浮気・不倫

【離婚待ちで不安なあなたへ】離婚待ちする上で必ずやっておくべきこと

「不倫している既婚男性の離婚待ち中だけど、すごく不安…」

「離婚してくれるって言うけど、本当?」

おそらくこの記事を読んでくださっているあなたは、不倫している既婚者が離婚してくれるのを待っていると思います。

この「離婚待ち」は待ってる側からすると、本当に不安で仕方ないですよね。

一番の不満は、離婚してくれる保証が何もないことです。

離婚届を市役所に出すまでは、いつ相手が「離婚するのをやめた」「離婚できない」と切り出すかわかりませんし、もし離婚話がなくなったとしても、あなたは彼に何もすることができません。

つまり、「離婚待ち」は、待たされる側からすればほとんどリスクしかなく、希望はほんの少ししかないのです…。

そのため、離婚待ちをする側は本当に不安で不安で仕方ないんですよね…。

また、もしかしたら相手が「離婚する」「離婚の話進めている」と口では言っていたとしても、嘘の可能性があります。

そうであれば、あなたは起きもしないことを待っていることになります。

そうならないために、「離婚待ち」をする前に、相手の既婚者に現実的にしっかりと離婚を進めてもらわなければなりません。

そのためには、いくつかのポイントや注意点があります。

そのため、今現在すでに「離婚待ち」している方は、今回解説するポイントや注意点を行っているかをまずはチェックしてみてください。

そして、まだであれば、彼とコンタクトをとって、今回解説することをしっかりと実践するようにしましょう。

でないと、あなたの「離婚待ち」は無駄に終わる可能性があります。

相手のことを想う気持ちもわかりますが、起こりもしないことを待っているだけでは時間の無駄です。

あなたの時間も有限ですし、あなたの人生は不倫相手のためにあるのではありません。

そのため、今現在「離婚待ち」している方は、今回解説する内容を必ず実践して、行動してくださいね!

「離婚待ち」する上で最も大事なこと

「離婚待ち」する上でのポイントを解説する前に、まず「離婚待ち」をする上で最も大事なことをお伝えします。

これを理解しているかどうかで、「離婚待ち」がうまくいくかどうかにも関わるので、しっかりとお読みくださいね。

本当に相手に離婚する意思があるかどうか、本気であなたと一緒になりたいと思っているかどうかは、「彼の行動と態度」だけを見て判断しましょう。

間違っても、彼の言葉や表情を信じてはいけません。

耳を塞ぎたくなるかもしれませんが、既婚者のほとんどは不倫している相手に嘘をついています。

口では、「1番好きだよ」「愛している」と言っていても、嘘である可能性が高いということです。

典型的なのが、

「夫婦仲が冷めきっている」

「離婚寸前だよ」

というような謳い文句です。

このようなセリフの8割は嘘です。

このセリフを言う目的は、不倫する口実やあなたを安心させるためのものです。

他にも、女性のみなさんが期待してしまいやすい、

「いつか一緒になろう」

「いつか結婚したいな」

などのセリフも、その場で一時的にあなたを安心させようとしているだけなので、気休めの言葉でしかありません。

相手の本気度は、態度や行動にしか表れません。

そのため、彼が離婚するために行動を起こしてくれているかどうかが、あなたへの本気度を測るための唯一の尺度となります。

ですので、「離婚待ち」する上で不安になったときは、相手があなたにどんな言葉をかけてくれるかではなくて、”離婚に向けて具体的にどんな行動を起こしてくれているか”を見るようにしましょう。

そうすれば、相手の口車にのせられて、ありもしない離婚を期待し、時間を無駄にすることを避けることができます。

なので、既婚者が本気で離婚してくれるかどうかは、相手の態度や行動でしか判断できないことをしっかりと覚えておきましょう。

ちなみに、本気で離婚しようとしている既婚男性は次のような態度や行動が見られやすいです。

1.離婚の進捗状況を事細かに話し始める

2.離婚後の具体的なことを話してくる

3.あなたと夕飯を食べることが多くなる

4.お泊りが多くなる

5.妻への愚痴や不満を話すことが増える

6.二人でいるときは結婚指輪を外す

7.土日もあなたと会うようになる

8.給料を自分で管理するようになる

9.離婚の際のリスクを離すようになる

10.あなたを1番に優先するようになる

もし、あなたが不倫している既婚者にこのような特徴が多く見られるのであれば、本気で離婚しようとしている可能性が高いです。

その理由については、以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はあわせてチェックしてみてくださいね。

>>【経験者が教える】既婚男性が離婚する10の兆候や前兆を解説!

