ

●相手の冷たい態度への対処法

そのため、今現在、元カレの態度が冷たかったり、そっけなかったりして悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね!

【元彼がそっけないのはどうして?】
元彼がそっけない7つの心理

元彼がそっけないのには理由があります。

それは以下の7つのいずれかに当てはまります。

1.好きな人・気になっている人がいる

2.まだ気持ちの整理がついていない

3.プライベートや仕事が忙しい

4.あなたのアプローチがしつこい

5.「特別な存在」ではなくなっている

6.あなたの未練を断ち切りたい

7.別れたばかりで嫌悪感を抱いている

それぞれのポイントについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

1.好きな人・気になっている人がいる

最も多いのは、元彼に新たに好きな人や気になっている人がいるケースです。

あなたが元彼に気持ちが傾いているように、元彼も新しい人に夢中になっています。

そうなると、必然的にあなたへの対応や態度がそっけなくなります。

2.まだ気持ちの整理がついていない

まだあなたとの別れに対して気持ちの整理がついていないため、どう関わっていけばいいか戸惑っていることもあります。

そうなると、元彼自身そっけなくしようと思っていなくても、冷たい態度やよそよそしい対応になってしまうことがあります。

3.プライベートや仕事が忙しい

元彼の態度がそっけなく感じる原因として、ただ単に「忙しい」だけということもよくあります。

プライベートや仕事が充実している男性だからこそ、このようなケースが多いです。

4.あなたのアプローチがしつこい

ご自身のアプローチがマイナスに働いて、元彼の態度をそっけなくしている可能性もあります。

つまり、あなたが元彼に対して未練があることを全面に出したり、しつこく連絡したりすると、対応がめんどくさくなって、態度が冷たくなるケースがあります。

そのため、身に覚えのある方は一度ご自身のアプローチを見直してみることが大切です。

5.「いちばんの存在」ではなくなっている

これは男性がよく誤解されているのですが、別れてしまったら元彼の態度が付き合っているときよりそっけなくなったり、冷たくなったりすることは当然です。

付き合っていたときは、あなたは彼にとって「いちばんの存在」でしたが、別れてしまったらそのような存在ではなくなりますよね…。

そうなると、付き合っていたころよりそっけなくなってしまうのは仕方ありません…。

そのため、まずはこの点をしっかりと理解することも大切です。

6.あなたの未練を断ち切りたい

元彼に頻繁に連絡したり、話しかけたりすると、相手は「私にまだ気があるのかな?」と思います。

それに気づいた時に、元彼に復縁の意思がなければ、あなたに変な期待をさせないため、そして、あなたの未練を断ち切るためにもあえて冷たい態度やそっけない態度を取ることがあります。

この場合も一時的にアプローチをやめて、距離をおくほうがベターです。

7.別れたばかりで嫌悪感を抱いている

これは、ケンカ別れや円満な別れ方をできなかった方に多いパターンです。

ケンカ別れや積もり積もった不満が爆発して別れると、しばらくの間は相手の悪かった点やムカッとしたところばかりが印象に残り、「距離をおきたい」「連絡をとりたくない」と思う男性が多いです。

そのため、思い当たる節がある場合はわざと時間をおいたほうがいいです。

彼の気持ちを知ることが一番大切!