「離婚待ち」する上で必ずやるべきこと

いくら不倫相手が好きだからといって、

「離婚したいと思っている」

「離婚話を進めているよ」

という言葉だけを鵜呑みにして離婚待ちをしていると裏切られることが多いです。

なぜなら、その言葉にはなんの証拠もありませんし、保証もないからです。

「信じて待つのが”愛”でしょ」

という方もいるかもしれませんが、それは綺麗事です。

そのため、現実的に離婚を進めてほしいのであれば、離婚前に不倫している既婚者と必ず話し合うべきことがあります。

それは次の4つです。

①離婚する意思があるのか聞く

②離婚の期限を具体的に決める

③離婚の手順を具体的に話し合う

④期限を過ぎた場合どうするか決める

離婚を現実的に進めるのであれば、上記のステップに沿って、しっかりと話し合うことが必要です。

そして、この4つのことをしっかりやってから、はじめて「離婚待ち」をすることができます。

これらのポイントを二人でしっかりと話し合って決めておけば、離婚待ちをしている途中も彼と連絡をとって、今の状況を確認し合うことができます。

そして、何度あなたがリマインドしても、相手が約束通りに進めてくれないのであれば、離婚はこの先も起きないので、待っていても無駄です。

そうなれば、見切りをつけることができます。

そのため、離婚待ちをするのであれば、必ず上記のことを先に話し合って、決めておくことが大切です。

(できれば、決めた内容を文書化して、すぐに見たり、思い出したりできるようにしておく必要があります。)

逆に、①〜④のことをしないで、離婚待ちをするのはリスクが大きすぎますし、結局相手の既婚者も離婚しないケースがほとんどです。

そのため、もし今現在すでに「離婚待ち」状態の方も、今からでいいので、まずは先ほどご紹介した4つのことをきちんと決めることが必要不可欠です。

では、①~④について、それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

①離婚する意思があるのか聞く

まずは相手にに離婚する意思があるかどうか確認する必要があります。

確認方法はまわりくどく行うより、シンプルなほうがいいです。

具体的には、単刀直入に「奥さんと別れて、私と一緒になる気はある?」と既婚者の方に聞けばOKです。

※回りくどい言い方をしても、はぐらかされるだけなので注意しましょう。

もし相手のの答えが恐くて聞けないのであれば、今後も離婚を進めてもらうのはむずかしいです。

そのため、本気で彼に奥さんと別れてほしいと思っているのなら、ストレートに聞くようにしましょう。

②離婚の期限を具体的に決める

相手にに離婚の意思があることがわかっても安心してはいけません。

なぜなら、嘘の可能性があるからです。

そのため、離婚する意思が既婚者の方にあるとわかったら、次は「離婚の具体的な期限」を決めるようにしましょう。

期限を決めないと、口だけで離婚の話がまったく進んでいないという状況になるケースが多いです。

そのため、離婚の意思があるのがわかったら、あなたから、

「いつまでにしてくれるの?」

というふうに質問してみましょう。

「まだわからない」と言われたら、ざっくりでもいいので、「1年以内?」というふうに具体的な期間を決めましょう。

それでもはぐらかされるのであれば、「◯◯までに無理なんだったら、もう不倫を終わりにしたい」と切り出しましょう。

このセリフを言うのはもちろん恐いと思います。

ただ、これであやふやにしてくるようであれば、今の奥さんと離婚してあなたと本気で一緒になりたいという気持ちないと思ったほうがいいです。

また、相手に離婚を求めるなら、あなたも一定のリスクを取る必要があります。

そのため、彼が期限をはぐらかす場合は、このようにズバッと切り出してみましょう。

ちなみに、あなたが独身で、相手が既婚者の場合、離婚待ちの期限は「長くて1年」です。

(お互い既婚者である「W不倫」の場合、話は別です。)

もし、離婚するのに1年以上かかるようであれば、その恋は諦めることを個人的にはおすすめします。

ただ、「その人に裏切られるならいい」と割り切れる方は、それ以上でも問題ありません。

最後はご自身の決断が全てになります。

③離婚の手順を話し合う

期限を決めたら、次にどんな順番で離婚を進めていくのか話し合いましょう。

具体的には、

・離婚の理由はどうするか

・いつ離婚を奥さんに切り出すか

・子どものことはどうするのか

・慰謝料問題などは大丈夫か

・離婚した後、どうするか

などをしっかりと丁寧に話し合いましょう。

そうすることで、よりリアリティをもって彼も離婚を考えるようになります。

また、このとき、あなたも相手任せにするのではなく、自分事としていっしょに考えてあげましょう。

そうすることで、相手の既婚者の方も「あなたと一緒なら進められる」と思えることができます。

そのため、離婚を現実的に進めてもらいたいなら、期限を決めて終わりではなく、その後どうやって具体的に離婚を進めていくのかも「二人で」話し合っていきましょう。

④期限を過ぎた場合どうするか決める

最後に、期限を過ぎた場合どうするかを決めましょう。

とは言っても、選択肢はひとつです。

それは、

「相手との不倫関係を断つ」

ということです。

それしかありません。

これは、あなたも強い意思を持って、覚悟してください。

それができないのであれば、いつまで経っても今の関係のままです。

それに、待っていても相手が離婚する可能性はすずめの涙ほどの確率です。

また、期限を過ぎたら見切りをつけないと、あなたもこの先素敵な恋愛や結婚をできなくなります。

そのため、期限を過ぎたら、「関係を断つ」ということを強く伝えるようにしましょう。

こんなときはどうしたらいい?

ここまで解説してきたポイントを行っても、イレギュラーなことが起こることがあります。

そこで、既婚者が離婚を進めていく上で、よくあるケースをご紹介します。

それは次の3つです。

①子どもが理由で離婚できないケース

②奥さんへの情が湧いて離婚できないケース

③離婚調停で話が進まないケース

相手の既婚者の方が離婚を進めていくときに起きやすいトラブルとして、上記の3つがあります。

では、それぞれのケースの対処方法を詳しく解説していきます。

①子どもが理由で離婚できないケース

一つ目は、子どもが理由で離婚できないケースです。

相手ににお子さんがいる場合、

「子どもと離れたくない」

「子どもがまだ幼いから」

という理由で離婚できないと言う方は多いです。

もし、「まだ幼いから」という理由でれば、ある程度子育てに手がかからなくなるタイミングまで待たないと難しいです。

具体的には、中学生以上になったタイミングです。

ただ、受験期間などは、お子さんのメンタルに影響を及ぼすので、そのような時期に離婚を切り出すのは難しいです。

また、既婚男性は、奥さんに対しては気持ちが冷めていても、自分の子どもには変わらず愛情を持っていることが多いです。

そのため、お子さんがいる場合は、奥さんとの夫婦関係に関係なく、離婚を決断できないという既婚男性も少なくありません。

そのため、「子どもがいるから離婚はできない」と彼がもし言った場合は、ある程度子育てに手がかからなくなったタイミングまで待つか、子どもよりもあなたのほうが大事だと思わせることが必要です。

また、それが難しいようであれば、その恋に見切りをつけるのもひとつの選択肢です。

②奥さんへの情が湧いて離婚できないケース

二つ目は、奥さんへの情が湧いて離婚できないケースです。

既婚男性が離婚話を持ち出しても、それをすんなり受け入れてくれる奥さんは少ないです。

(離婚話を出すと、泣き出してしまう奥さんが多いです)