ここまで、元彼の態度がそっけなくなったり、冷たくなったりする理由について見てきました。

ここまで解説してきたように、彼があなたに冷たくしたり、そっけなくするのには必ず理由があります。

そのため、彼のそのときの気持ちを正確に見極めて、アプローチする必要があります。

彼の気持ちがあなたに向いていないときに、アプローチしたら、拒否されるのは当然です。

逆に、彼にフラれたとしても、彼の気持ちを正確に見極めれば、復縁の可能性はグッとアップします。

彼の気持ちを正確に知る2つの方法

ここまで、彼の気持ちを知ることの重要性について解説してきました。

ただ、彼の気持ちは、目にみえないものなので、正確に知るための方法は限られています。

それは主に次の2つです。

①共通の友人に協力してもらう

②占いなどで視てもらう

では、それぞれについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

①共通の友人に協力してもらう

一番オーソドックスな方法は、共通の友人に協力してもらうことです。

ただ、これはまず、「共通の友人」がいることが大前提です。

さらに、その共通の友人が、元カレとある程度仲良くないと、気持ちを聞き出すことは難しいです。

また、ここでひとつ注意点があります。

それは、共通の友人が女性だった場合、信用しすぎないということです。

残酷な話ですが、共通の友人があなたの元カレのことを好きなケースも結構あります。

また、その場合、あなたに嘘の情報を伝達する場合があります。

たとえば、元カレが本当は「あなたとヨリを戻したい」と思っているのに、共通の友人が嘘をついて、「もう未練はないって」とあなたに伝えたりするケースもあります。

そのため、共通の友人に彼の気持ちを聞いてもらう方法は、条件やリスクがあるので、個人的にはあまりオススメしません。

②占いなどで視てもらう

もう一つの方法は、占いなどスピリチュアルな力で彼の力を視てもらうという方法です。

占いは、信じる人もいれば、信じない人もいますが、そもそも彼の気持ちは目にみえないものなので、「目に視えない力(霊感霊視、透視など)」で確認するしかありません。

また、占いは対面しなくても、電話占いなどオンラインで占ってもらうことができます。

そのため、スピリチュアルな力で彼の気持ちを視てもらいたいという方は、一度やってみることをオススメします。

ただ、彼の気持ちを正確に視てもらうには、能力の高い占い師を選ぶことが大切です。

また、その占い師が鑑定で用いる占術選びも重要です。

そこで、彼の気持ちを正確に占ってくれると評判の占い師を以下の記事でご紹介しているので、気になる方はこちらの先生から選ぶことをオススメします。

【彼の気持ちは電話占いでわかる!】霊感霊視が得意なおすすめ占い師10選電話占いで彼の気持ちを知ることは可能です。ただ、より正確に知るためには占い師を選びや占術選びが大切です。そのため、この記事では、彼の正確を的中できる占い師の選び方や恋愛成就・縁結びの実績が数多くあるおすすめの占い師をご紹介しています。...

時間を置くことも大切!

今までとてもやさしかった元彼が急に冷たくなると、本当につらいですよね…。

お気持ちはわかります。

でも、その状態でやみくもにアプローチしても、復縁は遠のくばかり…。

元彼の態度がそっけない・冷たい理由は人それぞれですが、共通していることは、「元彼の心が嵐のように荒れている」ということ。

なので、嵐が通り過ぎるまでしっかりと待たなければなりません。

つまり、元彼と復縁するための最初のステップは、 「時間を置くこと」 です。

ありきたりな答えになりますが、大切なことです。

目安として「2~3ヶ月間」。 長いようで短いです。

冷却期間中には「自分磨き」もすること!

冷却期間中にやるべきこと、それは「自分磨き」です。

自分磨きというと外見をかわいくすることを意識しがちですが、元彼をもう一度振り向かせるなら「内面磨き」も大切です。

内面磨きの見つけ方のコツは、元彼と付き合っていた時にスルーしてきた不満やケンカしたときの原因をしっかりと思い出すことです。

たとえば、

「会話が楽しくない!」

「束縛がめんどくさい」

など元彼が言っていた不満はありませんでしたか?

それらを一つずつ思い出し、しっかりと改善していくことが大切です。

謙虚に自分を反省し、改善点を見つけられるかが復縁できるかできないかの分かれ目になります。

【元彼がやさしくても注意!】
元彼がやさしくする3つの心理

一度別れた元彼は、冷たい態度やそっけない態度を取ることが多いです。

ただ、なかには別れてすぐあとでも、返信が丁寧だったり、いっしょに会ってくれたりする方がいます。

そのような方の場合、理由は以下の3つのどれかになります。

①あなたへの申し訳なさ・気遣い

②あなたへの気持ちが残っている

③都合の良い存在にしたい

では、①~③についてもう少し詳しく見ていきましょう。

①あなたへの「申し訳なさ」と「気遣い」

①の場合は、LINEで連絡したり、職場や学校で話しかけたりしたときは、優しく対応してくれますが、いざ2人で食事に誘うと断るなどのパターンが多いです。

これを読んでくださっている方の中には共感できる方もいると思います。

もちろん、すぐには無理ですが丁寧にアプローチしていけば、復縁の可能性は十分にあります。

②あなたへの気持ちが残っている

②の場合は、連絡などを相手からしてくれたり、2人で食事に誘っても来てくれたりすることが多いです。

このような場合は、復縁できる可能性が高いので、スピード勝負になります。

あまりモタモタしていると、相手の気持ちが変わってしまうので、はやめのアプローチが必要になります。

③都合の良い存在にしたい

最後に③の場合です。

つまり、体の関係だけをもちたいということです。

「大好きな元彼のためなら…」と思うかもしれませんが、それはよくありません。

そのようなポジションに一度なると、恋愛対象としては見られなくなります。 そのため、

しっかりと「自分の芯」は持つようにしましょう。

【アプローチする前に確認!】
4つのポイントををチェック!

ここでは、元恋人からの態度が冷たくて、素っ気ないときのチェックポイントを紹介していきます。

今、元恋人にアプローチしているが、なかなかうまくいかなかったり、冷たい態度をされたりしている人は、ぜひチェックして、その原因を探ってみてください。

1.相手との冷却期間をしっかりとあけたか

まずは相手との冷却期間をしっかりとあけたか確認してみてください。

別れてから1週間後に連絡していませんか?

もしくは1ヶ月後に連絡していませんか?