また、離婚話を持ち出したことで、奥さんがうつ状態になったり、精神的に不安定になってしまい、子どもや親族に迷惑がかかってしまうこともあります。

そうなると、夫である男性のほうも、「申し訳ない」「これ以上悲しませたくない」と情が湧いて、離婚話をやめることがあります。

そして、この決断を相手がしたら、それは「あなたより奥さんを選んだ」ということになります。

こうなってしまえば、いくらあなたが信じて待っても、相手が離婚する可能性はほとんどありません。

そのため、このようなケースに陥った場合は、その恋に見切りつけることをおすすめします。

③離婚調停で話が進まないケース

3つ目は、離婚調停で話が進まないケースです。

この場合は、すでに相手と奥さんの間に第三者が介入しているため、あなたは待つことしかできません。

また、離婚調停に入っているということは、不倫相手が奥さんに「離婚したい」という意思を伝えた証拠でもあります。

そのため、この場合は期限を過ぎても待ってみることをおすすめします。

ただ、あまりに話が進まない場合は、不倫を終わりにするのもひとつの選択肢です。

離婚待ちの最中にやってはいけないこと

さいごに、離婚待ちする上でやってはいけないことをご紹介します。

それは、次の3つです。

①相手に離婚を早く進めるよう執拗に迫ること

②彼の奥さんや子どもに接触すること

③重い内容の連絡を送ること

離婚待ちは不安になるため、理性的ではない行動をしてしまうことがあります。

ただ、上記の3つの行為をすると、離婚話がなくなり、二人の関係が終わるリスクがあるため、絶対にやめるようにしましょう。

では、①〜③について、それぞれもう少し詳しく解説していきます。

①彼に離婚を早く進めるよう執拗に迫ること

1つ目は、相手に離婚を早く進めるように執拗に迫ることです。

基本的に、先ほどご紹介した4つのポイントを行ったら、あとは彼に任せて、ときどき状況や様子を確認すればOKです。

「いつ離婚してくれるの?」

「はやく奥さんと別れてよ」

と相手の気持ちや状況も考えないで執拗に迫ると、彼のあなたへの気持ちは冷めていく一方です。

そのため、ときどき状況を聞いて、しっかり話し合った通りに行動してくれているか確かめることは大切ですが、それ以外に執拗に迫ることはやめましょう。

②彼の奥さんや子どもに接触すること

離婚待ち中に、彼に黙って奥さんや子どもと接触するのも絶対NGです。

まず、このことが彼にバレたら、あなたの信用度はガタ落ちです。

この時点で彼の離婚への気持ちはなくなることが多いです。

また、奥さんや子どもに接触したら、相手を刺激するだけでなので離婚を進めていく上でもっと事態はややこしくなったり、深刻化したりします。

そうなると、離婚が成立するのにも時間がかかります。

つまり、相手の奥さんや子どもに接触すれば、自分で自分の首を絞めることになのです。

そのため、離婚待ちを早く終わらせたいからといって、相手の奥さんや子どもに接触するのは絶対にやめましょう。

③重い内容のLINEを送ること

離婚待ちで不安になったときにやってしまいがちなのが、重い内容のLINEです。

離婚待ちで不安になる気持ちは痛いほどわかります。

ただ、その感情に任せて重い内容のLINEを送っても、彼の気持ちは冷めていくだけです。

重い内容のLINEとは、例えば、

「早く会いたい」

「次はいつ会ってくれるの?」

「奥さんと私のこと、どっちを愛しているの?」

「本当は別れる気なんてないんでしょ」

「いつ離婚してくれるの?早くしてよ」

などです。

このような内容をLINEでたくさん送ると、相手はあなたを「重い女」と思い始めます。

そう思われるようになってしまったら、相手はあなたとのLINEがしんどくなり、返すのもめんどくさくなります。

そして、最終的にあなたの関係を終わりにしたいと思うのです…。

さらに、もしここで追い込みをかけるようにあなたが彼にどんどんメッセージを送ったら、相手はあなたに「恐怖」を感じるようになります。

そうなると、二人の関係は完全に終わりを告げます。

もし、離婚待ちしているときに、彼の気持ちを知りたくなったり、不安になったりしたら、彼と会ったときに直接聞くようにしましょう。

そうすれば、まだあなたの思いが伝わる可能性が高いです。

LINEのメッセージ機能は、基本的に文面でしか表現できないので、重く捉えられがちなのもあります。

そのため、不安な気持ちに押し流されて、重い内容のLINEを送るのはやめるようにしましょう。

さいごに

今回は、離婚待ちする上でのポイントや注意点などについて男性心理なども踏まえて解説してきました。

離婚待ちは、あなたにとって非常にリスクのある行為です。

そのため、離婚待ちする上でしっかりと話し合っておくことが必要です。

今現在、離婚待ちをしている方はもちろん、これから不倫相手と離婚について話していきたいという方も、ぜひ参考にしてくださいね。

また、実際に遊び目的だった既婚男性に離婚をさせ、現在同棲にまで至っている女性もいらっしゃいます。

この方の体験談を読んでいただければわかりますが、不倫をしているときのリアルな心境離婚させて同棲に至るまでに実践した具体的なアプローチ、失敗談などについても詳しく書かれています。

さらに、経験者にしかわからないアドバイスも書かれていて、今後、奥さんとの離婚を進める上で役立ちます。

そのため、「もう不倫を諦めようかな…」と考えている方は、ぜひ一度読んでみてくださいね。