冷却期間は以下の2点の役割りがあります。

①自分を見つめ直す

②相手との気まずさを取り除く

そのため、しっかりと冷却期間をあけないと相手との気まずさを取り除くことはできません。

冷却期間は相手との別れ方によります。

相手としっかりと話し合って、良い状態で別れたなら、比較的短い冷却期間で済みます。

しかし、相手とケンカして別れたり、相手の信頼を失う別れ方をしたりした場合は、長い冷却期間をあける必要があります。

冷却期間の長さなどに関しては、以下の期間で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

2.好きな人・気になる人がいないか

当然のことながら、相手に好きな人がいたり、付き合っている人がいたりするのであれば、あなたへの対応は素っ気なくなります。

そのため、相手にそのような存在がいるかをしっかり確認する必要があります。

ちなみに相手の恋愛事情は復縁アプローチをする上でも必ず把握しておくことが大切です。

もし、LINEやSNSをブロックされていて相手の状況がわからないという人は、共通の友人、会社であれば同僚などに協力してもらいましょう。

また、共通の友人がいなくても、元彼に新しい彼女や気になる人がいるかどうかを確認することは大切です。

復縁アプローチを成功させるためには、元彼の恋愛事情の把握は必須なので、まだ確認できていない方は以下の記事を読んで必ずチェックするようにしましょう。

【占いなら的中率95%】元カレに新しい彼女がいるかを確認する5つの方法元彼に新しい彼女がいるかどうかわからないと、なかなかアプローチができませんよね…。また、相手に新しい恋人がいるかを知っておくことは復縁を達成できるかに影響します。そこで、今回は元カレに新しい彼女がいるかを確実に確認する5つの方法をご紹介します。...

3.相手の仕事などは忙しくないか

社会人であれば、当然相手には仕事があります。

仕事で忙しい時に連絡がくると、どうしても冷たくなったり、素っ気なくなってしまいます。

また、仕事によって相手が疲れている時も同様です。

そのため、相手が社会人の場合はしっかりとメッセージを送るタイミングなどは考えるようにしましょう。

例えば休日の夜に送ったりすると返ってきやすいかもしれません。

平日は仕事で忙しく、休日も日中は予定がある方が多いと思いますので…。

そのため、相手の仕事の状況にもしっかりと気を遣ってあげることが大切です。

4.意味のない連絡をしていないか

元恋人を別れてからも相手にその日の出来事などをメッセージで送ったり、電話したりする方がいます。

しかし、これは付き合っているときの特権に近いです。

そのため、この行為を別れてからも続けていては、相手に負担がかかります。

そのため、連絡をするときは、中身のある内容にしましょう。

【自分の心の在り方も大切。】
そっけなくされても不安に思わない。

最初にも述べたように、別れた後に連絡をしても相手から素っ気ない返信がきたり、無視されたりすることはよくあります。

しかし、それに対して悩んだり、不安に思ったりする必要はありません。

一番恐いのは、その不安や悩みが積み重なって、相手に重いメッセージを送ったり、投げやりなアプローチをしてしまうことです。

例えば、

「今までありがとう!さようなら!幸せになってね!」

「もう一度付き合いたい。」

などのような投げやりなセリフです。

このような逆効果になるアプローチが重なって、復縁が叶わなくなることも多々あります。

そのため、もし相手に連絡したり、話しかけたりしても反応が素っ気なかったら、一度連絡をやめてみることも大切です。

そうすることで、余計なメッセージなどを送ることは防げます。

このあたりは自分の性格と相談してやってみるようにしてください。

※夜中に相手に連絡はしない。

夜中に相手に連絡をすることは避けましょう。

理由は以下の2つです。

①相手に負担をかける

②夜はネガティブな気持ちになる

①に関しては、メッセージにしても電話にしても夜中に連絡すると相手を起こしたり、睡眠時間を削らせたりなど相手の体に負担をかけてしまうことが多いです。

②に関しては、夜はネガティブな気持ちになりやすいです。

そのため前にも述べたように、余計なメッセージを送ってしまったり、投げやりになってしまったりすることが多いです。

そのため、できれば夜中の連絡は避けたほうがよいです。

しつこい連絡はNG!

元彼の態度がそっけない・冷たいからといって、それに文句をいったり、あえてメッセージや連絡を頻繁にとるのは絶対NGです。

しっかりとメッセージを送る前に深呼吸してみてください。

「本当にこのメッセージは復縁するために必要なのか」

「復縁を遠のかせることにならないか」

は常に考えるようにしましょう。 復縁アプローチは引き算方式の考え方も大切です。

つまり、元彼にとって「-1」になるアプローチを日頃から繰り返すと、いつのまにか「-50」「-100」となり、手遅れになることも…。

なので、連絡をしつこく送ったり、頻繁に連絡を取ったりしないよう注意しましょう。

さいごに

ここまで、相手の態度がそっけなかったときの理由や対処法をお伝えしてきました。

復縁は、辛いことの方が多いため、なかなか続けられなかったり、すぐに結果を求めてしまったりする人が多いです。

しかし、復縁に焦りは禁物です。

そのため、相手の態度に不安を感じている人は、ぜひここまでお伝えしてきたことを実践してみてください。

みなさんの復縁がうまくいくことを祈っております。

また、こちらの記事では、元彼との復縁を成功させた方に寄稿してもらった

「【復縁体験談】LINEをブロックされ、新しい彼女までできた元カレと復縁するまでのお話」

を掲載しています。

今復縁を目指しているけど、「もう無理かな…」と思っている方は、是非あわせて読んで、ご自身の復縁に役立ててくださいね。